asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

湯島天満宮 の魅力徹底解説!アクセス・お守り情報なども紹介

WRITER:亀井 a子(かめい あこ)
SHARE THIS ARTICLE

湯島天神や湯島神社と呼ばれて親しまれている「湯島天満宮」。学問の神様「菅原道真」が祭られ、多くの受験生や子どもの合格祈願をする人々が訪れます。しかし、湯島天満宮のご利益は学問だけではありません。宝くじ運や縁結び、病回復まで、実は都内有数のパワースポットなのです! 意外と知られていない湯島天満宮の魅力を一挙ご紹介。パワーをしっかりチャージするための正しい参拝のやり方もレクチャーします!

湯島天満宮(通称:湯島天神)ってどんなご利益があるの?

湯島天満宮は、458年に雄略天皇の名によって建立され神社。祭られている神様は天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)と学問の神様こと菅原道真公(すがわらみちざねこう)。湯島神社や湯島天神の名で親しまれていますが、平成12年に正式名称を「湯島天満宮」と定めました。

御祭神の天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)とは?

日本神話に出てくる大地の神様です。力による征服に嘆き、岩に隠れてしまった天照大神を救いだした力の強い神様で、開運、勝運を司ります。

今更聞けない!菅原道真ってどんな人?

平安時代に醍醐天皇の右大臣を務めた学者で、詩や書をたしなみ、勉学に優れた才人でした。しかし、政敵であった藤原時平により都を追われ、大宰府に左遷。不遇のうちに死を迎えてしまいます。

菅原道真が学問の神様になった理由

天皇の右大臣だった菅原道真がなぜ学問の神様として人々から信仰されるようになったのでしょうか。実は道真公が没した後、都に疫病がはやり、流刑に追いやった藤原時平が病気で死去。人々は「菅原道真公の呪いだ」と恐れおののいたそうで、道真公の怒りを鎮めようと建立されたのが九州の太宰府天満宮と言われています。詩や書に優れた才能を見せた菅原道真にあやかり、現代では学問の神様として人々から崇拝されるようになりました。

天之手力雄命の力(勝運・くじ運)と菅原道真の知恵(学問・合格)、この2つのパワーをご利益とするのが湯島天満宮なのです。都内屈指のパワースポットと言われるゆえんも納得です。

勝運をアップさせたい! 「湯島天満宮」参拝へ

湯島天満宮は湯島駅、本郷三丁目駅、上野広小路駅からもアクセス可能です。

正面側に回ったので、湯島駅から5分ほどで到着しました。

銅製の銅鳥居(東京都指定有形文化財)

銅製の鳥居は1667年頃に寄進された物と言われ、何度か修復を重ね昭和45年東京都指定有形文化財に指定されました。鋳物の鳥居はとても古く、貴重なもので、湯島天神の鳥居は特にクオリティが高いそうです。幅3.88m、高さ6.81mで、重厚な存在感を示しています。

正式な参拝方法でお参りしよう!

正しい参拝方法でお参りしようと言われて、完璧にできる人は一体どれくらいでしょうか。筆者はいつも「それっぽい」感じで適当にお参りしているので、これを機にしっかり覚えてみました。

まずは鳥居をくぐる前に会釈を1回。

鳥居をくぐり、手水(ちょうず)に向かいます。

柄杓を右手にとり、水を汲み左手を清めます。

左手に持ち変えて、今度は右手を清めます。

再度右手に持ち変えて、左手で口をすすぐぎましょう。この時、柄杓に直接口をつけるのはマナー違反なので要注意です。最後に再度左手を清め、柄杓に残った水で柄杓をすすぎ、お清め完了。これで神様をお参りする準備が整いました。

次はお賽銭。湯島天満宮は鈴がありませんが、鈴のある神社は賽銭の後に鈴を鳴らしましょう。

礼を2回、拍手を2回。神様への感謝、願い事を唱え終え、最後に会釈まですると完璧です。きちんとお参りをすると身がしまり、適度な緊張感が清らかな気持ちになりました。根っこにある日本人マインドを呼び起こされる体験でした。

病払い、縁結びを祈願したい人はこちらで!

撫で牛

菅原道真公は牛を深く慈しんでおり、「自分の遺骸を牛にのせて人にひかせずに、その牛の行くところにとどめよ」と遺言の残したほど。天神様と牛は大抵セットになっていることが多いそうです。自分の体調の悪いところと同じ部分を撫でるとよいと言われています。

哀しいかな思わず頭を撫でてしまう筆者・・・。花粉症の人は鼻を、骨折してしまった人は足を、念じながら撫でるとよいみたいですよ。

奇縁氷人石

都内でも珍しい迷子石。身の回りに落とし物や迷子のある場合は、この石にお願いすると見つかると言われます。石柱の右側にある「たつぬるかた」には、モノ・人を探す人、もう一方の「をしふるかた」は、落とし物や迷子を探す人は「たつぬるかた」にお願い事を、拾ったり見つけたりした人は「をしふるかた」は、落とし物や迷子を見つけた知らせを書いて貼っておくとよいとの言い伝えがあるそうです。

境内散策の見どころ

泉鏡花筆塚・梅園

泉鏡花が感嘆し、この湯島天満宮にある梅園を題材にした作品を書くほど美しいと評されています。梅は菅原道真が愛したとも伝えられ、梅と菅原道真はセットで語られることも多いようです。写真右側、泉鏡花の「筆塚」は、昭和17年に久保田万太郎、岩田藤七らによって建てられたものです。

ガス灯と文具至宝碑

ガス灯(写真中央)

日本の文明開化のシンボル。都内でも屋外で見られるのは湯島天満宮のみです。モダンで丁寧なつくりに、明治の世のロマンを感じられます。湯島天満宮は日本の歴史の足跡を残す場でもあります。

宝物殿

拝観時間は9時~17時。御神輿をはじめ、広重の『江戸名所百景』や能面など、宝物の展示されています。展示スペースは1階と地下1階に分かれており、拝観料は一般500円、高校・大学生300円、小・中学生200円。 

参拝記念にお守り、お札、

定番の合格祈願から就労祈願、家内安全、厄払いなどのお守りのほか、湯島天満宮ならではといえば鉛筆(12本一組/600円)がおすすめです。

1本ずつ、別々の格言が書かれています。筆者の甥と姪のために購入しました。4月に小学校と中学校に入学したので、勉学に励めるようにと意味も込めて。

広場と休憩所

ベンチでランチを楽しむ人の姿も見られ、緑が多いので夏場は涼しく過ごせそうです。

鳥居をくぐってすぐの場所には、喫煙所が設けられています。昼休み中のサラリーマンの姿を多く見られる、つかの間の憩いの場になっているようでした。

おみくじで運を引き寄せられるか!?

結果は中吉! くじを引くと大抵末吉ばかりの運弱め女子だった筆者が、一気に中吉にレベルアップ!これは本気でうれしいかも。さっそくご利益を感じられて気持ちもハッピーに。

さらなるご縁や運がありますようにと願いを込めながら、おみくじを結んで帰りました。

取材を終えて
湯島天満宮は、学問、勝運、縁結び、病回復の最強パワースポットでした。受験生だけでなく、宝くじを当てたい人、就活祈願したい人、仕事や恋愛の縁を引き寄せたい人にもおすすめです。3月は菅原道真や多くの文人、画家らが愛した梅園が見ごろを迎え、一層パワーにあふれた湯島天満宮を楽しめるでしょう。今度の休日は湯島天満宮に出かけてみませんか。

施設情報

  • 湯島天満宮(湯島天神)
  • 東京都文京区湯島3-30-1
  • 公共交通機関でお越しの方 千代田線「湯島駅」から徒歩約2分 銀座線「上野広小路駅」から徒歩約5分 「本郷三丁目」から徒歩約10分 山手線「御徒町駅」から徒歩約8分
  • 6:00~20:00
  • なし
  • 駐車料金(08:00~24:00):200円/20分あたり駐車料金(24:00~08:00):100円/60分あたり※24時間最大:2,500円
  • 03-3836-0753
  • http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/index.htm

INFORMATION

クレジットカード
クレジットカード
利用不可
レストラン
レストラン
なし
飲食物持込
飲食物持込
可(一部制限あり)
売店
売店
あり
ベビーカー貸出
ベビーカー貸出
なし
授乳室
授乳室
なし
おむつ台
おむつ台
なし

ENTRANCE FEE

大人
大人
無料(一部有料)
大学生
大学生
無料(一部有料)
高校生
高校生
無料(一部有料)
中学生
中学生
無料(一部有料)
小学生
小学生
無料(一部有料)
未就学児
未就学児
無料(一部有料)