伊豆ぐらんぱる公園&グランイルミへ行ってきた!昼夜で表情を変えるテーマパークをご紹介!

  • 14650 |

静岡県伊東市にある「伊豆ぐらんぱる公園」は、東京ドーム5個分という広大な敷地に、アスレチックやジップラインなどのアトラクション、レストラン、パークゴルフ場などがあるテーマパークです。園内にはわんちゃんと楽しめる施設も充実しており、家族みんなで楽しむことができます。また伊豆ぐらんぱる公園では、体験型イルミネーション「グランイルミ」も開催中。伊豆の夜を幻想的に彩っています。今回はasoview!NEWS編集部員が、伊豆ぐらんぱる公園へ行ってきました!さっそく詳しくご紹介していきましょう。

伊豆ぐらんぱる公園へのアクセスは車が便利

伊豆ぐらんぱる公園へ車でアクセスする場合は、東名高速道路厚木ICから小田原厚木道路と国道135号線を経由して約2時間ほどです。国道135号線をまっすぐ走っていると、伊豆ぐらんぱる公園の駐車場入口がみえてきます。駐車場は約400台駐車可能。昼間の駐車料金は1日500円です。

また公共交通機関を利用する場合は、伊豆急行線「伊豆高原駅」から東海バスで約20分、タクシーで約10分です。タクシーを利用する場合は1,500円程の予算で考えておくといいでしょう。

GWなど混雑時のアクセスについて

伊豆ぐらんぱる公園をはじめとした伊豆の観光施設は、ゴールデンウィークなどになるとかなりの混雑が見込まれます。また国道135号線が上下各1車線しかないことから、周辺道路も渋滞が予想されます。通常はこのような時期は公共交通機関での移動がおすすめとなりますが、伊豆の観光スポットはどこも駅から距離があるのが特徴です。そのため、どの交通手段を利用するか、事前にプランを立てておくことをおすすめします。

伊豆ぐらんぱる公園に到着!入園料金について

駐車場に車をとめたらさっそく入園口へ行きましょう!

まずは入園口右手に見えているチケットカウンターで入園券を購入します。

入園料は、大人(中学生以上)1,200円、小学生600円、幼児(4歳以上)400円です。園内のアトラクションを楽しむなら、お得な乗り物回数券もここで購入しておきましょう。回数券は、10枚綴が1,800円、15枚綴が2,600円となっています。

伊豆ぐらんぱる公園とグランイルミは別料金

現在伊豆ぐらんぱる公園では、広大な敷地を使ったイルミネーション「グランイルミ」を開催中。ただし、伊豆ぐらんぱる公園の入場券では「グランイルミ」には入場できないので注意が必要です。昼間の営業が伊豆ぐらんぱる公園、夜の営業が「グランイルミ」と考えましょう。伊豆ぐらんぱる公園と「グランイルミ」の両方を楽しみたい方は、入れ替えのタイミングで一度退場して再度入場する形になります。「グランイルミ」は大人1,200円、小学生600円、幼児無料です。アトラクションも営業しているので、乗り物回数券を購入するのもいいでしょう。

人気アトラクションを体験しよう!人気のアトラクションを3つご紹介

入園したら、さっそく人気アトラクションを巡っていきます。どのアトラクションも、子供から大人まで楽しめるものばかりですが、ここでは特に人気のアトラクションをご紹介します。

往復コースで全長400m!迫力満点のジップラインで空中滑走!

まず最初に訪れたのがこちら!伊豆ぐらんぱる公園の人気アトラクション「ジップライン~風 KAZE~」です。身長120cm以上、体重30kgから110kgまでの方なら体験可能なこちらのアトラクションに挑戦します。

伊豆ぐらんぱる公園のジップラインは、高さ9mからワイヤーを使って一気に滑走するスリル満点のアトラクションで、滑走スピードは時速25km~35km。数字で見るとそんなに早いスピードではないのですが、体感スピードはなかなかのもの。風をきりながら、相模湾などの絶景を望めるのも魅力の一つです。伊豆ぐらんぱる公園のジップラインは、往復コースにリニューアルされたばかり。中継地点に到着したらすぐさまこちらに向かうラインで戻ってきます。写真左下に見えているのが最終的なゴールです。コースの全長はなんと400m!

滑走中に小物を落とすと大変なので、財布やスマホはあらかじめロッカーに預けます。

今回挑戦するのはasoview!スタッフの高羽君。高いところが苦手という彼ですが、果たして楽しめるのでしょうか。まずはハーネスを装着します。

ハーネスの装着が完了したら、スタッフさんから安全に楽しむためのレクチャーを受けます。

すでにこの顔。めちゃくちゃビビってます。忘れてはいけないのは、ジップラインは安全で子供でも気軽に楽しめるアトラクションだということ。

説明を受けたあとは、スタートデッキへと登ります。笑顔が固い。

やはりデッキの先端に立つとなかなか怖いようです。高いところが苦手な方は、飛び出す瞬間だけ怖いかも。

スタートの体勢をとって、このまま一気に滑っていきます!カウントダウンがはじまり…

 

スタート!「うあああああああ」という声とともに一瞬で見えないところまで滑っていきます。向こう岸へ到着後、すぐに折り返しの準備をして今度はこちら側へ滑走します。復路は往路よりもスピードが出てスリルがあるのだとか。一回で滑って終わりではないというのが、嬉しいポイントです。

下に降りてゴール地点で待ち構えていると、向こう側から勢い良く戻ってきました。ゴール直前に減速する仕組みになっているので、顔を命綱にぶつけてしまわないように、この時顔を横にそらします。

「景色がめちゃくちゃ良かったです!」とまんざらでもない様子。高いところが苦手な方でもばっちり楽しめます。風をきって空中を滑走していくのは本当に爽快!ジップラインは往復料金が1,200円なのですが、かなりお得に感じるはず。伊豆ぐらんぱる公園を訪れたならマストで体験しておくべきアトラクションです。

ひんやり不思議な感覚!「ウォーターバルーン」

カップルやファミリーにオススメなのがこちらのアトラクション、「ウォーターバルーン」です。このアトラクションは、大きな風船の中に入って水面を歩くというもの。普通のウォーターバルーンなら2人まで、「ビッグウォーターバルーン」なら最大4人まで同時に入ることができます。料金は1人乗り800円、2人乗り1,200円、3人乗り1,600円、4人乗り2,000円。対象年齢は3歳以上なので、親子で楽しむもよし、カップルで楽しむもよし、盛り上がること間違い無しのアトラクションです。ただし体重制限がありますので、大人数で楽しむ場合には制限を超えないように注意が必要です。

さっそく高羽君が挑戦します。大きいバルーンに入って空気が入れられていきます。asoview!NEWS編集部員もこの後体験しましたが、この時点で結構ワクワクします。

プールの縁に座って、ゆっくりと…

着水!!着水すると、底がひんやりプニプニで不思議な感触!ウォーターベッドの上にいるような感覚です。

さっそく水上散歩を…と思いきや!

これ、思っている以上に立つのが難しい。歩くどころか立つこともできません。

全然だめです。そんなに立てないものなのかと、編集部スタッフもこの後挑戦してみましが確かに立てない!でもめちゃくちゃ面白いです!立とうと思ってもゴロンと四方八方に転がってしまうのですが、これがなかなか楽しい。カップルで利用するとかなり盛り上がると思います。

国内初の船型立体迷路にチャレンジ!「船型立体迷路 〜KAiZOKU〜」

次に編集部スタッフが訪れたのは、船型立体迷路 〜KAiZOKU〜。木製の箱状ブロックを組んで作られたこの迷路は、高さ11.4m、幅10m、敷地面積213㎡、延床面積417㎡とかなり大型の立体迷路です。

さっそく受付で利用券を購入しましょう。船型立体迷路 〜KAiZOKU〜は1人1回400円です。

受付でスタンプラリーの台紙を貰います。迷路を攻略しつつ、チェックポイントでスタンプを集めていくシステムです。

入り口から中へ!

中に入ると、周囲を木でできた壁が取り囲みます。階段を登ったり…

壁にある穴を抜けたりしてチェックポイントを探します。

壁が扉になっていたりもして、ルートを探すのが結構難しい!

先ほどの抜け穴も、見つけたかと思ったらアクリル板で塞がれていたりして、トラップも豊富です。ここは通れません。

吊橋を渡って…

障害物をこえたら

チェックポイント発見!ここで入り口でもらった台紙にスタンプを押していきます。

ネタバレになってしまうのでルートは割愛しますが、ゴールはここ!大きな大砲が目印です。

大砲のすぐ後ろにはゴールのスタンプが!このスタンプを台紙に押したらクリアです!ここまでの所要時間はおよそ15分~20分。家族やカップルで知恵を出し合いながら進んでいくと結構盛り上がりそうです。もちろん友達何人かで挑戦しても楽しめます。意外と難易度が高いので、大人も本気で挑戦してみましょう!

大規模イルミネーションが夏まで楽しめる!グランイルミの魅力を体験してみた!

伊豆ぐらんぱる公園では、体験型イルミネーション「グランイルミ」が開催中。開催期間は2016年8月下旬までで、伊豆の新名所として連日多くの観光客が訪れています。今回はグランイルミもガッツリ取材してきましたので、これからのお出かけの参考にしてみてはいかがでしょうか。さっそく、伊豆の夜を美しく彩るイルミネーションの数々を見ていきましょう!

伊豆ぐらんぱる公園の閉園30分後!園内がグランイルミに様変わり!

グランイルミは、伊豆ぐらんぱる公園が閉園した30分後に開園します。

開園するとすぐに点灯式が行われ、園内のイルミネーションがいっせいに点灯します。これから夏にかけての時期は18時頃だと外が明るいので、見え方はこんな感じ。この時期に綺麗に見え始めるのは19時を過ぎてからですが、明るい時間から訪れて段々と闇に溶けていくイルミネーションを楽しむのもオススメです。また6月から8月末までは開園時間が18時半になります。6月以降に訪れる方は、18時半に訪れるといいでしょう。

昼間のアトラクションの中から、夜バージョンで運行するものもあります。後ほどご紹介していきますが、これが結構すごいんです。

日が落ちたらいよいよ本番!美しいイルミネーションの世界を堪能しよう!

日が完全に暮れると先程までの景色が一変します。

めちゃくちゃ綺麗!別世界のようになりました。これは公園入口付近からの景色。あたり一面に光のじゅうたんが敷き詰められているようです。

光のじゅうたんへ続く道ではクジャクのゲートがお出迎え。2羽のクジャクがハートを支えています。このクジャクゲートを抜けると、あたり一面のイルミネーションが待っています。

広大な敷地に一面ピンクのイルミネーションが。とてもロマンチックな雰囲気です。これは夏の夜の空気にもピッタリとマッチしそうです。

光で作られた動物たちのモニュメントもグランイルミならでは。

大切な人に愛を叫ぼう!ピンクの中心で愛を叫ぶ

グランイルミのピンクのじゅうたんを散策しているとこんなものを発見!

その名も「ピンクの中心で愛を叫ぶ」。

ハートやピンクのイルミネーションのじゅうたんの中に、このようなマイクが2つ設置されています。このマイクから片方が喋ると、ハートのイルミネーションの点灯パターンが変化します。

奥には相手の立つ場所が。普段照れくさくて伝えられないような言葉も、こんな場所なら思い切って伝えられそう。ハートのイルミネーションのじゅうたんの上で愛を叫ばれたら、まだ付き合っていない2人でもその気になってしまいそうです。編集部員はこの日愛を叫ぶ相手がいなかったため、遠くから眺めていました。嗚呼…。カップルだけでなく、親子や家族でやっている方もいて、すごく素敵な雰囲気でした。大切な人に普段伝えられない感謝を伝えてみるのもいいですね。

まるで光の動物園!もう一つのシャボテン公園/伊豆の海岸物語

伊豆ぐらんぱる公園は、伊豆の人気施設「伊豆シャボテン公園」のグループパークです。そのため、ここではイルミネーションで伊豆シャボテン公園の人気動物達が再現されていて、まるで光の動物園になっています。

さっそく現れたのは、伊豆シャボテン公園の人気者、カピバラの親子です。光の明滅で動きが表現されていて、本当に移動しているよう!

こちらはミーアキャット、立ち上がってきょろきょろとあたりを見回しているみたいです。

チンパンジーもいました。

様々な動物がイルミネーションで再現されていますが、なかでも注目したいのがこちら!

伊豆の海岸に流れ着いた流木で作られたゾウです。可愛い!可愛いだけじゃなく、アートも感じさせてくれます。ライトアップされて雰囲気たっぷり。

キリンもいました。流木を組んで精巧に再現されています。そして大きい!このエリアはお客さんが動物をリアルに感じられるようにたくさんの工夫がなされていました。光を使って動きが再現されていたりと、ただのモニュメントではありません。しっかりと動物たちの躍動感が伝わってきますよ。

まるで宇宙?!深海のトンネルを抜けよう!

「もう一つの伊豆シャボテン公園」を抜けると、何やらトンネルが。

ここは「深海のトンネル」です。カラフルなイルミネーションで作られた光のトンネルとなっています。

中に入ると、落ち着いた深い青色がひろがります。

と思ったら明るくなって虹色に!光が迫ってくるような演出があり、宇宙空間をワープしているようです。

美しい虹色にも変化。実際に体験してみると、日常を忘れて楽しめるような非日常が体験できます。ムードもかなり良くて、ロマンチックです。

記念撮影ならここがオススメ!竜宮のアーチ

深海へのトンネルを抜けると海底の世界がひろがっています。

ここ竜宮のアーチは記念撮影スポットとして人気。これから訪れる海底の世界を前に、期待感が高まるモニュメントです。

青を貴重とした幻想的な空間で海底散歩!

竜宮のアーチをくぐると、そこは一面の青。

一面ブルーで本当に海底にいるかのような光景が広がっています。

ウミガメや熱帯魚のモニュメントが悠々と光の海を泳いでいました。

また、このエリアには見晴らし台が用意されています。ここからの景色はまさに絶景!手前に広がる深海の青色と、奥に見えるカラフルなイルミネーションがとても美しく見とれてしまうほどです。またこの海底エリアでは、「音と光のショー」も実施。J-POPなど、さまざまな楽曲にあわせて光の物語が紡がれていきます。幻想的で迫力満点なこちらのショー、かなりおすすめです。開催は15分に1回なので見逃す心配もありません。

昼間とは違った表情を見せるアトラクションに注目!

ぐるっとイルミネーションを見て回ったあとは、ナイトアトラクションを楽しみましょう!昼間の伊豆ぐらんぱる公園を楽しんだ方は、昼間との違いを楽しむこともできますし。グランイルミから遊びに来た方は、幻想的なアトラクションの数々に癒やされることまちがいなしです。

まずはこれ!ナイトウォーターバルーン「バブリィ・ザ・ナイト」です。昼間に体験したウォーターバルーンがかなりムーディーな雰囲気に。夜の水面に浮かぶ光のバルーンがめちゃくちゃロマンチックです。カップルで楽しむのがおすすめ。盛り上がること間違い無しです。

近くで見るとこんな感じ。幻想的です。

こちらは、グランポリン。ようはグランイルミのトランポリンです。光のなかで飛び回ることができます。

この時は親子連れで利用している方がいました。こどもはかなり楽しそう!自由に飛び回っていました。大人が飛んでみても結構楽しくて癖になります。

昼間挑戦した船型立体迷路もこの通り。昼間とは雰囲気が違います。

「ジップライン~Julie~」も週末は営業中。光の海の上を空中滑走できます。上空から眺めるイルミネーションはとても綺麗!しかも暗闇の中を駆け抜けるので昼間よりもスピードが出ている感じがします。昼間挑戦した方も、ぜひ挑戦して違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ゴーカート「レーシング☆ヒーロー」もあります。ライトアップされたコースをぐるっとドライブできるこのアトラクションもかなり人気。一人乗りと二人乗りのマシンがあるので、親子やカップルでも楽しめます。

ゴーカートコースのイルミネーション成分は実はちょっと少なめ。しかし、夜風を切って走るのがすごく気持ちがいい!時速は20kmくらいですが、目線が低いので結構スピード感も感じます。コースはコーナーなどが多く、運転している感覚もしっかり楽しめます。

 

 

こちらは巨大滑り台、ナイトレインボー!ローラーのついた滑り台で一気に滑ります。全長は110mもあります。

入り口には専用マットが。これをお尻に敷いてすべります。ナイトレインボーはローラーの上を滑っていく滑り台なので、この専用マットを使用しないとお尻が大変なことになります。かならず専用マットを使いましょう。

光の階段を登って行くと…

滑り口に到着です!上からの景色もかなり綺麗!レインボーに輝く滑り台が幻想的です。実際に滑ってみると結構なスピードがでます。またイルミネーションの中を滑走していくのはかなり気持ちがいいです!これからの季節は夏の夜風を感じられて最高のはず。無料で体験できます

ナイトアトラクションを楽しんだら、最後に恋人神社で愛を誓おう!

デートでグランイルミを訪れた方におすすめしたいのが「恋人神社」です。ナイトアトラクションを楽しんで、2人の距離が近づいたら「恋人神社」へ立ち寄ってみましょう。

鳥居や樹木がピンクのイルミネーションに彩られていて雰囲気バツグン。特に奥に見えている木は光る桜が咲き誇っていいるかのような雰囲気です。

もちろんおみくじもあります。2人の運勢を占ってみるのもいいかも!

恋人神社は、鳥居の前での記念撮影がオススメ!編集部スタッフはお一人様だったので、遊びに来ていた新社会人カップルのお二人に協力していただきました。めちゃくちゃピンクなので、ちょっと照れてしまいますが、ここで記念撮影をすれば二人の距離がぐっと縮まるはず。

なお、こちらでご紹介したアトラクションは曜日や時期によって営業状況が異なるのでご注意を。

伊豆ぐらんぱる公園「グランイルミ」の開催期間

伊豆ぐらんぱる公園のグランイルミは2016年8月末まで開催予定。営業時間が時期によって異なるので気をつけましょう。

5月までは18:00~22:00までの営業時間ですが、日が伸びてくる6月から期間終了の8月までは18:30~22:00となります。またお盆の時期は営業時間が30分延長されて22:30までです。夏の夜の思い出に、イルミネーションを見るのもおすすめですよ。

■スポット詳細
名称:伊豆ぐらんぱる公園&グランイルミ
住所:静岡県伊東市富戸1090
アクセス:【車】東名厚木ICから小田原厚木道路・国道135号線経由で約2時間
      【公共交通機関】伊豆急行線伊豆高原駅から東海バスで約20分、タクシーで約10分
営業時間:
【伊豆ぐらんぱる公園】
3月~5月 平日9:30~17:30 土日祝9:00~17:30
6月~8月 平日9:30~18:00 土日祝9:00~18:00
GW/お盆 9:00~18:00
※時期により営業時間が異なるので、お出かけの予定にあわせて公式サイトをご確認ください。

【グランイルミ】
3月~5月 18:00~22:00
6月~8月 18:30~22:00
GW/お盆 18:30~22:30

※時期・曜日により、各ナイトアトラクションの営業状況が異なります。
※ナイトアトラクションは天候により中止になる場合があります。
※詳しくは公式サイトをご確認いただくか、直接お問い合わせください。

料金:
【伊豆ぐらんぱる公園】
中学生以上1,200円 / 小学生600円 / 幼児(4歳以上)400円 / シニア(70歳以上)600円
【グランイルミ】
中学生以上1,200円 / 小学生600円 / 幼児無料

駐車場:1000台(グランイルミ臨時駐車場を含む) ※伊豆ぐらんぱる公園は1日500円、グランイルミ時は無料
公式サイト:
http://granpal.com/(伊豆ぐらんぱる公園)
http://granpal.com/attraction/gran-illumi/(グランイルミ)

ページTOPへ

「伊東温泉・伊東」周辺の関連記事

このページのTOPへ