上野公園(上野恩賜公園) 魅力を徹底解説!イベント情報もご紹介

  • 1593 |

東京都台東区にある「上野公園」は、正式名称を「上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)」といいます。東京都建設局の管轄にある公園で、敷地面積は53万平方メートルです。博物館や動物園など数多くの文化施設があり、文化・芸術の集合地域としての役割も果たしています。

http://blogs.yahoo.co.jp/

「上野恩賜公園(上野公園)」とは?

戊辰戦争の戦場となって消失した寛永寺の境内地を、オランダ人医師ボードウィンの働きかけにより、1873年に太政官らが東京都府公園に指定したことが「上野恩賜公園(上野公園)」の始まりです。1876年の完成・開園以来、日本で初めて指定を受けた公園のひとつとして、140年の長きにわたり都民の憩いの場として親しまれてきました。

「上野公園」は、武蔵野台地の末端に形成された舌状台地「上野台」に位置することから「上野の山」と呼ばれています。また、緑濃いその出で立ちから「上野の森」と称されることも。
明治維新後は官有地となり、その後宮内庁を経て東京都に下賜された経緯から、現在の正式名称は「上野恩賜公園」です。

のちに「東京国立博物館」、「国立西洋美術館」、「国立科学博物館」、「恩賜上野動物園」などの施設が新設され、現在では約53万平方メートルの広い敷地内に数々の施設が点在。文化が香る公園へと変貌を遂げました。
また、2010年度から2015年度までの計画で「上野恩賜公園再生整備事業」が行われています。国内有数の都市公園として、世界に芸術と文化が発信される場の再生が目指された整備事業です。

「上野恩賜公園(上野公園)」の見どころ

http://blog.goo.ne.jp/

上野恩賜公園には、見どころ溢れるスポットが多数存在しています。すべてを堪能しようと思ったら、1日ではとても足りないほど! 季節や目的に合わせて、ターゲットを絞って散策を楽しみましょう。

不忍池と弁天島(中之島)

上野恩賜公園の南に広がる大きな天然池「不忍池」。不忍池の中央に、弁財天を祀る「弁天島(中之島)」があります。また、不忍池は遊歩のために設けられた堤防で、3つの池に分かれているのが特徴です。手漕ぎボートやスワンボート、サイクルボートを楽しむことができる「ボート池」、一面を覆われた「蓮池」と、カワウが繁殖する「鵜の池」からなっています。

西郷隆盛像

「上野の西郷さん」と呼ばれ親しまれている「西郷隆盛像」は、「上野恩賜公園」の正面入口近くに立っています。江戸城の無血開城に貢献し、新時代の礎を築いた軍人・政治家「西郷隆盛」の像は、全国から集められた寄付と、宮内庁の下賜により建立されました。

上野東照宮(重要文化財)

徳川家康、徳川吉宗、徳川慶喜が祀られている「上野東照宮」は、1627年に、徳川家に仕えていた藤堂高虎によって造営されました。
国指定の重要文化財は5つ。外壁に豪華な彫刻が施された「本殿」は、「金色殿」とも呼ばれています。昇り龍、下り龍の彫刻がある「唐門」や、動植物が色鮮やかに生き生きと描かれた彫刻が美しい「透塀」も必見です。そのほか、全国の諸大名から奉納された全48基の「銅灯篭」や、関東大震災で少しも傾かなかったほど頑丈な「大石鳥居」など、見どころ満載です。

旧寛永寺五重塔(重要文化財)

「寛永寺」は1698年、現在の「上野公園大噴水」の場所に建立されました。その後、戊辰戦争によって消失し、現在の恩賜上野動物園内に位置する五重塔のみが残されました。
国指定重要文化財である「旧寛永寺五重塔」は、1631年に建てられたものが1639年に再建されたものです。

国立科学博物館 

「国立科学博物館」通称「かはく」は、自然科学と社会教育の振興を目的として設立された博物館です。また、独立行政法人国立科学博物館によって運営されている国内唯一の国立博物館でもあります。忠犬ハチ公や、絶滅したとされるニホンオオカミ、ジャイアントパンダの剥製や月の石など、約400万点もの豊富な展示量が魅力です。

国立西洋美術館 

1959年、実業家松方幸次郎の「松方コレクション」をベースに設立された国立美術館が「国立西洋美術館」です。印象派など19〜20世紀の絵画、彫刻を中心としたモネの「睡蓮」や、ロダン「考える人」などが所蔵されています。国立西洋美術館の設計は近代建築の巨匠ル・コルビュジエによるもので、2007年に国の重要文化財に指定されました。

東京都美術館

1926年、日本で最初の公立美術館として誕生したのが「東京都美術館」です。公募展や、マスコミとの共催による企画展を主に開催しています。

上野の森美術館

西郷隆盛像の近くにある「上野の森美術館」は、1972年にフジ産経グループによって設立された私立美術館です。海外の美術館の所蔵品を借り受けての特別展や、公募展が随時開催されています。

恩賜上野動物園

「上野恩賜公園」内にある「恩賜上野動物園」は、1882年に開園した、日本で最も古い動物園です。ジャイアントパンダの「リーリー」と「シンシン」が有名ですが、そのほかにもニシローランドゴリラやスマトラトラ、オカピ、コビトカバなど、希少な動物が多数展示されています。500種を超えるとされる飼育動物の種類は、東山動植物園についで日本で2番目に多く、年間入場者数では日本一です。

下町風俗資料館 

駄菓子屋、銅壺(どうこ)屋の長屋、商家など、大正時代の東京下町の町並みを再現した「下町風俗資料館」では、当時の人力車や電話ボックスなど、実際に使われていた道具が展示されています。紙芝居などのイベントや企画展も開催され、ベーゴマやけん玉など、昔の遊びが体験できるコーナーもあります。

国際子ども図書館 

1906年に創設された「帝国図書館」が継承され、日本初の国立児童書専門図書館として2000年にオープンされたのが「国際子ども図書館」です。国立国会図書館の支部図書館ですが年齢制限は設けられておらず、子どもたちも自由に本を閲覧することが可能です。
また、「国際子ども図書館」の建物は、久留正道の設計によるルネサンス様式が取り入れられた明治期洋風建築のひとつ。東京都選定歴史的建造物に指定された建物で読書を楽しむ時間はまた格別です。

東京文化会館

開都500年事業として1961年にオープンした「東京文化会館」は、オペラやバレエ、クラシックコンサートなど、数々の名演を生み出した音楽の殿堂です。前川國男設計のモダニズム建築の中には、2303席の大ホール、649席の小ホール、音楽資料室などが備わっています。

正岡子規記念球場

上野恩賜公園内内にある「正岡子規記念球場」は、この場所で正岡子規が草創期の野球を楽しんでいたことから、この名が付きました。球場には子規の句「春風や まりを投げたき 草の原」を刻んだ歌碑が建立されています。

「上野恩賜公園」で楽しめる季節のイベント

http://painassistant.at.webry.info/

「上野恩賜公園」は、アートフェスタやフードイベント、音楽祭などさまざまなイベントが開催される賑やかなスポットです。また、園内の豊かな自然は、四季折々の美しい景観を織りなし、訪れる人を楽しませてくれます。

春:公園中通りの桜(ソメイヨシノ)

都内屈指の桜の名所でもある「上野恩賜公園」。桜前線が近づくと、園内は花見客でごった返します。天海僧正が吉野山から移植させたといわれる桜は約1200本。公園中通りを中心に咲き誇り、人々を楽しませています。

夏:不忍池の蓮

東京の夏の風物詩として都民に愛されている不忍池の蓮は、毎年7月から8月にかけて一斉に花を咲かせます。池に咲く蓮を間近で楽しみたいなら、ハス池内部に整備された「ハス観察ゾーン」がオススメです。
また、蓮の花の見頃は早朝から昼にかけて。午後には花は閉じてしまうので、早めを狙って出かけましょう。

冬:不忍池に飛来する水鳥

冬の「上野恩賜公園」では、バードウォッチングがオススメです。北国から1万羽を超えるカモが飛来し、不忍池の周囲で羽を休めます。オナガガモ・ホシハジロ・オオバン・キンクロハジロ・ヒドリガモなど、種類も豊富です。

「上野恩賜公園」でほっとひと息つけるレストラン&カフェ

上野の森 Park Side Cafe

旬の素材がたっぷり使われた「森のガーデンサンド」を「フレッシュハーブティー」とともにたのしめるカフェレストラン「上野の森 Park Side Cafe」。木のぬくもりが感じられるインテリアで、ほっとひと息つくことができます。開放的なテラス席もおすすめです。

スターバックスコーヒー 上野恩賜公園店

園内中央の「竹の台広場」には、スターバックスコーヒーのコンセプトストアである「スターバックスコーヒー 上野恩賜公園店」があります。東京芸術大学の方々による「上野恩賜公園」をテーマにした友禅染のアートワークが配置されたり、サクラ材や台東区の職人による革が採用されていたり、地域色が前面に押し出された設計となっています。69席あるテラス席だけでなく、大きな窓を配した店内からも、公園の豊かな自然を望むことができる絶好の休憩スポットです。

上野グリーンサロン

JR上野駅から公園に入ってすぐの場所にあるカフェレストラン「上野グリーンサロン」。こちらでは、パンダをモチーフとしたフードやドリンクが多数用意されています。「カレーdeパンダ」「カフェラテdeパンダ」など、ユーモラスな表情に癒されること間違いなしです。

「上野恩賜公園」で人気なお土産屋さん

「上野恩賜公園」内には、お土産を購入できるスポットがたくさんあります。美術館のミュージアムショップや歴史施設などで、ここならではの一品を見つけるのも楽しいですね。

パークス上野店

JR上野駅から公園に入るとすぐの所にあるショップが「パークス上野店」です。東京土産として人気の「東京水」や、上野名物「パンダの鼻くそ」など、さまざまなアイテムが揃っています。

「上野恩賜公園(上野公園)」へのアクセス

上野恩賜公園(上野公園)
〒110-0007 東京度台東区上野公園5-20
開園時間:5:00〜23:00(時間外は立入禁止)
休園日:12月29日〜1月3日(事務所業務休止)

・電車をご利用の場合
JR・東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅から徒歩約2分
都営地下鉄大江戸線「上野御徒町」駅から徒歩約5分
京成線「京成上野」駅から徒歩約1分

・車をご利用の場合
上野恩賜公園第一駐車場(普通車)
営業時間: 9:00〜21:30(入庫は 19:30まで)
利用料金:1時間まで400円、以後30分毎に200円
台数:100台

上野恩賜公園第二駐車場(バス)
利用料金:1時間まで 1,000円、以後30分毎に 500円
台数:バス24台 

ページTOPへ

「上野・御徒町」周辺の関連記事

このページのTOPへ