asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

シュノーケリング、ライフジャケットは必要!?

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

 

初めてシュノーケリングに行く際、装備について調べると、ライフジャケットがあった方がいいという記事を見かけることが多いのではないでしょうか。ここではシュノーケリングでのライフジャケット活用法についてご紹介します。

泳ぎが苦手な人はライフジャケットを身につけよう

PIXTA

泳ぎに自身がない方がシュノーケリングに挑戦する場合は、ライフジャケットを着用することが推奨されています。ライフジャケットがあれば、不測の事態が発生した時にも溺れてしまうリスクが激減するからです。

泳ぎが苦手な方でもライフジャケットを身に付ければ水に沈むことはありません。顔を水につけたまま、シュノーケルを活用して息を続けることができるので、ずっと海の中を眺めることができます。

ライフジャケットのデメリット

ライフジャケットを活用する場合のデメリットは、海に潜れなくなることです。ただし、泳ぎに不安がある人や、小さな子供が海の様子を眺めるためには、ライフジャケット着用でのシュノーケリングで十分楽しめるでしょう。

デメリット、あるいはリスクといえるかもしれませんが、泳ぎが苦手な人、海に慣れていない人がライフジャケットを着用してシュノーケリングをしていると海の中ばかりに夢中になりがちです。すると知らない間に長い距離を流されてしまうこともあるので、気を抜かずに定期的に頭を上げて現在地を確認するようにしましょう。海でのシュノーケリングは(慣れている人であっても)二人一組が鉄則です。

ライフジャケット要・不要の境界線は、立泳ぎができるかどうか

ライフジャケットがいるか、いらないか……。その目安は、立ち泳ぎができるか、できないかで判断してみるのもひとつです。

身体を垂直に立てて顔だけを水面に出し、手足をゆらゆらと前後に揺らしたり、回したりします。身体を浮かせたまま保つことができるだけの浮力を得られたら、「立ち泳ぎ」の完成です!

この動作をマスターすれば、シュノーケル内に水が入ってしまった時や、水を飲んで苦しくなった時に、水面より上に顔を出して息を整えることができます。ライフジャケットでシュノーケリングを楽しむには、このスキルが必要最低限になります。

とはいえ、慣れない海では潮の流れや波の高さなど予測できないことがたくさんあります。海の管理者の方針でライフジャケット着用でのシュノーケリングが義務付けられているところもあります。詳しくは、ダイビングショップやシュノーケルツアーの主催者に確認し、指示をしっかりと守りましょう。