葉祥明美術館(北鎌倉)でメルヘンな絵本の世界を体験!

  • 5161 |

北鎌倉にある葉祥明美術館は、「白い犬のジェイク」シリーズや「地雷ではなく花をください」シリーズなど、愛に満ちた絵と文章で人々を魅了し続ける、絵本作家・葉祥明氏の作品を集めた美術館です。生家という訳ではありませんが、画家であり詩人である主人と優しい夫人、そして10歳のリラちゃん、5歳のクロードくんが住んでいたという設定で作られていて、見た目も可愛らしい洋館スタイルの美術館です。まるで友人宅にお邪魔するように、ラフな気分で訪れたい美術館の魅力をご紹介します。

葉祥明美術館とは?

熊本出身の絵本作家・葉祥明氏は、1972年に絵本「ぼくのべんちにしろいとり」を出版。18年後の1990年に、絵本「風とひょう」でイタリア・ボローニャ国際児童図書展グラフィックス賞を受賞し、英国のアン王女に原画を献呈した栄誉あるエピソードの持ち主でもあります。

そんな葉祥明氏の作品を集めたのが、歴史と文化が息づく街・北鎌倉にある「葉祥明美術館」です。1991年に開館し、日本絵本賞読者賞を受賞した「地雷ではなく花をください」、第6回平和共同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞した長崎の原爆をテーマにした「あの夏の日」など、数々の作品の元になった絵画が展示されています。2002年には出身地である熊本県に、もうひとつの「葉祥明阿蘇高原絵本美術館」も開館されました。

JR北鎌倉駅からアジサイの名所としても名高い明月院へ向かう途中、小道にある絵本の1ページから切り抜いたような素敵な洋館が「葉祥明美術館」。小津安二郎監督も居を構えた北鎌倉は、多くの作家や芸術家に愛されてきた街。閑静な中にどこか芸術の香りが漂う街並みに、しっくりと馴染んでいます。

「葉祥明美術館」のコンセプトは、「画家であり詩人である主人と優しい奥さま、そして10歳の娘・リラちゃん、5歳の息子・クロードくんが住んでいた洋館」。いまにも住人が現れそうな、息づかいを感じる設定が生きています。1991年の開館から、多くのファンを集めてきました。

館内には葉祥明氏の絵本原画やデッサンに加えて、詩人でもある彼の詩なども展示されています。それぞれの作品は「主人の部屋」「リラの部屋」「クロードの部屋」など、各部屋に合わせて展示されていて、美術館の世界観を楽しみながら、作品世界に触れる事ができるのです。

葉祥明美術館の見どころ

まるで絵本の挿絵のような外観

美術館自体が一冊の絵本になるように作られているという「葉祥明美術館」。茶色のレンガ作りに白い窓枠が映えた外観も、まるで絵本の挿絵そのもののような美しさです。豊かな自然に囲まれた美しい佇まいに、通りすがる人が「ここは何だろう?」と思いわず立ち止まってしまうほど。

過去にはテレビドラマの撮影に使われたこともあり、ケーキ屋としてロケに使用されたことも。秋には紅葉も楽しめます。敷地の中には庭があるので美術館を見たあとはお庭で休憩するのもおすすめです。

広々とした1階展示室でゆったり絵画鑑賞を

葉祥明さんの水彩画はもちろん、油絵も展示されています。季節によって展示も変化するので、訪れるたびに違う内容を楽しむことができます。全館で80点ほどもの作品が展示されていますが、1Fの展示室では広めのスペースを使って、ゆったりとした展示がなされています。

美しいインテリアにも注目。2階展示室

2階は1階とは多少異なる形式で、絵本や水彩画などが展示されています。美術館全体が一冊の絵本となるよう、作家とその家族が暮らした家をコンセプトに作られているため、部屋に合わせたインテリアの中で作品を楽しむことができます。2階には「主人の書斎」「リラの部屋」「クロウドの部屋」などの部屋があり、それぞれにマッチする水彩画などが飾られています。ソファーに腰掛けてくつろぎながら作品を楽しめる部屋もあり、葉祥明美術館ならではの時間を過ごすことができるでしょう。

入口付近のショップでお土産を買おう

建物内に入ってすぐの場所には物販ショップがあり、入館料を払わなくても無料で入店することができるようになっています。葉祥明さんの絵本はもちろん、100種類以上のポストカードやキーホルダー、ぬいぐるみ、タオル、文具などのグッズも揃っています。

言葉の部屋で葉祥明の詩に触れる

絵本作家としてとても有名な葉祥明氏ですが、詩人としても活躍しています。そんな詩人としての作品を集めたのが2階にある「言葉の部屋」。映画化された「東京タワー ~ボクとオカンと、時々、オトン~」の書籍巻末にある「母親というものは」という詩も葉祥明さんの作品です。

入館料と割引情報

一般入館料金

  • 大人700円
  • 子供(小学生・中学生):350円

100円割引で入場する方法

お得な料金で入場したい方は、公式サイトで配布されている割引クーポンを印刷して持参しましょう。大人700円の入館料が大人600円で利用出来るようになります。子どもの場合は、350円が300円に。ただし、割引クーポンにはアンケートがついており、こちらに回答する必要があります。利用人数に制限は無いので、簡単なアンケートに答えて割引料金で入場するのがおすすめです。なお、他の割引などとは併用出来ません。

アソビューチケットなら、スムーズな入場で更に100円割引も

アソビューチケットなら、一般入場料大人700円が大人600円になります。子どもは350円が300円です。事前購入チケットなので、当日は受付で提示するだけと入場もスムーズです。

【最大100円OFF!】北鎌倉 葉祥明美術館のチケット購入はこちら!

葉祥明美術館へのアクセス

電車でのアクセス

  • JR横須賀線「北鎌倉」駅から徒歩約7分

車でのアクセス

  • 横浜横須賀道路日野ICから約20分
    ※無料駐車場(1台分)、付近に有料駐車場あり

ページTOPへ

「鎌倉」周辺の関連記事

このページのTOPへ