池袋・サンシャインシティ徹底解説!展望台や水族館など見所満載!

  • 6283 |

池袋のランドマークタワーとして昔から多くの人に親しまれている「サンシャインシティ」。中には様々な商業施設が入っており、水族館やプラネタリウム、展望台など、観光やデートで利用してみたい楽しいスポットが目白押しです!ここではそんなスポットのご紹介から、知っておくと便利な情報までまとめています。サンシャインシティをこれから訪れる方は、ぜひ参考にしてみては。

サンシャインシティとは?

東京都豊島区東池袋に位置する「サンシャインシティ」は、複数のビルで構成されている複合商業施設です。中にはオフィスやショッピングセンター、ホテル、水族館、展望台、ナンジャタウンといった屋内型テーマパーク、さらにプラネタリウム、劇場などのレジャー施設が入居する複合都市施設として多くの人が訪れるスポットとなっています。

それでは、サンシャインシティについて詳しくご紹介していきましょう。

サンシャインシティの注目施設をご紹介!

サンシャインシティには、家族連れや友達同士、さらにカップルでのデートで訪れたいスポットなどがギュッと詰まっています。ここではサンシャインシティ内の水族館やプラネタリウム、展望台など、オススメのスポットをまとめました。

都会にいながらカワイイ生き物たちに出会える!サンシャイン水族館

まずご紹介するのは「サンシャイン水族館」です。サンシャインシティ到着後、ワールドインポートマートビル1階から「水族館行きエレベーター」に乗り、屋上へ上がると到着します。屋上にある水族館として魚や水棲・陸棲動物を他の水族館にはない斬新なアイデアで展示し、たくさんの人の心を掴んできました。

1階では「大海の旅」と称し、ウィーディーシードラゴンやマダラトビエイ、クリオネなど、普段海を泳いでいる生き物が飼育・展示されています。

2階では「水辺の旅」と称し水草やカエル類、リクガメ類、バイカルアザラシなど、主に海辺や川岸に生息している生き物を飼育・展示。

さらにマリンガーデンでは「天空の旅」と称し、淡水魚やモモイロペリカンなどが飼育されています。

また、アシカやコツメカワウソ、ケープペンギンなどのパフォーマンスも充実しており、都会にいながらカワイイ生き物たちを身近に感じることの出来るスポットです。

気になる混雑状況

そんなサンシャイン水族館ですが、土日は混雑が予想されます。生き物たちをじっくり観察したいなら平日を狙って行くか、土日の開園直後か閉園間近に訪れるといいでしょう。きちんと予定を立てて、キュートな生き物達が暮らす水族館を楽しんでください!

サンシャイン水族館の料金とクーポン情報

サンシャイン水族館の入場料金

  • 大人(高校生以上)2,000円(税込)
  • こども(小中学生)1,000円(税込)
  • 幼児(4歳以下)700円(税込)
  • シニア(65歳以上)1,700円(税込)

割引やクーポンはある?

サンシャイン水族館は、コンビニ前売り券やJAF会員割引、JTB割引などのクーポンが用意されています。入館前にチェックして、お得に入場するのがオススメです。

JAF会員割引

JAF会員証を提示すると、本人含めて最大5名までが下記の割引料金で入場できます。

  • 大人2,000円→1,800円(税込)
  • こども1,000円→900円(税込)
  • 幼児700円→630円(税込)
  • シニア1,700円→1,530円(税込)

コンビニ前売り券

サンシャイン水族館の前売り券は、コンビニで購入可能。事前に購入しておけば、前売料金で入場出来ますので、予定が決まっている方などにオススメです。

  • 大人2,000円→1,900円(税込)
  • こども1,000円→950円(税込)
  • 幼児700円→650円(税込)

※なお、シニアの前売り券はコンビニでの取り扱いがございませんのでご注意を。

障害者割引

障害者手帳、療育手帳等、特定疾患医療受給者証をお持ちの方は、受付で提示すると割引料金で入場できます。また手帳所持のご本人と、付き添いのかたの合計2名までが割引の対象です。

  • 大人2,000円→1,000円(税込)
  • こども1,000円→500円(税込)
  • 幼児700円→350円(税込)
  • シニア1,700円→850円(税込)

セゾンカード・UCカード優待

セゾンカードもしくはUCカードの会員の方は、カードを提示すれば割引料金で入場することが出来ます。割引対象は、会員のかたと同伴者1名までです。

  • 大人2,000円→1,600円(税込)
  • こども1,000円→800円(税込)
  • 幼児700円→560円(税込)
  • シニア1,700円→1,360円(税込)

リピートするなら年パスが圧倒的にお得!

サンシャイン水族館にでは、年間パスポートも販売されています。料金は4,000円で、2回遊びに来れば元が取れてしまします。また「同伴者2名まで入館料30%off」「コニカミノルタプラネタリウム・満天の鑑賞料が割引」など、他にもたくさんの特典がついてきます。

  • 大人4,000円(税込)
  • こども(小中学生)2,000円(税込)
  • 幼児(4歳以上)1,400円(税込)
  • シニア(65歳以上)3,400円(税込)

公式サイトはコチラ!

都会で味わえる満点の星空「コニカミノルタプラネタリウム"満天"」

サンシャインシティ内「ワールドインポートマートビル」の屋上にある「コニカミノルタプラネタリウム"満天"」。2015年にリニューアルオープンし、スクリーンドームを一新するのと同時に最新鋭プラネタリウムInfinium Σ(インフィニウム シグマ)を導入しました。従来の機材とは一線を画す星の美しさが評判となり、多くの人が訪れる人気スポットです。まるで本物の星空を見ているかのような輝きを放ち、星座や綺麗な天の川が頭上を流れていきます。

テーマは「感覚の解放」。そこでInfinium Σ(インフィニウム シグマ)の他にも、大の字に寝転んで星空観賞ができる「芝シート」やふわふわのソファに腰掛けて星空を眺める「雲シート」が取り入れられ、今まで以上にリラックスできる環境でプラネタリウムを楽しめるのが魅力です。

最近では音楽とプラネタリウムとのコラボ「スキマスイッチ 宇宙の奏(かなで)」、「サカナクション グッドナイト・プラネタリウム」といった、これまで体験したことの無いようなプラネタリウムを楽しめる他、オリジナルアロマを駆使したヒーリングプラネタリウム「南極ヒーリング~この地球(ほし)の果てで~」といった斬新なイベントも開催されています。秋には「オーロラ・ファンタジー Every Little Thing」という頭上いっぱいに広がるオーロラ体験も予定されており、今から楽しみです。

上映スケジュール

スキマスイッチ 宇宙の奏(かなで)/サカナクション グッドナイト・プラネタリウム

  • 上映期間 2016年9月4日(日)まで
  • チケット料金 芝/雲シート 一律2,900円 一般シート 大人(高校生~)1,200円、こども(小・中学生)600円、幼児(4才~)500円、シニア(65才~)1,000円
  • 上映時間 約40分

南極ヒーリング~この地球(ほし)の果てで~

  • 上映期間 2016年9月4日(日)まで
  • チケット料金 芝/雲シート 一律3,500円 一般シート 一律(小学生~大人)1,500円
  • 上映時間 約50分

※芝/雲シートは、1シートで2名様分(小学生以上)の料金を含んでいます。

上映スケジュールの詳細はコチラ!

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台

サンシャインシティの中でも特に今注目のスポット「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」。建物内60階に位置し、高さ221m海抜高251mを誇ります。

2016年4月21日に約1年のリニューアル期間を経て生まれ変わったSKY CIRCUSサンシャイン60展望台からは、東京の街並みが一望できます。

こちらは、まるで床に穴が空いていて、下を見下ろしているような気分が楽しめる「SKY ホール」。日本各地の名所を飛ぶように移動する「SKYトランポリン」もあります。

その他にも、仕掛け鏡「ワンダーミラー」や

一面万華鏡の世界「無限スケープ」、夜になると何かが起こる「フォーチュンウィンドウ」など、多数の見所があります。

そして、なんといっても一番注目したいのが「TOKYO弾丸フライト」。最新映像機器VR(バーチャルリアリティー)デバイスを装着し、未来の東京をめぐるスリルとサプライズが味わえます!行列必至、絶叫間違いなしのコンテンツです。

またカフェやグッズショップもあるので、デートや観光で訪れるのはかなりオススメ。サンシャインシティのイチオシスポットとなっています!

料金や営業時間は?

料金

  • 大人 1,800円
  • 学生(高校・大学・専門学校) 1,500円
  • こども(小・中学生) 900円
  • 幼児(4才以上) 500円
  • シニア(65才以上) 1,500円
  • TOKYO 弾丸フライト(1回/1名様) 600円

営業時間

  • 10:00~22:00

公式サイトはコチラ!

体験レポートはコチラ!

池袋・サンシャインシティにはどんなお店が入っているの?

ここではサンシャインシティに入っているお店を厳選してご紹介!サンシャインシティにはALTA(アルタ)とalpa(アルパ)という専門店街があり、アパレル店や靴、雑貨、レストランなど、合わせて約260のショップがあります。これまでにご紹介したスポットで遊んだ後、ゆっくりショッピングが楽しめるというのも魅力です。

Loft(ロフト)

アルパ2Fにある「Loft(ロフト)」では、季節ごとの旬な雑貨を取り扱っています。デザインもオシャレだったり可愛いかったりするものが多く、プレゼントや素敵な日用品が欲しい時にはとても便利。少し小さめの店舗ですが、サンシャインシティを訪れたときはふらっと立ち寄ってみてください。

ニトリ デコホーム

アルパB1Fにある「ニトリ デコホームホーム」では、ファッション商品を中心に、お客さんから人気の高い商品を数多く取り揃えています。やはりニトリといえば、その洗練されたデザインとリーズナブルな値段が魅力ですよね。なおサンシャインシティに置いてある商品は、大型のニトリ店舗で扱っている商品とは異なるのでご注意ください。

新星堂

アルタ1Fにある「新星堂」では、主にCDやDVDが販売されています。今流行りのアーティストから懐かしの曲まで、種類豊富に取り揃えられています。また店内常設のステージではインストアイベントも実施。アーティストのリーリースイベントでは、握手会やサイン会が行われることもあるので要チェックです。

池袋・サンシャインシティでランチやディナーを楽しもう!オススメのレストランをご紹介!

サンシャインシティには、ランチやディナーを楽しめるお店も充実しています。約80店舗あるレストランには洋食・和食はもちろん、中華、韓国などのアジア系レストランから、お茶やワインの専門店まで入っており、食べたい料理が見つかること間違いなし!ここではランチ、ディナー別にオススメのお店をご紹介していきます。

ランチにぴったりなレストラン

サンシャイン クルーズ・クルーズ

サンシャイン60ビルの58階にあるレストランです。ジャンルは洋食ですが、様々な国の魅力を詰め込んだ料理が楽しめます。料理はもちろん格別ですが、地上約212mからみる景色も外せません。東京を一望しながらの食事は、よりいっそう美味しく感じられるでしょう。

営業時間

  • 【月~金】11:30~15:00
  • 【土日祝】11:00~15:00

料金

  • 予算 2,000円~3,000円

メゾンカイザー

「メゾンカイザー」はアルパ1階にあるお店です。伝統的な製法で作る絶品天然酵母パンが楽しめます。ランチにはそんな美味しいパンがお得に楽しめるとあって行列をつくることもしばしば。ですが意外とあっさり案内されるのでそこはご安心ください。

ランチコースが数種類あり、もも肉のグリルと一緒にパンを楽しめます。パンは食べ放題なので、気兼ねなくたくさん頂いちゃいましょう!

営業時間

  • 11:00~21:00

料金

  • 予算 1,200円~2,000円

中華そば青葉

アルパ地下1階に、かつてWスープで一世を風靡した「中華そば青葉」があります。

スタンダードなメニュー「中華そば」は香りが魚介系、スープは豚骨。節と豚骨のバランスが絶妙な和風出汁が特徴です。中太ストレート麺がまたスープとよく絡み絶品。ラーメンが食べたくなったらぜひ足を運んで欲しいお店です。

営業時間

  • 10:30~21:30

料金

  • 予算 ~1,000円

ザ・ドーム

ママさんがゆっくり食事を楽しめる「ザ・ドーム」。サンシャイン60の59階にあるレストランです。キッズスペースを完備したレストランとして、小さなお子様連れのご家族やママさんにはとても便利なお店となっています。すべり台などの玩具がいっぱいで、スタッフも優しくて安心。心置きなくイタリアンが楽しめますよ。

もちろん美味しいスイーツもあります!

営業時間

  • 【月~金】11:30~15:00(L.O.14:00)
  • 【土】11:30~15:00(L.O.15:00)
  • 【日・祝】11:30~15:00(L.O.15:00)

料金

  • 予算 2,000円~3,000円

ラ・メゾン アンソレイユターブル

アルパ3Fにあるレストラン「ラ・メゾン アンソレイユターブル」。

南欧の一軒家をイメージした落ち着いた店内で、美味しい洋食からヘルシー料理、デザートのケーキなどが楽しめます。店内はベビーカーで入れるほど広々としており、赤ちゃん連れのお母さんでも安心。子供用に「キッズプレート」も用意されているので、ぜひ親子で訪れてみてください。

営業時間

  • 11:00~22:00

料金

  • 予算 1,000円~2,000円

ディナーにピッタリ!夜景が綺麗なレストラン

ジョーズシャンハイ

スカイレストランエリアにあるこちらのお店は、夜になると東京の夜景を一望しながら食事を楽しめます。

料理はというと、世界三大小籠包を初めとするモダン中華料理がならび、NYスタイルのラグジュアリーな空間とあいまって素敵な時間を過ごせるでしょう。

営業時間

  • 平日 17:30~23:00 (L.O.フード22:00/ドリンク22:30)
  • 土・祝前日 17:00~23:00 (L.O.フード22:00/ドリンク22:30)
  • 日・祝 17:00~22:00 (L.O.フード21:00/ドリンク21:30)

料金

  • 予算 5,000円~6,000円

クイーンズバス

ハワイのベンダースタイルをイメージしたビストロ料理が楽しめ、まるでハワイにいるような錯覚に陥ってしまうかも。飲み放題コースも用意されており、歓送迎会・女子会・記念日にも利用できるお店となっています。

営業時間

  • 16:00~23:00(LO、22:00)

料金

  • 予算 2,000円~3,000円

オーシャンカシータ イタリアン シーフード グリル

 「日常使いできる贅沢なお店」がテーマのレストランです。

新鮮な海の幸を豊富に使った料理が魅力で、記念日、接待、友人同士など、どんなシチュエーションにも対応できるお店となっています。 華やかなコース料理も気軽なアラカルトもとても美味しいですよ。

営業時間

  • 17:00~23:00 (L.O.フード22:00/ドリンク22:30)

料金

  • 予算 6,000円~8,000円

福助

築地鮮魚問屋直営ならではの本格江戸前鮨を味わえるお店です。新鮮な50種以上のネタを常備し、様々なコース料理も用意されているのでお得にお寿司を楽しむことも可能。本格江戸前鮨の「活き」と「粋」を堪能してください。

営業時間

  • 【平日】17:00~23:00 (L.O. 22:00)
  • 【土】16:00~23:00 (L.O. 22:00)
  • 【日祝】16:00~22:00 (L.O. 21:15)

料金(ディナー)

  • にぎり一人前 2,160円~
  • お好みにぎり162円~
  • コース5400円~

天空の庭 星のなる木

和食懐石レストラン「天空の庭星のなる木」。夜景を見ながらの食事は最高の一言に尽きます。料理も美味しくお酒もすすむ。旬の食材を使ったいろんな料理で楽しませてくれます。非日常な空間で贅沢な時間を過ごしてみてください。

営業時間

  • [月~土祝前日]17:00~23:00 (L.O. フード22:00/ドリンク 22:15)
    [日・祝]17:00~22:00 (L.O. フード21:00/ドリンク 21:15)

料金

  • 予算 8,000円~10,000円

ジンジャーズビーチ

ハワイの上質なリゾートホテルをイメージした店内では水音が聞こえ、外には東京の夜景を一望できます。

歴史あるハワイ料理と西洋の料理、日本料理などの技を合わせた、新しいハワイスタイルの料理を楽しむことができます。

営業時間

  • 17:00~23:00(LO、22:00)

料金

  • 予算 6,000円~8,000円

子供連れに嬉しい池袋・サンシャインシティの施設

サンシャインシティには、小さなお子様連れのお客さんに優しい気遣いがたくさんあります!大勢の人がいる場所で、子供がぐずりはじめたら世のお母さんたちは大変なもの。ここではサンシャインシティを訪れる前に知っておいてほしい3つのスポットをご紹介していきます。

ベビールーム

アルパB1、アルパ2F、アルパ3Fに「ベビールーム」が設置されています。オムツ替えベッド、授乳用個室も完備。さらに館内の女性トイレには、ベビーベッド、男女トイレ全てにベビーキープもあるので、いざ困った時には活用してください。

キッズプレイスペース(アルパ2階)

そしてアルパ2Fには、お子様専用の「キッズプレイスペース」があります。壁に設置された「どうぶつパネル」で遊んだり、芝生でゴロゴロなんてことも。またお父さん・お母さんの休憩所としても利用できるので便利です。

トイザらス ベビーザらス

アルパB1には玩具・子供用品の総合専門店「トイザらス」があります。そして、特筆すべき点はベビー総合専門店「ベビーザらス」が併設されていること。知育玩具、ゲーム機、ゲームソフトなどの人気商品から、粉ミルクやベビー衣料、ベビーカー、チャイルドシートまで幅広く取り揃えられています。誕生日の玩具を買うのもよし、ぐずりはじめたお子さんの機嫌直しで立ち寄るのもよし、子供にとってはパラダイスなのでぜひ活用してみてください!

その他施設や設備のご紹介

サンシャインシティを利用するにあたって知っておくと便利なスポットをご紹介していきます。

ATM

みずほ銀行ATMコーナー

  • サンシャイン60ビル 4F
  • アルパB1 味の小路
  • アルパ1F (プリンスホテル近く)

三井住友銀行ATMコーナー

  • アルパB1 (郵便局並び)

ゆうちょ銀行ATMコーナー

  • アルパB1 (郵便局内)
  • 東急ハンズ下地下道(B1)

セゾンATMコーナー

  • アルパB1(郵便局並び)

オリコキャッシュディスペンサー

  • 東急ハンズ下地下道(B1)

コインロッカー

  • サンシャイン60ビル 60F
  • B1F地下道
  • アルパB1F・1F
  • ワールドインポートマートビル 4F・屋上(水族館エントランス)
  • 文化会館ビル 1F・2F・4F

特大:83×33×56 (600円) 大型:53×33×56 (500円) 中型:40×33×56 (400円) 小型:31×33×56 (300円) ※縦×横×奥行(cm) ※8:00~22:00(場所によっては19時まで)

喫煙所

  • アルパ3F(ステーキのくいしんぼ近く)
  • 文化会館ビル1F

バスターミナル

サンシャインシティにはバスターミナルがあり、そこから高速バスが発着しています。こちらは池袋駅から徒歩約15分ほどかかる場所にあるので、万が一駅チカだと勘違いをしていたら大変なことに。ここでは道順を簡単にご説明します。

まずは池袋駅東口を出て、左に「ビッグカメラ」、右に「マクドナルド」に挟まれた大通りをまっすぐ直進します。そして「東池袋」の交差点を過ぎると左手に「マルエツ プチ 東池袋駅前店」の緑の看板が見えてくるのでその先の路地を左に曲がってください。

住所はコチラ!

  • 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン文化会館ビル1F サンシャインバスターミナル

サンシャインシティへのアクセス

電車の場合

  • 東池袋駅(東京メトロ有楽町線) 徒歩約3分
  • 池袋駅(JR・東京メトロ・西武線・東武線) 徒歩約8分
  • 東池袋四丁目停留所(都電荒川線) 徒歩約4分

車の場合と駐車場情報

  • 「首都高速5号池袋線」東池袋出口を出てすぐ

サンシャインシティを囲うように走っている道路に計4カ所駐車場への入口があるので注意しながら走行してください。

駐車場

24時間営業・年中無休で利用できる「サンシャインパーキング」があります。首都高速「東池袋出入口」に直結しているのでとても便利です。料金は入庫から4時間までが30分ごとに300円。8時間までが2,400円、8時間を超えて30分ごとに300円が加算されます。そして10時間から24時間が3,600円となります。また、駐車割引などもあるので詳しくは公式HPをご覧ください。

駐車場の詳細はコチラ!

 

ページTOPへ

「池袋」周辺の関連記事

このページのTOPへ