はとバスのTOKYOパノラマドライブ徹底リポート!1時間で都内の観光スポットを網羅!

  • 5705 |

普段東京で暮らしている人も、実は東京の観光名所に行ったことない、という人は多いのでは?asoview!NEWS編集部員もその一人です。でも実は東京の観光名所って気になる。東京オリンピックも開催されるし、東京の魅力を知っておいたほうがいいに違いない!ということで、はとバスのオープンツアーに行ってきました!

 

オープンバスで東京観光。TOKYOパノラマドライブとは?

バスツアー会社、「はとバス」が運行しているオープンバスツアーです。オープンバスとは、屋根のないバスのこと。開放的な雰囲気で、国会議事堂や東京タワー、レインボーブリッジなどの東京の名所をぐるりとめぐります。東京に初めて来た人におすすめですが、もちろん都民が乗るのもおすすめ。地方の友達を案内するときや、デートにも使えそうです。テレビや雑誌でも取り上げられているこのツアー、今回は女子大生のマオちゃんと一緒に行ってきました!

 

東京育ちでも大満喫!1時間のTOKYO TRIP

今回取材に協力してくれたのは、都内の大学に通うマオちゃん(4年生)。東京育ちなので東京のことには詳しいはず?北欧旅行に行った時もバスツアーが楽しかったと言っていたので、今回のツアーもきっと楽しめるはず!

まずはJR東京駅の丸の内南口改札で待ち合わせしました。待ち合わせはバスツアー出発の10分前にしました。ここからはとバスの乗り場までは徒歩2分ほどです。今日は「はとバスに乗るよ」と伝えたのみですが、この表情。ノリノリです!

まずは受付窓口に向かいます。ここで予約していた名前を伝えて、チケットを交換。

出発間近になったら、チケットに書いてある乗車口に向かいます。ガイドさんにチケットを渡して乗車手続きです。

出発進行!!

2階建てバスからの景色はいつもと違ってドキドキ


いよいよ出発!丸の内のオフィスビル群を縫ってバスが進みます。どんな景色が見られるのかな?ドキドキ、ワクワクです。

まず目に入ってきたのは、日比谷公園と皇居。

平日の昼ですが皇居ランを楽しんでいる人もちらほら。歩行者を見下ろす視点が新鮮です。

次に登場したのは国会議事堂!

テレビではよく見ますが、よく考えたらあんまり実際の国会議事堂を目にする機会ってないかも。現在の国会議事堂は昭和11年からあるもので、現在の貨幣価値に換算すると500億円もの巨額を投じて作られたそうです。

次に目の前に現れたのは、虎ノ門ヒルズ!

後ろからも前からも見られます。改めてその大きさにびっくり!

東京タワーに大興奮!

次にやってきたのは、東京タワー!

普段はありえない角度から東京タワーをじっくりと見られます。

大迫力のタワーの姿に、マオちゃんの興奮も最高潮!ここは絶対写真を撮って、インスタにもあげたい!

首都高にライドオン!海沿いを疾走!

続いてバスは首都高へと進みます。

オープンエアのバスに乗っていると、首都高はまるでジェットコースター!さわやかな海風が気持ちよく感じます。

海の向こうに見えるのは晴海埠頭の景色。ここからレインボーブリッジを渡って、お台場に向かいます!

だんだんレインボーブリッジが近づいてきた!

レインボーブリッジを渡ります!普段は見られないアングルに大興奮!

ついつい何枚も写真を撮ってしまいます。うーん楽しい!

ガイドさんが見える景色を次々に案内してくれます。次に見えてきたのは…

絶賛建設中の豊洲市場です。新しい観光名所になることは間違いないでしょうね、とバスガイドさん。このあと豊洲から晴海を通って築地市場の前も通るので、新旧市場対決を見られました。

築地からまっすぐ晴海通りを進んで、東銀座の歌舞伎座の横を通ります。

思った以上に大きい!かっこいい!

バスは銀座の中心街へ。

銀座4丁目交差点の和光です。観光客を見下ろしながら走ります。黄色いバスは目立つので、「あ!」と指をさす人も。

3月末にオープンしたばかりのニュースポット、東急プラザ銀座の横も通ります。

東京駅まで戻ってきました!

約1時間のツアーでしたが大満足、ご満悦です。この表情!「デートで使うのも超ありだと思います!」

 

ここがおすすめ!TOKYOパノラマドライブ

TOKYOパノラマドライブは1時間のツアーながら、魅力がいっぱい。そのおすすめポイントをまとめてご紹介します!

1.コースはお任せ!短時間で東京の主要観光スポットを巡る

行程は東京駅近くのバス停発→日比谷公園→霞が関→国会議事堂→虎ノ門ヒルズ→東京タワー→首都高→レインボーブリッジ→お台場(豊洲)→築地→歌舞伎座→銀座→東京駅バス停着。
そういえばここも有名だった!という観光スポットをくまなく巡れます。歩いて回るよりも高い視点から鑑賞、撮影ができるので、新鮮な気分。

2.話のネタに困らない!はとバスならではのガイドさんの案内を聞ける

はとバスと言えば、ガイドさんの案内。みなさんなぜかすごく美声です。観光名所が出てくるたびに、それぞれの主要スポットのトリビアと見どころを教えてくれます。会話に行き詰まりがちなカップルのデートにもおすすめです。

3.お財布に優しい!大人は一人1,800円で乗車できる

大人は1,800円、子ども(4歳以上12歳未満)は900円と、お手軽な値段。思い立ったら乗れる!という価格です。

4.1日最大7回開催で、予定が立てやすい

ツアーは時間が限られるのでそこに合わせて動かないといけませんが、TOKYOパノラマドライブは1日最大7回開催。9:00、10:00、12:00、14:00、16:00、17:00、19:00の発車です。時期によって変動する場合があるので、詳しくはこちらでチェックしましょう。

5.海外の友人の東京案内にも!最大8カ国語に対応した音声ガイドも

日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、フランス語、タイ語、インドネシア語(8カ国語)の音声ガイド付きです。GPS機能を駆使して、走行に合わせてリアルタイムな音声ガイドが聞けるので、海外からの観光客も大満足!

 

スタッフが教えるおすすめの乗車時間(混雑状況)

夏休み、春休みなどの長期の休み期間中や、土日祝日は満席になることもあります。花見の時期や夜景の時間も混み合いますが、その分美しい景色が見られるのでおすすめでもあるとのこと。
毎年3月下旬から4月上旬に開催される「東京さくら回廊」の時期は、1日最大12便運行!オープンバスから間近に桜を見上げる、絶景を楽しめます。夜景を見られるのは19:00発の便。ライトアップされたレインボーブリッジを眺めて首都高を疾走する様子は、まさにジェットコースターです!

はとバス東京営業所の副所長・小野坂さんに聞いたおすすめは、朝9:00!ほぼ貸し切り状態で乗れるケースもあるそうです。GW期間中、5月3日〜5日は臨時で8:00発の便も出るそうです。

 

予約はWEBからがスムーズ!

はとバスツアーの乗車方法は3つ。①予約なしで飛び込み、②電話予約、③WEB予約があります。WEB予約なら24時間好きな時間に予約できて、乗車時の手続きもスムーズです。WEB予約について詳しくはこちら

 

乗り場までのアクセス

はとバス乗り場までは、JR東京駅丸の内南口から徒歩約2分です。東京駅の近くで駐車場を探すのは難しいので、電車でのアクセスをおすすめします。

この記事を書いた人

秋山宇泰

asoview!編集部所属。

ページTOPへ

「東京」周辺の関連記事

このページのTOPへ