国営昭和記念公園 レインボープールやイルミネーション、アクセス情報も!

  • 688 |

「国営昭和記念公園」は、東京都立川市と昭島市にある日本を代表する国営公園です。昭和天皇在位50周年記念事業の一環として、立川市と昭島市にまたがる旧立川飛行場の跡地に1983(昭和58)年に開園されました。165ヘクタールを超える広大な敷地には、国内最大の芝生スペース「みんなの原っぱ」をはじめとするさまざまなエリアが設けられていて、年間を通じて多数のイベントも開催されています。

http://blogs.yahoo.co.jp/

国営昭和記念公園とは?

東京都立川市と昭島市が境を接する場所にある「国営昭和記念公園」は、165ヘクタールを超える規模を誇る、東京都内最大の公園です。自衛隊立川駐屯地や立川広域防災基地に隣接していて、レクリエーション施設としてだけではなく、災害時における広域避難場所としての役割も果たすように設計されています。

開園は1983(昭和58)年10月26日。昭和天皇在位50周年記念事業の一環として、昭和天皇ご臨席のもとで、約70ヘクタールの規模で開園されました。その後、「レインボープール」や「こどもの森」、「日本庭園」や「盆栽苑」などが次々と整備され、 2005(平成17)年には、「みどりの文化ゾーン」と「昭和天皇記念館」がオープンしました。

広大な園内は「みどりの文化ゾーン」「展示施設ゾーン」「水のゾーン」「広場ゾーン」「森のゾーン」などに分けられ、それぞれテーマを設けた魅力溢れる設備が設置されています。広い園内では、目的に合わせて訪問先エリアを選定し、ダイレクトにアクセスするのが効率的です。

のべ11ヘクタールの広さを持つ「みんなの原っぱ」は、国内最大の芝生スペース。イベント会場として利用される機会も多く、夏には花火大会も催されます。春は桜、秋にはコスモスなどが咲き乱れ、冬にはイルミネーション点灯が行われるなど、季節ごとの楽しみもたくさんある魅力的な公園です。

「バーベキューガーデン」や、「ディスクゴルフ」や「クロッケー」「ペタンク」などのニュースポーツが楽しめるエリアも人気を集めています。「立川口」「西立川口」「砂川口」のそれぞれに設置された「サイクルセンター」で、レンタサイクルを調達して楽しむのもおすすめです。

国営昭和記念公園の見どころ

広場ゾーン

http://ysuburin.exblog.jp/

「国営昭和記念公園」の中央部に広がる広大なエリアが「広場ゾーン」です。国内最大となる11ヘクタールの「みんなの原っぱ」と、サッカーやソフトボールなどの球技に使える「うんどう広場」、フットサルや3on3に加えてディスクゴルフやペタンクといったニュースポーツも楽しめる「スポーツエリア」などがあります。手ぶらで楽しめる「バーベキューエリア」も人気です。

小さいお子さまにはユニバーサルデザインの遊具が備えられた「わんぱくゆうぐ」も。ゾーン北側には武蔵野の自然を残すために作られた人口湿地である「トンボの湿地」や「桜の園」もあり、子どもから大人まで幅広く楽しめます。

森のゾーン

http://blogs.yahoo.co.jp/

「日本庭園」と国内初の国営盆栽園である「盆栽苑」、昭和の武蔵野の風景を残した「こもれびの里」と、エアトランポリン、吊り橋などが人気の「こどもの森」などを中心としたゾーンです。

「日本庭園」ではお茶会が楽しめるほか、「こもれびの里」での農業体験や、「こどもの森」での木工体験など、さまざまな体験も用意されています。

水のゾーン

http://trail-harley.blog.so-net.ne.jp/

夏季のみ営業する「レインボープール」は、東京ドーム1.4倍の敷地に、9つのプールを擁する本格的なレジャープールです。プール営業期間の前後には、「レインボープール」の一部が「水あそび広場」として無料開放され、例年ちびっこたちの元気な歓声が響いています。

約5ヘクタールの「水鳥の池」では、サイクルボートやローボートなどのボート遊びも楽しめます。「バードサンクチュアリー」では、毎月ボランティアの協力による野鳥観察会も開催されています。

みどりの文化ゾーン

http://blog.livedoor.jp/

園内南東、JR「立川駅」に近いエリアにある「みどりの文化ゾーン」には、緑を愛された昭和天皇の生物学研究成果やゆかりの品々を展示した「昭和天皇記念館」や、さまざまな体験プログラムも提供されている「花みどり文化センター」などがあります。芝生の「ゆめひろば」では、センターと連携したイベントなども開催されています。

展示施設ゾーン

http://blog.goo.ne.jp/

全長200mの「カナール」が流れるゾーンには、5つの噴水と、リードを離して愛犬と楽しめる「ドッグラン」などがあります。全長14キロのサイクリング専用コースを、タンデムバイクやカゴつき自転車などのレンタサイクルで走るのもおすすめです。レンタサイクルは18インチから用意されているので、お子さまもトライできます。

国営昭和記念公園の魅力的なイベント

http://blogs.yahoo.co.jp/

「国営昭和記念公園」では年間を通して行われている通年イベントと、季節ごとに開催されるイベントの両方があります。なかでも、三多摩一の花火大会と言われる「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」や、約20万個からなるイルミネーションとシャンパンツリーがきらめく「Winter Vista Illumination」は、例年多くの人が訪れる人気イベントです。

サンデースポーツ教室

毎週日曜日に行われているスポーツ教室です。月に一度は「エンジョイ!ディスクゴルフ」と題して、ディスクゴルフ初心者向けの講習会や、自由参加のコンテストも開催されています。

野鳥観察会

野鳥ボランティアの協力により、毎月第4日曜日の午前中には「野鳥観察会」が開かれています。「バードサンクチュアリー」の観察舎から、自由に飛び回る野鳥の姿を観察しながら、見分け方や観察方法などを学べます。

フラワーフェスティバル

例年、3月下旬から5月下旬にかけて開催されるのが「フラワーフェスティバル」です。ソメイヨシノやヤマザクラなどの桜から、チューリップ、菜の花、ポピーなど、さまざまな花が色とりどりに咲き乱れます。演奏会やスタンプラリー、ガイドツアーなどの企画も用意されています。

立川まつり国営昭和記念公園花火大会

毎年7月の最終土曜日には「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」が開催されます。東京で最大の一尺五寸玉が上がるこの大会は、三多摩一の花火大会として、毎年70万人もの観客が訪れる人気イベントです。

Winter Vista Illumination

http://blogs.yahoo.co.jp/

12月初旬からクリスマスにかけて行われる「Winter Vista Illumination」は、多摩地区随一のイルミネーションイベントとして、近隣のみならず遠方からも、毎年15万人もの訪問客を集めています。「立川口」から「カナール」「ふれあい広場」の周辺までが、約20万個の照明とシャンパングラスツリーで飾られ、立川の冬を彩る風物詩となっています。

国営昭和記念公園でオススメのお土産

http://ameblo.jp/

広大な敷地に趣向を凝らしたさまざまな施設が楽しめる「国営昭和記念公園」ですが、園内には多数の売店もあり、お土産を購入することも可能です。目一杯遊びつくした後は、思い出になるお土産を見つけに行きましょう。

国営昭和記念公園のオススメお土産

オリジナルフラワーベア

園内に咲き乱れる色とりどりの花々の色を映したような、カラフルなボディが特徴のくまのぬいぐるみは「国営昭和記念公園」限定の「オリジナルフラワーベア」です。日本でここだけの限定販売。購入したら園内のさまざまなスポットで写真撮影してSNSにアップしてみては。

立川図鑑

「なんでも揃う便利な街」でありながら、意外に「これ!」といったお土産品がなかった立川で、市役所と商工会議所がタッグを組んで開発したのが「立川図鑑」。ブック型の箱の中に、立川観光協会推奨認定品事業所の商品が4つ詰め合わされています。4つの商品は定期的に入れ替えられるので、何が入っているかはお楽しみ。立川を訪れたら、ぜひ購入してみたいお土産です。

五路

テレビや雑誌でも紹介された「立川伊勢屋」の「五路」は、蜜に漬けた渋皮栗がごろっと入ったお菓子です。立川は五叉路が多い街であることにちなんで名づけられたという「五路」ですが、ごろごろしたお菓子の形にもぴったりのネーミングです。

国営昭和記念公園へのアクセス

電車でのアクセス

  • JR中央線「立川駅」から「あけぼの口」まで徒歩約10分または「立川口」まで徒歩約15分
  • JR青梅線「東中神駅」から「昭島口」まで徒歩約10分
  • JR青梅線「西立川駅」から「西立川口」まで徒歩約2分
  • 多摩都市モノレール「立川北駅」から「あけぼの口」まで徒歩約8分または「立川口」まで徒歩約13分
  • 西武拝島線「武蔵砂川駅」から「玉川上水口」まで(残堀川緑道経由)徒歩約25分または「砂川口」より徒歩約20分

車でのアクセス

中央自動車道「国立府中IC」から約8kmで到着します。

駐車場は3つあり、普通車が1,755台停められる「立川口」、普通車が345台停められる「西立川口」、普通車が431台停められる「砂川口」があります。一日あたりの駐車料金は普通車で820円です。

ページTOPへ

「立川」周辺の関連記事

このページのTOPへ