浜離宮恩賜庭園 デートにもオススメな都心の癒やしスポット!アクセスもご紹介

  • 1124 |

高層ビルが立ち並び、多くの有名企業がオフィスを構えるビジネス街・東京都中央区汐留。そんな近代的なエリアにありながら、都会の喧騒を感じさせない日本庭園「浜離宮恩賜庭園」は、国の特別名勝特別史跡に指定された、江戸時代を代表する大名庭園です。ビルと海の間にある「和を感じるくつろぎスポット」として、都民はもちろん観光客にも人気です。

www.tokyo-park.or.jp

浜離宮恩賜庭園とは?

浜離宮恩賜庭園は、江戸時代に徳川将軍家の別邸として利用され「浜御殿」と呼ばれていた南庭と、明治時代以降に造られた北庭に分けられます。南庭は「潮入の池」と2つの鴨場を持つ江戸時代の代表的な大名庭園です。潮入の池とは、海水を導いて潮の満ち引きによって池の趣を変えるもので、当時ほとんどの海辺の庭園に用いられてきた様式です。この池は、寛永年間(1624~1644年)までは将軍家の鷹狩場で、一面の芦原だったとのこと。以降、歴代将軍によって幾度かの造園と改修工事が行なわれ、十一代将軍家斉の時代にほぼ現在の庭園の姿になりました。そして明治維新に入ると皇室の離宮となり名前も浜離宮に。昭和20年に東京都に下賜され、翌21年には「浜離宮恩賜庭園」として一般公開されるようになりました。

浜離宮恩賜庭園の見どころ

浜離宮恩賜庭園のポイントは、海に近いということと、徳川将軍家ゆかりの大名庭園だったという歴史です。他の庭園には無い、その独自の魅力を探ってみましょう。

潮入の池

www.panoramio.com

この池は、前述のとおり東京湾から海水を導き入れた池です。海水を引き入れた池を有する庭園は、昔は都内に数ヶ所ありました。しかし、現在実際に海水を引き入れているのはこの浜離宮だけです。水中にはボラやセイゴ、ウナギなどの海水魚が泳ぎ、池の上空にはカモメが飛んでいて、不思議な光景を見せてくれます。

お伝い中島の御茶屋

photo.m884.com

潮入の池の岸と中島を結ぶ「お伝い橋」は、高知県産の総檜造りの風情豊かな橋です。この橋を渡って中島に行くと、「中島の茶屋」があります。ここは、浜離宮恩賜庭園に来たなら、ぜひ立ち寄ってほしいスポットです。晴れた日には眺めが良く、庭園全体はもちろん海のかなたに房総半島も望むことができます。趣のある和風庭園と都心の高層ビルが重なる独特の景色を眺めながら、抹茶と和菓子のセット(500円)で癒しのひとときを!

三百年の松

blog.moonflower.jp

新橋方面の入り口から左手すぐのところに、見事な枝ぶりの「三百年の松」があります。これは六代将軍家宣が庭園を大改修した際に記念に植えられた、都内最大の黒松です。太い枝が低い位置で広範囲に張り出し、その堂々とした風格は圧巻です。三百年前から今までの、そしてこれからの東京を見守ってくれることでしょう。

三百年の松の先には、春には30万本の菜の花、秋には一面のコスモスが咲く「お花畑」、約60種800株が植えられた「ボタン園」があり、とりわけ菜の花が満開になる時期の黄色い花畑と青空、そして高層ビルのコントラストは絵ハガキのような美しさ!他の庭園では見られない独自の風景です。

また、2月には梅が可憐な花を咲かせ、3月下旬から4月初めにはソメイヨシノが、4月中旬には八重桜が咲き誇り、しっとりとした趣のある日本庭園に華やかな四季の彩りを添えてくれます。

週末は無料で参加できる庭園ガイド実施!

浜離宮恩賜庭園では、毎週土曜、日曜、祝日の11:00と14:00に、ボランティアスタッフによる庭園のガイドを実施しています。庭園の歴史、見どころを詳しく知ったうえで巡ると、さらに充実感のある散策が楽しめそうですね。参加無料なので、初めて訪れる人はぜひ参加してみて!

庭園散策の後は、水上から東京湾見物or築地で海鮮ランチ

水上バスに乗って東京湾を一望

浜離宮の乗船場からは、東京都観光汽船の「隅田川ライン」、東京水辺ラインの「TOKYOベイコース」「両国・お台場クルーズ」などの水上バスが運行しています。庭園散策で歩きつかれたら、移動を兼ねて水上バスに乗り、東京観光をしてみるのも楽しそうですね!

絶品!築地の海鮮グルメ

外国人観光客にも人気の高い「築地市場」は、浜離宮恩賜庭園から歩いて10分ほどの距離。お腹がすいたら、東京の「うまいもの」の宝庫、築地市場まで足を運んでみてください。
築地市場といえばお寿司や海鮮丼などの海鮮料理が有名ですが、ウナギやカツ丼、カレー、親子丼、パスタまで、さまざまなジャンルのお店がズラリ!家族でもカップルでも楽しめるグルメスポットです。

浜離宮恩賜庭園へのアクセス

電車でのアクセス

  • 地下鉄大江戸線「築地市場駅」もしくは「汐留駅」またはゆりかもめ「汐留駅」から徒歩7分
  • JR・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「新橋駅」から徒歩12分

水上バスでのアクセス

水上バス(日の出桟橋〜浅草)、東京水辺ライン(両国・お台場行)「浜離宮発着場」を下船すると到着します。※水上バス乗場をご利用の際は、入園料が別途かかります。

車でのアクセス

車で行く場合は、一般車両は最寄の公共駐車場を利用しましょう。

ページTOPへ

「新橋」周辺の関連記事

このページのTOPへ