東京の下町ってどこ?散歩やデートにぴったりの下町観光14選

  • 17294 |

都会的なイメージがある東京ですが、実は今でも都内にはたくさんの下町風情を残すスポットがあります。しかし、普段テレビで見るような東京の下町を散歩してみたいけど、どこにあるのかわからない…という方も多いのでは。そこで今回は、東京都内の散策にぴったりな下町スポットをまとめてご紹介します。

散歩や散策におすすめ!東京・下町の散策スポット

鳩の街通り商店街

http://blog.livedoor.jp/

東京都墨田区にある商店街、鳩の街通り商店街は、約90年近くの歴史をもつ下町の商店街です。東京大空襲での被害をまぬがれたため、通路の幅などは戦前のまま。レトロな下町風情を残しつつも、リノベーションされた建物などが立ちならび、古きよき昭和の面影と現在の時間が共存する隠れた観光スポットです。東京で下町観光を考えている方におすすめしたい場所となっています。

スポット詳細
名称:鳩の街通り商店街
住所:東京都墨田区向島 鳩の街通り商店街
アクセス:東武伊勢崎線「曳舟」駅から徒歩約5分
公式サイト:http://hatonomachi-doori.com/index.html

下町人情キラキラ橘商店街(向島橘銀座商店街)

http://katsuhon.blogspot.jp/

東京で昭和レトロが感じられる下町のひとつ「キラキラ橘商店街」。東京都墨田区にあるこの商店街は、全長約450mの商店街です。昭和初期からこの地で人々の暮らしに寄り添ってきたキラキラ橘商店街には、惣菜屋や乾物屋などの商店が充実しています。ドラマ「若者たち」などにも登場したキラキラ橘商店街は、通りを歩いていると昭和にタイムスリップしたかのようなレトロな景色が広がっています。下町散歩として食べ歩きを楽しんだり、商店街で開催されるイベントに参加してみるのもいいでしょう。

スポット詳細
名称:下町人情キラキラ橘商店街(向島橘銀座商店街)
住所:東京都墨田区京島3-49-1
アクセス:京成曳舟駅より徒歩5分
公式サイト:http://kirakira-tachibana.jp/index.html

伝法院通り

http://79224452.at.webry.info/

東京の下町といえば浅草!浅草には、江戸の街並みが再現された商店街「伝法院通り」があります。下町風情たっぷりなこの商店街には、江戸切子や団子など、職人のお店が立ち並びます。浅草の名所・浅草寺からも近いので、浅草観光とともに失われつつある東京の下町を感じてみるのがおすすめです。

スポット詳細
名称:伝法院通り
住所:東京都台東区浅草1-37-8 
アクセス:銀座線浅草駅から徒歩約2分
公式サイト:http://www.denbouin-dori.com/

かっぱ橋道具街

http://blogs.yahoo.co.jp/

東京の下町を感じられる商店街の中でも特に有名なのが「かっぱ橋道具街」です。このかっぱ橋道具街は普通の商店街とは少し違います。道具街という名称の通り、この一帯で販売されているのは、料理道具や食器、厨房設備、製菓用品、陶器、漆器、包装用品、ショーケース、家具、サンプル、業務用食材など。料理にまつわる数々の道具が何でも揃う町です。街並みは古きよき下町の雰囲気が残っており、活気も感じられます。またかっぱ橋道具街では、毎年「かっぱ橋道具まつり」が開催されており、期間中は多くの観光客で賑わいます。東京の下町情緒を感じたい方におすすめのスポットです。

スポット詳細
名称:かっぱ橋道具街
住所:東京都台東区松が谷2丁目
アクセス:上野駅もしくは鶯谷駅から徒歩約15分
公式サイト:http://www.kappabashi.or.jp/index.html

虎橋通り

http://tokyoarukearuke.blog68.fc2.com/

東京都墨田区にある虎橋通りは、かつては数々の商店が軒を連ねていた通りで、今も古い長屋が立ち並ぶ下町情緒溢れるスポットです。通りに幾多もある狭い路地裏の空間に目を向けてみると、昭和の生活が蘇ってくるような様相です。商店だったであろう建物や、工場だったであろう建物など、東京都内では殆ど見られなくなってしまったような風景が、虎橋通りには今もなお息づいています。

スポット詳細
名称:虎橋通り
住所:東京都墨田区京島2丁目
アクセス:東京スカイツリー駅もしくは小村井駅からr徒歩約15分

京島

http://muskmelon.blog25.fc2.com/

東京都墨田区京島は、戦時中の空襲被害が少なかったエリアで、今もなお戦前の建物が数多く残る東京の下町です。周辺一帯には狭い路地が数多くあり、古い長屋が回廊のように軒を連ねています。虎橋通りなどもこのエリアにあり、京島と虎橋通りの散策をセットで楽しむことができます。普段住み慣れた都会とはまるで別世界の京島。穏やかな時間だけがただただ流れるこの街で昭和の面影を探してみるのも楽しいでしょう。

スポット詳細
名称:京島
住所:東京都墨田区京島1丁目~3丁目
アクセス:東京スカイツリー駅もしくは小村井駅から徒歩約15分

昭和の雰囲気たっぷり!下町風情が感じられる居酒屋

居酒屋 とん平

浅草の観光名所でもある「ホッピー通り」の一角に佇む「居酒屋 とん平」は、下町風情が感じられる居酒屋です。屋外にはビニールカーテンが張られた野外席が設けられており、通りの風景を眺めながらちょっと一杯引っ掛けるといった過ごし方にもぴったり。とん平の名物は「キムチポッカ」と呼ばれるメニューで、豚肉と豆腐をキムチと一緒に煮込んだもの。ぴりっとした刺激と熱々の豆腐が最高のお酒のつまみとなります。浅草観光とあわせて訪れてみてはいかがでしょうか。

スポット詳細
名称:居酒屋 とん平
住所:東京都台東区浅草2-3-17
アクセス:浅草駅から徒歩約5分
営業時間:
【平日】12:00~23:00
【土曜】10:00~23:00
【日祝】10:00~22:00
料金:2,000円~3,000円(予算)
公式サイト:http://www.guidenet.jp/shop/220p/

かづちゃんの店

http://oza-bou.hatenablog.com/

浅草「ホッピー通り」にある、昭和を感じさせてくれる居酒屋「かづちゃんの店」。外観はかなり古く、まさに下町の居酒屋と言った雰囲気です。店内は狭くカウンターのみ。店外にも簡易的なテーブル席が用意されており、趣のある様相です。人気メニューはなんといっても、牛すじ煮込み。臭みが無く、しっかりと煮こまれていて柔らかいもつはまさに絶品です。名物のおじいさん店員にも注目したいところ。店、人、食、すべてに下町風情が宿った、浅草の名店のひとつです。

スポット詳細
名称:かづちゃんの店
住所:東京都台東区浅草2-7-21
アクセス:浅草駅から徒歩約5分
営業時間:
【平日】9:00~18:00
【土日】9:00~19:00
定休日:火曜日
料金:2,000(予算)

居酒屋 浩司

こちらも浅草「ホッピー通り」にある「居酒屋 浩司」。店の軒先には野外席も設けられており、ホッピー通りの下町の雰囲気を感じながら飲食が楽しめます。また、店の外観だけでもなかなか下町風情がたっぷりです。名物料理は牛すじ煮込み。大鍋で煮こまれている牛すじは、しっかりと煮込まれていて口にしてみるとトロトロと溶けていくよう。お酒との相性も抜群なので、下町の雰囲気を楽しみながら美味しいお酒が飲めますよ。

スポット名称
名称:居酒屋 浩司
住所:東京都台東区寿2-3-19
アクセス:浅草駅から徒歩7分
営業時間:
【平日】
15:00~23:00
【土日】
9:00~23:00
定休日:月曜日
料金:2,000円~3,000円(予算)

江戸っ子

昭和居酒屋が町から姿を消しつつある昨今。そんななか、東京・立石には絶大な人気を誇る昭和居酒屋「江戸っ子」があります。店の外観は古く、まさに昭和の居酒屋といった雰囲気。休日の夜には行列ができることもあるほどの人気ぶりです。ただし、回転は早いのでそんなに待つことはないでしょう。油サシや赤サシ、もつ煮込みなどが人気で、どれもお酒との相性が最高です。焼き鳥も具材一つ一つが大きくて食べごたえ抜群。立石の街並みそのものも下町風情が溢れているので、近隣散策とともに立ち寄るのがおすすめです。

スポット詳細
名称:江戸っ子
住所:東京都葛飾区立石7-1-9
アクセス:京成立石駅から徒歩約2分
営業時間:16:00~21:00
定休日:日曜日
料金:1,000円~2,000円(予算)

ウッチャン

新宿の路地裏にある飲み屋街「思い出横丁」。この一角にもまた、下町風情溢れる名店があります。お店の入り口には赤ちょうちんが掲げられ、雰囲気も抜群。思い出横丁の中でも特に人気のこのお店は日によって列ができることもありますが、回転率が高いため列の割にはそんなに並ばずに入れるはず。人気メニューはもつ煮込みや焼き鳥など。特にもつ煮込みはとても柔らかく、臭みも無いため絶品です。様々な居酒屋が立ちならぶ思い出横丁ですが、初めて思い出横丁に訪れるという方にはぴったりなお店でしょう。

スポット詳細
名称:ウッチャン
住所:東京都新宿区西新宿1-2-7 穂波ビル
アクセス:新宿駅西口から徒歩約2分
営業時間:16:00~23:00
定休日:無休
料金:2,000円~3,000円(予算)

小島屋

東京・葛飾にある下町居酒屋「小島屋」。場所は堀切菖蒲園駅から路地を一本裏手に入ったところ。狭い路地の中に、「元祖ハイボール」「小島屋」と書かれた赤ちょうちんが灯を灯しており、この時点でかなり雰囲気が出ています。小島屋で食べておきたいメニューは、ニラ玉と刺し身です。特にニラ玉は絶妙な半熟具合の卵とニラが組み合わさってかなり美味。色艶の美しい鮮度抜群な刺し身にも注目です。また小島屋で提供されるハイボールはかなりの経炭酸。スカッとしたのどごしのハイボールともに、温かみのある絶品手作り料理を味わってみてください。

スポット詳細
名称:小島屋
住所:東京都葛飾区堀切5-3-11
アクセス:堀切菖蒲園駅から徒歩約1分
営業時間:17:00~21:00
定休日:日・祝
料金:1,000円~2,000円

初恋屋

JR田端駅から徒歩約4分の場所に、下町居酒屋「初恋屋」があります。多くの常連客を持つこちらのお店では、新鮮で美味しい刺身が人気。板前の確かな技術を感じさせてくれる逸品です。狭い店内には常に人が溢れて、活気があり、その人気ぶりが伺えます。もちろん刺し身以外にも、焼物や鍋、煮物などもラインナップ。どの料理もリーズナブルでボリュームモ満点。店内の雰囲気とともに、美味しい料理とお酒を堪能してみては。

スポット詳細
名称:初恋屋
住所:東京都北区東田端1-12-1
アクセス:田端駅から徒歩約4分
営業時間:17:00~閉店時間不定
定休日:日・祝
料金:2,000円~3,000円(予算)

鯉とうなぎのまるます家 総本店

メディアなどでもしばしば取り上げられる東京・赤羽の下町居酒屋「まるます屋」。赤ちょうちんがずらりと並ぶ軒先や、店内の風景はまさに下町そのもの。まるで昭和にタイムスリップしたかのような感覚になります。店内の壁には赤文字で書かれた短冊メニューが並び、メニューの種類も豊富。その中でも注目したいのが、店名にも冠されている鯉とうなぎです。一般的にくせがあると言われている鯉ですが、まるます家の鯉のあらいはクセがなく美味。うなぎもふんわりとした白身と独特な香ばしさのあるタレが絶妙にからみ合って絶品です。行列ができることもしばしばなお店ですが、東京で下町散策を楽しむならぜひとも訪れてみていただきたいお店です。

スポット詳細
名称:鯉とうなぎのまるます家 総本店
住所:東京都北区赤羽1-17-7
アクセス:赤羽駅東口から徒歩約3分
営業時間:9:00~21:30
定休日:月曜日
料金:2,000円~3,000円(予算)

ページTOPへ

「東京」周辺の関連記事

このページのTOPへ