明治神宮 アクセス抜群のパワースポットを徹底取材!

  • 5150 |

東京・原宿駅から徒歩1分の場所に鎮座する「明治神宮」。東京のど真ん中に突如現れる鎮守の杜は、騒然とした都会のオアシスとして日々人びとの心を癒す、憩いの場になっています。初詣の参拝者数、毎年日本一を誇る日本を代表する神社は、2012年にミシュランガイドで有名なミシュランが選ぶ「日本の3つ星観光地20選」にも選出されました。都内でも有数のパワースポットとしても名高く魅力や外せない見どころがもりだくさん!訪れる前にチェックしておきたいポイントを一挙にご紹介します。

 

都会に突如現れる鎮守の杜「明治神宮」とは

東京の真ん中・原宿にある神社は、アクセスも良く気軽に参拝できる神社として日々多くの人が足を運ぶ人気癒しスポットになっています。初詣での参拝者数は例年全国一位を誇り、近年では国内外問わずたくさんの観光客が訪れています。

2012年には、フランスのミシュラン社によって「日本の3つ星観光地20選」にも選ばれ、日本を代表する観光地としても地位を確立しています。原宿や代々木周辺には観光名所が点在しているので、東京旅行にもってこいの神社です!

創建の「歴史」

明治45年(1917年)7月30日に明治天皇が、大正3年(1914年)4月11日にお妃の昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう)が亡くなられた後に、御心霊のお祀りを熱望する国民の声が湧き起こり、大正9年(1920年)に創建されました。鎮座地を選ぶ際には、いくつもの候補地が挙がりましたが、陛下のご庭園として深いゆかりのあった代々木の地に決まりました。ご料地になる前は、近江彦根藩・井伊家の屋敷がありました。明治維新後に井伊家から政府に献上される歴史を経て、今に至ります。

壮大なまちづくりプロジェクトの末に完成した人工の杜

代々木の地は、東京のはずれた田舎で何もない荒野でした。そんな地に境内を築くべく、当時の林学者達が緻密な計算をし、全国から奉献された12万本の樹木が「永遠の杜」づくりを目標に計画的に植えられました。百年、二百年先までにいかに自然により近い 森になれるかを想定しながら。
ちなみに、当時計算された計画書とほとんど誤差なく現在の森は維持されているそうです。すべて人工で作られたなんて信じられないほどの壮大さに思わず感動してしまいます!若者で賑わう大都会・原宿の町にあるとは思えない大自然が広がります。

当時、建てるにあたって全国から延べ11万人以上もの青年たちによる勤労奉仕が行われました。募集数をはるかに上回る希望者が集まった青年団の活躍は、創建時の美談として今もなお語り継がれています。こうして皆の想いがつまった神宮は、大正4年(1915年)10月の地鎮祭からおよそ五年の歳月を経て、大正9年(1920年)11月1日に鎮座祭が行われました。

明治神宮のご利益

生前仲睦まじかった明治天皇とそのお妃・昭憲皇太后ご夫妻が祀られていることから、恋愛成就や良縁運のご利益があると言われています。その他にも、商売繁盛や合格祈願などの幅広いご利益がある神社としても知られています。

境内の見どころ厳選7選

①大鳥居

原宿駅を出てすぐ左に進み、新橋を渡り終えた先にある、顔といっても過言ではない大鳥居です。高さ12メートル・柱間9.1メートル・柱の直径1.2メートル・笠木の長さ17メートルで重さもなんと13トンもあるそうです。とにかく大きい鳥居は、日本一の大きさを誇ります。そびえ立つ鳥居と森のコントラスとが美しく、とっても神秘的な雰囲気が漂っています。

実は、創建時の大鳥居は昭和41年(1966年)に落雷によって破損し、現在の大鳥居は昭和50年(1975年)12月に立て直された二代目の鳥居になります。鳥居には、台湾からはるばる運ばれてきた、樹齢1500年のヒノキが使われています。当時、これほどの大きさのある木が日本にはなかった為台湾の木を使うことになったそうです。近くにいって嗅いでみると…ほのかにヒノキの香りがしますよ!大自然の緑と堂々と立つ大鳥居のコントラストは最高です。

鳥居の上・島木には、皇室のご紋である「十六葉八重表菊」が。この大鳥居をくぐって南参道を通るコースは良縁アップが臨める強いゾーンと言われています。

②清正井(きよまさのいど)

言わずと知れた強運スポット、清正井。御苑の中にある都会では珍しい湧き水の井戸です。名高いパワースポットとして、たくさんのメディアにも取り上げられ、お正月の初詣時期には整理券も配布されてしまうほどの人気ぶり。

東京都の調査によると、水温は1年間一定して15度程度で、毎分平均60リットルの水が絶えることなく湧き出ているようです。さかのぼること江戸時代、加藤清正によって掘られた都内有数の名湧水で知られています。この井戸は、横に掘られた特殊な井戸で「土木の神」と呼ばれた清正が作ったに違いない、とする説が有力とされています。

明治神宮御苑内にあり、御苑に入るには500円の入園料がかかります。

■加藤清正とは

http://ameblo.jp

井戸を掘ったと言われている加藤清正(かとう きよまさ)は、安土桃山・江戸初期の武将で幼少期から豊臣秀吉に仕えていました。天正11年(1583年)の賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いでは、功名を挙げた7人の豊臣家臣の武将らを総称した「七本槍」にも数えられ、多くの功績も残しています。中でも、朝鮮出兵中に清正が朝鮮民の頭を悩ませていた人食い虎を退治した功績「虎退治」の伝承は、歴史の教科書にも登場する逸話として語り継がれています。

■清正井を訪れる際の注意点

清正井は、陰陽の気がはっきりと分かれる「陰呼(いんこ)」の場所と言われています。本来だと穢れない沸水によって強い浄化作用がある場所ですが、陰の気が満ちると言われる夕暮れ時や雨の日に行くと悪い気をもらいやすくなるので注意が必要だそうです。
都会では数の少ない貴重な沸水である清正井を一度見に行ってみてはいかがでしょうか。透き通る清らかな水は、見ているだけで心が落ち着きます。携帯電話の待ち受けにすると運気がアップするとも言われているのでぜひ写真を撮ってみてください!

③亀石

近年、新たなパワーアイテムとして注目を集めている亀石。西参道から宝物殿に向かう途中の芝生エリア、北池の前にある大きな一見ただの岩ですが、角度を変えて見てみるとなんと大きな亀に見えるんです!長寿や金運、幸運の象徴である亀が象られた縁起の良い石なだけに、「触ったら幸せになれる!」なんてジンクスも巷で話題に。待ち受けにしても運気上昇があるのだとか!

自然と子供が寄り付く場所とも言われ、この岩に良い気を感じる人も多いようです。幸運アイテムとになった明確な由来はないようですが、亀は風水上「北の守り神」とされているので、この場所に置かれたのではないかという説も囁かれています。

④夫婦楠(めおとくす)

本殿左横にある大きな楠のご神木。その存在感は、思わず見る人の足を止めます。一見、1本の木に見える楠ですが、よく見ると幹がしめ縄でひとつに結ばれた2本の木。それぞれが寄り添うように立っている姿から「夫婦楠」と名づけられました。明治天皇ご夫妻は大変仲が良く夫婦円満だったので、家内安全や縁結びの象徴とされています。神宮がご鎮座した大正9年(1920年)に植栽されらもので生命力もとても強く、一度戦火にのまれたものの、当時のままの木が生き残っています。

本殿を参拝した後に、2本の楠の間から本殿に向かって参拝するのが、縁結びのご利益を最も得られる参拝方法と言われています。木の間から拝殿を結ぶ直線上に強い良縁のエネルギーが流れているそうですよ。
明治神宮で神前結婚式を挙げると、新郎新婦やその親族が行列をつくり本殿へと歩く儀式・参道のときにも、この夫婦楠の前を通ります。結婚式は、若者の中心にとても人気ですが、その理由のひとつに夫婦楠の存在があるのかも知れません。恋愛成就や縁結びを願う方にだけでなく、カップルやご夫婦でのご参拝にも人気な愛で溢れる御神木です。

⑤ワインの酒だる

神社でよく見られる、酒樽が積まれている光景。その酒樽がちょっと変わったワイン樽が奉納されています。明治天皇はとてもワイン好きで知られていたため、日本全国の蔵元やフランスのブルゴーニュ地方のシャトーから、明治天皇に捧げるお酒としてワインを献上しているのです。ここでしか見られない光景として、観光客を中心に話題を呼んでいる光景の一つです。神社とワインのコントラストがなんとも言えない雰囲気を醸し出し、和洋折衷という言葉がぴったり。

https://ja.wikipedia.org

孝明天皇の第二皇子として誕生した明治天皇は、西洋の文化に非常に興味を持ち、積極的に取り入れた先駆者としても有名です。チャームポイントの髭もその一つなんだとか。かつて日本では、髭を伸ばす文化がなく「髭を伸ばすなんて野蛮だ!」という考えの国民が多かったそうです。その文化を転換させるべく、国民の象徴である天皇が率先して髭を伸ばすことで西洋文化の受容を体現したという逸話が残っています。

ちなみに、向かいには一般的な酒だるもあります!原宿駅から大鳥居をくぐって直進した先にありますよ。

⑥88度の曲がり角・桝形(ますがた)

参道を通り本殿に向かう途中にある右折の曲がり角。この曲がり角は「桝形」と呼ばれ、角度は88度になっているそうです。末広がりの「8」が2つ並んだ縁起の良い数字をもつ角は、境内にある知る人ぞ知る良運アイテムです!本殿でお参りをして、帰るときも縁起の良い曲がり角を曲がるなんて最強のご利益を得られること間違いなしです。

⑦境内に溢れる「ハート」


境内の門や敷居、堀などのいたるところに潜んでいる、ハート型の隠れアイテム、その名も「幸せのハート」です。恋愛成就で有名な神社ならでは隠れアイテムを一目見ようと、婚活女子を中心に多くの方が連日境内に訪れるほど。原宿でショッピングを満喫した後に、ふらっとハートを探しに寄り道!なんて、アクセスが良いからこその楽しみ方もできます。

モダンなハート型と和の雰囲気満点な神社のコラボレーションに女心がくすぐられます!見つけるたびに恋愛運がアップできそうな幸せアイテムをぜひ探してみてください。

ご利益アイテム

お守り

お守りは、「神楽殿」の向かいにある授与所にあります。参拝者の多いときは「南神門」の前でも入手できます!

■開運木鈴「こだま」

http://ameblo.jp

150年構想の末に人工的に作られた明治神宮の杜。約90年の歳月の中で、風や雨によって折れたり何らかの要因で伐採を余儀なくされる木々も出てきます。それらの「ご神木」を木鈴のお守りとして謹製したものです。綺麗な鈴の音色もとっても素敵なお守りで、木によって木目や色、音色まで1つ1つ異なり、世界に一つとして同じものはありません!

■相和守り(そうわまもり)

二つで一つになっているまるで夫婦楠のようなお守りです。なんと夫婦楠のアロマが染み込まされていて、持っているだけでクスノキの良い香りが広がる珍しいお守りです。家内安全や夫婦円満のご利益があるお守りは、カップルで持ちたい愛であふれる恋愛成就グッズです!

御朱印帳

http://kazu1950.blog.fc2.com

シンプルな中に上品さも感じられるオリジナルの御朱印帳です。紫と城の和文様が美しく、老若男女問わず手にしやすいデザインが素敵です。光沢ある布地からは高級感さえ感じます。本殿の右にある「神楽殿」にて1000円(税込)取り扱いされています。

■御朱印のもらい方

本殿にむかって右、門の先にある「神楽殿」に入ってすぐ右に授与所があります。授与を希望する人が多い休日などは、臨時の授与所も設置されますので随時ご確認ください。

近年の御朱印ガールブームを受けて授与所は連日大賑わい。休日の午後はもらうのにかなりの時間がかかってしまいます。スムーズにもらいたい!という方は、平日の開門時間になるばく近い午前中がお勧めです。

■御朱印のデザイン

御朱印はとってもデザインがシンプル!日本一の初詣数を誇る日本を代表する神社の堂々さすら感じるデザインが格好良いです。朱印料は500円です。
御朱印を見て気づくことはありませんか?そうなんです!明治神宮の「宮」に注目です。よく見ると「宮」の字が一般的に使われている字と違います!公式HPやお守り、おみくじをはじめとした全ての表記は「宮」の字から「ノ」が外されている漢字が使われています。ツウこそが知る面白い豆知識です!

おみくじ

明治神宮のおみくじは、「大吉」「吉」「凶」といった日本の一般的な寺社のおみくじにある順番の表記は一切ありません!その代わりに、詩(うた)を詠むことが好きだった明治天皇陛下・皇后陛下が生前に詠んだ「短歌」がおみくじに書かれています。明治天皇夫妻は生きている間になんと数十万という膨大な数の短歌を作られたそうです。その中から倫理や人道について詠まれた厳選30の詩が大御心(おおみこころ)と名付け、おみくじに採用されています。古文は苦手…なんて方もご心配なく!現代の言葉を用いた解説文がついているので、和歌の内容をきちんと読み取ることができます。

おみくじに順番をつけない理由は意外と簡単なことで「他の神社と差別化するため」だったのだとか。第二次世界大戦以前、国が運営する神社だったのでおみくじを授与してはいけない、という決まりが定められていました。そして戦後、国の管理下でなくなると同時に明治神宮でもおみくじを出すことになります。
その頃、総代だった国学院大学の宮地直一教授の「他の神社とは一味違うものにしよう!」という意見から現在の順位の付いていない、短歌スタイルのおみくじが完成しました。今後どうするべきか、という導きをそっと詩にのせて授けてくれるおみくじを訪れたらぜひ引いてみてください!神楽殿前にある授与所にて引くことができます。

祭典と行事

年間25以上もの行事や祭典が行われます。その中から厳選した3つの祭典の内容と開催日をご紹介します。毎月1日と15日に行われる「月次祭(つきなみさい)」も参加してみてください。

春の大祭 開催日:平成28年5月2~3日

崇敬会会員参列のもとに、様々な奉祝行事が神前舞台にて奉納される、「春の大祭」と「奉納行事」。日本に古くから伝わる舞楽・能・狂言・長唄・雅楽など普段なかなか見ることのできない伝統芸能に触れられます。誰でも無料で拝見できるので気軽に立ち寄ってみてください!

人形感謝祭 開催日:平成28年10月2日

年に一度、人形に感謝する「人形感謝祭」が行われます。長年大切にしてきた人形はなかなか処分できないものですよね。人形に感謝の想いを込めてお納めしてみてはいかがでしょうか。納めた人形は、神職の方がお祓いして下さいます。祭典には、当日に人形を納めた人であれば誰でも参列できます。

鎮座記念祭 開催日:平成28年11月1日

大正9年11月1日のご鎮座の日を記念して毎年行われる記念式典です。巫女さんが「代々木の舞」という神宮独自の巫女舞もあります。舞いとともに雅楽や能、狂言など日本の伝統舞踊を堪能できるので、外国人からも大人気の祭典です。

各路線からの明治神宮へのアクセス情報

とにかく東京都心からのアクセスの良さ自慢の神宮周辺には「原宿」「明治神宮前」「代々木」「北参道」「参宮橋」の6つの駅があります。各路線によって入り口も変わるので事前にチェックしてください!ここではその中でも各入口にアクセスのよい3駅をご紹介します。



JR山手線「原宿」からのアクセス

アクセスで一番利用者が多いのが原宿駅です。表参道口から左に進み、神宮橋を渡ると徒歩2分ほどで南参道が見えてきます。

東京メトロ副都心線「北参道」からのアクセス

駅を出て右に曲がると明治通りがあるのでその通り沿いにまっすぐ進みます。初めに見える交差点をJRの路線側へと渡り、その先にある線路をくぐった先に北参道があります。
北参道は少し本殿まで道がややこしいので要注意です。北参道に入ってしばらく進むと右へ曲がる道が出てきます。「本殿」という表示がでてくるので見落とさず右に曲がってください!右折するとすぐ本殿へと辿り着きます。

小田急線「参宮橋」からのアクセス

参宮橋駅を出て右折し、直進すると交差点が見てきます。交差点を渡って右に曲がると西参道入ります。西参道は、西洋の庭のような光景が楽しめます。

基本情報
名称:明治神宮
住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1
参拝時間:1月 6:40~16:20 2月 6:20~16:50 
     ※月ごとに異なります。公式HPをご確認ください。
アクセス:■明治神宮原宿門
     JR山手線「原宿」駅より徒歩1分
     東京メトロ千代田線・ 副都心線「明治神宮前」駅より徒歩1分
     ※原宿門から西芝地会場までは徒歩15分ほどかかります。
     ■明治神宮代々木門
     JR山手線・総武線「代々木」駅より徒歩5分
     東京メトロ副都心線「北参道」駅より徒歩3分
     ※代々木門から西芝地までは徒歩10分ほどかかります。
公式サイトURL: http://www.meijijingu.or.jp/

明治神宮外苑とは

参拝したあとにすぐ帰るなんてもったいない!神宮のまわり・明治神宮外苑には、秋になると黄金に色づくいちょう並木や遮るものなく広い空と自然を楽しめる代々木公園、四季を存分に堪能できるランニングコースをはじめとしたスポーツ施設など見どことやおすすめスポットがもりだくさん。今回は、ここだけは見逃さないでほしい!と思うasoview!NEWSおすすめのスポット情報を厳選してご紹介します。満開の桜から秋の紅葉まで、季節によっていろんな表情を見せてくれる東京都新宿区・明治神宮外苑の楽しみ方を教えます!

いちょう並木

http://rekishi-roman.jp

人気テレビドラマのロケ地にも起用された、いちょう並木。通りの両側に146本もの銀杏の木が300メートルにもわたってずらっと並ぶ光景は、見る人を感動させます。秋には葉が黄金色に染まり、足元には落ち葉の絨毯が広がります。青山通りから樹高の高い順に並べれられているので、通りの先にある「聖徳記念絵画館」とのコントラストがまた美しい。絵画の世界に飛び込んだような景観美をもつ銀杏並木は、都内を代表する紅葉スポットです。秋だけでなく、春や夏も青々と茂る銀杏が綺麗で、ランニングコースにももってこいです。

■いちょう祭り

http://peco0211.blog.fc2.com

毎年、11月の中旬~12月初旬にかけて「神宮外苑いちょう祭り」が開催されます。祭りでは、日本各地の名産やご当地グルメなどが展開される出店が並び、例年大盛り上がり!家族でもカップルでも、誰と訪れても大満足まちがいなしのイベント。会場は、外苑いちょう並木噴水池周辺で入場料は無料です。

代々木公園

http://sabo34.blog111.fc2.com

渋谷や原宿をはじめとした東京の真ん中に突如現れる代々木公園。大都会にいながら、豊かな自然に触れられる東京のオアシスです。春はお花見、秋は紅葉も楽しめる文句なしの代々木公園は、定期的に多種多様なイベントも開催され、連日老若男女問わず大勢の人で賑います。トイレも完備され、子ども連れも安心して遊べますよ!JR山手線・原宿駅から徒歩3分の好アクセスも魅力。原宿駅まで電車できて、公園をランニングして帰るという人いるのだとか。

東郷神社

JR山手線・原宿駅から徒歩5分の場所にある東郷神社。幕末から昭和初期の日本を背負い、いくつもの海戦を勝利に導いた英雄・東郷平八郎が祀られる「勝利の神社」として名高い神社です。竹下通りのすぐ横に鎮座し、アクセス抜群なので気軽に立ち寄れる神社としても知られています。

■東郷記念館

東郷神社に併設している東郷記念館では、結婚式や披露宴も行うことができます。愛妻家で知られる東郷平八郎は、妻のテツをとても大事にしていたのだとか。そんな逸話から、夫婦和合を願いこの場所で大切な日を迎えたいと願う人も多く、近年の結婚式スポットとしても、近年人気を集めています。

新宿御苑

http://sabo34.blog111.fc2.com

東京都渋谷区と新宿にまたがる、環境省所轄の美しい庭園「新宿御苑(しんじゅくぎょえん)」。広さはなんと58.7ヘクタールで外周は3.5キロにもおよびます!プラタナス並木が楽しめるフランス式の庭園やゆったりと広がる芝生が特長的なイギリス風景式庭園を堪能できる癒しスポットです。春のお花見シーズンには、内閣総理大臣主催の「桜を見る会」で著名人も多数訪れる由緒正しき庭園は、JR京王線・小田急線「新宿」駅南口より徒歩10分のアクセス良好の地にあります。

明治神宮野球場

東京ヤクルトスワローズの本拠地や東京六大学の聖地ともいわれる外苑にある「明治神宮野球場」。年間約500を超えるイベントや試合で、連日絶えず盛り上がりをみせます。また1926年に竣工された東洋で最も歴史のある野球場としての一面も。試合中には花火が上がったり、おいしい生ビールやフードも販売される明治神宮球場は、野球観戦初心者でも楽しめる野球場です!

都民の憩いの場として人々の心をそっと癒し続ける、都会のオアシス「明治神宮」。実は、まだ本殿しかいったことがない!なんて方も多いのではないでしょうか。内苑丸ごとパワースポット。日常の疲れをそっと吹き飛ばしてくれる癒し空間。今日はのんびりしたいな、なんて時にぜひ訪れてほしい場所です。竹下通りをはじめとした原宿の街や外苑も合わせて回ってみても楽しめますよ!

ページTOPへ

「原宿」周辺の関連記事

このページのTOPへ