伊豆諸島 観光スポットまとめ!意外と知られていない秘境をご紹介

  • 19506 |

東京都に属する太平洋の島々「伊豆諸島」。伊豆諸島は太平洋の沖合に連なるおよそ100の島々からなる総称で、その中でも有人の島は大島、利島、新島、式根島、御蔵島、八丈島、神津島、三宅島、青ヶ島の全部で9島だけ。かつては有人島が7島だけだったことから、「伊豆七島」とも呼ばれます。伊豆諸島の島々は、どこも自然が溢れていて海もとっても綺麗でまさにリゾート地。東京都内でリゾートが楽しめてしまうんです!そんな伊豆諸島の魅力を詳しくご紹介していきます。

http://blog.livedoor.jp/

東京都の離島群、伊豆諸島とは?

http://tkohara.la.coocan.jp/

伊豆諸島はいずれも東京都に属する離島群の総称です。その中でも人が暮らしていて、観光に向いている島は、大島、利島・新島・式根島・神津島・三宅島・御蔵島・八丈島・青ヶ島の9島。伊豆七島とも呼ばれることがしばしばありますが、これはかつて人が暮らしていた島々が7島だけだった頃の名残です。その他にも、無人の島が合計で100島程連なっており、東京から最も離れている孀婦岩までは直線距離で約650kmもあります。また、かつては鵜渡根島や八丈小島、鳥島などにも定住者がいましたが、現在はいずれも無人島です。

http://profile.ameba.jp/

伊豆諸島の島々へ向かう交通手段は、高速船やフェリー、飛行機などが中心です。特に高速船を使えば東京・竹芝から大島まではおよそ105分程で到着してしまいます!東京から一番近い大島でも、海が透き通っていてとても綺麗、沖縄なんかにもひけを取りません。シュノーケリングなどで海の中に潜ってみると、色とりどりの熱帯魚や魚群に出会えますよ。

海水浴場やダイビングスポットも豊富で、ここが東京都だなんてまったく信じられないくらいの世界が広がっています。飛行機を使えば最短30分ほどでアクセスできてしまう正真正銘の「東京のリゾート地」です。シーズンを見計らえば人もそれほど多くなく、過ごしやすいことでしょう。

大島

http://nodokadayori.cocolog-nifty.com/

伊豆諸島のなかでも一番東京に近い「伊豆大島」は、東京から約120km南にいった場所に位置しています。東京からの所要時間は高速ジェット船で約1時間45分、飛行機だと30分程度で到着してしまいます。実は首都圏からとてもアクセスが良い離島なんです。大型客船を使えば往復運賃も1万円以下で収まります。週末にちょこっと離島旅なんて過ごし方にもおすすめです。

http://www.izu-oshima.or.jp/

伊豆大島は100島ほどある伊豆諸島のなかで最大の島です。黒潮の影響から、島内は年間を通して比較的温暖な気候。島の中央に佇む三原山を中心に、火山島ならではの地形や景観が広がっています。

http://blog.livedoor.jp/

大島での楽しみ方はたくさんありますが、中でも人気なのが釣りやサイクリングです。島内の外周は約50km程となっており、自転車で走るには最適。更に交通量も少ないので、安心してサイクリングが楽しめるんです。中でも人気のスポットは「サンセットパームライン」など。潮風を感じながら、伊豆諸島ならではの海の絶景を楽しんでみましょう。またこの「サンセットパームライン」は、天体観測スポットとしても人気があります。

http://blog.alphawave.co.jp/

年間を通してさまざまな魚が釣れる大島は、釣り人から人気の島となっています。島内には釣具屋が数多くあり、釣りたい魚やそのシーズンのおすすめスポットなどを教えてくれますよ。釣具のレンタルもあるので、手ぶらで観光に行って釣りを楽しむなんて過ごし方も可能です。

http://rurubu.travel/

最後に注目したいのが「裏砂漠」です。大島のシンボルでもある三原山の麓に広がる「裏砂漠」は、実は国内で唯一の砂漠なんです。砂漠といえば鳥取砂丘を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、鳥取のは「砂丘」で、「砂漠」とは異なるものです。大島の裏砂漠は黒い砂が延々と続いており、まるで月にでも来たかのような雰囲気が楽しめます。記念撮影にもおすすめですよ。大島を訪れた際には、必ず立ち寄りたいスポットです。

http://beach-line.com/

また、伊豆大島でのキャンプは禁止です。宿泊する際は民宿を利用することになるので、離島キャンプが楽しみたい方には向いていないかもしれません。しかし、民宿はどこも温かいおもてなしで、べっこうや伊勢海老、金目鯛、サザエなど、地元の名物グルメもリーズナブルにじっくりと堪能できます。ぜひ大島を訪れた際には、民宿を利用してみてください。

■スポット詳細
名称:伊豆大島
住所:東京都大島町
アクセス:東京から飛行機で約30分 / 東京から高速ジェット船で約1時間45分 / 大型客船で約8時間
公式サイト:http://www.izu-oshima.or.jp/

利島(としま)

http://www.toshimamura.org/

伊豆諸島のひとつ「利島(としま)」は、東京から南へ約140kmいった地点に浮かぶ離島です。島は断崖絶壁に囲まれており、ビーチなどはありません。しかし、そのおかげでより離島らしさを感じられる場所でもあるのです。島全体が椿林に覆われていて、その数はなんと20万本にもおよびます。椿は伊豆諸島の名産ですが、特に利島に数多くの椿が集中しており、毎年冬になると美しい花を咲かせます。

http://www.jalan.net/

また利島では、イルカと一緒に泳ぐことができる「ドルフィンスイム」が人気。利島の近海にはミナミバンドウイルカが約20頭ほど棲みついているので、年間を通してイルカとのダイビングが楽しめます。利島のイルカは好奇心旺盛で人懐っこいため、機嫌が良ければ向こうから近づいてきてくれますよ。ドルフィンスイムは1回7,000円とお手頃な価格で楽しめるため、利島を訪れるなら必ず体験しておきたいアクティビティです。もちろん、普通のダイビングも楽しめますよ。

また、利島は天体観測のスポットとしても人気です。伊豆諸島はどこの島からでも美しい星空が眺められますが、利島の空は特に美しいことで有名。天の川や数々の季節の星座を肉眼で観測できてしまいます。波の音に耳を傾けながら、のんびりと星空を観察してみてください。

■スポット詳細
名称:伊豆諸島 利島
住所:東京都利島村
アクセス:東京から船で約9時間 / 高速ジェット船で約2時間20分 / 大島からヘリで10分
公式サイト:http://www.toshimamura.org/

新島

http://sky-sthttp://sky-studio.at.webry.info/

伊豆諸島の「新島(にいじま)」は、サーフィンスポットとして世界中のサーファーから注目されているスポットです。東京からの距離は約160mで、伊豆諸島の中でも特に美しい白い砂浜が特徴的です。近海でのダイビングでは、ミナミバンドウイルカやマッコウクジラ、ザトウクジラ、マンタ、ウミガメなど、さまざまな海の生き物たちと触れ合うことができますよ。

http://netafull.net/

また新島は漁業が盛んなので、伊豆諸島の名産でもある伊勢海老やサザエ、タカベ、メダイ、ムツ、オナガ、赤いかなどのグルメが楽しめます。魚貝類の他にも、明日葉やくさやなども堪能できます。

http://jcrew.blog23.fc2.com/

新島の注目ポイントはこれだけではありません。新島島内には無料の露天風呂や無料のキャンプ場、果ては無料のバーベキュー場などが完備されているため、アウトドア好きにはたまらない島になっています。

http://blogs.yahoo.co.jp/

無料の天然露天風呂「湯の浜露天温泉」では、大小8個の露天風呂が楽しめ、一番上に作られた露天風呂からは伊豆諸島の海や夜には満点の星空などが望めます。また「羽伏浦キャンプ場」では、キャンプやバーベキュー場の利用料が全部無料で楽しめます。民宿などに泊まらなくても無料の温泉で天然温泉を楽しんで、キャンプ場でキャンプをしながら自分で釣った魚をバーベキュー場で焼いて食べる、なんて過ごし方もできちゃいますよ。

http://blog.livedoor.jp/

そのほか、新島で注目したいのが「コーガ石」です。このコーガ石というのは、世界中でイタリアのリパリ島と新島の2箇所でしか採れない石です。新島では、コーガ石を使って作られた数多くのモヤイ像が見られます。島のいたるところに設置されていて、道端や展望台など、こんなところにも!と言いたくなるほど様々な場所でモヤイ像がお出迎えしてくれます。実は渋谷にあるモヤイ像も、新島から贈られたものなんです。

http://island-trip.net/

また、コーガ石を利用して作る「新島ガラス」という名産品もあります。新島ガラスは濃いエメラルドグリーンのガラスで、新島でしか作ることが出来ません。もちろん、新島ガラス作りの体験もできますので、新島を訪れた際にはチャレンジしてみてください。

■スポット詳細
名称:伊豆諸島 新島
住所:東京都新島村
アクセス:東京・竹芝から大型船で10時間35分 / 東京・竹芝から高速ジェット船で約2時間20分 / 調布空港から飛行機で約40分
公式サイト:https://www.niijima.com/kankou/index.html

式根島

http://shikinejima.jp/

伊豆諸島のひとつ「式根島」。式根島は1万6千年ほど前に誕生した島だと言われています。外周12km程の島なので歩いてでも周ることができる小さな島です。東京からの距離は約160kmで、同じく伊豆諸島の新島からなら連絡船で10分ほどで到着します。

http://my-own-diary.cocolog-nifty.com/

海岸がリアス式海岸となっているため、海水浴場として人気が高く多種多様な魚介類も集まっています。また、年間を通じて平均気温は17度前後。冬でも東京都内に比べて5度から7度ほど気温が高く、夏は涼しく、冬は温かい、常春の島と言われています。

http://shikinejima.tokyo/

式根島での遊び方は、海水浴やダイビング、山でのハイキングや、釣り、カヤック、海辺でのキャンプ、展望台での天体観測や絶景鑑賞などなど。アウトドア好きの方にはたまらないコンテンツが盛り沢山です。式根島はリアス式海岸があるので、波も穏やか。そのため、様々なマリンアクティビティが楽しめるというわけです。もちろん子どもも安心して遊べるビーチとなっており、親子でも気軽に海での遊びが楽しめますよ。

http://shikinejima.tokyo/

また、式根島のキャンプ場は利用無料。「釜の下キャンプ場」は、石白川海岸が目の前にあり、周辺には商店やレストランなどもある便利なキャンプ場です。「大浦キャンプ場」は大浦海岸に隣接しているキャンプ場で、海が望めるロケーションと、天気が良ければ空一面の星空が楽しめることから人気です。いずれのキャンプ場も無料で使えるので、式根島観光の際にはキャンプをしてみては。一方民宿では伊豆諸島の海の幸や、式根島産の食材を使った料理などがリーズナブルな料金で楽しむことができます。

http://island-trip.net/

島内には無料で使える天然露天風呂が3ヶ所と、温泉施設が1ヶ所あります。せっかくなので、式根島を訪れたら温泉めぐりも楽しんでみましょう。「地鉈温泉」、「足付温泉」、「松ヶ下 雅湯」は24時間無料で利用できる天然温泉です。式根島の満点の星空を眺めながら、波の音に耳を傾け、ゆっくりと温泉に浸かる時間は癒やしに満ちあふれています。

http://www.jalan.net/

それぞれの温泉を堪能したら最後に「憩の家」で汚れを洗い流すといいでしょう。憩いの家は島民の為に作られた憩いの場で、温泉の他に休憩室やマッサージチェア、自動販売機、テレビなどが完備されています。施設自体も清潔なので、女性にもオススメです。

■スポット詳細
名称:伊豆諸島 式根島
住所:東京都新島村
アクセス:東京・竹芝から大型船で10時間 / 東京・竹芝から高速ジェット船で約3時間 / 調布空港から飛行機で新島へ約40分、そこから連絡船で約10分
公式サイト:http://shikinejima.tokyo/

神津島(こうづしま)

http://kouzukankou.blog.fc2.com/

伊豆諸島の「神津島(こうづしま)」は、式根島から10kmほど離れた場所にある有人島です。伊豆諸島の有人島としては最西端の島となっています。島の中心には標高571mの天上山がどっしりと構えていて、島内のエリアは天上山を中心に北部と南部で大きくわけられます。天上山は観光スポットとしても人気で、「表砂漠」や「裏砂漠」と呼ばれる砂地なども見応えたっぷりです。また、神津島はその美しさからダイヤモンドアイランドとも呼ばれています。

http://hitosara.com/

観光をするなら、島内のよっちゃーれセンターがおすすめ。漁協女性部が運営するよっちゃーれセンターでは、神津島近海で水揚げされた新鮮な海の幸を驚くほどリーズナブルな価格で楽しめてしまいますよ。1階では海産物が販売されており、2階が海鮮料理レストランとなっています。

http://paxman.exblog.jp/

そのほかにも海沿いに作られた「赤崎遊歩道」からは、透明な美しい海と潮の香りがダイレクトに感じられたり、入り江になっているので海水浴を楽しんだりすることが可能。熱帯魚とだって泳げてしまいますよ。

http://kouzushima.jimdo.com/

島の絶景を楽しむなら、「三浦湾展望台」がおすすめです。神津島空港へ向かう途中の道路に設置された個の展望台からは、三宅島や御蔵島、八丈島までを見渡すことができます。伊豆諸島の雄大な海と、そこに浮かぶ島々の絶景を楽しんでみてはいかがでしょうか。

http://yuki7.hateblo.jp/

神津島の特産品は、焼酎や明日葉、ところてん、青むろのくさや、トビウオのくさや、カワハギのみりん干しなどです。島内で堪能するのもおすすめですし、お土産に購入するのもいいでしょう。

http://www.marinediving.com/

神津島は数多くのダイビングスポットがある、ダイビングの名所でもあります。そのため、島内の至る所でダイビングがたのしめますが、実は最大の目玉は他にあります。それが「マッコウクジラ」です。実は神津島ではマッコウクジラが泳いでいる姿を見ることができます。そのほかにも、ナイトダイビングを楽しんだりできますので、ダイビング好きにはたまらない島です。もちろん、初心者から上級者まで楽しめますよ。

■スポット詳細
名称:伊豆諸島 神津島
住所:東京都神津島村
アクセス:調布飛行場から飛行機で約45分 / 高速ジェット船で約3時間30分 / 大型客船で約12時間
公式サイト:http://vill.kouzushima.tokyo.jp/

三宅島

www.gsj.jp

東京から南に約175km、伊豆大島からは南に約57kmの場所に浮かぶ有人島「三宅島」。島の直径は8kmほどと小さく、円形の形をしているのが特徴的な離島です。三宅島は雄山を中心とした島になっており、この雄島はしばしば噴火をすることで知られています。島の全域が富士箱根伊豆国立公園になっており、自然があふれる観光スポットです。

三宅島は漁業や農業が盛んで、釣り場としても人気が高く多くの観光客が訪れます。島では釣りの他にも、スキューバダイビングや、ドルフィンスイム、ジオトレッキング、バードウォッチング、サイクリング、ボルダリング、クライミングなどのアクティビティも楽しめます。特に三宅島は別名バードアイランドと言われているほど野鳥の多い島で、国の天然記念物に指定されているような鳥も観察することができるのが特徴です。

島内の地形や気候も火山島ならでは。ここでしか感じることの出来ない自然を体験してみてください。

■スポット詳細
名称:伊豆諸島 三宅島
住所:東京都三宅村
アクセス:調布空港から飛行機で約50分 / 東京・竹芝から大型客船で約6時間30分
公式サイト:http://miyakejima.gr.jp/

御蔵島(みくらじま)

http://www.tokyoislands-net.jp/

東京から南に約200kmの場所に位置する伊豆諸島の有人島「御蔵島(みくらじま)」。島内の人口は約300人ほどの小さな島です。商店など、買い物ができる場所は全部で4軒。いずれもクレジットカードは使えません。もちろん、民宿なども全て現金のみの取り扱いなので観光の際は注意しましょう。東京からの所要時間は大型船の場合6時間30分ほど、飛行機を使う場合は調布空港から伊豆大島まで約30分、大島から乗り継ぎで更に約30分です。

御蔵島の気候は伊豆諸島周辺の黒潮の影響を受けるものの、海上を風が渡っていくため都内よりも比較的涼しく感じるはずです。また、雨が振りやすいので観光の際は要注意。風も強いため、カサよりもカッパなどを用意しましょう。

http://www.catsinnkerama.com/

御蔵島には、砂浜や海水浴場がありません。ただし、桟橋奥のスロープ付近で海水浴を楽しむことは可能です。また、伊豆諸島ではイルカウォッチングやドルフィンスイムなどが人気のアクティビティになっていますが、ここ御蔵島でもイルカと遊ぶことが出来ます。イルカウォッチング&ドルフィンスイムを企画運営する民宿なども多数あるので、観光前に事前に予約をしておくといいでしょう。

http://travel.rakuten.co.jp/

そのほか、御蔵島ではトレッキングなども楽しめます。数多くの原生林が残る御蔵島の山を散策してみてはいかがでしょうか。ただし、御蔵島の山は一部のコースを除いて、ガイドの同行が必要です。山に慣れていても、勝手に登らないようにしましょう。ガイド1名に対して7人まですることができます。ガイドの予約は御蔵島の公式サイトから、もしくは島の観光案内所でできますよ。ガイドの予約などの煩わしさはあるかもしれませんが、御蔵島は離島ならではの雄大な自然が感じられる観光スポットです。ぜひ、御蔵島の自然を感じてみてはいかがでしょうか。

魅力的な自然に溢れている御蔵島ですが、観光する上で注意しなければならない点もいくつかあります。まず、島内でのテント泊は禁止です。宿泊する際は民宿やバンガローを利用しましょう。また、航路の安定しない島で、天候によって飛行機や船が欠航することもしばしばあります。そのため、日帰り観光は出来ないと思っておいたほうがいいでしょう。そのほか、御蔵島は島内での自転車が禁止となっています。サイクリングを楽しみたい方などが居るかもしれませんが、持ち込んでも乗ることが出来ないので注意しましょう。

■スポット詳細
名称:伊豆諸島 御蔵島
住所:東京都御蔵島村
アクセス:調布飛行場から飛行機で大島へ、さらに飛行機を乗り継ぎ御蔵島まで約1時間 / 東京・竹芝から大型客船で約6時間30分
公式サイト:http://mikura-isle.com/

八丈島

http://www.hachijo.gr.jp/

伊豆諸島の有人島「八丈島」は、東京から南に約287km沖合に浮かぶ島です。伊豆諸島の他の島々よりも東京都心から離れてきていよいよ南国ムードが漂い始めるのが、この八丈島。しかしながら、羽田空港からは飛行機で約55分ほどで到着します。沖縄に行くよりも全然近いのです。もしくは、東京・竹芝から大型客船で約10時間。夜中に出発するので、眠っている間に到着します。

http://www.marinediving.com/

八丈島では、釣り、ダイビング、海水浴、トレッキング、自然散策、温泉、絶景など、およそほとんどの自然と触れ合うことができます。

http://www.hachijo.gr.jp/

しかも本島ではお目にかかれない亜熱帯の森や、黒潮が連れてくる熱帯魚たちとの海水浴、一年間を通して咲き誇る色鮮やかな花々など、まさに自然の宝庫といえる島なんです。もちろん海の透明度は抜群。海に入らなくたって、ただ眺めているだけでも煌めく水面に癒やされることまちがいなしです。

http://office-gusku.cocolog-nifty.com/

八丈島のグルメは、新鮮な魚を漬けにして甘めの酢飯とカラシで頂く「島寿司」や、伊豆諸島の名産である「明日葉」、「くさや」など。島内にはレストランなどもあるため、潮風と陽の光を感じながら、伊豆諸島のグルメに舌鼓をうつこともできますよ。もちろん、民宿などでもこれらのグルメを堪能できます。

http://www.hachijo.gr.jp/

八丈島観光で体験しておきたいのは、「黄八丈手織体験」や「花遊び」、「八丈太鼓体験」など。いずれも、八丈島ならではの体験です。特に黄八丈の手織り体験は、自分の手で織った黄八丈をお土産にできます。そのほか、園地では海を眺めながらのバーベキューが楽しめます。こちらは一人旅よりも大人数での旅にオススメです。離島の情緒を感じながら、仲間と楽しく盛り上がってみてはいかがですか。

http://tsurikichi.blog.jp/

島内での移動方法は、路線バスかタクシー、レンタカーなど。公共の交通機関もしっかりと用意されているのが特徴です。ただ、自由に動きたい方はやはりレンタカーを利用するのが良いでしょう。島のレンタカーショップは空港から離れているため、車は空港まで持ってきてもらえますよ。

■スポット詳細 
名称:伊豆諸島 八丈島
住所:東京都八丈町
アクセス:羽田空港から飛行機でやkう55分 / 東京・竹芝から大型客船で約10時間
公式サイト:http://www.hachijo.gr.jp/index.html

青ヶ島

http://blogs.yahoo.co.jp/

東京都最大の秘境が伊豆諸島の「青ヶ島」です。東京からの距離は358kmもあります。島内の人口は約160人程で、日本一人口の少ない村としても知られています。島内には手付かずの自然が数多く残り、星も伊豆諸島のどの島で見るよりも綺麗。上陸さえできれば絶景が待っています。しかし、簡単には上陸できないのが秘境「青ヶ島」なのです。

青ヶ島が「秘境」と呼ばれるゆえんは、そのアクセスの難しさにあります。「他の伊豆諸島の島々のように船や飛行機で上陸できるんじゃないの?」なんて思う方もいるかもしれません。それは確かにそうなのですが、それがなかなかうまくいかないのが青ヶ島なんです。

http://www.arinoki.com/

まず、青ヶ島への直行便はありません。これは、船も飛行機も同じです。そのため、青ヶ島へ向かう際は一旦八丈島を目指します。八丈島までは羽田空港から飛行機で約55分、大型船で10時間程度です。さらに、そこから連絡船に乗り継いで青ヶ島を目指します。しかし、ここでもまた壁が!八丈島から青ヶ島への連絡船は週に3~4便。それも天候に大きく左右され欠航することもしばしばです。「いつ運行できるかわからない船を待つなんて…」という方は八丈島からヘリを利用することもできます。ただし、このヘリは1日9席のみ。ヘリも霧の発生時などには着陸が難しくなったりしますが、それでも船に比べると確実な移動手段です。
また、青ヶ島は一度上陸できたからといって油断できません。天候次第では1週間ほど島に缶詰になってしまうこともあります。仕事や学校がある方にとっては、この変則的条件ではなかなか旅行の予定はたてられませんよね。そういったことからも、青ヶ島は「選ばれし者だけが上陸可能な島」と言われているのです。

http://www.vill.aogashima.tokyo.jp/

さて、そんな青ヶ島ですが、無事上陸できたら数々の絶景があなたを待っています。島の周囲は切り立った崖に囲まれていて、ビーチなどはありません。その代わり、世界的に珍しい「2重カルデラ」が見られるんです。村を囲むように周囲にそびえる山と、その中心にあるさらに小さな山が世界的に珍しい景観を生み出しています。

http://www.vill.aogashima.tokyo.jp/

青ヶ島の星空は伊豆諸島の中でも随一。特に、島の最北端は民家や電灯のないエリアが広がっています。このエリアには街明かりも届かないため、星空が美しく見えるのです。ここからの星空は「星空コロシアム」と呼ばれるほどの美しさを誇ります。集落から離れているので、物音も聞こえない静かな闇が広がります。そこに草木が風で揺れる音や波の音などが聞こえてきて癒やし効果抜群。肉眼で様々な星座や天の川が見られますよ。

http://ameblo.jp/

また、お酒やグルメが好きな方には、とっておきの名産品があります。まず、青ヶ島でしか製造されていない幻の焼酎「青酎」です。この青酎はさつまいもを原料としており、度数は30度もあるのにまるでスイートポテトのような甘みを感じることができます。本土ではなかなか手に入れる事ができないため、幻の焼酎とさえいわれています。また、八丈島でも食べられる「島寿司」が青ヶ島でも堪能できます。漬けにした新鮮な魚と甘めのしゃり、からしで食べる寿司は絶品です。青ヶ島へ訪れた際は青酎と島寿司を一緒に楽しんでみてください。

http://35noumi.blogspot.jp/

その他にも、青ヶ島の島内には地熱を利用した「ふれあいサウナ」や「地熱釜」など、地球の息吹を感じられる施設や、民宿、無料のキャンプ場などの宿泊施設も充実しています。

東京で最も訪れることの難しい秘境「青ヶ島」へ冒険の旅に出かけてみませんか?まだ出会ったことのない素晴らしい景色の数々があなたを待っています。

■スポット詳細 
名称:伊豆諸島 青ヶ島
住所:東京都青ヶ島村
アクセス:八丈島から連絡船で約2時間半 / 八丈島からヘリで約20分
公式サイト:http://www.vill.aogashima.tokyo.jp/top.html

ページTOPへ

「伊豆大島」周辺の関連記事

このページのTOPへ