柴又ハイカラ横丁・柴又のおもちゃ博物館で昭和にタイムスリップ!

  • 3651 |

東京都葛飾区柴又は、映画「男はつらいよ」や漫画「こち亀」の舞台として登場する人気観光スポットです。中でも「柴又駅」から帝釈天に伸びる柴又参道は、下町らしいグルメやお土産物が揃い、懐かしいレトロな雰囲気が楽しめます。そんな柴又参道にある、古き良き昭和の雰囲気が漂う「柴又ハイカラ横丁・柴又のおもちゃ博物館」。1階には数千種類の駄菓子が所狭しと並び、2階には昔懐かしいおもちゃが勢揃い。昭和生まれの方はもちろんのこと、平成生まれの方でもどこか懐かしさを感じてしまう不思議な空間が広がります。さっそくご紹介していきましょう。

柴又ハイカラ横丁・柴又のおもちゃ博物館とは?

柴又帝釈天へと続く参道のはじめにある、昭和テイストのユニークな外見の建物が「柴又ハイカラ横丁・柴又のおもちゃ博物館」です。フォトスポットとしても大変人気があり、週末はカメラを持った観光客で賑わいます。幼い頃からレトロな建物や空間が好きだったというオーナーが、自分の好きなことをやってみよう」と一念発起し、2004年にオープン。

1階が買い物や様々な体験ができる「柴又ハイカラ横丁」、2階が「おもちゃ博物館」になっています。なお「柴又ハイカラ横丁」は、現在年中無休をめざして定休日の火曜日も営業中。営業時間は10時から19時までとなっています。

今回は、そんな「柴又ハイカラ横丁・柴又のおもちゃ博物館」の魅力をたっぷりとお伝えします。それでは、さっそく店内に入ってみましょう。

1階 柴又ハイカラ横丁

子供のころ食べた懐かしい味がずらり!

どこか懐かしいレトロな雰囲気漂う店内は、古い下町をイメージしたもの。店内でまず目に飛び込んでくるのは、小さい頃よく食べていた駄菓子たちです。あまりの懐かしさに、ついつい立ち止まり、見入ってしまいます。「これ昔好きだった!」「このお菓子まだあったんだ!」と、思い出話に花が咲くこと間違いありません。同世代の友人と訪れても楽しいスポットです。

駄菓子や雑貨、おもちゃが約数1,000種類と、昭和世代の方にはたまらないアイテムが所狭しと並んでいます。もしかしたら品揃えでは昔の駄菓子屋さんよりも豊富かもしれませんね。値段もバラ売りのものは数十円と、1つ1つが安いので大人買いしても問題なし。童心に返って、自分へのお土産の物色がはじまってしまうことでしょう。平成生まれの方も、その味をぜひ確かめてみてください。

白黒のブロマイド、昭和のおもちゃたちが大集合

入り口付近の駄菓子コーナーから、さらに奥に進むと、色々なコーナーがあります。まずは、ブロマイド写真コーナー。白黒で撮影されたかつての大スターたちの写真が勢揃いし、今もテレビに出ている有名人の若かりし頃を知ることができます。

葛飾らしく、「男はつらいよ」のマドンナたちのブロマイド写真も大集合。昭和生まれも、平成生まれも盛り上がること間違いなしのコーナーです。記念に1枚購入してはいかがですか。

ブロマイド写真コーナーの隣にはおもちゃのコーナーもあり、リリアン・水鉄砲・お手玉などのレトロなおもちゃから、昭和レトロ感漂う初代のパッケージのボンカレー、文房具、さらには観光客用のご当地グッズまで、ありとあらゆるものが並んでいます。

懐かしのゲームで遊ぼう!

「ハイカラ横丁」の魅力は、駄菓子、おもちゃだけではありません。ここでは、今はなかなか出会うことができない懐かしいゲームを体験することができますよ。今のゲームセンターにあるようなゲームではなく、パチンコのように玉やコインをはじきながらゴールへと導くゲームがメインとなります。

さらに、喫茶店などに置いてあった机型のインベーダーゲームやファミコンになる前のスーパーマリオなどでも遊ぶことができますよ。親子で競ってみても楽しいですよ。時間が経つのを忘れて熱中しそうですね。

ここでは、昔ながらの遊びである射的も楽しめますよ。今でもお祭りの屋台でお馴染みですね。うまく撃つコツはスタッフさんが丁寧に教えてくれるのでぜひチャレンジしてみましょう。1回300円で、景品は、駄菓子やおもちゃとなっています。

2階 柴又のおもちゃ博物館

「ハイカラ横丁」の2階には、土・日・祝日だけオープンする「柴又おもちゃ博物館」もあります。開館時間は11:00~18:00で、入館料は、200円。1階の駄菓子屋さんのレジで購入してから上がりましょう。

葛飾生まれのおもちゃたちを間近に鑑賞

実は、葛飾区は誰もが知るおもちゃメーカーが集中している「おもちゃの街」。かつては中小のおもちゃ工場もたくさんあり、下町・葛飾とおもちゃは、昔から密接な関係にありました。

また、昭和の頃には、駄菓子屋が数多くあり、そこで売られていた駄玩具は、下町こども文化の象徴であり、葛飾の誇りでもありました。

そんな「おもちゃの街」の文化を柴又帝釈天を訪れる方に伝えたいと現在の館長が思い立ち、おもちゃメーカーや、幼少期から柴又の駄菓子屋、玩具店、露店等で買い集めた膨大なコレクションを所有する漫画原作家・黒沢哲哉氏の協力により「柴又おもちゃ博物館」が完成しました。

博物館に一歩足を踏み入れると、昭和の子供たちを虜にしたおもちゃがずらり。今はもう製造されておらず、手に入れることが困難な貴重なものばかりです。一般的な家庭用のおもちゃからデパートの屋上にあったような大きなおもちゃまで、そのジャンルは多岐にわたります。

かつて一世を風靡したモンチッチや仮面ライダーなど、様々な世代のものが展示されているもの特徴。さらに、懐かしいマンガや雑誌もありますよ。今でも刊行されている「少年マガジン」や「小学一年生」なども飾っています。

また、博物館内にも1階と同じくアーケードゲームコーナーがあり。パチンコ仕様のゲームやファミコンで遊べますよ。

目玉は、巨大なスロットレーシング。葛飾区にあるラジコンメーカー「ニッコー」が輸入代理店を務めるドイツ・カレラ社製1/32スケールのサーキットが設置されています。

さらに、シアターコーナーでは懐かしのテレビCMや怪獣映画などを上映していますよ。ゆっくりと映像を楽しみましょう。幼い頃の記憶が蘇ってきます。

昭和生まれの方であれば小さいときに遊んでいたおもちゃと再会を果たすかもしれませんね。

駄菓子を買って、おもちゃを見て、ゲームで遊べる「柴又ハイカラ横丁・柴又のおもちゃ博物館」。昭和生まれの方は懐かしさを、平成生まれの方は新鮮さを感じることでしょう。子供から大人まで、そのレトロなパワーに心が踊ること間違いなし。ファミリー、カップル、友人同士、誰と来ても盛り上がれるスポットですよ。葛飾を訪れる際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

入場料50円OFF!オトクに楽しむならWEBチケットがおすすめ

たくさんの魅力と懐かしさが詰まった柴又ハイカラ横丁とおもちゃの博物館。 よりお得に楽しみたい方はこちらから!

柴又ハイカラ横丁・柴又のおもちゃ博物館のチケット購入はこちら!

アクセス方法

京成線 柴又駅下車後、帝釈天参道を徒歩1分
※車の場合、お近くの有料駐車場をご利用ください。
 

スポット詳細
スポット名:柴又ハイカラ横丁・柴又のおもちゃ博物館
住所:東京都葛飾区柴又7-3-12
営業時間:
【柴又ハイカラ横丁】10:00~19:00  
【柴又のおもちゃ博物館(横丁2階)】11:00~18:00
定休日:
【柴又ハイカラ横丁】火曜日 ※現在火曜日も営業中
【柴又のおもちゃ博物館(横丁2階)】平日 ※開館は土日祝日のみ
料金:
【柴又ハイカラ横丁】無料 
【柴又のおもちゃ博物館(横丁2階)】200円
公式サイトURL:http://www2.odn.ne.jp/shibamata/index.html

 

ページTOPへ

「亀有・柴又」周辺の関連記事

このページのTOPへ