【保存版】三重県知事に聞く!三重県の観光・グルメ・お土産厳選25選

  • PR
  • 5847 |

三重県といえば、伊勢神宮や世界遺産に認定された熊野古道、伊賀の忍者や赤福など、「あーそれ知ってる」という有名観光地やグルメが実はいっぱい。さらに2016年5月には伊勢志摩サミットが開催されるとあって、何かと話題です。注目度が高まっている三重県は、ネットや雑誌などでもしばしば特集されますが…しかし!どれも似たり寄ったりで、本当におすすめのところというのがわからない、というのが正直なところ。ぶっちゃけ、ここに行っておけば、これを見ておけば間違いない、というのはどこなんだ?というのは誰もが知りたいことなのではないでしょうか。

というわけでasoview!NEWS編集部が考えたのは、あの人に聞けば間違いないんじゃない?ということ。というかあの人しかいない。三重県で一番責任あるあの人に聞くしかない!と、3月某日に三重県津市の三重県庁を訪れました。

県庁の一室でとある人を待ちます。数分の沈黙とちょっとの緊張感の後、「あっこんにちは〜どうも!」と気さくな雰囲気で登場したこの方!何を隠そうこの方こそ、三重県を代表する男!三重県の顔、鈴木英敬知事です。

鈴木英敬知事は41歳。初当選時はなんと36歳と、若さ溢れるエネルギッシュな方です。知事が入ってきただけで部屋の中にパワーが満ちたみたいな気がします。これがオーラというものでしょうか?

今回はasoview!NEWS編集部が、責任をもって「本当におすすめできる三重」についてインタビューさせていただきました!インタビュアーはasoview!NEWSを運営するアソビュー株式会社社長の山野が担当します。

日本代表選手も参拝!?三重のおすすめパワースポット

アソビュー山野(以下、山野) 今回は知事に三重のいいところを聞こう!という趣旨でお時間を取っていただいたんですが、ぶっちゃけガイドブックに載っているようなところはもうわかりきっていると思うんですよ。なので、知事が「ここだ!」と思えるオススメを深掘りして聞いていければと思っています!

鈴木英敬知事(以下、鈴木) なるほど!そういうことね。三重は本当にいいとこいっぱいありますよ。

山野 早速ですが最初の質問です。三重といったら伊勢神宮、というぐらい伊勢神宮は超有名なパワースポットですが、他にもおすすめのパワースポットってありますか?

鈴木 そうやねー、まずは「女性の願いを1つだけ叶えてくれる」と言われている石神さん!ここは人気ですね。伊勢神宮の式年遷宮に合わせて、本殿とかも綺麗になったんですよ。

山野 知事は行かれたことは?

鈴木 あります、あります。本当に女性に人気で、ここは2004年のアテネオリンピックの女子マラソンで金メダルを取った野口みずきさんも、金メダルを取る前にお参りしていたそうですよ。

※ちなみに同行したasoview!NEWS編集部員(女)も行ったことがありますが、その時にお願いしたことが1年以内に叶いました。結構本気でおすすめできます!

山野 僕はそんな場所があったとは知りませんでした。他にはおすすめってありますか?

鈴木 あとは日本最古の神社と言われていて、イザナミノミコトを祀っている花の窟神社(はなのいわやじんじゃ)。ここの御縄掛け神事というお祭りがすごいんです。太い綱を使って、迫力がある。
その近くに産田(うぶた)神社というところがあるんだけど、ここにはまん丸の岩があって。野球のボールみたいな岩で、あまり知られていないけど野球をやる人にとってはメッカのようになってます。

山野 野球ボールみたいな岩ですか。

鈴木 そうやねん。今日本代表に選ばれている選手もお参りしたことがあるらしいです。当時は全然成績がふるわなかったんだけど、参拝した年からぐんぐん成績を伸ばして、日本代表の常連になったという。かなりご利益あると思います。

山野 へええ!

鈴木 本当に岩が野球のボールみたいなんですよ。ひとかかえぐらいあるでっかい岩なんですが。ここはいいですね。

山野 これは俄然興味が湧きますね。

鈴木 あとは多度大社もいいね。白馬がいて、その馬がばーっと坂を登っていくお祭りがあるんですよ。「上げ馬神事」というんですが、これはなかなか見所あります。昔は「お伊勢参らば多度参れ」と言われていたこともあったそうです。

山野 「お伊勢参らば多度参れ」ですか。

鈴木 そう。伊勢神宮に行ったら、多度大社にもお参りしないと意味がないよ、という意味です。お伊勢参りだけしたら「片詣り」と言われて、不完全だと言われていたこともあったとか聞いてます。

山野 あとはやはり熊野古道とかでしょうか。

鈴木 そうやね、熊野古道というか、熊野全体がパワースポットという感じ。自然への敬意とか、自然崇拝とかが昔からあって、いい意味で宗教的な雰囲気を感じられるかな。

イクメン知事おすすめ!子どもと一緒に楽しめるスポット

山野 知事はお子さんもいて、「イクメン知事」としても様々なメディアで話題になっていますが、そんなイクメン知事ならではの「子どもと一緒に楽しめるスポット」を教えてください。

鈴木 そうですねー、まずやっぱりアンパンマンミュージアム!あそこは鉄板です。

山野 子供は好きですよね。うちの子も夢中です。

鈴木 うちの子も今3歳なんですが、やっぱり好きだなーっていう。あとは、鈴鹿サーキットですね。鈴鹿サーキットって、ただのゴーカートじゃなくて、あのゴーカートにしても1台300万円もするんですよ。あそこはホンダの創業者の本田宗一郎さんが、子供達のためなら赤字でもいいから、とにかくいいもの、安全なものに小さいうちから触れさせたいっていう熱い思いで作ったところなので。

あとは子供だったら水族館。鳥羽水族館は日本で一番飼育数が多い水族館として知られてます。最近ではスナドリネコという猫もいるみたいで。

山野 魚類じゃない(笑)。

鈴木 そう魚類じゃないんだけど(笑)。あとは水族館内にへんないきもの研究所っていうのもあって、それも子供達好きだと思うよ。
あとは志摩マリンランド。ここはサミットに向けてリニューアルしたんで、おすすめです。クラゲとかいっぱいいていいですよ。
あと御在所岳というところがあって。

山野 ロープウェイとかありますよね。

鈴木 そうそう。で、その御在所岳にいろんな種類のとんぼがいて、本当に7、8、9月とかはすごい。それで四日市に住んでて、そこに毎日通っているっていうとんぼ博士みたいな、そういう子供がおんねん。

山野 子供ですか?

鈴木 そう、小学校4年生ぐらいで、その子が講演とかもしちゃってるという。

山野 講演!?

鈴木 そう講演。とんぼマニアが集まるような集まりで、こう話して。めちゃくちゃとんぼに詳しいとんぼ博士、そんな子もおるという。

山野 やばいですね!そこまで極められるの。

2泊3日ならどこに行く?知事のおすすめ旅行プラン

山野 三重ってとにかくコンテンツが豊富じゃないですか。日帰りとかじゃ足りないといつも思ってて。そこで知事がおすすめする、2泊3日で三重を旅行するならどこに行くかっていうのを教えていただきたいなと。

鈴木 2泊3日!う〜〜〜ん、どこがいいかな。対象はどうしましょうか。誰と行くってことに?

山野 じゃあ知事お子さんもいるということで、家族で。

鈴木 家族と行く2泊3日ね。まずどこから入ろかな。伊勢かな。伊勢神宮は午前中のうちに行って欲しいですね。

山野 やっぱり午前中がいいんですか?

鈴木 そうやな。朝の空気が本当にいいです。すがすがしくて。参拝のあとは門前町のおはらい町、おかげ横丁を散策してお土産を見たり、あと今おはらい町にスヌーピー茶屋っていうのがあるんだけど、そこでご飯とか。スヌーピーのかまぼこつきの伊勢うどんとかあって、子供も喜ぶと思いますよ。
そのあとは長島リゾートに移動して午後は遊ぶ感じかな。さっきも名前を出したけどアンパンマンミュージアムとか、買い物も楽しんで。

山野 アウトレットですね。

鈴木 そうそう。それで夕暮れ時はなばなの里でイルミネーションを見て、宿泊は長島温泉の花水木。温泉とジャグジーもあって、1日の疲れを癒せます。

2日目は伊賀流忍者博物館で忍者修行をして、昼は伊賀牛でご飯ですね。

山野 伊賀牛って、伊賀地域以外ではあんまり流通してないって聞いたんですけど。

鈴木 そうやね。伊賀牛は松阪牛が1万頭なのに対して、4,000頭ぐらいしか飼育されてなくて、そのうち8割が地元の伊賀市、名張市で消費されてるんでね。

山野 なるほど。じゃあ伊賀に行ったら伊賀牛を食べて。

鈴木 そう。あとは赤目をドライブしたり、午後は自然体験ができるエコツアーに参加したり。腹ごなしをかねてトレッキングとかね。それで宿泊は榊原温泉。つるつるすべすべ、「つるすべの湯」と言われてて、肌がつるつるになる。これはお母さんに最後いたわってあげようという。

山野 たしかに。お母さんにご褒美的な感じですね。

鈴木 あとは自然体験っていうと、銚子川。

山野 銚子川って「奇跡の清流」って言われてる。

鈴木 そう。びっくりするぐらい水がきれいで、シュノーケリングもできる。キャンプin海山というキャンプ場もあります。

山野 川でシュノーケリングって珍しいですよね。

鈴木 うん。あとは思わず飛び込みたくなるような絶好の、本当にぴったりの滝壺があって。小さい子は難しいけど、小学生ならいけます。

そういえば、知事って忍者ですよね?

山野 伊賀流忍者博物館で思い出したんですが、そういえば知事は日本忍者協議会の会長ですよね。知事が忍者として使える技ってあるんですか?

鈴木 技!技ねー。僕は日本忍者協議会の会員である滋賀県知事と手裏剣対決して、負けたことはあります。

山野 負けたんですか(笑)

鈴木 そう負けた!(笑)僕は忍者としての技を持っているというよりは、いろんな地域の忍者をサポートして、みんなが活躍できるようにしていきたいなと思ってます。あっでも、忍者関連で三重県の強みがあるんだけど、三重大学では忍者学の授業を履修できるんですよ。

山野 忍者学!

鈴木 そうなんです。日本で唯一の公式に認められた「ドクターオブ忍者」ですね。そういう意味では、技はないけどアカデミズムで勝負です、三重の忍者は。

本当は教えたくない!?知事おすすめの三重のグルメ!

山野 ありがとうございます。ところで、知事は仕事柄もあっていろんなものを召し上がっていると思うんですが、正直いつもどんなものを食べてるんですか?

鈴木 朝はね、干物です!干物がふっくらしていてめちゃ美味しいんです。

山野 干物ですか!干物っていうと、関東近郊だと銚子とか、伊東とかっていうイメージがあるんですが、三重でも美味しいんですね。

鈴木 三重は干物本当に美味しいですよ。特に熊野市の浜峰っていうところのとかは、伊勢丹のお歳暮のプレミアムで、全国で5つぐらいしか選ばれないものの中に入るぐらい、おいしくて。

山野 すごいですね!それからやっぱり松阪牛とか食べるんですか?

鈴木 夜はお肉食べますね。松阪牛もだし、三重県産和牛。けっこうお肉多いです。

山野 お昼は?

鈴木 ふだん県庁にいるときは、食堂とかに行くことも多いですよ。あとは三重っていうと、味噌汁にあおさが入ってますね。それから、練り物が多いです。

山野 練り物。

鈴木 そうです。練り物。さつま揚げみたいなやつで。なので三重の家庭のご飯っていうと、干物、お肉、あおさの味噌汁、練り物という感じですかね。

山野 美味しそう。

鈴木 あと僕はぶりも好きです。尾鷲とか、大紀(たいき)町というところでぶりがとれるんやけど、大紀町にはぶりまつりというのがあって、ここのぶりが最高にうまい。ぶり茶漬けとか最高ですよ。

山野 ちなみに、知事はいろんなところで麻婆豆腐が好きとおっしゃられていますが、ここの麻婆豆腐が一番好き!っていうのはあるんでしょうか?

鈴木 麻婆豆腐!麻婆豆腐といったら、鈴鹿サーキットの近くにある楼蘭というお店がマジでうまいです。ここはもともと鈴鹿サーキットの中にあって、当時日本に2人しかいない四川料理の特級シェフという人が作ったお店で。サーキットの中から独立して作ったというお店です。

山野 そんなにすごい人が。

鈴木 あとはこれも、ここは麻婆豆腐だけではないんですけど、鈴鹿サーキットの近くにある華山という中華料理屋は、ここは片山右京、鈴木亜久里、さらにフジテレビ関係者など、F1の関係者が来たら必ず行くという御用達の店。ここのトウロンポウ、角煮がめっちゃ美味しいです。もちろん麻婆豆腐も美味しいんで。

知事がおすすめするのは実用的なお土産

山野 ありがとうございます。そろそろ時間も迫ってきてしまったので、最後の質問です。知事が三重県のお土産としておすすめするのはなんでしょうか?

鈴木 お土産というと伊賀焼ですかね。伊賀焼で一人用のおひつがあって、これは都会で独身の人とかにおすすめなんですけど。ご飯を炊いて普通は残ったらラップにして保存したりしますよね。

山野 冷蔵庫とかで。

鈴木 そうです。それがこのおひつは密閉力がすごくて、残ったご飯をラップしなくても保存できる。結婚してて2人とも仕事をしていて、ご飯の時間が合わない夫婦とかにもいいですね。あとは伊賀焼で、卵を落としてゆで卵を作るものがあるんですが、それもいいです。焼き物っていうと古臭いイメージなんですけど、焼き物の新たな可能性を感じられるものです。

あとは伊勢木綿。いろんな種類があります。
それからおぼろタオル。創業150年ぐらいの老舗で、ふわふわの手触りで吸水力もよくて、今全国的に有名になっている今治タオルとかにも負けないですよ。赤ちゃんにもおすすめで、うちも子供が生まれたときに使ってました。

山野 けっこう実用的なものが。

鈴木 そうやね。やっぱりお土産って僕、こういう立場なのでいろいろいただくんですが、実用的なものだと印象に残りますね。ふだんの生活に密着したものだと、使うたびに思い出したりするし。そういうお土産を選ばれるといいと思います。

山野 たしかに!その方が嬉しいですね。

残念ながらここで約束の時間が終了!終始気さくな雰囲気でお話ししてくれた鈴木英敬知事。三重の魅力を知り尽くして、三重を愛していることがビシビシと伝わってきました!本当にありがとうございました。

次の旅行は、三重への旅を計画してみてはいかがでしょうか?

ページTOPへ

「三重」周辺の関連記事

このページのTOPへ