asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

小石川後楽園 お花見や紅葉狩りを楽しもう!梅や花菖蒲も人気

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

東京都文京区後楽にある小石川後楽園は、国の特別史跡・特別名勝に指定されている都立庭園です。水戸徳川家の江戸上屋敷の庭として作られた庭園で、水戸黄門でおなじみの徳川光圀が完成させました。都立庭園で特別史跡と特別名勝の二重指定を受けているのは、浜離宮と小石川後楽園の2庭園だけです。

小石川後楽園とは?

小石川後楽園は、1629年に水戸徳川家の初代藩主頼房によって江戸の中屋敷の庭として造られました。その後、徳川光圀の改修により完成。光圀によって、中国の教え「天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに遅れて楽しむ」から、「後楽園」と名付けられたと言われています。

構成は池を中心に据えた「回遊式築山泉水庭園」です。随所に中国の名所の名を冠したスポットが設けられており、中国趣味の豊かな景観になっています。各地の景勝を模した山や川、湖、田園などが巧みに表現されているのが特徴。また、光圀が持っていた儒学思想の影響を受けていて、中国的、儒教的な趣向が濃厚に見て取れます。

日本の特別史跡・特別名勝に指定された小石川後楽園

小石川台地の先端にある小石川後楽園は、神田上水を引き入れて築庭されています。 1952年に文化財保護法に基づく国の特別史跡、および特別名勝に指定されました。都立公園として整備されて公開されていますが、特別史跡と特別名勝の二重指定を受けた都立庭園は浜離宮と小石川後楽園の2庭園だけです。

全国でも特別史跡と特別名勝の重複指定を受けているのは9ヶ所だけ。ほかは京都の鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、醍醐寺三宝院、奈良の平城京左京三条二坊宮跡、広島の厳島、岩手の毛越寺庭園、福井の一乗谷朝倉氏庭園です。

小石川後楽園の見どころ

大泉水

小石川後楽園の中心をなす池「大泉水」には、「蓬莱島」と「徳大寺石」が配され、「琵琶湖」を模した景観が造りあげられています。

小廬山

丸い築山である小廬山は、中国の景勝地「廬山」に姿形が似ていることからその名がつけられました。命名は江戸の儒学者・林羅山です。小廬山に登ると広い庭園を見下ろすことができ、違った楽しみを見つけられます。

大堰川     

京都嵐山の麓を流れる大堰川にちなんで造られたのが、小石川後楽園内の代表的な川「大堰川」です。以前は神田上水からの水を水車でくみ上げ、流していたとされています。流れの中ほどにあるのは「将軍腰掛の石」と呼ばれる石。川と大小の石の配置が美しいと評判です。

得仁堂

徳川光圀が18歳の時に読んだ史記「伯夷列伝」に心を動かされ、伯夷、叔斉の像を安置するために造られた堂です。伯夷、叔斉を評した孔子が「求仁得仁」と語ったことに由来し、「得仁堂」と名づけられています。

円月橋

中国・明の儒学者・朱舜水が設計したとされる石橋が「円月橋」です。水面に映る姿と合わせると満月のように見えることから名づけられたと言われています。

しだれ桜

小石川後楽園には、かつて樹齢100年を超えるしだれ桜の古木がありました。枯れてしまった初代しだれ桜の後を継いで植えられたものが、今に残るしだれ桜です。推定樹齢は60年以上であるといわれています。

内庭

内庭は水戸藩の書院の庭として設えられた純和風の庭園です。「大泉水」を中心とした「後園」との境に唐門を設けて仕切られていたとされています。

稲田

小石川後楽園の北側にまわると、景観は一変して田園風景が広がります。梅林や花菖蒲、藤棚が楽しめるスポットです。水戸光圀が彼の嗣子である綱条の夫人に、農民の苦労を伝える目的で作られた田んぼと言われています。

涵徳亭 お休み処

小石川後楽園の園内には、予約制の有料集会場、「涵徳亭(かんとくてい)」があります。空いている部屋がある場合には、1名から使える「涵徳亭 お休み処」として営業。お弁当に加えて、抹茶や甘味、軽食なども楽しめます。

小石川後楽園の魅力的なイベント

梅や桜、ツツジ、花菖蒲などが植えられている小石川後楽園では、開花に合わせたお祭りなどのイベントが随時開催されています。四季折々に咲く美しい花々を愛でてみませんか。

梅まつり

毎年2月に開催される梅まつりは、小石川後楽園に早い春の訪れを告げるイベントです。園内北東側の梅林では芳しく香る梅花が楽しめるほか、神楽や和楽器の演奏会も催されます。植木や苗木、水戸の名産品などの販売もあり、例年多くの人が訪れるお祭りです。

紅葉まつり

例年11月の紅葉シーズンに合わせて行われるのが紅葉まつりです。園内北西側の通天橋付近と、大泉水南側ほとりに植えられた紅葉が一斉に色づき、訪れる人々の目を楽しませます。

田植え/稲刈り

園内北側に広がるのは文京区内の小学生による手入れが行われてる稲田。毎年5月には田植え、9月には稲刈りが行われます。

小石川後楽園周辺の観光スポット

小石川後楽園の周辺には、言わずと知れた東京ドームやラクーア、東京ドームシティなど、都市型のレジャー施設が並んでいます。静かな庭園散策の後は、こうした施設でアクティブに楽しむのもおすすめです。

東京ドーム

日本初の屋根つき球場・東京ドームは、プロ野球チーム「読売ジャイアンツ」の本拠地であり、「北海道日本ハムファイターズ」の準本拠地となっています。国内外のアーティストがライブを行う舞台としても有名です。その外観から「ビッグエッグ」の愛称で親しまれ、夜にはライトアップされた姿も楽しめます。

東京ドームシティアトラクションズ

東京のど真ん中でありながら、観覧車にメリーゴーランドなどのアトラクションが楽しめる都市型遊園地「東京ドームシティアトラクションズ」。戦隊もののヒーローショーなども行われています。

スパ ラクーア

「スパ ラクーア」には天然温泉の露天風呂やサウナからなるスパゾーンや、岩盤浴を堪能できるヒーリングバーデ、世界各国のトリートメントを集めたエステティックエリアなどが設けられています。都心にいることを忘れてしまうほどの、極上のリラックスタイムを楽しめる施設です。