東京 デートスポット35選!雨の日や夜でも楽しめるスポット教えます

  • 9233 |

東京には数多くのデートスポットがあります。ここではドキドキの初デートや、大人のデートにもピッタリなスポットを厳選してご紹介します。千と千尋の神隠しのモデルで知られている「江戸東京たてもの園」や、オフィスビル「虎ノ門ヒルズ」など穴場的な場所から、意外性のあるスパ施設、昭和レトロな商店街、美術館、水族館まで、どこも魅力あふれる場所ばかりです。ぜひチェックして東京デートの参考にしてみて下さい。

東京の街を一望できるシンボルタワーは見どころいっぱい「東京スカイツリー」

東京都墨田区にある東京スカイツリーは、世界一高いタワーとして世界ギネス記録に認定されています。皆さんも大きは十分に理解されていると思いますがが、真下から見上げた大きさは圧巻です。ツリーの高さは634mで、350mと450mの2つの展望台があります。まずは地上350mの東京スカイツリー天望デッキを目指しましょう。東京の絶景を360度見下ろしたり、記念写真を撮ったり、展示演出を眺めたり、デートにぴったりな場所です。
更に100m上空を体感したいならガラス張りの回廊に囲まれた、東京スカイツリー天望回廊を目指しませんか。雲よりも高い展望台で空中散歩気分を満喫しましょう。4階の入口フロアから天望デッキフロア350を結ぶ4基のエレベーター「天望シャトル」にも注目です。シャトル内には、春・夏・秋・冬をイメージした装飾パネルがあります。例えば、夏にはスカイツリーモチーフの江戸切子が登場します。東京スカイツリーは、元旦や花火大会の開催時には、特別営業されています。展望台から眺める隅田川花火大会や初日の出は格別です。こちらの特別営業は、抽選で当選した方のみが入場できるので、日頃から公式サイトをチェックしておくといいでしょう。さらに誕生月に入場すると、チケットカウンターでバースデーステッカーがプレゼントされます。誕生月しか貰えない特別なステッカーです。
天望デッキをひと通り見てまわったら、レストランやカフェで休憩したり、スカイツリーショップでお土産を買ったり、ゆったりと過ごしましょう。ツリーの足元は商業施設・東京ソラマチや、すみだ水族館、郵政博物館などエンタメが満載の一大タウンが広がっています。まだまだ、お楽しみもいっぱいです。ノープランでデートに出かけても1日中、充実した時間が過ごせますよ。

詳細データ
名称:東京スカイツリー
住所:東京都墨田区押上1-1-2
アクセス:東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」から徒歩すぐ、
      東京メトロ半蔵門線「押上(スカイツリー前)駅」から徒歩すぐ
営業時間:展望台 8:00~22:00(天望デッキの最終入場21:00、天望回廊の最終入場21:20
定休日:無休
電話番号:0570-55-0634 東京スカイツリーコールセンター(9:00~20:00)
料金:天望デッキ(350m) 大人(18歳以上) 2,060円、中人(高校生、中学生) 1,540円、
                小人(小学生) 930円、幼児(4~5歳) 620円
                ※日付指定予約はプラス510円(中人はプラス520円)
    天望回廊(450m) 大人(18歳以上) 1,030円、中人(高校生、中学生)、820円、
                小人(小学生) 510円、幼児(4~5歳) 310円 ※当日購入のみ
公式サイトURL:http://www.tokyo-skytree.jp/

東京スカイツリータウンのお膝元にある都市型水族館「すみだ水族館」

東京スカイツリータウンの5階と6階に位置している都市型水族館です。世界遺産・小笠原諸島の海を再現した「東京大水槽」では、約54種、560点の海の生き物がお目見えしています。ペンギン&オットセイの暮らしぶりを間近で観察できる「ペンギン・オットセイ」エリアは必見です。他にも、クラゲが照明で七変化する「クラゲ万華鏡トンネル」、サンゴと一緒にカラフルな生き物の姿を楽しめる「サンゴ礁」など、多彩なアプローチで海の世界が紹介されています。
江戸がテーマの「江戸リウム」では、きらびやかな空間で金魚が展示されていたり、葛飾北斎の浮世絵と時代を超えてコラボレーションしていたり、一気に2つのゾーンを満喫してみましょう。全体的にLED照明の演出など、趣向をこらした展示が満載です。幻想的な空間で動物に癒されながらデートを楽しんでみませんか。館内は広々としており、ゆったりと過ごせるでしょう。

詳細データ
名称:すみだ水族館
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5・6F
アクセス:東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」からすぐ、
      東武スカイツリーライン・東京メトロ・都営地下鉄・京成押上線「押上(スカイツリー前)駅」からすぐ
営業時間:9:00~21:00 最終入館20:00 ※季節によって変動あり
定休日:なし ※メンテナンスやイベントにより臨時休館あり
電話番号:03-5619-1821(9:00~21:00)
入館料:大人 2,050円、高校生 1,500円、小・中学生 1,000円、幼児(3歳以上) 600円
     ※中学生・高校生は要生徒手帳
     ※障がい者手帳持参者と同伴者(1名)は、入場料金が一般料金の半額(1円単位を四捨五入)です。
公式サイトURL:http://www.sumida-aquarium.com/

駅直結の大型商業施設「東京ソラマチ」

東京スカイツリーの足元に広がるのは、300以上のレストランや雑貨、ファッション、エンタメ、下町文化などを発信する、周辺エリアで最大の商業施設です。広々とした館内は、タワーヤード、イーストヤード、ウエストヤードの3つに分かれています。ここでは景色も食事もワンランク上のデートが楽しめる、イーストヤードのレストランを中心にご紹介します。
イーストヤードの31階「ソラマチダイニング スカイツリービュー」は、ソラマチの最上階に位置しています。スカイツリーの最上部まで眺めることが出来る絶好のロケーションです。江戸の民家をイメージした「國見」や、天井までガラス張りのカフェラウンジ「天空ラウンジ TOP of TREE」など、デートでのランチはココに決まりでしょう。30階のダイニングは、スカイツリー「天望シャトル」の移動がわかるほど近距離です。イタリアン「イザーレシュウ チエロ」や、ビアパブ「BEER&SPICE SUPERDRY」など、片肘張らずにリラックスして過ごせるレストランが集結しています。同じくイーストヤード6階と7階には、テラス席からスカイツリーを眺めながら食事を楽しめるレストランもあります。好みや混み具合で、レストランをセレクトしましょう。イーストヤード以外にも、ウエストヤード・タワーヤードには、スイーツや東京土産、雑貨などココでしか買えない限定品が多数揃えてあります。

詳細データ
名称:東京ソラマチ
住所:東京都墨田区押上1-1-2
アクセス:東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」すぐ、
      東武スカイツリーライン・東京メトロ・都営・京成押上線「押上(スカイツリー)前」駅すぐ
営業時間:10:00~21:00 レストランフロアは11:00~23:00。店舗によって異なる
定休日:不定休
電話番号:0570-55-0102(東京ソラマチコールセンター)
公式サイトURL:http://www.tokyo-solamachi.jp/

「ONE PIECE」史上初の大型テーマパークも登場!東京の赤いシンボルタワー「東京タワー」

昭和33年(1958)の開業以来、東京観光のシンボルとして存在感を放ち続ける東京タワー。絶景が楽しめる2つの展望台はデートスポットの定番中の定番でしょう。2015年には、タワー内に人気コミック「ワンピース」の世界観を体感できる「東京ワンピースタワー」もオープン。フォトスポットも出現しています。赤いシンボルタワーの人気は今も昔と変わらず健在です。
2階の展望台にある「THE SKY」は、オフィシャルグッズショップです。2015年7月に名称を変更してリニューアルオープンしました。「ステンドグラスキーホルダー」は、この店でしか買えない限定商品です。3階では、初の食べ歩きスイーツ「タワーたいやき」がオープンしました。オープンキッチンで実演販売されていますよ。タワーの形をしたユニークなたいやきです。
同じく3階の「GALAXY」は、リニューアル後、広さが以前の倍以上に。国内外の著名店とコラボレーションした限定グッズが販売されています。フットタウンの1階・3階・5階に位置している「東京ワンピースタワー」は、アニメ「ONE PIECE」史上初の大型テーマパークです。キャラクターにちなんだアトラクションや、ショップ、カフェが集結しています。麦わらの一味全員が揃う酒場エリアは、絶好のフォトスポットです。カップルや友人同士でもぜひ写真に収めてみて下さい。料金は大展望台とセットで3,900円です。タワーは、毎週水・木曜の夜は大展望台でライブが開催されています。夜になってライトアップされる姿も美しいですよ。

詳細データ
名称:東京タワー
住所:東京都港区芝公園4-2-8
アクセス:都営地下鉄「赤羽橋駅」から徒歩約5分、都営地下鉄「御成門駅」から徒歩約6分、
      東京メトロ「神谷町駅」から徒歩約7分、浅草線「大門駅」より徒歩約10分、JR「浜松町駅」から徒歩約15分
営業時間:9:00~23:00(最終入場22:30) 季節によって異なる
定休日:無休
電話番号:03-3433-5111
料金:大展望台 大人 900円、小中学生 500円、幼児 400円
    特別展望台 大人 700円、小中学生 500円、幼児 400円
    大展望台+特別展望台大人 1,600円、小中学生 1,000円、幼児 /00円
公式サイトURL:http://www.tokyotower.co.jp/index.html

岩盤浴施設「ヒーリング バーデ」でデートを楽しもう!東京ドーム天然温泉 Spa LaQua(スパ ラクーア)

ラクーアは東京ドームに併設された巨大なスパ施設です。ラクーアの魅力は便利な立地にありながら、ゆったり寛げるところでしょう。東京ドームに併設されており、野球観戦の前後に気軽に足を運べます。入館料は2,634円です。入館料には、入浴料や専用ウェア、タオルのレンタル料、施設利用料が含まれています。デートの途中でも事前の準備なしで、思い立って「今からラクーアに行こう」って言えますよね。館内の「ヒーリング バーデ」は、世界各国の癒しが融合するリラックス空間です。スパゾーンは男女別ですが、「ヒーリング バーデ」は、男女共用で利用できます。ただし専用ウェアのレンタル料が別途864円必要です。ゆったり、のんびり低温サウナや、岩盤浴を彼や彼女と一緒に楽しみませんか。大人デートにピッタリではないでしょうか。
また、こちらも別途料金が必要ですが、骨盤スタイル調整や、ハワイアンロミロミ、ネイルサロン、頭皮クレンジング、フットケア、酵素カプセルなど、世界の施術でビューティーアップできるルームが多数揃っています。自分へのご褒美にもピッタリです。ラクーアは、大都会にありながら癒される場として人気があり、リピーターも多くいます。個室はありませんが、リクライニングシート等で仮眠もOKです。デートの最後に2人でのんびりと過ごすのにもオススメです。

詳細データ
名称:東京ドーム天然温泉 Spa LaQua
住所:東京都文京区春日1-1-1 ラクーア5~9F(フロント6F)
アクセス:東京メトロ丸の内線「後楽園駅」から徒歩約1分、都営地下鉄大江戸線「春日駅」から徒歩約2分、
      JR中央線・総武線「水道橋駅」から徒歩約6分
営業時間:11:00~翌9:00 ※各施設は異なる
定休日:不定休 ※設備点検や整備などで休館あり
電話番号:03-3817-4173
入館料:18歳以上 2,634円、小学生以上~18歳未満 1,836円
      ※深夜割増料(深夜1:00~早朝6:00在館) プラス1,944円、休日割増料(土・日・祝日、特定日) プラス324円
      ※小学生未満のお子さんは安全管理上、入館できません。
      ※18歳未満の利用は保護者(小学生は同性の保護者)同伴のもと、18時まで利用可能(最終入館受付15時)
公式サイトURL:http://www.laqua.jp/spa

都内でも有数の文化の薫り漂う公園「上野恩賜公園」

明治6年(1873)に、日本で初めての公園に指定された上野恩賜公園。周辺には動物園のほか、博物館、美術館などの文化施設が建ち並んでいます。文化の薫り漂う公園として、日本人はもちろん外国人観光客が多く訪れています。春にはソメイヨシノ、ヤマザクラが咲き誇る都内有数の桜の名所です。桜の見頃を迎えると桜並木の両サイドは、宴会客でいつも賑わっています。園内にはスポーツ施設や、ボート場、売店、レストランもあり、週末など家族でのお出かけにピッタリの場所です。東京国立博物館や、国立科学博物館、東京芸術大学美術館などもあり、芸術鑑賞デートを楽しみながら東京都内で自然を感じてみるのもいいでしょう。

詳細データ
名称:上野恩賜公園
住所:東京都台東区上野公園
アクセス:JR・東京メトロ「上野駅」から徒歩約5分
営業時間:5:00~23:00 ※時間外は立ち入り禁止
定休日:無休
電話番号:03-3828-5644(上野公園管理事務所)
公式サイトURL:http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/toubuk/ueno/index_top.html

日本で最も歴史ある動物園「上野動物園」

上野公園内にある動物園「上野動物園」は、1882年に開園した日本で1番古い動物園です。人気ナンバー1のジャイアントパンダから希少動物まで、様々な動物たちに出会うことができます。約14万平方メートルの敷地は、東園と西園に分かれています。東園と西園はモノレールで行き来できます。モノレール料金は、中学生以上が150円で、2歳以上が80円です。現在上野動物園にいるパンダは、オスのリーリーとメスのシンシンです。性格はリーリーの方が優しくおおらかで、シンシンは意外と怖いもの知らずだとか。ほかに会える動物たちは、陸上で暮らす哺乳類の中では最大の動物「ホッキョクグマ」や、菜食主義の「ニシゴリラ」、動かない鳥として有名な「ハシビゴロウ」など、まだまだ沢山います。事前に特徴を知っておくと見学する時に、さらに楽しめるでしょう。
園内には気軽に利用できるカフェや、老舗レストランまでバラエティ豊かなグルメが勢揃いしています。動物園のレストランと言っても侮れませんよ。また、表門の近くにパンダをモチーフにした可愛いポストが設置されています。パンダポストから手紙を投函すると、上野にちなんだ風景印を押してもらえます。デートの記念に自分たちへ、家族へと手紙を送ってみるのもおすすめです。

詳細データ
名称:恩賜上野動物園
住所:東京都台東区上野公園9-83
アクセス:JR「上野駅公園口」から徒歩約5分、京成電鉄「上野駅」から徒歩約10分、
      都営大江戸線「上野御徒町駅」から徒歩約15分
営業時間 9:30~17:00(ゴールデンウィークや、お盆・正月など閉園時間が異なる)
定休日 月曜、年末年始
     ※月曜日が祝日、都民の日にあたるときは翌日が休園日
     ※臨時開園の場合あり
電話番号:03-3828-5171
入園料:一般・高校生以上 600円、65歳以上 300円、中学生以上 200円
     ※小学生以下と都内在住在学の中学生は無料
     年間パスポート:一般・高校生以上 2400円、65歳以上 1200円
公式サイトURL:http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

最先端の文化・情報を発信し続ける六本木を代表する大型複合施設の1つ「六本木ヒルズ」

六本木ヒルズは、森タワーを中心に、オフィス、文化施設、シネマコンプレックス、放送センターが集結する六本木のランドマークです。各種イベントや、夏の盆踊り、冬のイルミネーションなど、季節ごとの楽しみ方も提案されています。森タワーの52階「東京シティビュー」からは、東京タワーをはじめ晴天時には房総半島の先や富士山まで眺めることが出来ます。2015年4月に内装をリニューアルし、現在はイベントやギャラリー会場としても活用されています。カフェやレストランもあり食事をしながら絶景を楽しめます。
53階にある「森美術館」では、多岐に渡る次世代アートを続々と発信。火曜の夜以外は22時まで開館している為、食事の後でも芸術鑑賞が堪能できます。旅館を彷彿とさせる空間で極上焼肉を味わえるのが、2015年12月にオープンした「旅亭 まんぷく」です。場所は、ヒルサイドの地下1階に位置しています。刻みねぎとスパイスの風味がたまりませんよ。他にも老舗和菓子屋の「とらや」が展開する「TORAYA CAFE」や、世界中のヘルシーメニューが揃う「ELLE cafe」など、レストランやスイーツショップも充実しています。

詳細データ
名称:六本木ヒルズ
住所:東京都港区六本木6-10-1 ほか
アクセス:東京メトロ「六本木駅」1C出口すぐ(コンコースにて直結)
営業時間:ショップ 11:00~21:00、レストラン 11:00~23:00
       各施設、店舗により異なる
定休日:店舗により異なる
電話番号:03-6406-6000(インフォメーションセンター) 10:00~21:00
公式サイトURL:http://www.roppongihills.com/

地上53階の美術館でロマンチックに芸術鑑賞!「森美術館」

六本木ヒルズ森タワーの高階階、53階に位置している美術館です。アジアを中心に各国のアートを、建設、写真、デザイン、ファッションなど、ジャンルにこだわらず幅広く紹介されています。常設展示室でコレクションの展示を鑑賞したり、映像プログラムでアートに触れたりしながら、芸術を身近に体感できます。お子さん向けのワークショップも多数開催されていますよ。
料金は展覧会によって異なります。森美術館を利用する機会が多い人には、パスポート「ART+VIEW」がオススメです。森美術館・東京シティビュー・スカイデッキが1年間いつでも何度でも無料で利用できます。年会費は6,000円です。年パスで専用カウンターを利用すれば、混雑時でもスムーズに移動できます。また、同伴者5名まで優待料金で入館可能ですので、デートでの利用にも便利です。更にミュージアムショップ、ミュージアムカフェ&レストランの会計が10%オフになります。

詳細データ
名称:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
アクセス:東京メトロ「六本木駅」からすぐ、都営地下鉄「六本木駅」から徒歩約4分
営業時間:月曜、水曜~日曜 10:00~22:00 最終入館21:30
       火曜 10:00~17:00 最終入館16:30
定休日:展示替え期間(会期中はなし)
電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
料金:企画展により変更あり
公式サイトURL:http://www.mori.art.museum/jp/

大きなガラスドームの下に600種を超える世界中の生き物たちがいる「東京葛西臨海水族園」

東京・江戸川区の葛西臨海公園内にある大型水族館です。海もスグそばで、海辺でのデートのついでに立ち寄るのにもおすすめ。園内にある「アクアシアター」は、一時期激減していたマグロも徐々に展示が増えつつあります。世界の海から東京の海まで、様々な環境を再現した水槽に600種を超える生物が飼育されています。フンボルトペンギン、オウサマペンギン、イワトビペンギン、フェアリーペンギンなど100羽以上のペンギンが泳ぎまわる国内最大級の屋外展示施設「ペンギンの生態」も人気です。
また海の生物たちについて学べるプログラムも充実。土・日・祝日は水槽の裏側について楽しく学べるツアーも開催されています。またペンギンや海鳥のスポットガイドも開催。時間が決まっている為、参加を希望する場合は、事前に公式サイトでチェックしておきましょう。

詳細データ
名称:東京葛西臨海水族園
住所:東京都江戸川区臨海町6-2-3
アクセス:JR葛西臨海公園駅から徒歩約5分
営業時間:9:30~17:00 入園及びチケットの販売は16:00まで
定休日:水曜(祝日の場合は翌日)、年末年始 ※一部の水曜は開園の場合あり
電話番号:03-3869-5152(東京都葛西臨海水族園)
入園料:大人 700円、中学生 250円、65歳以上 350円
     ※小学生以下無料、都内在住・在学の中学生無料、障害者手帳持参者無料団体割引あり
年間パスポート:一般(高校生以上) 2,800円、65歳以上 1,400円
公式サイトURL:http://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/

東京・お台場にある国内最大級の屋内型テーマパーク「東京ジョイポリス」

東京・お台場の「デックス東京ビーチ」内、3階から5階にある屋内型テーマパークです。屋内型のテーマパークのため、雨天時のデートにも最適です。1番人気で定番のアトラクションは「ハーフパイプ トーキョー」。その名の通り、パイプ(円柱)を半分にカットした形の斜面を滑り左右の壁でジャンプを繰り返すアトラクションで、2人で板に乗りスピードを出して楽しみます。足元の体重のかけ方を変えると乗り物が回ったりスピードが上がったりして、まさにハーフパイプ競技さながらの臨場感を楽しめます。
ほかにも、スマートフォンを使用した探検アトラクション「ジョイポリ探検隊」や、回転レースアトラクション「ストームージー」、陸上トラック競技にチャレンジする「ソニック アスレチック」など、20種類以上のアトラクションが用意されています。また無料で遊べるスペースインタラクションも多数集結。イベントやステージショーも開催されます。遊び疲れたらカフェでひと息つきましょう。レインボーブリッジや東京湾を一望できる最高のロケーションです。東京ジョイポリスは、1日たっぷり遊べるデートスポットです。

詳細データ
名称:東京ジョイポリス
住所:東京都港区台場1-6-1デックス東京ビーチ3~5F
アクセス:ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」から徒歩約2分、りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩約5分
営業時間:10:00~22:00 最終入場21:15 ※時期により異なる
定休日:不定休
電話番号:03-5500-1801(東京ジョイポリス)
入場料:大人(18歳以上) 800円、小・中・高生 300円
     パスポート:大人(18歳以上) 3,900円、小・中・高生 2,900円
     ※入場+アトラクション1日乗り放題
公式サイトURL:http://tokyo-joypolis.com/

高層ビルとの対比が絶妙な日本のセントラルパーク「新宿御苑」

もともとは江戸時代に信濃高遠藩・内藤家の下屋敷があった敷地です。明治12年(1879)に新宿植物御苑が開設され、宮内省(現・宮内庁)の管理になりました。皇室の庭園として新宿御苑が誕生したのは明治39年(1906)です。戦後は国民公園として一般にも公開されています。プラタナス並木が美しいフランス式整形庭園や、イギリス風景式庭園、日本庭園を巧みに組み合わせており、近代西洋庭園として名高い庭園と言えるでしょう。毎年、4月上旬には内閣総理大臣主催の「桜を見る会」、11月上旬には環境大臣主催の「菊を観る会」が開催されています。
沢山の木々に囲まれた広大な敷地内には、四季折々の花が美しく咲き誇っています。どこへ出掛けても人だらけの東京ですが、新宿御苑だけは別世界です。特に観光客が訪れる前の開園直後は静かで都内にいることを忘れさせてくれます。10時を過ぎるとポツポツと人が増え始めますが、かなり広いため特に混雑を感じたりしないでしょう。売店やレストラン、カフェ、お茶室もあります。ベンチも至る所に配置されており、休憩する場所にも不自由しません。レジャーシートを持ち込めば、芝生の上でゆっくり寝転がれます。食べ物や飲み物を持ち込んでのピクニックデートが楽しめますよ。まったり過ごすデートにもオススメです。ただし、園内はかなり歩きます。出来れば履き慣れた歩きやすい靴でお出かけ下さい。

詳細データ
名称:新宿御苑
住所:東京都新宿区内藤町11
アクセス:東京メトロ丸の内線「新宿御苑前駅」出口1より徒歩約5分、
      東京メトロ副都心線「新宿三丁目駅」E5出口より徒歩約5分、
      都営新宿線「新宿三丁目駅」C1・C5出口より徒歩約5分
営業時間:9:00~16:30(入園は16:00まで)
定休日:月曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
      3月25日~4月24日、11月1日~15日までは、月曜も休まず開園
電話番号:03-3350-0151(環境省新宿御苑管理事務所)
入園料:大人 200円、小・中学生 50円、幼児無料
     ※身体障害者手帳、療育者手帳及び精神障害者保健福祉手帳持参者と介助者1名の入園は無料、
       補助犬も入園可能
公式サイトURL:http://fng.or.jp/shinjuku/

移転前に一度は行きたい!「築地市場」

築地市場は都民の生活を支えている活気ある市場です。築地市場駅のホームを降りた途端に魚のニオイがただよいます。築地市場に来たことを実感できますよ。市場には場外市場と場内市場があります。場内市場は、トラックやターレーンと呼ばれるエンジン付きのカートが行き来するプロの仕事場です。観光客を気にせずに往来しているので十分に注意が必要です。迷惑にならないようマナーを守って見学しましょう。一般の人は場外市場と場内市場どちらも入れます。ただし場内市場は、以前から豊洲への移転が決まっており、2016年11月には豊洲に「豊洲市場」として新たに開場します。移転を惜しんでか数年前に比べ、観光客がかなり増えています。
買物やグルメを十分に満喫したいなら場外市場へ向かいましょう。鮮魚をはじめラーメン、ホルモン、玉子焼、フルーツ、飲食店など多くの店舗がひしめきあい、威勢のよい掛け声が飛び交っています。カップルでの食べ歩きデートにもオススメです。ただ、場外市場の雰囲気を楽しむのも場内市場の存在があってこそです。場内市場でも魚や野菜や海苔、ダシ、お茶・珍味など多岐にわたる食材が手に入ります。移転前に活気に満ちた築地へ足を運んでみませんか。

詳細データ
名称:東京都中央卸売市場 築地市場
住所:東京都中央区築地5-2-1
アクセス:都営大江戸線「築地市場駅」下車、徒歩約2分
営業時間:5:00くらい~
定休日:日曜・祝日
電話番号:03-3547-8011~5(管理課庶務係ダイヤル・イン)
公式サイトURL:http://www.shijou.metro.tokyo.jp/info/01/

最先端のプラネタリウムや水族館が集結!「池袋サンシャインシティ」

東京都豊島区にある池袋サンシャインシティは、グルメやファッション、アミューズメント、水族館、プラネタリウムなど、ワクワクするデートスポットが盛りだくさんです。ドラゴンボールやONE PIECE、ナルトなど、ジャンプの世界を堪能できる「J-WORLD TOKYO」は、屋内型のテーマパークです。ジャンプの世界を体験できる様々なイベントが期間限定で開催されています。また、それぞれのエリアでは、作品の世界観で楽しめる遊びや仕掛けがいっぱいです。たくさん遊んでお腹が空いたら、キャラをモチーフにしたフードを楽しみましょう。
また、2015年12月にリニューアオープンルした「コニカミノルタ プラネタリウム“満天”」は、最新のプラネタリウムが導入されています。ふかふかしたクッションが心地良い雲シートや、野原での天体観測をイメージして作られた芝シートなど、思いっきり寝転がってプラネタリウムが楽しめます。現在、人気バンド・サカナクションが手掛けたプログラムが2016年9月まで上映中です。ほかにも東京を一望できるスカイレストランや、専門店街アルパ、アルタ、池袋餃子スタジアム、ナンジャタウンなど人気スポットが集結しています。

詳細データ
名称:池袋サンシャインシティ
住所:東京都豊島区東池袋3-1
アクセス:東京メトロ「東池袋駅」から徒歩約3分、JR・東京メトロ・西武池袋線・東武線「池袋駅」から徒歩約8分
営業時間:施設により異なる
定休日:施設により異なる
電話番号:03-3989-3331(サンシャインシティ総合案内)
公式サイトURL:http://www.sunshinecity.co.jp/

リニューアルオープンした展望台に注目「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」

スカイサーカス サンシャイン60展望台は、晴れた日には遥か向こうに丹沢山麓の上にそびえたつ富士山や、筑波山、日光連山を望めます。2016年4月には、見るだけの展望台から体感する展望台にリニューアルオープンしました。眺望だけではなく雲のすき間から地上の世界を覗く「天空251」や、視覚で楽しむ天空のイリュージョン体験「カレイドスケープ」、バーチャルリアリティの世界で未来の東京名所を巡る「TOKYO弾丸フライト」、「スウィングコースター」など、触れたり感じたり驚いたり、テクノロジーを駆使した体感型のコンテンツが満載です。カップルでのデートや友人同士、家族で一緒に盛り上がれますよ。360度広がる都会の大パノラマを堪能しましょう。

詳細データ
名称:SKY CIRCUS サンシャイン60展望台
住所:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャイン60・60F
アクセス:東京メトロ「東池袋駅」から徒歩約3分、JR・東京メトロ・西武池袋線・東武線「池袋駅」から徒歩約8分
営業時間:10:00~22:00 ※最終入場は終了1時間前
定休日:無休
電話番号:03-3989-3457
入場料:大人 1,800円、学生(大学・専門学校・高校) 1,500円、小人(中学・小学) 900円、
     幼児(4歳以上) 500円、シニア(65歳以上) 1,500円
公式サイトURL:http://www.skycircus.jp/?_ga=1.149467830.1693306813.1462396815

多彩なイベントやコンサートが開催!「代々木公園」

東京23区内の都市公園の中で5番目に広い都会のオアシス「代々木公園」。道路を挟んで森林公園地区と、陸上競技場・野外ステージを備えた広場地区に分かれています。園内には季節のうつろいと共に美しい花々が咲き、訪れる人達の目を楽しませてくれます。イベント広場や野外ステージでは、ほぼ毎週末グルメフェスやフリーマーケット、大江戸骨董市、子ども交流体験フェスティバルなど、様々なイベントが開催されています。園内の見どころは日本で最初の飛行を記念した「日本航空発始の碑」や、東京オリンピック開催時に選手村として使用された時、オランダ選手が利用した建物「オリンピック記念の宿舎」など色々です。地元の家族連れや観光客など、沢山の人達が都会のオアシスを楽しんでいます。自転車の有料貸出もありカップルで自然を満喫しながらサイクリングデートも楽しめます。売店やレストランもあり、小腹を満たしながら1日ゆっくりと過ごせるスポットです。

詳細データ
名称:代々木公園
住所:東京都渋谷区代々木神園町2丁目
アクセス:JR「原宿」下車、徒歩約3分、東京メトロ千代田線「代々木公園」下車、徒歩約3分、
      東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前(原宿)」下車、徒歩約3分、
      小田急線「代々木八幡」下車、徒歩約6分
営業時間:常時開園 ※営業時間等はサービスセンターへ問い合わせ下さい
定休日:無休 ※サービスセンター及び各施設は年末年始休業
電話番号:03-3469-6081
入園料:一部有料施設あり
公式サイトURL:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index039.html

国内外を問わず観光客に人気の東京名所「浅草寺」

東京都台東区にある定番のデートスポット「浅草寺」。浅草の顔でもある雷門の提灯は間近で見るとかなり大きく、浅草に来たのだと実感させてくれます。まずはココで記念写真を撮るのが定番です。次に日本最古の商店街の1つ、仲見世通り商店街でぶらぶら食べ歩きを楽しみましょう。毎日がお祭りのように沢山の人で賑わっています。美味しい食べ物屋さんがズラリと並んでいますよ。次に貴重な寺宝を収めた山門「宝蔵門」の側で東京スカイツリーをバックに写真を撮りましょう。
続いて移動するのは、境内1の高さを誇る「五重塔」です。皆さんは「鬼の中 猿が一匹 浅草寺」という川柳をご存知でしょうか。五重塔の各層にある鬼瓦は境内からは見えませんが、皇居(江戸城)向きの第三層の瓦のみ猿面の瓦が使用されています。これは江戸城から見た鬼門封じの役割です。日没から23時にかけてはライトアップされ五重塔全体が美しく輝きます。次は、お水舎で心身を清め参拝の準備をしましょう。さらに常香炉で体を清めます。お水舎と常香炉は、どちらが先でも後でも構いません。
その後、観音堂に進みます。ご本尊を祭る本堂で正しくお参りしましょう。参拝の証を手に入れたい人は、影向堂でご朱印を購入してみては。浅草寺では、季節ごとにほおずき市や羽子板市など多くの行事が行われています。また、雷神、風神像の雷門、本堂外陣の天井絵と寺内は見どころもいっぱいです。ご紹介したルート以外にも、周辺にはデートにぴったりなスポットが数多く存在します。

詳細データ
名称:浅草寺
住所:東京都台東区浅草2-3-1
アクセス:東武伊勢崎線「浅草駅」より徒歩約5分、東京メトロ銀座線「浅草駅」より徒歩約5分、
      つくばエクスプレス「浅草駅」より徒歩約5分
営業時間:夏季(4月~9月) 6:00~17:00、冬季(10月~3月) 6:30~17:00
定休日:無休
電話番号:03-3842-0181
公式サイトURL:http://www.senso-ji.jp/

湾岸周辺で唯一のスーパー銭湯「大江戸温泉物語」

東京都江東区青海にある「大江戸温泉物語」は、江戸時代にタイムスリップしたような情緒あふれる天然温泉です。お台場の地下1,400mからくみ上げた天然温泉を使用し、露天風呂や大浴場など多彩なお風呂が用意されています。ミストサウナや、露天の桶風呂は女性のみ使用可能です。効能は神経痛や筋肉痛、冷え性、やけど、疲労回復などに効果があります。館内には下町風情の賑わいを再現した、癒し処や縁日、ゲームコーナー、ショップや各種飲食店が揃っています。1日過ごしても退屈しないでしょう。
日本庭園には全長50mの湯の道があり、館内着の浴衣を着て足湯が楽しめます。デートで一緒にお湯に浸かって過ごせますよ。足湯は、東海道五十三次がテーマです。足ツボを刺激しながら日本橋を出発し、小田原で一休みしましょう。箱根を通り、大井川、琵琶湖へと風景を満喫しながらお湯の中を歩きます。宿泊施設は、露天風呂付きから和室、和洋室、洋室の他、個室のベッド空間など色々なタイプが用意されています。日帰りでも泊まりがけでも楽しめるデートにぴったりな温泉テーマパークです。

詳細データ
名称:大江戸温泉物語
住所:東京都江東区青海2-6-3 
アクセス:ゆりかもめ線「テレコムセンター駅」より徒歩約2分、
      又はりんかい線「東京テレポート駅」より無料シャトルバスに乗り約5分
      自家用車を利用する場合は、首都高速湾岸線臨海副都心ICより約4分、
      又は首都高速11号台場線台場ICより約3分
営業時間:11:00~翌9:00 ※最終入館時間 朝7:00 (完全入替制)
定休日:無休
電話番号:03-5500-1126
料金:大人(中学生以上) 昼間料金 平日2,280円(2,612円)、土・日・祝日2,480円(2,828円)、特定日2,580円(2,936円)
    大人(中学生以上) ナイター料金(18:00以降に入館の場合)平日1,780円(2,072円)、
    土日・祝日1,980円(2,288円)、特定日2,080円(2,396円)
    小人(4歳~小学生) 一律980円(1,058円)
    4歳未満 一律無料
    深夜追加料金(深夜2:00以降在館の場合) 一律2,000円(2,160円)
    朝風呂料金(朝5:00~7:00受付) 大人(中学生以上)1,300円(1,554円)、小人(4歳~小学生)980円(1,058円)
    障害者手帳・愛の手帳、療育手帳を持参で基本料金より500円引き ※タオル・館内着は上記料金に含む
    ※( )が消費税・入湯税込みの総額料金
    ※未成年のみでの利用は、22:00まで(中学生以下は18:00まで)
    ※入館料は入館時間によって異なる
    同じ営業日内で二重に入館料がかかることはありませんが、
    深夜2時を過ぎると入館料の他に深夜料金が必要です。
    ※障害者手帳・愛の手帳・療育手帳は本人を含め2名までの割引
公式サイトURL:http://www.ooedoonsen.jp/daiba/

時代の先端をいくハイセンスな商業施設「東京ミッドタウン」

東京ミッドタウンは、「遊ぶ・憩う・働く・住む」が一体化されたハイセンスな複合施設です。都心の上質な日常をコンセプトに、文化施設やアパレルショップ、飲食店、オフィス、住居、ホテル、病院、公園が集結しています。街の中心で存在感を示すのは、上層部に高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」が入った、高さ約248mのミッドタウン・タワーです。その周りに住居とオフィスが入居するミッドタウン・イーストや、オフィスビルのミッドタウンウェスト、ショッピングゾーンのガレリア、サントリー美術館があるガーデンサイドが立ち並んでいます。芝生広場をはじめ、昔からの自然を生かした風景が楽しめるのも特徴です。グリーン&パークに、お弁当や飲み物を持参してピクニックデートはいかがでしょう。
レストランで食事をするなら、ガレリア内ガーデンテラス 1F の「Pizzeria-Trattoria Napule」がオススメです。平日のBランチは7種類ほどのピザの中から好きなピザを選べます。イタリア産のチーズをたっぷり使用したチーズは香ばしく小麦粉の香りが口中に広がります。価格はサラダとコーヒーがついて1,600円です。色々と見てまわると疲れて甘い物が欲しくなりますよね。そんな時は、ガレリア地下1階「pâtisserie Sadaharu AOKI paris」のスイーツはいかがでしょう。世界で活躍するパティシェ・青木定治氏が作る美しいフランス菓子が提供されています。特にマカロンは、厳選素材を使用し丁寧に作り上げた極上品。女性に喜ばれる逸品です。店内にはイートインスペースも設けてあります。ほかにも東京ミッドタウンには、旬のショップやレストランが毎年、続々と出店しています。

詳細データ
名称:東京ミッドタウン
住所:東京都港区赤坂9-7-1 他
アクセス:東京メトロ「六本木駅」より地下通路直結、都営「六本木駅」8番出口直結
営業時間:店舗により異なる
定休日:店舗により異なる
電話番号:03-3475-3100(東京ミッドタウン・コールセンター)
公式サイトURL:http://www.tokyo-midtown.com/jp/

常設展が大幅リニューアル「日本科学未来館」

東京都江東区にある「日本科学未来館」は、宇宙飛行士の毛利衛氏が館長を務める科学館です。宇宙やロボット、生命などをテーマにした参加体験型の展示が揃っています。開館から15周年を迎えた2016年4月には、常設展が大幅にリニューアルしました。常設展は「世界をさぐる」と、「未来をつくる」、「地球とつながる」の3つのゾーンで構成されています。
全てのゾーンは、第一線で活躍中の科学者・技術者の監修に基づき制作されています。科学コミュニケーターやボランティアとの交流を通して、最先端科学を身近に感じながら私たちが暮らす地球について楽しく学べます。新展示の「100億人でサバイバル」は、災害を理解し、どう向き合うべきかを考える展示です。21世紀の地球に生きる私達が取り組むべき事を考えてみましょう。「未来をつくる」ゾーンは、ロボットとふれあいながら共に暮らす未来について考える展示です。また日本科学未来館でカップルのデートスポットとして人気なのが、立体視で宇宙空間や星々を観察できる最新のプラネタリウム「ドームシアターガイア」です。満天の星空が、まるでその場にいるかのような臨場感溢れる映像で楽しめます。

詳細データ
名称:日本科学未来館
住所:東京都江東区青海2-3-6
アクセス:新交通ゆりかもめ「コムセンター駅」から徒歩約4分、
      「船の科学館駅」から徒歩約5分、自家用車を利用する場合は、首都高速湾岸線・有明出口から約5分
営業時間:10:00~17:00 ※最終入館16:30
定休日:火曜(祝日の場合開館)、年末年始(12月28日~1月1日)
電話番号:03-3570-9151(代表)
入館料:大人 620円、18歳以下 210円
     ※6歳以下の未就学児無料
     ※土曜は18歳以下無料(企画展等を除く)
     ※障害者及び付添者1名無料(要証明書提示) 企画展、ドームシアターは別料金
公式サイトURL:http://www.miraikan.jst.go.jp/

レトロなアトラクションに大人も童心に返って遊べる「浅草花やしき」

東京都台東区にある「浅草花やしき」は、入園料やアトラクションの料金が良心的な昔ながらの遊園地です。シンボルタワーからは、東京スカイツリーを望むこともできます。嘉永6年(1853)に花園としてオープンし、明治5年(1872)頃から遊戯施設が設置され始めました。ローラーコースターは、昭和28年生まれの日本に現存する最古のコースターです。花やしきに訪れたら、まず乗るべきアトラクションの1つでしょう。最高時速が、わずか42kmと一般道を走る普通自動車の法定速度以下のスピードです。それでも、まだまだ元気に駆け抜けています。園内のシンボルタワー「Beeタワー」からは、浅草の街並みが一望できます。2012年5月に誕生した東京スカイツリーが目と鼻の先にそびえ立っていますよ。他にも王道のメリーゴーランドや、お化け屋敷、ヘリコプター、ビックリハウスなどレトロなアトラクションが盛りだくさんです。家族連れが多いため、若いカップルのデートの場としては穴場的な場所でしょう。他は縁日広場や、飲食店、劇場・花やしき座で構成されています。なお、「Beeタワー」と「スペースショット」は、現在点検中のため長期運休されています。再開を楽しみに待ちましょう。

詳細データ
名称:浅草花やしき
住所:東京都台東区浅草2-28-1
アクセス:つくばエクスプレス「浅草駅」から徒歩約3分、
      都営地下鉄・東京メトロ・東武スカイツリーライン「浅草駅」から徒歩約5分、
      自家用車を利用する場合は首都高速・上野線入谷ICからすぐ
営業時間:10:00~18:00 時期や天候により異なる
定休日:メンテナンス休園日 ※要問合せ
電話番号:03-3842-8780
入園料:大人(中学生以上~64歳) 1,000円、小人(小学生) 500円、シニア(65歳以上) 500円、未就学児無料
     フリーパス:大人(中学生以上~64歳) 2,300円小人(小学生) 2,000円、
     シニア(65歳以上) 1800円、未就学児(2歳以上) 1,800円
     ※入園料別途要
     のりもの券:普通券1枚 100円、回数券11枚綴り 1000円
     ※入園料別途要
公式サイトURL:http://www.hanayashiki.net/

ぶらぶら散歩するだけでも楽しい!「アメ横商店街」

東京都台東区にあるアメ横商店街は、通称「アメ横」と呼ばれ親しまれている商店街です。食料品や衣類、化粧品、雑貨、貴金属など約400店舗が、ひしめき合うように軒を並べています。既に各テレビ局でも数えきれないほど紹介され、全国的にも有名です。またNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の東京編に登場したロケ地としても知られています。昔懐かしい対面式販売で、店員さんとの会話を楽しみながら買物するのも、アメ横の醍醐味と言えるでしょう。1番活気あふれるシーズンは年末です。正月準備の買出しに来る人達で身動きが取れない程に賑わいます。その雰囲気を味わいにアメ横に出掛けるのも楽しみの1つではないでしょうか。日頃からリーズナブルな商品も多く、仲間とまとめ買いをして分け合うのも楽しいでしょう。デートで訪れるなら、食べあるきや商店街そのものの活気を楽しんd滅入るのがオススメです。

詳細データ
名称:アメ横商店街(アメ横)
住所:東京都台東区上野6-10-7
アクセス:JR上野駅・御徒町駅より徒歩すぐ
営業時間:各店舗により異なる
定休日:各店舗により異なる
電話番号:03-3832-5053(アメ横商店街連合会)
公式サイトURL:http://www.ameyoko.net/

ジブリ好き必見のデートスポット!「三鷹の森ジブリ美術館」

東京都三鷹市にある「三鷹の森ジブリ美術館」は、世界的に有名なアニメーター・宮崎駿氏が館主を務める美術館です。となりのトトロや、魔女の宅急便、天空の城ラピュタを生み出したスタジオジブリの魅力がたっぷり詰まっています。コンセプトは「迷子になろうよ、いっしょに」です。特に順路は決まっていません。自分が見てみたい展示物を自由に見てまわれます。屋上には高さ5mもの「天空の城ラピュタ」のロボット兵が立っています。美術館内は撮影NGです。ただし、屋外は許可されています。当然ロボット兵の前は、人気の撮影スポットです。また、ロボット兵の足元に映画で登場した胸の紋章が地面に落ちていたり、ロボット兵の奥にも道があったり色々と見逃せませんよ。1階の「映画の生まれる場所」は、アニメの制作過程がわかる展示室です。さっきまで作業をしていたかのような作業机や、壁一面のスケッチ、セル画はきっと見入ってしまうでしょう。地下1階にある「動きはじめの部屋」では、アニメの仕組みをジブリ作品に登場するメイや、サツキ達などキャラクターで紹介しています。いきいきと動く様子を見るとジーンと感動してしまいますよ。他にもカフェや、ミュージアムショップなどがあります。所要時間は約2時間です。チケットは日時指定の完全予約制で、ローソンのみで購入できます。発売開始は希望日時の前月10日からです。三鷹の森ジブリ美術館は、何度訪れても新しい発見がありますよ。東京の人気デートスポットのひとつです。

詳細データ
名称:三鷹の森ジブリ美術館
住所:東京都三鷹市下連雀1-1-83
アクセス:JR「三鷹駅」南口から徒歩約15分
営業時間:10:00~18:00 ※カフェ「麦わらぼうし」の営業時間は11:00~19:00(入店は18:00まで)
定休日:毎週火曜(メンテナンスで臨時の長期休館あり)
電話番号:0570-055777
入館料:大人・大学生 1,000円、高校・中学生 700円、小学生 400円、幼児(4歳以上) 100円
公式サイトURL:http://www.ghibli-museum.jp/

入口のデザインが印象的な「東京都現代美術館」

東京都江東区にある「東京都現代美術館」は、国内最大級の広さを誇る美術館です。特に企画展の人気が高い美術館です。「東京都現代美術館」は、1995年3月に現代美術の振興を図り、芸術文化の基盤を充実させることを目的に開館されました。収蔵作品を活かした常設展や、絵画、彫刻、ファッション、デザイン、建設など現代美術に関する興味深いテーマの展示企画が開催されています。過去に開催された企画展を振り返ってみても「Future Beauty 日本ファッションの未来性」や、「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのチカラ」や、「ワンダフルワールドこどものワクワク、いっしょにたのしもう みる・はなす、そして発見!の美術館」、「山口小夜子 未来を着る人」、「きかんしゃトーマスとなかまたち」、「オノ・ヨーコ 私の窓から」など、まさに現代的な作品ばかりです。ワークショップや各種講座、講演などを随時展開。また、美術に関する情報提供や、若手のアーティストの発掘支援にも注力しています。さらに、美術図書室には誰でも無料で閲覧できる約10万冊近くの美術関係書が揃えてあります。充実した現代美術品に出会える「東京都現代美術館」へ大切な人とのデートで訪れてみてはいかがでしょうか。

詳細データ
名称:東京都現代美術館
所在地:東京都江東区三好4-1-1
休館日:月曜(祝日の場合翌日)、年末年始、保守点検・展示替期間
営業時間:10:00~18:00(最終入場17:30)
電話番号:03-5245-4111
入館料:MOTコレクション展(常設展) 一般 500円、大学・短大・専門学校生 400円、高校生及び65歳以上 250円
     ※中学生以下無料。
     ※障害者とその同伴者2名まで無料(要証明書提示)
     ※企画展は内容により異なる
公式サイトURL:http://www.mot-art-museum.jp/

音・光・映像の演出で美しく幻想的な水の世界へ「アクアパーク品川」

アクアパーク品川は、音と光と映像で海のあらゆる生きものを演出する水族館です。雰囲気がよく初デートなどにもぴったりなスポットとなっています。場所は東京都港区高輪の品川プリンスホテル内です。なかでも注目したいのは、イルカたちがダイナミックなパフォーマンスを繰り広げる「ザ スタジアム」です。360度どこから見てもショーが楽しめます。演出設備にこだわっていて、昼と夜とで異なるドルフィンパフォーマンスが披露されます。
館内にある「コーラルカフェバー」は、幻想的な雰囲気に包まれています。カップルでゆっくり語り合うのにもオススメな場所です。ドリンクはテイクアウトして、そのままゾーンにも進み込めます。ゆらゆら漂うクラゲがいるのは「ジェリーフィッシュランブル」です。天井と壁には鏡が配されています。広々とした空間で時間や季節ごとに変化する神秘的な世界を体感しましょう。
また、水族館では珍しく、メリーゴーラウンドの「ドルフィンパーティー」や、振り子型船の「ポート・オブ・パイレーツ」などアトラクションも用意されています。しばらくお休みしていた「動物のミニパフォーマンス」もパワーアップして復活しています。元気なペンギンや、オットセイ、アシカに会いに行ってみてはいかがでしょうか。

詳細データ
名称:アクアパーク品川
住所:東京都港区高輪4-10-30
アクセス:JRまたは京急線「品川駅」高輪口からすぐ、
      自家用車を利用する場合は首都高速・銀座出口または芝浦出口から約15分
営業時間:10:00~22:00(最終入場21:00) ※季節によって変動あり(4月30日から5月7日は9:00開館)
定休日:無休
電話番号:03-5421-1111(エプソン アクアパーク品川) ※音声ガイダンス
入場料:大人(高校生以上) 2,200円、小・中学生 1,200円、幼児(4歳以上) 700円
     ※アトラクション(2機種) 各500円/1回
     年間パスポート:大人(高校生以上) 4,200円、小・中学生 2,300円、幼児(4歳以上)1,300円
     ※アトラクション(2機種) 各500円/1回
公式サイトURL:http://www.aqua-park.jp/aqua/

近代的な複合施設「虎ノ門ヒルズ」は、東京の穴場デートスポット

東京都港区にある虎ノ門ヒルズは、国際水準のハイクオリティ施設を備えた超高層タワーです。1階から4階部分は商業施設フロアで、レストランやカフェ、バル、コンビニなど24店舗が集合しています。上層階の47階から52階に入るのは、ハイアットグループが手掛けるライフスタイルホテル「アンダーズ東京」です。6階から35階はオフィスが入居しています。4階から5階は、エリア最大規模のカンファレンス施設「虎ノ門ヒルズフォーラム」です。アトリウムでは、虎ノ門ヒルズのキャラクター「トラのもん」が来場者を出迎えてくれます。週末でもそこまで混雑しないので、デートスポットとしてもオススメです。特に広々とした芝生の広場に面している「虎ノ門ヒルズカフェ」は、中華の要素も取り入れたデリスタイルのカフェで、ゆったりと過ごすのにオススメ。朝8時から23時(土日祝は22時)まで営業しており、モーニング・ランチ・ディナーと、どの時間でもシチュエーションに応じて使い分けができ使いやすさ満点です。あまり人混みを気にせずに、のんびりとデートを楽しみんたい方にとって、虎ノ門ヒルズは最適なスポットと言えるでしょう。

詳細データ
名称:虎ノ門ヒルズ
住所:東京都港区虎ノ門1丁目23番1~4号
アクセス:東京メトロ「虎ノ門駅」1番出口から徒歩約5分、「神谷町駅」3番出口から徒歩約6分、
      「霞ヶ関駅」A12出口から徒歩約8分、都営地下鉄「内幸町駅」A3出口から徒歩約8分、
      JR「新橋駅」烏森口から徒歩約11分
営業時間:店舗により異なる
定休日:無休
電話番号:03-6406-6665(平日)
公式サイトURL:http://toranomonhills.com/ja/
 

美しい光りに包まれる、東京の観光名所「レインボーブリッジ」

東京都港区お台場にあるレインボーブリッジは、全長798メートルと東日本では最長のつり橋です。海面から橋までの高さは50m以上あるため、地上から橋まではループ状の道路で結ばれています。また首都高とゆりかもめが通る上層の下には、遊歩道の「レインボープロムナード」があります。車とは違い、橋の真ん中で立ち止まってじっくりと景色を楽しむいこともできます。遊歩道の長さは1.7kmあり、徒歩で20分から30分程度です。高い場所からゆったりと望む東京湾の景色はデートにピッタリです。開場時間は時期により異なり、4月から10月は9時から21時、11月から3月は10時から18時です。ただし荒天時は通行できません。お台場は都心の喧騒を離れたアーバンリゾートです。フジテレビ本社ビルやダイバーシティ東京、デックス東京ビーチ、アクアシティ東京などエンタメ施設が充実しています。お台場から望むレインボーブリッジの夜景も格別です。遊ぶ、見る、食べるが揃うエリアで週末デートはいかがでしょうか。

詳細データ
名称:レインボーブリッジ
住所:東京都港区海岸3~台場1
アクセス:芝浦側入口、ゆりかもめ芝浦ふ頭駅から徒歩約5分、JR田町駅から徒歩約20分
営業時間:遊歩道 9:00~21:00(11~3月は10:00~18:00) 最終入場は閉場時刻の30分前
定休日:遊歩道は第3月曜(休日の場合は翌日)
電話番号:03-5442-2282(レインボーブリッジ中央監視室)
公式サイトURL:http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/pamphlet/rainbow/

ジブリアニメ「千と千尋の神隠し」のモデルとなった建物に感動!「江戸東京たてもの園」

東京都小金井市にある「江戸東京たてもの園」は、江戸時代から昭和初期までの歴史的建造物が建ち並ぶ野外博物館です。敷地面積が約7万平方メートルの都立小金井公園内に位置しています。原寸大の日本橋や芝居小屋などを展示している「江戸東京博物館」の分館です。園内は西ゾーン・センターゾーン・東ゾーンの3エリアで構成されており、園の正面出入口に建つのは、歴史的建造物「旧光華殿」を改修したビジターセンターです。センターの中には、導入展示や図書コーナー、ミュージアムショップ&カフェがあり無料で利用できます。展示室では江戸東京や多摩地域の歴史、復元建造物についてテーマを定め展示しています。また有料エリアには「千と千尋の神隠し」に登場する建物に大きな影響を与えた「子宝湯」や、明治後期の交番「万世橋工交番(まんせいばしこうばん)」など、レトロな建物が軒を連ねており、まるで明治時代や昭和にタイムスリップしたかのような空間が楽しめます。いつもとちょっと違ったデートを楽しみたいというカップルには、間違いなくオススメのデートスポットです。

詳細データ
名称:江戸東京たてもの園
住所:東京都小金井市桜町3-7-1
アクセス:JR中央線「武蔵小金井駅」北口よりバスで約5分、「東小金井駅」よりバスで約6分、
      自家用車を利用する場合は中央自動車道調布ICから約20分
営業時間:4月~9月 9:30~17:30(最終入園17:00)、10月~3月 9:30~16:30(最終入園16:00)
定休日:月曜(祝日の場合翌日)、年末年始
電話番号:042-388-3300
入園料:一般 400円、大学生(専修・各種含む) 320円、中学生・高校生(都外)及び65歳以上(要証明書提示) 200円
     ※都内在学・在住の中学生、小学生、未就学児無料
公式サイトURL:http://tatemonoen.jp/

近未来的な風景を堪能「お台場海浜公園」

お台場海浜公園は、お台場の人気デートスポット「アクアシティお台場」や、「デックス東京ビーチ」の前に広がる弓型の公園です。園内には人口の砂浜もあり、伊豆諸島・神津島の砂を使用しています。ビーチや磯で遊んだり、ウッドデッキから絶景を眺めたり思い思いの時間を過ごせる場所です。特に春先から秋にかけては、様々なイベントが開催され大勢の人で賑わいます。日没から夜にかけて、砂浜から望むレインボーブリッジや、対岸にある高層ビル群の夜景は絶景です。釣りが出来る釣りエリアをはじめ、磯遊びや潮干狩りが楽しめる磯浜エリア、自由の女神像、サクラ並木など景観を楽しめるビューポイントも複数点在しています。

詳細データ
名称:お台場海浜公園
住所:東京都港区台場1丁目
アクセス:ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」から徒歩約3分、
      自家用車を利用する場合は首都高速11号台場線・台場ランプから約3分
営業時間:24時間
定休日:無休
電話番号:03-5531-0852(お台場海浜公園管理事務所)
入園料:無料
公式サイトURL:http://www.tptc.co.jp/park/01_02(海上公園ガイド)

大型複合レジャー施設「パレットタウン」は大観覧車が目印

東京都江東区にある「パレットタウン」は、大観覧車が目印の複合レジャー施設です。屋内の遊びを丸ごとクリエイトするアミューズメントパーク「東京レジャーランド」をはじめ、東京の名所を一望できる「大観覧車」、国内外の一流アーティストが登場する世界最大級のライブハウス「Zepp Tokyo」、トヨタの最新ショールームと体験型テーマパークを兼ねた「MEGA WEB」、18世紀ヨーロッパの街並をモチーフにしたショッピングモール「VenusFort」と、個性豊かで特色ある施設が集結しています。デートで行くなら断然夜がオススメです。大観覧車で夜景を眺めながら2人だけのステキな時間を過ごせます。「MEGA WEB」は、入場無料の車のテーマパークです。トヨタシティショウケースでは、トヨタの最新モデルがどこよりも早く展示されています。かなりの数の車を1度に比較できるチャンスです。トヨタ車すべてに試乗できるRIDE ONEでは、全てのトヨタ車の中から自分が選んだトヨタ車に試乗できます。お台場デートで、ちょっとしたドライブ気分も楽しめるスポットです。

詳細データ
名称:パレットタウン
住所:東京都江東区青海1-3-15
アクセス:ゆりかもめ青海駅直結、りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩約3分 、営業時間:各施設により異なる
定休日:各施設により異なる
電話番号:03-3529-1821(パレットタウン運営協議会事務局)
料金:各施設により異なる
公式サイトURL:http://www.palette-town.com/

東京の空の玄関口「羽田空港ターミナル(ビッグバード)」

東京都と国内外をつなぐ空の玄関「羽田空港ターミナル」も、実はデートスポットとしてオススメな場所なんです。羽田空港第2旅客ターミナルには展望デッキが設けられており、飛行機がダイナミックに離着陸する様子を間近で見ることが出来ます。特に夜間は天望デッキがライトアップされ、離発着する飛行機の明滅する明かりがロマンチックな雰囲気を作り出してくれます。初日の出の名所にもなっており、年越しから日の出にかけては毎年200名程が訪れます。年越しデートにもピタリな場所です。また羽田空港ターミナル内には、ショピングスポットやレストランなども充実。飛行機を利用しなくても、ガッツリ楽しむことができます。本格的な星空が楽しめるプラネタリウムカフェなどもり、東京のデートスポットのひとつとして人気を博しています。

詳細データ
名称:羽田空港ターミナル
住所:東京都大田区羽田空港
アクセス:京急「品川駅」から羽田空港国内線ターミナル駅まで約16分、自家用車を利用する場合は首都高速湾岸線・空港中央出口から直結
営業時間:各施設により異なる
定休日:無休
電話番号:03-5757-8111(羽田空港国内線総合案内所)
公式サイトURL:http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/

古き良き昭和時代にタイムスリップできる商店街「谷中銀座」

谷中銀座は、江戸文化の香り高い東京都台東区の谷中地区に位置しています。全長170mほどの短い通りは、道幅も狭く昭和時代の商店街さながらです。景観は昔の状態を保ちつつ現代的なの要素も取り入れています。日本のどこにでもあるような商店街ですが、現在はその特徴が注目を集め、日本全国はもとより世界各地からも観光客が訪れています。食料品店や飲食店、コスメ、ファッション、書店など約70店舗が軒を連ねており、お肉屋さんが作る名物の「谷中メンチ」をはじめ、ドーナツやスパイシーチキンなど食べ物を売る店も多く、お酒やグルメを片手に食べ歩きデートなんかにもぴったりです。メンチカツは、熱々の揚げ立てを提供してくれます。SNSにアップする為、写真撮影する方もいると思いますが、商店街の中には撮影お断りの店もあります。店内で撮影する際は、念のため大丈夫か尋ねてからにしましょう。谷中は諏方神社や長安寺など、神社や寺院が多い町です。お寺巡りと共に外国人を案内すると喜んでもらえるでしょう。千駄木や日暮里、上野、根津からも近く下町散歩を満喫できます。また商店街の近くには、朝倉彫塑館や築地塀、下町風俗資料館など見どころもいっぱいです。さらに上野のアメ横や動物園、美術館、博物館、芸大美術館なども徒歩圏内で、周辺のスポットを巡るデートコースのひとつとしても人気です。

詳細データ
名称:谷中銀座
住所:東京都台東区谷中3-13-1
アクセス:JR山手線の常磐線・都営舎人線・私鉄京成線「日暮里駅」より徒歩約5分、営団地下鉄 千代田線「千駄木駅」より徒歩約5分
営業時間:各店舗により異なる
定休日:各店舗により異なる
公式サイトURL:http://www.yanakaginza.com/

丸の内周辺を効率よく観光できる「スカイバス東京」

スカイバス東京は、丸の内南口を出発し皇居や霞が関、銀座などのスポットを1時間前後で巡る観光バスです。2階建てバスの2階は屋根のないオープン席で、心地よい風を感じながら東京の景観を楽しめます。コースは丸の内の三菱前から出発する4つのコースが用意されています。「皇居・銀座・丸の内コース」が約50分、「東京タワー・レインボーブリッジコース」が約50分、「表参道・渋谷コース」が約80分、「お台場夜景コース」が約120分です。ロンドンバスを彷彿とさせるバスはオシャレで眺めるだけでもテンションが上がりますよ。アナウンスも情報盛りだくさんです。東京に連泊する人は毎日1本乗ると、東京の有名な観光地を簡易ですがほぼ制覇できます。なお、冬場の防寒対策は必須です。冬以外にも夜は冷え込みます。羽織るものを1枚多く持参しておくと安心でしょう。最低限の徒歩移動で観光地をまわれ、短時間の都心観光には最適です。また、スカイバス東京の他にも1日券で有効期限内なら乗り降り自由な観光バスSKY HOP BUSも運行されています。東京の名所をデートでガッツリ周りたいという方には、こちらのチケットがオススメです。

詳細データ
名称:スカイバス東京
住所:東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル1F(丸の内三菱ビルディングチケットセンター)
アクセス: JR「東京駅」丸の内南口より徒歩約3分
営業時間:9:00~18:00
定休日:不定休
電話番号:03-3215-0008(9:30~18:00)
価格:皇居・銀座・丸の内コース 1,600円
公式サイトURL:http://www.skybus.jp/

予算に合わせてクルーズを楽しめる「東京ヴァンテアンクルーズ」

「東京ヴァンテアンクルーズ」は、食事を楽しみながら東京湾の景色を堪能できるクルーズ船で、ちょっとリッチな気分が味わえるデートスポットとして人気です。竹芝桟橋を出航し、レインボーブリッジの下をくぐります。更にお台場から大井ふ頭、羽田周辺を巡って竹芝へ帰航するコースです。クルーズセットはランチ・トワイライト・ディナーと、時間ごとに表情を変える3つのプランが用意されています。ランチタイムクルーズは、お得なバリュープラン「ヴァンテアンプラン 税込5,300円」や、厳選した食材を使用した料理を味わえる「レインボープラン税込7,300円」など予算に合わせて選べます。ランチ・トワイライト・ディナーそれぞれ、低カロリーフルコースや、子ども向け料理、季節ごとの特別メニューも用意されています。バレンタイン、クリスマス、アニバーサリーイベントなど、特別な日にカップルで利用してみてはいかがでしょうか。現在、乗船客数300万人を突破して3つのキャンペーンが開催されています。ぜひ公式サイトでチェックしてみて下さい。

詳細データ
名称:東京ヴァンテアンクルーズ
住所:東京都港区海岸1-12-2
アクセス:JR山手線・京浜東北線「浜松町駅」北口より徒歩約7分、
      都営浅草線・大江戸線「大門駅」(B2出口)より徒歩約10分、
      自家用車を利用する場合は首都高速1号線芝公園ランプ・汐留ランプより約15分
営業時間:ランチ 12:00~14:00、トワイライト 16:20~18:20、ディナー 19:20~21:20
定休日:ドック期間、イベントクルーズ実施時
電話番号:03-3436-2121
価格:ランチタイムクルーズ ヴァンテアンプラン 税込5,300円、レインボープラン税込7,300円
公式サイトURL:http://www.vantean.co.jp/

東京都庁舎の展望室で楽しむシティ―ビュー!「東京都庁舎展望室」

東京都庁のツインタワーは、新宿西口のシンボル的存在です。高さ202mに位置する展望室は、入場無料で東京の絶景が楽しめます。高層ビルが立ち並び、都内でも屈指の高さを誇る東京都庁。360度の景色は絶景です。日中なら、東京スカイツリーや東京タワー、お台場方面がよく見える南展望室がオススメです。12月から2月にかけて風の強い日は、西方面に富士山がクッキリとお目見えします。景色を楽しんだ後は、一般の人も利用出来る「職員食堂」でランチはいかがでしょう。1日100食限定の都庁弁当は600円です。他にも安くて美味しいメニューが沢山用意されています。ランチタイムは11時半から12時で土・日・祝はお休みです。南展望室の営業時間は17時までですが、北展望室は22時半まで営業しています。北展望室では、夜景を眺めながらカフェ&バーで食事やアルコールを楽しめます。夜は昼間とまた違った景色を堪能できますよ。夜景を楽しんだら記念にお土産を購入しませんか。「博品館TOY PAEK都庁店」では、都庁限定のチョコ餅や、キティちゃんグッズが販売されています。景色はもちろんですが、都庁の建物自体もぜひ眺めてみて下さい。パリのノートルダム大聖堂を彷彿とさせる外観は見応えがあります。東京タワーやスカイツリーもいいですが、有料ですし並ばないといけませんよね。駅からも好アクセスの東京都庁舎展望室はオススメです。

詳細データ
名称:東京都庁舎展望室
住所:東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎
アクセス:都営地下鉄「都庁前駅」A4出口より徒歩すぐ。またはJR「新宿駅」西口より徒歩約10分、
      自家用車を利用する場合は首都高速・新宿出入口より都庁通り経由で約1分
営業時間:南展望室 9:30~17:00(第2・4月曜は ~22:30まで)、北展望室 9:30~22:30
定休日:南展望室は第1・3火曜、北展望室は第2・4月曜、祝日の場合は翌日
電話番号:03-5320-7890 (展望室案内) 平日10:00~17:00
料金:入館無料
公式サイトURL:http://www.yokoso.metro.tokyo.jp/page/tenbou.htm

ページTOPへ

「東京」周辺の関連記事

このページのTOPへ