日本橋の見どころを紹介!江戸時代からの歴史を持つ交通網の拠点!

  • 1409 |

東京都中央区にある「日本橋」は、日本橋川にかかる橋。道路元標があり、日本全国に巡らされた道路網の起点となっています。江戸時代初期に徳川家康の命を受けて初代の木造橋が架けられて以来、焼失や再建を経て、現在の橋は19代目、もしくは20代目のものと言われています。

日本橋とは?

江戸で最も栄えた場所が「日本橋」

1603(慶長8)年、徳川家康による全国道路整備計画に従って、木製の初代「日本橋」が架けられたのが架橋の始まりです。その後、五街道の起点として、江戸の町でもっとも賑わう場所として、その発展を見届けてきました。

浮世絵の舞台になったことも多数

歌川広重の「東海道五十三次之内 日本橋 朝之景」や葛飾北斎の「富嶽三十六景 江戸日本橋」に代表されるよう、浮世絵にも多く描かれています。

何度も家事で焼け落ちてしまった橋

火事が多い江戸では幕末までに「日本橋」も幾度となく焼け落ちており、明治維新までに全焼、半焼を合わせて10回の焼失があったとされています。明治初期には肥後の石工・橋本勘五郎によって石造りの橋が架けられ、1911(明治44)年4月3日に、花崗岩でできた西洋風の二連アーチ橋が現存する19代目の橋として架けられました。

形を変えても現代まで同じ場所にあり続ける日本橋

1945(昭和20)年3月10日の東京大空襲により被災し、焼夷弾を受けた跡は現在でも残っています。1963(昭和38)年には「日本橋」の真上に首都高速道路が建設されました。
1999(平成11)年には国の重要文化財指定を受け、2005(平成17)年7月4日にはアジアハイウェイ道路網についての各国政府間協定発効によって、日本からトルコとブルガリアとの国境付近に至る「アジアハイウェイ1号線」の起点ともなっています。

日本橋の見どころ

道路元標

「日本橋」の中央には「日本国道路元標」と刻印された丸型の「道路元標」が埋め込まれています。これは、戦前の道路法の規定によるもので、江戸時代を踏襲して「日本橋」が起点とされたものです。現在の道路法では道路元標は義務付けられていませんが、現在でも橋の中央には「道路元標」が埋め込まれており、裏側には設置当時の内閣総理大臣佐藤栄作の名前が刻まれています。

柱の麒麟、獅子、東京市章

「日本橋」の中央柱には麒麟が、親柱には獅子と東京市章があります。麒麟には本来伝説には無いとされている翼があり、首都の飛躍を願って付けられたものとされています。

旧東京市道路元標

「日本橋」のたもとにある「道路元標の広場」には、「旧東京市道路元標」が保存されています。

里程標

「道路元標の広場」には、「日本橋」を起点とした全国各地への距離を示す「里程標」も設置されています。「里程標」には西方面と東方面の二つがあり、鹿児島まで1,469キロ、京都まで503キロ、札幌1,156キロなどと各都市への距離が刻まれています。

アジアハイウェイ1号線標識

「日本橋」の真上を走る首都高速道路には、「アジアハイウェイ1号線」の起点を示す「AH1」の標識が「日本橋道路元標」の標識とともに設置されています。

日本橋地域

「日本橋」がある周辺は「日本橋地域」と呼ばれ、日本銀行本店や東京証券取引所がある金融街、また重要文化財に指定された高島屋などの老舗百貨店や、新設されたショッピングビルが多数あるショッピング街として、さらには重要文化財である「三井本館」を中心とした「三井村」など、多くの有名企業が本社を構えるオフィス街として栄えています。

時の鐘跡

江戸時代に市中に時を告げるため設置された9カ所の鐘のうち、一番初めに置かれたのが本石町三丁目(現:日本橋室町四丁目)と言われています。1779年に造られた本石町の鐘は1873年まで用いられたのち、日本橋小伝馬町の「十思公園」に移され、現在は都の文化財に指定されています。

「日本橋」周辺で楽しめる季節のイベント

江戸三大祭り

日本橋地域に氏子を持つ神社の例大祭のうち、社格の高いもの三つを数えて「江戸三大祭り」と呼ばれています。日本橋南詰全域を範囲とする「日枝神社」の「山王祭」、日本橋北詰大半を範囲とする「神田神社」の「神田祭」、日本橋北詰一部を範囲とする「富岡八幡宮」の「深川祭」は、夏にそれぞれ大きな規模で開催され、多くの人々で賑わっています。

箱根駅伝

毎年正月の2日、3日に開催される「箱根駅伝」では、1999年より10区を「日本橋」を通るコースへと変更されました。東海道の起点である「日本橋」を経由してゴールを飾るクライマックスは、正月の風物詩として定着しており、多くの人が応援に詰めかけるイベントとなっています。

日本橋でほっとひと息つけるレストラン&カフェ

「日本橋」周辺には江戸の味を今に伝える老舗料理店から、ワンランク上が味わえるレストラン&カフェなど、多数の飲食店があります。「日本橋COREDO」や「室町COREDO」、「高島屋」「三越」などにもレベルの高い飲食店が揃っており、おすすめです。

ニホンバシイチノイチノイチ

「日本橋」南詰、日本橋川沿いにテラス席を設けた和風ダイニングバーが「ニホンバシイチノイチノイチ」です。「日本橋」と「日本橋川」を眺めながら、おいしいお酒と炭火焼、土鍋飯などを味わえます。

たいめいけん

昭和6年の創業以来、カレーやオムライスといった洋食を提供するレストランとして人気を集めているのが「たいめいけん」です。現在の店主である三代目茂出木浩司氏は、TVや雑誌といったメディアでもおなじみの存在。1階ではカジュアルな洋食を、2階では本格的な洋食小皿料理を楽しめます。

日本橋だし場

1699(元禄12)年創業の鰹節店「にんべん」が日本橋本店で運営しているイートインコーナーが「日本橋だし場」です。そのコンセプトを「一汁一飯」とし、かつお節出汁、月替りの汁ものメニュー、かつぶしめし、数量限定のお弁当や惣菜など、イートイン、テイクアウトともに幅広いメニューが用意されています。

日本橋へのアクセス

電車を利用する場合

 

  • 東京メトロ銀座線・東西線、都営地下鉄浅草線「日本橋」駅から徒歩3分
  • JR「東京」駅から徒歩10分

 

ページTOPへ

「日本橋」周辺の関連記事

このページのTOPへ