小田原城に行くなら今!平成の大改修で美しく生まれかわった天守閣は必見

  • 47703 |

東海道の要衝に築かれ、長い歴史を持つ小田原城。現在の天守閣は、1960年に再建されたものです。再建から55年余り、平成の大改修を終えた天守閣が、2016年5月1日に公開されました。新しくなった小田原城の魅力について、じっくりとレポートします!

小田原城の歴史


小田原城といえば、戦国武将として名を馳せた北条氏を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。小田原城は南に相模灘、東に酒匂川、西と北には箱根山という要害堅固な城で、四代目北条氏政の時代には上杉謙信や武田信玄の攻撃を退け、難攻不落といわれていました。


しかし天正18年(1590年)、豊臣秀吉の軍勢による包囲戦の結果落城。北条氏の領地は徳川家康に与えられ、家康の家臣だった大久保氏が城主となります。その後は幕府の直轄となり、維新後の明治3年(1870年)に廃城となりました。


昭和35年(1960年)、小田原市政20周年の記念事業として、天守閣が再建されました。さらに常盤木門、住吉橋、銅門が再建され、平成21(2009)年に馬出門が再建されています。子どものころに行ったきりの方は、この機に再訪されてはいかがでしょう。記憶とはかなり違っているはずですよ。

小田原駅から小田原城へのアクセス

それでは、登城ルートを歩いてみましょう。

JR東海道線、小田急線のほか、新幹線や大雄山線、箱根登山鉄道が乗り入れる小田原駅の構内です。JR改札前には、巨大な小田原ちょうちんがぶら下がっています。このちょうちん、待ち合わせの目印に使われることが多いんです。


小田原駅の東口に出ましょう。
ロータリーを右から回りこんで、「小田原駅東口」の信号をまっすぐ進みます。


小田原名産の練り製品や干物、ういろうのお店が並んでいます。


三井住友信託銀行の角を右折し、お堀端通りに入ります。ここから小田原城までは、まっすぐです。


お堀が見えてきました。手前に見える赤い橋は、学橋(まなびばし)です。学橋を渡った先は二の丸御殿が建っていた場所で、骨董市などのイベントが開かれる広場になっています。


学橋の向こうにニの丸隅櫓(にのまるすみやぐら・手前)と馬出門(うまだしもん・奥)、馬出門土橋(左)が見えています。この馬出門が、小田原城の正門です。

馬出門(うまだしもん)


馬出門土橋を渡り、馬出門から入城しましょう。


画像は二の丸側から見た馬出門です。馬出門(左)を入ると内冠木門(うちかぶきもん・右)が直角に構え、ふたつの門のあいだは土塀で囲まれています。この敵に攻めこまれにくい構造を、枡形門(ますがたもん)といいます。


門を抜けたスペースは馬屋曲輪(うまやくるわ)といいます。奥の建物は昭和初期の建築で、現在は観光案内所になっています。この建物の辺りに、厩(うまや)があったそうです。


観光案内所で(駅や藤棚周辺でも)、ボランティアのガイドさんをお願いすることもできます。グリーンのベストが目印です。

銅門(あかがねもん)


住吉橋を渡って銅門へ。銅門は二の丸の表門にあたります。
この銅門も、埋門(うずみもん)と直角に配された渡櫓門(わたりやぐらもん)がセットになった枡形門です。


銅門という名前のとおり、渡櫓門には銅で装飾がほどこされています。


渡櫓門をくぐる際は、上を見てみましょう。
細長い窓が3つ並んでいるのが見えますか? これは石落としです。


上から見ると、こうなっています。敵が来たときにここから石を落として攻撃できるようになっています。


渡櫓門内部。意外に広々としています。土日祝日のみ公開されています。無料なのでぜひ立ち寄ってみましょう。

小田原城歴史見聞館


銅門を抜けたところにある小田原城歴史見聞館は、小田原城や小田原の宿、北条氏の歴史をジオラマや映像で紹介した資料館です。小田原の観光・イベント情報を検索、プリントすることもできます。
歴史見聞館の右手は二の丸広場です。江戸時代には藩主の居宅が建っていたこの広場では、骨董市や小田原おでん祭りなどのイベントが開かれます。

本丸堀と常磐木橋(ときわぎばし)


常磐木橋を渡って本丸を目指しましょう。江戸時代、本丸は堀に囲まれていました。


本丸のお堀は、菖蒲園になっています。また、斜面に植えられているのはあじさいです。6月には菖蒲とあじさいが競うように咲き、観光客の目を楽しませてくれます。

常磐木門(ときわぎもん)


枡形に加え、高低差がある堅固な守りの常磐木門。さすがは難攻不落の名城、とても突破できる気がしません。


左と中央が多聞櫓(たもんやぐら)、右が渡櫓(わたりやぐら)です。常磐木の名は、門の傍に生えていた松の巨木に由来するといわれています。ここを抜けると、いよいよ本丸です。


常磐木門をくぐってすぐ左には「小田原城情報館」があり、甲冑着付け体験ができます。料金は大人300円、小学生以下200円です。


甲冑のほか、お姫さまや忍者の装束もあります。手軽な値段なので、記念撮影によさそうです。

新しくなった天守閣の中へ

今回の大改修では、外装と共に展示が一新されたとのことです。なかでも注目は、江戸時代の天守閣の一部が再現された最上階です。さっそく入ってみましょう。入場料は大人500円、小中学生は200円です。
なお、画像は特別に許可を得て撮影したものです。

天守閣1階:江戸時代の小田原城


受け付けカウンターの壁面を飾るのは、寄せ木細工の現代作家の作品です。


まず目に飛びこんでくるのは、各地の天守閣の高さ比べ。首都圏でランクインしているのは小田原城だけで、全国で7番目だそうです。ちなみに1位は大阪城、2位は名古屋城です。


江戸時代後期に制作されたという天守閣の模型。このような天守雛型は、国内に8点しか残っていないそうです。一緒に写っているのは館長さんです。


このフロアでは、江戸時代の小田原城の役割や城主について、また宿場町としての小田原が紹介されています。
江戸時代の小田原城は、将軍のための城でした。城主の住まいは本丸ではなく二の丸に置かれ、城内の御用米曲輪(ごようまいぐるわ)に備蓄されていた米は、幕府のためのものだったといいます。


シアターでは、小田原城落城前夜という物語仕立てで北条家の歴史を知ることができます。

天守閣2階:戦国時代の小田原城


2階では、戦国時代の小田原城と小田原の合戦が紹介されています。


北条早雲。今回の改修に合わせて、箱根湯本の早雲寺が所蔵する肖像の精密な複製が制作されました。
北条五代の人物像や北条家ゆかりの史跡が紹介されているほか、北条家の文書、北条早雲研究の今、北条家の女性についてなど、さまざまな角度から北条家に光が当てられています。


小田原の合戦を解説するコーナーでは、当時の勢力図や秀吉の切り札「一夜城(石垣山城)」が紹介されています。通路の中央には、ミニシアターがあります。
全国の城づくりに影響を与えた小田原の総構(そうがまえ)の解説もありました。


休憩スペースでは、甲冑姿で写真を撮ることができます。これは、童具足(わらべぐそく)という子供用の甲冑だそうです。寄せ木細工やちょうちん、かまぼこやういろうなど、小田原の名産品を紹介するコーナーも。

天守閣3階:小田原の伝統工芸品


今回の大改修の目玉のひとつ、北条氏規(4代目氏政の弟)の甲冑(腹巻)です。
甲冑は日本の美術工芸の粋を集めたもので、今同じものを作ろうとすると4千万円以上かかってしまうのだとか!


甲冑のほか、刀剣類や漆細工、杉戸絵などの工芸品が展示されています。

このフロアには、城内での発掘調査の成果を紹介するコーナーや、子ども向けの小田原城クイズのコーナーもあります。

天守閣4階:その後の小田原城


御用邸時代から天守閣再建、今もつづく発掘作業などが紹介されています。

天守閣5階:江戸時代の天守

最上階のこのフロアでは、江戸時代の天守の一部が再現されています。江戸時代の天守にあった摩利支天(まりしてん)像の安置所が、地域の木材で、伝統工法を用いて制作されました。地元の職人さんたちが、当時の仕事を再現していく記録映像も見られます。「継手」や「仕口」といった木組みを説明するコーナーがあって、実際に触ることもできるんです。


武家の守護神として信仰されてきた三面六臂の摩利支天像。小田原藩主大久保忠朝によって貞享3年(1686年)に奉安されました。イノシシの背に立っています。

このほか、天守閣最上階にはぐるりと展望デッキが設置されていて、天気がいい日には房総半島まで望むことができます。

小田原城とあわせて立ち寄りたいスポット

報徳二宮神社

天守閣の南には、小田原出身の偉人・二宮尊徳翁を祀る報徳二宮神社があります。


こちらは天守閣側の参道です。緑が深いからか、鳥居をくぐると空気が変ったように感じます。


表参道は銅門寄りにあります。


飢饉に苦しむ多くの農村を救った尊徳翁を祀った拝殿。創建は明治27年(1894年)です


勤勉の象徴とも呼べる二宮金次郎像。昭和3年(1928年)におよそ千体制作されましたが、戦争中に供出されて、現存するのはこの1体のみだそうです。


すがすがしい空気が漂う境内には、カフェもあります。

こども遊園地・小田原市郷土文化館・図書館

城址公園には、ほかにも子ども遊園地、郷土文化館、図書館などがあります。
図書館の住所が「城内」って、ちょっとびっくりですね。以前は城内に学校もあったそうです。


こども遊園地は天守閣前のスロープを下ったところにあります。

城址公園の花々


報徳二宮神社の表参道近くには、藤棚があります。小田原城址公園は花の名所でもあるんです。


桜の季節も見ごたえがありますし、梅や藤や古代蓮、つつじ、花菖蒲やあじさいなど、季節によってさまざまな花を楽しむことができます。


小田原城址公園では「小田原桜まつり」や「小田原城あじさい花菖蒲まつり」といった花にちなんだ催しのほか、「小田原北条五代祭り」や「小田原城ちょうちん夏まつり」など、さまざまなイベントが開催されています。新しくなった天守閣とともに、折々のイベントも楽しみたいですね!

スポット詳細
名称:小田原城 天守閣
住所:神奈川県小田原市城内6番1号
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日:12月31日、1月1日

撮影:あずさゆみ

ページTOPへ

「小田原」周辺の関連記事

このページのTOPへ