泉岳寺(東京)は忠臣蔵の聖地。赤穂浪士に想いをはせよう!

  • 1136 |

東京都港区高輪二丁目にある泉岳寺は、曹洞宗の寺院です。青松寺、総泉寺と並んで曹洞宗江戸三ヶ寺の一つに数えられる由緒ある寺で、赤穂浪士と浅野長矩が葬られていることでも知られています。今回は泉岳寺の魅力や見どころ、おすすめのお土産をチェックしていきましょう。

http://navalin.at.webry.info/

泉岳寺とは?

福井県の永平寺と、横浜鶴見の総持寺を大本山とする曹洞宗の寺が、東京都港区高輪二丁目にある泉岳寺です。釈迦牟尼仏を本尊として仰ぎ、南無釈迦牟尼仏を唱えます。

泉岳寺は1612年に徳川家康によって外桜田に創建されたのが始まりですが、1641年に寛永の大火で焼失してしまいました。その後、徳川家光の命を受けて毛利や浅野、朽木、丹羽、水谷の5大名の手で現在の高輪に再建されています。

1700年頃の赤穂事件で名高い浅野長矩と赤穂浪士が葬られており、現在も多くの参拝客が訪れています。泉岳寺に訪れた際は、境内にある「赤穂浪士記念館」へ足を運んでみてください。赤穂浪士記念館では義士ゆかりの品を鑑賞できます。

また、毎年4月初旬と12月14日には「赤穂義士祭」が催されます。主君への忠義を尽くした赤穂義士を弔うためのお祭りです。

赤穂浪士の生き様にふれる。泉岳寺の見どころ

浅野長矩および赤穂義士墓

http://datey.blogspot.jp/

1701年3月14日、江戸城中で旗本・吉良義央に切りつけ、即日切腹処分となった播磨赤穂藩の藩主・浅野長矩と、翌1702年12月14日に江戸本所の吉良邸に押し入って主君の仇を討った47人の赤穂義士の墓です。こちらは文化財二指定されています。一般に「四十七士」と言われる赤穂浪士ですが、泉岳寺には討ち入り前に自害した浅野氏の家臣・萱野重実の供養塔を含めて48基の墓があります。 義士たちの墓は討ち入り後の預け先によってそれぞれ分けられ、並べられているのが特徴です。

本堂

http://tetsukonokobeya.blog.fc2.com/

第二次世界大戦で空襲にあって消失した旧本堂に代わり、現在の本堂は昭和28年12月14日に落成した鎌倉様式の建築です。

山門・中門

http://mo2611to.blog100.fc2.com/

泉岳寺にはもともと総門・中門・山門の3つの門「三門」がありましたが、現存しているのは山門と中門のふたつのみです。しかし、どちらも初代のものは消失しています。山門は1832年に34世大道貞鈞(だいどうていきん)和尚の代に、中門は1836年に35世大龐梅庭(だいほうばいてい)和尚の代に再建されたものです。

梵鐘・鐘楼堂

http://iseyoshitaroh.asablo.jp/

朝の坐禅時と夕方の閉門時に撞かれている梵鐘は、1913年41世普天霊明(ふてんれいみょう)和尚代によって造られたものです。江戸から明治まで使われていた梵鐘は、現在ウィーンの国立民族博物館に所蔵されています。

大石内蔵助吉雄銅像

http://iseyoshitaroh.asablo.jp/

忠臣蔵の主役ともいえる赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助吉雄が元禄袴を身につけ、連判状を手に江戸のある東の空をじっと睨んでいる姿を表した銅像です。浪曲の宗家・桃中軒雲右衛門の発願で鋳造されたものが泉岳寺に寄進され、1921年12月14日に除幕しました。

主税梅

http://ytamegoro.at.webry.info/

三田の松平壱岐守邸に植えられていた梅が移植されたものです。三田の松平壱岐守邸は、赤穂浪士のひとり・大石主税(ちから)が切腹したスポットとされています。

血染めの梅・血染めの石

http://blogs.yahoo.co.jp/

浅野内匠頭が切腹した際に、その血を浴びたと言われている梅の木と石です。田村右京太夫邸の庭から移されたとされています。

首洗い井戸

http://minkara.carview.co.jp/

浅野長矩の仇として武林隆重に討たれた吉良上野介の首を洗ったとされる井戸です。本懐成就後は吉良の首を主君の墓前に供えて報告したと言われます。

赤穂義士記念館

http://inainakazusaninaka.blog.fc2.com/

赤穂義士記念館は、赤穂義士に関する資料館です。討ち入りから300年の時を経て、歴史を次世代に伝えるべく新設されました。義士の貴重な遺品が展示されているほか、忠臣蔵についてのビデオも上映されています。また、江戸時代後期から1869年にかけて制作された四十七義士の木像が収容されている義士木像館も必見です。

泉岳寺では赤穂浪士や忠臣蔵にまつわるイベントも開催

泉岳寺の年中行事で特筆すべきは、ここに葬られた義士たちの魂を慰めるためのイベントです。

赤穂義士まつり

年に2回、12月14日と4月に行われるのが「赤穂義士まつり」です。冬の赤穂義士まつりでは、浅野長矩公と48人の義士たちの墓前で供養が執り行われるほか、財界二世学院による「義士行列」も行われます。

月例 参禅会

泉岳寺では月に一度、坐禅の指導が受けられる「参禅会」が開催されています。参加は無料で事前の申し込みも不要。気軽に参加してみてください。

泉岳寺でオススメのお土産

泉岳寺・山門前にはお土産屋さんが並んでいます。おすすめ商品は赤穂浪士グッズ。そのほか、泉岳寺ならではのアイテムが豊富です。人気のお土産をランキング形式でご紹介します。

泉岳寺お土産人気ランキングはこちら!

1位 陣太鼓

「陣太鼓」は大石内蔵助が討ち入りの際に打ち鳴らしたといわれる陣太鼓です。泉岳寺のお土産で一番に目につくのはやはりこれ!土産物店でも大小さまざまな陣太鼓が取り揃えられています。

2位 勝守

「泉岳寺」のお守りといえば「勝守」。勝負事に強く念ずれば、一切の災いから逃れられるとされる魔利支総天のお守りです。赤や青、白などの色が揃えられています。体操選手の内村航平氏が2011年に金メダルを取った際に勝守を持っていたといもいわれており、人気が集まっています。

3位 赤穂浪士グッズ

「赤穂浪士グッズ」はマグカップやペーパーナイフなどの実用品から、模造刀、ストラップ、さらには「討ち入り饅頭」といった食品まで、豊富にラインナップされています。お気に入りの義士がいるなら、名入りグッズを探してみてください。

泉岳寺周辺の見どころ

松島屋

松島屋は豆大福で有名な老舗和菓子店です。群林堂、瑞穂と並び東京三大豆大福の一角を担うとされています。大福の種類は豆大福、草大福、きび大福と3種類。人気が高いため、午前中に訪れても手に入らないことが多々あります。塩気の効いたバランスの良い餡がくせになるおいしさです。
 

ページTOPへ

「品川」周辺の関連記事

このページのTOPへ