asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

東京駅 ラーメン屋18選!絶対外さないおすすめ店を厳選紹介

WRITER:moto
SHARE THIS ARTICLE

東京駅の八重洲南口地下1階にあるラーメン専門店街「東京ラーメンストリート」には、人気のラーメン店が軒を連ねています。

「らーめん むつみ屋」、「六厘舎TOKYO」、「塩専門 ひるがお」、「蟹専門 けいすけ 北の章」の4店舗に加え、第二弾で「麺処 ほん田」、「ジャンクガレッジ」、「東京駅 斑鳩」、「麺や 七彩/TOKYO味噌らーめん 江戸甘」の4店舗が新たに加わりグランドオープンしました。ラーメンストリートに足を運べば、日本有数のラーメンを1度に満喫できます。

仙台生まれの伊達な一杯が楽しめる・仙台牛タンねぎ塩ラーメン 㐂蔵(きぞう)

日本ラーメン協会の理事長を務める千葉憲二氏が、故郷・宮城県の名物・牛タンを使ったラーメン店を作りたいと立ち上げたセカンドブランド「ちばき屋」。ラーメン好きなら知らない人はいないほど有名でしょう。今やどこのラーメン店でも見かける、半熟煮玉子を生み出したのは千葉氏です。元々日本料理店で修業した後、銀座の高級日本料理店で総料理長まで務め上げ、その後ラーメン店を構えました。そんなシェフの作るラーメンが東京駅で楽しめます。


㐂蔵の店内で提供される全てのメニューは、牛タンにこだわった一品ばかり。人気のラーメンは仙台牛タンねぎ塩ラーメンです。その名の通り牛タンとねぎがガッツリ入っています。スープはテールっぽい塩味ですが、ねぎ塩の風味が効いていてクドさは感じません。また牛タンの下に生クリームを混ぜたニンニクペーストが隠れており、スープに混ぜると程よくコクが増すのもポイントです。

お箸で簡単に切れてしまうような柔らかい牛タンが2枚と、余計な味が施されていない正真正銘のゆで玉子がのっています。麺は平打ちタイプの中太ちぢれ麺で食感はモチモチ、スープとの相性もバッチリでスープの旨みを口元にグイグイ運んでくれます。また刻みねぎがたくさん入っているので、ねぎ好きさんはかなりハマる一杯でしょう。

豚の旨みを鮮烈に感じるマイルドな一杯・とんこつらーめん 俺式 純

東京駅一番街に店を構える「とんこつらーめん 俺式 純」は、東京都世田谷区にある人気ラーメン店「せたが屋」のグループ店です。


オススメは店舗でも人気ナンバーワンの「豚骨らーめん」。卓上調味料は、特製ラー醤のほか、酢、たれ、刻みにんんにく、紅しょうが、ごまが用意されています。豚骨らーめんの具は、片面に焼き色がついた香ばしい香りが食欲を煽るチャーシューと、きくらげ、ねぎ、ごま、ひき肉です。スープは豚足やゲンコツ、背ガラなど様々な部位の豚骨に香味野菜を加えて10時間以上じっくりと煮込んだこだわりが詰まったもの。臭みはなくトロッとしたマイルドな口当たりです。麺はストレートの細麺で、歯切れ、喉ごしともに良く、あっという間に完食してしまいそうな軽さがあります。

タンメン一杯で1日の野菜摂取量350gが摂取できる・東京タンメン トナリ

東京タンメン トナリは、タンメンブームをつくった先駆店です。タンメンには、10種以上の食材をたっぷりと使用しており、キャベツ、もやし、人参、ニラ、白菜、小松菜などを炒めた具材はシャキシャキ感を保ち、しっかりと野菜の味も感じられます。また、厚生労働省が推奨している成人1日の野菜摂取量350gがこれ一杯で摂取できるという特典付き。普段の食事で野菜が足りていないと感じている人にぜひ食べてもらいたいメニューです。


タンメンの麺はやや平太麺よりで、刻み生姜が入っスープは豚骨ベースの塩味となっています。野菜とよく絡むとても濃厚で粘性の高いスープですが、混ぜると生姜のサッパリとした味わいが楽しめ魅力がたくさん。甘みたっぷりの野菜もしっかりとれボリュームも満点です。タンメンと言うよりチャンポンに近いともとれます。

その他にもタンメンと餃子のセット「タンギョウ」は、単品でオーダーすると750円と400円で合計1,150円ですが、セットだと890円とお得に味わえます。餃子は皮がカリっと中はモチっとしており肉汁がたっぷりで、ビールが欲しくなる一品です。またタンメンと唐揚げのセット「タンカラ」は大振りな唐揚げが3個ついてチビッ子達にも大人気。
また、洋服へのスープのはね返りが気になる人へスタッフが気を利かせて紙エプロンをくれるなど、細やかな気遣いも嬉しいポイントのひとつとなっています。意外にも女性や年配のお客さんが多く訪れる、東京駅内で人気のスポットです。

つけめん界のカリスマ的存在・六厘舎

六厘舎は言わずと知れたつけ麺界のカリスマ的存在です。そんなカリスマの味が東京駅で楽しめます!
営業時間は7時半から10時までと、11時から23時までの2部営業で、朝は朝限定の「朝つけ」が提供されています。朝からつけめんって…と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、朝仕様のつけめんは魚介系の味が強めでアッサリとした味になっているので安心。意外とスルスルといけちゃいますよ。


つけ麺の麺は風味豊かな小麦粉が使用され、茹で時間がなんと10分もかかるという太麺です。一度冷水で締めた麺は弾力があり実にいい香りがします。トッピングメニューは、チャーシューを細かくほぐした豚ほぐしや、半熟玉子をダシに漬けた味玉、メンマなどがありますが、まず麺だけをつけ汁にくぐらせてスープと麺の味をじっくり堪能してください。つけ汁は濃厚ながらもクドさはなく絶妙なバランスで、動物系の旨みと魚介系の旨みが重なり、麺と共にツルツルと喉を通っていきます。また魚出汁に柚子とスープ割りを加えて、違う味を楽しむことができるのも魅力的。柚子100%の粉末で香りがとても爽やかになります。スパイシー好きの方は、つけめんに別皿でついている特製香辛料を少しずつ入れて好みの辛さに調節してください。つけ汁に入れても麺と絡めても美味しくいただけますよ。


店内は食券制です。またお土産も販売されています。東京土産としてありきたりなスイーツより断然オススメです。楽天などの通販でも販売されているので気になる方はチェックしてみてください。遠くて店舗まで行くのが難しい人、家飯で六厘舎の味を楽しみたい人、行列を尻目に待ちきれず諦めて帰った経験がある人は利用してみてはいかがでしょうか。

でもやっぱり東京駅で食べるのが一番美味しいのは間違いありません!

激戦区・環七で行列ができる人気店の塩らーめん専門店・塩専門 ひるがお

とんこつらーめん 俺式 純と同じく環七で行列ができる人気ラーメン店「せたが屋」の塩らーめん専門店です。国産小麦の全粒粉とモンゴルの「かん水」を使用して作られている麺と、優しい味わいのスープは絶品との呼び声が高いことで知られています。さっそくオススメのメニューをピックアップしてご紹介しましょう。


1品目は塩玉らーめんです。貝柱や鶏がら、煮干しからとった出汁をとっているスープ、厚めで食べ応えがあるチャーシュー、シコシコというよりコリコリっとした食感が楽しめる麺など、材料の1つ1つにこだわった無化調の塩らーめんが楽しめます。

2品目のオススメは、塩らーめん ひるがお盛りです。ひるがお盛りとは、全部盛りを意味しています。具は、チャーシューや味玉、ワンタン、メンマ、アオサ海苔など盛りだくさん。美しく澄んだスープは口に含むとアッサリした味わいですが、しっかりと魚介の旨みを感じます。

また、鹿児島の高級黒豚を使用したサイドメニューの黒豚焼き餃子も大人気です。肉汁たっぷりの餃子は、素材の味がストレートに伝わるスマートな味わいです。アルコールのお供にもピッタリでしょう。

濃厚でキレがあるスープを堪能できる・東京駅 斑鳩(いかるが)

入店すると最初に食券を購入するシステムです。メニューは、らー麺や、つけそば、三種のチーズまぜそば、塩らー麺などバリエーション豊富にラインナップしています。

ビギナーさんには、特注の鰹節を使った魚介系スープと、豚骨・鶏ガラなどの動物系スープをブレンドした「東京駅 らー麺」がオススメです。スープはとろみのあるスープでコクがあります。硬めに茹で上げた細麺はスープが程良くからみ絶妙な塩梅です。トッピングのやわらかなチャーシューや、玉子など基本的に具材はどれもしっかりと味付けされています。塩らー麺は店長のオススメメニューです。鰹節から丁寧に取ったスープは、あっさりとしています。上品な味わいでお箸がすすむ美味しさです。他のラーメン店ではなかなか味わえないでしょう。

上炙り肉ご飯や、炙り肉ごはんは温玉つきです。香ばしく炙られたチャーシューが食欲をそそります。温玉を混ぜていただくと、まろやかな味わいが楽しめます。三種のチーズまぜそばは、14時から22時までの時間限定のメニューです。バルミジャーノ・レジャーノ、レッドチェダーの3種類のチーズが使用されています。お店のオススメの食べ方は、生卵をすき焼き風につけて食べるスタイルです。生卵をつけたり、かけたりして自分好みに味の変化を楽しみましょう。