歌舞伎座へ行こう!チケットの取り方は?お土産はどんなものがある?

  • 6123 |

東京の観光名所歌舞伎座。一度は訪れてみたい場所ですが、歌舞伎は値段も高そうでハードルが高い…と思っている方も少なくないはず。しかし、実は歌舞伎は思ったよりも気軽に楽しめてしまうのです。そこで今回は歌舞伎座のチケット購入方法や座席、遊びに行ったら購入したいお土産など、歌舞伎座の楽しみ方をご紹介していきます。

http://folklore.at.webry.info/

「歌舞伎座(かぶきざ)」とは?

明治時代から続く歌舞伎座の歴史

「歌舞伎座」の歴史は1889(明治22)年、明治の演劇改良運動を受けて、ジャーナリストの福地源一郎(福地桜痴)と金融業者の千葉勝五郎が共同経営で、東京市京橋区木挽町に開設した近代劇場に遡ります。それまで地名や座名を冠することが通常であった慣例に反して「歌舞伎座」と名付けられたこの劇場は、当時としては画期的な規模と設備を誇るものでした。

純和風な建物が特徴的

1911(明治44)年には、新規開業した「帝国劇場」に対抗するため、純和風のしつらえに改良され、大正の歌舞伎全盛時代を支えました。漏電による火災で消失してからは、再建を行うも関東大震災に阻まれ、1925(大正14)年にようやく新築されると、大震災から復興した東京の新名所となりました。

何度も建て直し、今は銀座のランドマークとして君臨

1945(昭和20)年の東京大空襲ではまたもや全焼、しばらく廃墟の姿をさらしたのちに、GHQの力も借りながら「株式会社歌舞伎座」が復興に着手、1951(昭和26)年に歌舞伎などの演劇興行を再開しました。

1980年代までは松竹歌劇団のレビューや三波春夫の座長公演など、歌舞伎以外の演目も盛んに行われていましたが、1993(平成5)年以降、伝統芸能歌舞伎の本拠地として通年で歌舞伎の公演を行う方針に変更。老朽化対策とバリアフリー化の要請を受けて、2013(平成25)年に高層オフィスビル「歌舞伎座タワー」を併設した地上4階建ての「歌舞伎座」が「隈研吾」デザインにより竣工し、「歌舞伎の殿堂」として多くのファンを魅了する公演が行われています。
新設された「歌舞伎座タワー」には歌舞伎に使用する衣装や小道具が展示されている「歌舞伎座ギャラリー」や屋上庭園などもあり、銀座のランドマークとして、また歌舞伎文化の発信地としての役割も果たしています。

「歌舞伎座」の見どころ

http://mitsugu.at.webry.info/

舞台

言わずと知れた「歌舞伎座」のメイン施設です。舞台は間口91尺(27.573メートル)、高さ21尺(6.363メートル)で、60尺(18.18メートル)の花道が設置されています。また、1階から3階までに「一等席」「二等席」「3階A席」「3階B席」「1階桟敷席」、合わせて総座席数1,808席の指定客席と、4階には好きな幕だけ気軽に楽しめる「一幕見席」が椅子席96、立ち見席60の合わせて156席が全席自由席として用意されています。

GINZA KABUKIZA 木挽町広場

「歌舞伎座」の客席下にあたる地下に広がるスペースは、「GINZA KABUKIZA 木挽町広場」として活用されています。中央に広く開いたスペースで催事、イベントなどが開催されるほか、「お弁当処 やぐら」や「お食事処 歌舞伎茶屋」、「お土産処 かおみせ」などのショップも並んでいます。

歌舞伎座ギャラリー

「歌舞伎座タワー」の5階にあるギャラリー空間「歌舞伎座ギャラリー」では、歌舞伎をテーマにした有料展示が行われています。歌舞伎の隠れた面白さを発見したり、新たな切り口で楽しむことができるようになる趣向を凝らした展示は、歌舞伎鑑賞の時間が取れない観光客にも人気。新たな賑わいを生み出しています。

木挽町ホール

「歌舞伎座ギャラリー」奥にあるのが「木挽町ホール」。改修前の歌舞伎の座舞台板を再利用した舞台が設置されています。実際に舞台で使用された楽器が展示されたり、長唄の演奏会などの各種イベントに利用されたりしています。

屋上庭園

http://blog.goo.ne.jp/

「歌舞伎座タワー」5階からは、劇場の屋根の上に作られた「屋上庭園」にもアクセスすることができます。「屋上庭園」にはシンボルツリーであるしだれ桜をメインに、歌舞伎狂言作家・河竹黙阿弥ゆかりの燈籠と蹲踞や、先人の碑などが配され、無料開放されています。庭園からは「五右衛門階段」で4階回廊へとおりることができ、迫力ある大屋根を間近に見ることができます。

スタジオアリス歌舞伎座写真館

「スタジオアリス歌舞伎座写真館」は、歌舞伎の登場人物になりきって撮影ができる歌舞伎専門写真館です。「歌舞伎扮装プラン」では、独特の歌舞伎衣裳に、かつら、化粧で大変身し、舞台背景の前でとびきりの一枚を撮影することができます。町娘、羽衣新造など、定番の紛争メニューに加えて、期間限定の扮装メニューが随時登場。撮った写真を引き延ばして額装したり、アルバムを作ることもできます。

「歌舞伎座」のイベント

http://blog.goo.ne.jp/

「歌舞伎座」では、毎月の「大歌舞伎」など質の高い歌舞伎演目が上演されているほか、各施設で興味深いイベントが多数企画されています。その一部をご紹介しましょう。

中村芝雀改め五代目中村雀右衛門襲名披露三月大歌舞伎

2016(平成28)年3月27日(日)までは五代目中村雀右衛門襲名披露の「三月大歌舞伎」が上演されています。昼の部(11:00〜)の演目は「寿曽我対面」、「女戻駕、俄獅子」、「鎌倉三代記」、「団子売」、夜の部(16:30〜)は「双蝶々曲輪日記 角力場」、「五代目中村雀右衛門襲名披露 口上」、「祇園祭礼信仰記 金閣寺」、「関三奴」となっています。

体験空間 歌舞伎にタッチ-しる・みる・ふれる・やってみる-

「歌舞伎座ギャラリー」にて開催中の体験型展示企画です。歌舞伎の舞台に登場する小道具、大道具や楽器などに、見るだけでなく、触ったり、動かしたり、音を出したりして楽しめるとあって、大人から子どもまで、幅広く人気を集めています。歌舞伎でおなじみの馬の背に乗ったり、『鈴ヶ森』の駕籠でトリップしたり、歌舞伎ファンならずとも楽しめる展示が盛りだくさんです。「木挽町ホール」の花道で『藤娘』や『白浪五人男』のポーズでの記念撮影もOK。檜舞台で歌舞伎役者になりきってみてはいかがですか? 

歌舞伎座のチケット購入方法

http://event47.net/

実際に歌舞伎座へはどうやって遊びに行ったらいいのかわからないという方も多いはず。歌舞伎座のチケットは、インターネットや電話、プレイガイド、劇場の切符売り場などで購入することが出来ます。このあたりは、コンサートや演劇などと変わりません。

インターネットでチケットを購入する場合

インターネットで歌舞伎座のチケットを購入する場合、「チケットWEB松竹」を利用します。チケットWEB松竹のサイト内「チケットを購入する」から、希望の公演を選んで購入しましょう。

電話でチケットを購入する場合

電話で歌舞伎座のチケットを購入する場合、チケットホン松竹を利用します。チケットホン松竹を利用する場合、電話口でオペレーターに希望の公演や座席を伝え、チケットの予約をします。電話で予約したチケットは、歌舞伎座の劇場窓口で料金を支払って受け取ることができます。歌舞伎座の窓口営業時間は10時から18時まで。予約の有効期間は7日間となります。なお電話予約が出来るのは公演日の前日までとなっているので注意しましょう。

チケットホン松竹 電話番号:03-6745-0888

当日券は買えるの?一幕見席について

歌舞伎座には、一幕見席と呼ばれる当日券もあるんです。この一幕見席というのは、見たい演目だけを気軽に鑑賞できるチケットです。歌舞伎を初めて鑑賞するという方には気軽に楽しめるこちらのチケットがオススメです。歌舞伎座1階正面玄関の左手にあるチケット売り場で購入できます。一幕見席はすべて自由席となっており、椅子席約90名、立見席約60名、合計150名の定員です。人気公演の場合すぐに売り切れてしまうこともあるので、早めに購入しておくといいでしょう。料金も1,000円~2,000円くらいなので、気軽に楽しめますね。

一幕見席の購入はどれくらい並ぶ?

一幕見席のチケット購入のために並ぶ時間は、演目や出演者によって全く異なります。早めに並んでも購入出来ないことあれば、開演ギリギリに行っても購入できることも。ただ、休日の公演などはやはり混雑しますので、1時間前には並んでおくといいでしょう。

歌舞伎座の座席について

http://www.kabuki-bito.jp/

歌舞伎座の座席数は全部で1,808席。席のグレードは、1階・2階前方が1等席、後方が2等席、1階両サイドには1階桟敷席があります。また、3階は前方が3階A席、後方が3階B席です。 一幕見席は更に上の、4階に用意されています。

席ごとの料金は??

歌舞伎座のチケット料金は、時期などによって変動しますが、基本的には下記の通りです。

  • 1階桟敷席 20,000円
  • 1等席 18,000円
  • 2等席 14,000円
  • 3階A席 6,000円
  • 3階B席 4,000円

桟敷席(さじきせき)と言うのは、耳馴染みのない方が多いかもしれませんが、歌舞伎座で一番高い席はこの桟敷席です。足元がゆったりとした堀こたつ式になっている桟敷席では、ここでしか味わうことの出来ない桟敷弁当と呼ばれる幕乃内なども提供されます。

「歌舞伎座」のレストラン

歌舞伎といえば幕の内弁当ですが、「歌舞伎座」にはここならではのレストランも用意されています。もちろん、幕内に食べるお弁当を購入することも可能です。

劇場内2階にある食事処。1日50食限定の「ほうおう膳(3,500円)」とビール、日本酒、烏龍茶が用意されており、落ち着いた雰囲気の中で幕間の食事を楽しめます。観劇日2日前までの予約が必要です。

花篭

劇場内3階にある食事処「花篭」では、幕内弁当のほか、寿司やうな重なども味わえます。おすすめは3月の「五代目中村雀右衛門襲名」を記念した「襲名御膳(3,800円)」です。観劇日2日前までの予約が必要ですが、当日空席がある場合のみ、メニューを限定して当日予約を受けつけています。

東京吉兆 歌舞伎座店

「歌舞伎座」3階の舞台右手には、「東京吉兆 歌舞伎座店」があります。「松花堂弁当(6,500円)」を幕間に提供していて、ワンランク上の味わいを楽しむことができます。

1階桟敷席

1階桟敷席限定で、「桟敷幕の内(3,800円)」や「桟敷寿司(3,800円)」など、特別なメニューを座席まで運んでもらうことも可能です。

やぐら

地下「木挽町広場」にある「やぐら」では、伝統を継承しつつも新しい風を生かした弁当メニューを提供しています。「花道弁当(2,000円)」や「江戸風幕の内弁当(1,100円)」など、歌舞伎鑑賞を彩る素敵なお弁当が手に入ります。

歌舞伎茶屋

「木挽町広場」にある食事処「歌舞伎茶屋」では、「茶屋カレー」や「歌舞伎うどん」など、「茶屋劇めし」と銘打つ軽食メニューが多数用意されています。自家製焼きたてパン、茶屋ソフトクリームや季節の甘味など、テイクアウトも充実していて、お土産にも活用できそうです。

寿月堂 銀座歌舞伎座店

お茶と海苔の老舗「丸山海苔店」が手がける日本茶カフェです。約3000本もの竹を用いて茶禅の世界を再現した空間は、「歌舞伎座」デザインや寿月堂パリ店をも手掛けた、隈研吾氏の設計によるものです。喫茶スペースからは屋上庭園も望むことができ、日本茶とともに極上の時間を味わえます。

歌舞伎そば

場外の歌舞伎座グルメといえば、外せないのが「歌舞伎そば」です。改修前の「歌舞伎座」では正面入口の左手にありましたが、現在は裏手の建物に移転。店の存続を願う常連客が移転先の現物件を探し出したという逸話からも、熱烈な人気がうかがえます。名物は「ざるかき揚げそば(490円)」。カウンターのみの小さな店内には、歌舞伎俳優がサクッと食べに来ることもあるとか。ランチタイムには行列必至の人気店です。

「歌舞伎座」のお土産

http://blog.goo.ne.jp/

楽座

「歌舞伎座タワー」5階、歌舞伎関連アイテムがずらりと揃うお店です。前月興行の際に撮影されたプロマイドや、書籍、DVDや出演者の関連グッズなども並んでいます。ここならではの「楽座」オリジナルグッズでは、「隈取グッズ」や「歌舞伎座ティラミス・チョコ」、一筆箋、ポストカードなどが人気を集めています。

お土産処 木挽町

「歌舞伎座」1階、正面玄関を入って右手の木挽町通り面した位置にあるショップです。手ぬぐいや人形焼、GINZA KABUKIZAコラボレート商品などが多数並んでいます。

座・のれん街

「歌舞伎座」3階では、一番人気のスイーツ「めでたい焼き」をはじめ、甘味、発酵食品、印傳などを扱う店舗が多数出店しており、歌舞伎土産も揃っています。

お土産処 かおみせ

地下の「木挽町広場」にあるギフトショップです。歌舞伎グッズはもちろん、外国人観光客にも人気の和風雑貨、和菓子やソフトクリームなどを販売しています。

食品雑貨 はなみち

終演後でもお土産が買えるのが地下にある「はなみち」です。食品や雑貨、歌舞伎にちなんだアイテムなど、コンパクトな店内に多数のグッズを取り揃えた便利なお店です。

「歌舞伎座」へのアクセス

歌舞伎座へのアクセスは下記のとおりです。

電車の場合

 東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座」駅3番出口直結
 東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」A7番出口より徒歩5分
 JR・東京メトロ「東京駅」よりタクシー10分

車の場合

首都高速「銀座」出口よりすぐ(〒104-0061 東京都中央区銀座4-12-15

歌舞伎町周辺の駐車

※以下の駐車場は歌舞伎座を観劇する場合のみ、1時間分無料で利用できます。駐車券を劇場1階受付に持っていってください。ただし一幕見席にて観劇予定の方は対象外となります。

GINZA KABUKIZA パーキング(歌舞伎座駐車場)
料金:300円/30分(8:00〜22:00)、100円/60分(22:00〜8:00)

松竹スクエアパーキング(ADK松竹スクエア)
料金:300円/30分

タイムズ東劇ビル
料金300円/30分(7:00〜24:00)、100円/60分(0:00〜7:00)
※晴海通り、銀座方面からの右折はできません。

ページTOPへ

「銀座・有楽町」周辺の関連記事

このページのTOPへ