熱海秘宝館を体験してきた!撮影禁止の内部を紹介

  • 127672 |

国内屈指のリゾートエリア・熱海には、希少なミュージアム「熱海秘宝館」があります。国宝などが展示されている真面目な美術館かな?と思われがちですが、秘宝館というのはいわゆるアダルトミュージアム。館内にはこれでもかというくらいエロをテーマにした展示があるのですが、どれもバカらしくて思わず笑ってしまうようなものばかりです。国内の秘宝館は閉館が相次ぎ、現存するのはここ熱海秘宝館だけ。そんな国内最後の魔境とも言えるスポットへ、asoview!NEWS編集部員が突撃してきました。

天空の秘宝館?!熱海秘宝館へはロープウェイで!

熱海駅から車で10分ほどの場所にある秘宝館は、八幡山の山頂に位置するスポットです。公共の交通機関で訪れる場合は、まずロープウェイ乗り場を目指します。もし車で訪れる場合は、峠道を車で登って直接秘宝館の入り口へ向かうのもいいでしょう。せっかくなので今回は麓からロープウェイに乗って秘宝館を目指します。取材日はあいにくの曇り空。魔境感がよりアップです。

ロープウェイ乗り場はこんな感じ。温泉街の観光スポット、というイメージです。熱海城や熱海トリックアート迷宮館へもこのロープウェイでアクセスできます。ロープウェイの料金は大人片道400円、往復600円。小人(4歳以上~小学生)は片道300円、往復400円です。秘宝館を目的地とする場合は、秘宝館の入館料とロープウェイの往復がセットになったセット券がおすすめ。料金は1,800円です。秘宝館の入館料は1,700円なので、ロープウェイが往復100円で利用できる計算に。圧倒的割引!

さっそくロープウェイに飛び乗ります!

山頂までは約3分。晴れた日には伊豆のリゾートアイランド初島や、その奥には伊豆諸島の大島までもが望めるそうです。

入り口ではカメと人魚がお出迎え!

山頂に到着すると秘宝館までの案内が出ているので、案内に従って進みましょう。

しばらく進むと熱海秘宝館の入り口に到着。さっそく何かがいます…

入場券売場のすぐ横には可愛らしい亀さんが。誰がなんと言おうとカメです。「手をふれないで」の注意書きに気づかずに触ってしまったスタッフ。すると「やめてぇ~やめてぇ~」としゃべります。さわっちゃいけない展示物にさわるとしゃべるなんて…謎が深まります。

さっそく入り口から中へ入っていきます。ここから先は本来撮影禁止。そのため中の様子は未知です。ちょっと怖い…!

館長一押し!おみくじ堂

入り口から中へ入ると、秘法館館長一押しの展示「おみくじ堂」が登場。さっそく100円を投入してみます!何が起こるのか…

扉が開いて巫女が現れました。

お盆に乗せたおみくじを受け皿に落とします。なんだ普通のおみくじか。

と思ったら…

ケツ。なぜか振り向いた人形のケツが出ていいました。シュールすぎる…

気になるおみくじの結果は大吉。夜の営みのアドバイスやおすすめの四十八手が書かれています。
asoview!スタッフ山下君には御所車という体位がおすすめとのこと。絵は普通なのですが、説明書きをみると結構アクロバティックなことになるようです。

教科書では語られない日本史!エロという視点から江戸時代の人々の暮らしを知る

さっそく秘法館の洗礼を受けた我々を待っていた次なるコーナーはこちら。江戸時代の春画などが飾られていました。結構生々しいです。

また、江戸時代に使われていた玩具の展示コーナーも。木彫りの男根などもあり、形もかなりリアル。

展示品にはそれぞれ説明が書かれており、当時の性生活の様子をうかがい知ることができます。

まるで武将の名刀のような飾られ方をしているものも…。人間のエロへの探求心は、何年経っても変わらないようです。

紀元1世紀ごろの貴重な出土品も。エロは万国共通なんだと改めて感じさせられます。

困惑と誘惑が織りなす幻想!からくり仕掛けの「幻想の部屋」

館内を順路通りに進んでいくと、我々の前には「幻想の部屋」が。幻想の部屋…すでに入り口からなにかが見えている…。

なんかいました。幻想の部屋に入ってまず最初に出迎えてくれたのはベリーダンスドール。手前に見えている2つのレバーをぐるぐる回すと、エキゾチックな音楽とともに発光して回りだします。

光りすぎて写真だとなんだわからない状況に。ぜひ現場で直接見ていただきたい…。

お次に我々を出迎えてくれたのはここ!仮面舞踏会の部屋。壁には4か所のぞき穴が設けられており、男の好奇心を駆り立てます。

さっそくのぞいてみましょう!

「お、おぉぉ…。」

見なかったことにしたいようなエロ動画が流れています。しかもなぜか立体視。日本の技術はこんなところでも活躍しています。

次に現れたのは、ソファーと鏡が用意された、めちゃくちゃ怪しい部屋。ここまでいろんな仕掛けの餌食になってきている我々の警戒心はなかなか高く、ちょっと怖くて座るのをためらいます。

座ってみると鏡の向こうに裸の女の子が登場…!服を…!服を着てください…!(サイトに掲載できないので)。実はこの仕掛け、椅子に座ると鏡の向こうに様々な人物が現れて鏡の中の自分にいろいろなことをしてくるというもの。これは山下君の髪型を変えてくれているところです。裸で。

マッチョなお兄さんが自分に向かって腰を振ってくるというちょっとした恐怖映像が流れたりもします。

スタッフが確認しただけでも3パターンの映像がありました。映像は座るたびに変わり、様々な立体映像を楽しむことができます。これが意外と面白い。バカバカしい映像ばかりなんですが、突き抜けたバカバカしさで思わず笑ってしまうものばかりです。完全に脱いじゃってるんで掲載できませんが、山下君のまんざらでもない表情から読み取っていただければ。この時は女の子だけのグループなども結構遊びに来ていて、「くだらねーーーー!」とゲラゲラ笑っていました。

秘宝館特集でよく見るあいつに遭遇

幻想の部屋を抜けると、秘法館がメディアに取り上げられる際に必ずと言っていいほど目にするあいつに遭遇。

マリリン・モンロー。「20世紀のセックスシンボル」と謳われたハリウッド女優、マリリン・モンローの蝋人形が展示されています。ここでは、映画「七年目の浮気」の中で話題になった地下鉄の風でスカートがめくれるシーンが再現されています。

マリリンドールはチャレンジコーナーになっています。さっそくハンドルを回してみましょう。

うおおおおおおおお

おおおおおおおおおお!!どうだ?!?!?!?!

あっ…。なにかが出ている。モザイクの向こう側はぜひ現場でご確認ください。

まるでエロの遊園地!謎の体験型展示がもりだくさん。

館内を見てまわっていると、名画が展示されている美術館のようなスペースが。こういうのは真面目なんだなと思っていると

oh…。絵の足元にあるパネルを踏むと名画の奥から、どうしようもないエロ絵が現れます。

某国営放送に怒られやしないかひやひやする展示も。熱海の有名イベント、熱海海上花火大会の様子が放映されていたかと思うと、男性器と女性器の形をした花火が激しく絡み合う映像が流れ始めました。もうだめだ…。

熱海にちなんだ展示もありました。こちらは「貫一とお宮」。尾崎紅葉の小説「金色夜叉」に登場する二人は恋人同士。しかし、お宮は銀行の御曹司と結婚するために夜の熱海の海岸で貫一に別れを告げます。この展示では、お宮が貫一と別れたかったのはお金ではなく別の理由なのでは…?という視点が描かれています。いったいどんな理由だったのか、秘宝館を訪れた際に確かめてみてください。

貫一とお宮の展示を見終えて後ろを振り向くと…

こ、これは…!

男ならだれもが憧れたことのあるであろうシチュエーション…!まさか今日ここで我々の夢がかなってしまうというのか…。

のぞくべからずと書いているにも関わらず、「覗くなら顔を近づけ一人づつ」というツンデレ案内に心躍らせつつ

いただきます!!!!!

…………………………!!!!!!!!!!まあ当然罠です。わかりやすすぎる罠ですが、スタッフ2人とも腰を抜かしました。いったい何が起きるのかは、ぜひ直接確かめていただきたいところ。身構えて行っても普通にびっくりすると思います。

ゲームコーナーも充実!100円の価値について考えよう

ここまで紹介してきた展示や、ここではお見せできないような展示の数々に疲弊しながら出口へ向かう我々の前に最後の関門が登場。

プレイコーナー。まあ要するにゲームコーナーです。このプレイコーナーにはさまざまなゲーム機が置かれているのですが、その中でも我々の関心をひいたのが

これ。得体のしれない存在感を放っています。しかも一回100円と有料。もちろん100円払って体験してみます。

コイン投入口の横にこいつの名前が書いてありました。「珍木馬」っていうのか…。さっそく100円を投入すると…

我々の間に、いままで感じたことのない空気が流れました。光って前後に動きます。それだけです。コンビニで100円払えば本格ドリップコーヒーが飲める時代に、100円支払って光りながら前後に動く珍木馬に乗るという事の意味を深く考えさせられます。思い出をありがとう、珍木馬。

そのあとの体験の様子を撮影した写真からは、気力が奪われたことがわかります。ちなみにこれは、自転車をこぐと鏡越しに裸の自分が見えるというもの。安心してください、これは無料です。となると、珍木馬の100円は本当に何だったのか…!ぜひ皆さんにも100円を払ってこの感情を味わってみていただきたい。

出口に待ち構えていたもの

プレイコーナーを抜けるとようやく本館の出口です。

本来なら狂気すら感じるようなこの空間。今の我々ならもうなんとも感じません。大人になりました。余裕です。

ブラックライトで幻想的な雰囲気も演出されます。カップルで行けばちょっロマンチックになるはず。だってブラックライトってそういうものでしょ!

出口には前衛的な展示が。一昔前のゲームのラスボスのようなビジュアルです。ちょっと仕掛けがあって、通る人はみんな最後の最後でこいつにビビらされます。何が起きるのかはお楽しみ。直接体験してみてください。

熱海旅行のお土産にどう?売店コーナー

本館を抜けると、売店やゲームセンターが集まっている空間がありました。

売店にはエログッズやジョークグッズのようなものが所狭しと並べられています。

売店のおじさんに聞いてみたところ、人気ナンバーワンはこれ。開館以来不動の人気を誇る商品だそうです。

ずらりと並べている光景はちょっと美しくはないかも…。

またもうひとつのおすすめ商品がこちら。現在は、黄色い看板の大型量販店などでも取り扱われるようになったこちらの商品ですが、実はこの商品を作ったのは熱海秘宝館が「日本で2番目」。日本で最初ではないところがミソです。

手ぬぐいもあります。商品説明には「子宝・子孫繁栄、幸福を招く」と。どんなシーンで使えばいいのかわからない手ぬぐいです。

出口の先には絶景が待っていた!!

数々のバカバカしいエロ展示とびっくり仕掛けの応酬で完全に疲れ切った我々の目の前に出口が…!

ここから外に出られるようです。もうサプライズはありません、扉を開けて外に出ましょう。

扉の向こうはロープウェイの出口につながっていました。新鮮な空気がおいしい!!!

そしてさらにまっすぐ進むと展望台が!気持ちいいいい!

この日はあいにくの曇り空でしたが、晴れた日には初島や伊豆大島などが望めます。秘宝館とのギャップがすごい!夜なら熱海の美しい夜景も望めます。

カップルにおすすめの愛錠岬(あいじょうみさき)も

展望台には愛錠岬と呼ばれるモニュメントがあます。秘宝館からの流れでまたバカバカしいスポットなのかな?と疑ってしまいますが、これは真面目なスポットです。展望台の売店で販売されている絵馬に、カップルで願い事を書いてこの場所に結んでいきましょう。絵馬は1年間ここに掲げられたのち、来宮神社でしっかりと炊き上げられます。

あわせて楽しみたい!熱海城や熱海トリックアート迷宮館

熱海秘宝館からさらに山を登っていくと、熱海の観光名所「熱海城」もあります。

そのすぐ隣には熱海トリックアート迷宮館もあり、多くの人で賑わっていました。

展望レストランも完備されており、相模湾や熱海の絶景を楽しみながら食事ができます。
秘宝館を楽しんだ後は、これらの施設もあわせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

「asoview!NEWSを見た」で熱海秘宝館が割引に!!

最後に、ここまで読んでくださったみなさんにうれしい特典が!なんと秘宝館受付もしくは、ロープウェイ受付で「asoview!NEWSを見た」と伝えていただくと、熱海秘宝館の入場料金が割引になります。気になる料金は、ロープウェイセット券が通常1,800円のところ1,600円に、入場券のみが通常1,700円のところ1,500円に!この割引を使って、日本最後の秘宝館「熱海秘宝館」で未知の世界観を体験してみては。秘宝館から出るころには、「エロって何だっけ…?」と、エロのゲシュタルト崩壊が起きていること間違いなしです。

ページTOPへ

「熱海」周辺の関連記事

このページのTOPへ