東京観光 おすすめスポット53選!外国人から子供、カップルも楽しめる!

  • 346460 |

東京には有名な観光スポットが盛りだくさん。1日では見きれないほど観光名所で溢れています。そんな東京ですので、初めて観光する際に「結局どこに行けば良いのか…」なんて悩んでしまうものです。そこで今回は、必ずおさえておきたい定番スポットから穴場スポットまでをご紹介します。各スポットの住所やアクセス方法、営業時間などもまとめてあるので、観光の際にご参考にしてみては。もちろん、東京に住んでいる方も今まで知らなかったスポットに出会えますよ。週末のお出かけにもどうぞ。

観光スポットを気軽に回るのに最適なバスツアーもオススメです。

はとバスのTOKYOパノラマドライブ徹底リポート!1時間で都内の観光スポットを網羅!

https://asoview-trip.com/article/9260/

東京観光ならまずはここ!おすすめの定番スポット

まずは東京の定番観光スポットからご紹介していきたいと思います。数々の名所から穴場までありますが、ひとまず定番といわれる観光地はまわっておきたいものですよね。また、観光をする時間があまり無い場合にも、とりあえずここだけでも見ておければOKというスポットをまとめました。

東京スカイツリー

まずおさえておきたいのが、東京の新名所「東京スカイツリー」です。浅草やお台場からなどのアクセスも良く、王道ルートのひとつとなっています。気になる展望台は、地上350m地点の東京スカイツリー展望デッキと地上450m地点の東京スカイツリー展望回廊の2種類。せっかくなので、展望回廊までのぼっちゃいましょう。期間限定のイベントなども開催されていて、いつ訪れても見応えがありますよ。展望台からの景色はもちろん絶景!展望レストランもあるので、デートにもぴったりです。

東京タワー

東京の定番観光スポット「東京タワー」。高さ150mの大展望台、250mの特別展望台、塔脚下の商業ビル「フットタウン」からなる施設です。土日祝日には東京タワーを階段で登ることができたりと、楽しいイベントもたくさん開催中。また「フットタウン」には、水族館などのアミューズメント施設やカフェ、レストラン、グッズショップなどが軒を連ねており、こちらも観光にピッタリです。近年では外国人もたくさん訪れている東京タワー。一人旅だろうが、女子旅だろうが外せないスポットとなっています。

東京駅

東京の玄関口である東京駅は、ヨーロッパの建築のような駅舎が特徴的なスポットです。観光スポットとしても見どころがたくさんあり、駅内ではショッピングやグルメなどが楽しめる施設、「らーめん横丁」といったランチやディナーにぴったりなお店もあります。また、全国から新幹線が乗り入れるということもあっておみやげの種類も豊富。そして東京駅内には「東京ステーションホテル」があり宿泊もできるという充実ぶりです。

六本木ヒルズ

東京の新たなランドマークとして2003年にオープンした「六本木ヒルズ」は、今や東京の主要な観光スポットの一つです。主な施設は、六本木ヒルズ森タワーを中心に映画館「TOHOシネマズ」や、ランチもできる「ヒルズカフェスペース」、展望台「東京シティービュー」など、デートや友達同士で楽しめる施設がたくさんあります。さらに六本木ヒルズの森タワーには、現代アートを中心に展覧会を開催している「森美術館」が入っており、外国人を含む観光客に人気です。

歌舞伎座

PIXTA

歌舞伎座は、日本の伝統芸能「歌舞伎」専用の劇場です。東京メトロ日比谷線・都営浅草線「銀座駅」から徒歩1分とアクセス抜群。座席数2,000弱を誇る劇場で見る歌舞伎は、まさに圧巻の一言で外せないスポットといえるでしょう。特に外国人観光客には一度見てほしいものです。また歌舞伎座では、季節替わりのお弁当も売られており、幕間に座っている座席で楽しめるのも嬉しいポイントのひとつ。ぜひ足を運んでみてください。

築地市場

東京都中央区にある公設の卸売市場「築地市場」。規模は日本のみならず世界最大。多くの外国人観光客が連日訪れるスポットでもあります。築地市場には「場内」と「場外」と呼ばれるエリアがあり、なんと1,000店以上の専門店が集結しています。そんな、「日本の台所」と呼ばれるにふさわしい市場内を見学できるツアーがあるのはご存知でしたか?マグロのセリなどを間近で見学できるとあって、訪れた人はこぞって参加するという人気ぶりです。2016年11月から豊洲に移転が決定しているので、それ以降に観光を控えている方はご注意ください。

歌舞伎町

PIXTA

東京都新宿区の繁華街「歌舞伎町」は、東洋一の歓楽街とも呼ばれており、日本の観光地でも特に有名なスポットです。「眠らない町」とも呼ばれており、夜中でもネオンが煌々と輝いているこの街には、ラーメン・焼肉・居酒屋などの飲食店が集結している他、遊戯施設、ライブハウスなどエンターテインメントも充実しています。また、歌舞伎町といえば「ホスト」の聖地としても知られており、街のいたるところで見られるギラギラなネオン看板は歌舞伎町ならではの光景といえるでしょう。最近では、歌舞伎町の新名所としてロボットレストランなども誕生し、さらに外国人観光客からの人気を集めているエリアです。

皇居

東京都千代田区にある「皇居」は、天皇の平常時における宮殿・住居となっている場所です。皇居の広さは東京ドーム約25個分。周囲はぐるっと堀に囲まれていて、その横に整備された歩道はジョギングなどを楽しむランナーの聖地になっています。皇居内には天皇皇后両陛下の住居である御所や、諸行事を行う宮殿、宮内庁関係の庁舎などが点在。一般人の参観には諸条件があり、事前の申請が必要です。ぜひ立ち寄りたい場所ですが、内部を見学したい場合は事前に参観申し込みなどをしておくようにしましょう。

雷門

シンボル的存在でもある浅草の「雷門」。浅草寺へ向かう最初の門である雷門には、両側に風神雷神が鎮座しています。そして、真ん中には雷門の文字が入った大提灯。記念撮影のスポットとしても最適なスポットです。雷門の大提灯は、高さ3.9m、直径3.3m。そして驚くべきは重さです、重さはなんと700kgもあるんです。そして意外と見落とされがちなのが、大提灯の底にある龍の彫刻。多くの人は気づかず素通りしてしまいますが、実は大提灯の下には浅草寺を守る神様のひとつとして龍神の姿が彫刻されているのです。そんな大提灯がある雷門の隣には、浅草で人気の日本最古の天ぷら屋さん「三定」もあるのであわせて楽しむのがオススメです。

国会議事堂

PIXTA

あまり観光スポットというイメージは無いかもしれませんが、国会議事堂も立派な東京の観光スポットのひとつです。日本の中枢ともいえる国会議事堂は、みかげ石で作られた左右対称の美しい外観が特徴的。また、平日であれば誰でも国会の中の衆議院・参議院を見学することができます。参観窓口で手続きをすると、本会議場や皇族室などを1時間ほど案内してもらえます。普段は踏み入れることのない世界を覗けるのも、醍醐味といえるのではないでしょうか。

竹下通り

今や日本のポップカルチャーの聖地となっている「竹下通り」。場所は原宿駅竹下通り口を出てすぐの場所にあります。個性的なファッションの街として広く知られており、通りにもポップなお店が立ち並びます。営業時間は10:00~21:00のお店が多く、ショッピングをするのに張り切っている方は時間に遅れないようにご注意ください。また、年間を通して多くの外国人観光客や修学旅行生などが訪れるスポットです。さらに、週末や休日、夏休みなどの長期休みになると混雑はピークに。ピーク時の混雑はなかなかのものなので、クレープ屋などは朝9時半頃にはもう多くの人が訪れています。

両国国技館

PIXTA

東京都墨田区にある「両国国技館」は、言わずと知れた相撲の聖地です。10,000を超える座席数と11,000人以上を収容できるキャパがあるこの施設は、大相撲興行の他にもボクシングや格闘技の試合、アーティストのコンサートでも使われることがあります。また、年間を通して大相撲に関するイベントや興行が行われているので、意外と気軽に観戦できるのも魅力のひとつ。東京へ観光で訪れた際には、ぜひ一度相撲の聖地・国技館で生の大相撲を観戦してみてはいかがでしょうか。

レインボーブリッジ

ページTOPへ

「東京」周辺の関連記事

このページのTOPへ