鈴鹿サーキットの楽しみ方!0歳児から大人まで楽しめるモビリティの聖地

  • 3343 |

人が移動することを表す、モビリティ。そのモビリティをテーマにした大型レジャー施設が三重県鈴鹿市にある「鈴鹿サーキット」です。こちらの施設内には、F1日本グランプリなど有名レースが開催されるサーキットを始め、ほとんどのアトラクションが自分で操縦できる遊園地。さらにホテルや温泉、交通教育センターなど、さまざまな施設が複合されています。今回はそんなモビリティの聖地でもある鈴鹿サーキットの魅力をたっぷりとお伝えいたします。

「鈴鹿サーキット」は全国各地からアクセス良し!

鈴鹿サーキットの最寄り駅のひとつでもある白子駅は、名古屋駅や大阪の難波駅からもアクセスしやすい場所。複雑な乗換え無しで向かうことができます。

改札を出てすぐ右、西出口を進むと大きなロータリーがあります。

そこからバスやタクシーで移動すること約20分。大きな観覧車が目に入り、期待が高まってきた頃、目的地である鈴鹿サーキットに到着です。

バスを降りてすぐ目の前に現れるのがメインゲートです。ここに着いた時点で、すでに園内からは子どもたちのはしゃぐ声や明るい音楽が聞こえてきます。それでは、さっそく入園してみましょう。

テーマは「できた!の数だけ、大きくなれる」

入園後、まっさきに飛び込んできたのは、屈託ない笑顔を見せ「もう1回乗ろう!」と母親におねだりする子どもの姿。というのも、鈴鹿サーキットでは、「できた!の数だけ、大きくなれる」という大きなテーマを掲げています。その言葉通り、遊園地内には子ども自身が自分で操縦し、動かせるアトラクションが多くあります。「何度乗っても楽しめ、回数をこなすほど上達する」という他のテーマパークにはない達成感が、子どものチャレンジ精神や自発心につながるのです。

「コチラのプッチタウン」で交通ルールを学ぼう!

思いっきりはしゃぐ子どもの姿にほっこりしたところで、まずは、メインゲートをくぐってすぐ左手にある「コチラのプッチタウン」に向かってみましょう。このエリアでは、比較的低年齢の子どもでも利用できるアトラクションが多くあります。特に中学生以上の同伴者さえいれば、0才児でも利用できる乗り物があるというのは、小さいお子様連れのご家族にとって嬉しい内容です。

なかでも、目を引くのが「コチラドライビングスクール」。ここでは、教習所のようなコースを走ることにより、実際の交通ルールを学ぶことができます。

しっかりと一時停止をしたり、ときには道の譲り合いをしたり。

左右の確認も忘れずに!

将来良いドライバーになるためにも、お父さんやお母さんは隣で運転ルールやマナーをアドバイスしてあげてくださいね。

「ピピラのモトフィールド」で憧れのキッズバイク体験!

次に向かったのは、メインゲートをくぐってすぐ右手、「ピピラのモトフィールド」。ここでは子どもがひとりでバイクの乗車体験をすることができます。そのひとつ、「キッズバイク」は補助輪なしの自転車に乗れる子であれば、誰でも実際の電動バイクに乗り、コースを自由に走れます。

アトラクション内では、まず、スタッフの丁寧な指導を受け、その後、大きく長いコースを自分ひとりで走ります。コースは床がやわらかく、壁まわりにはクッションが置かれています。また、バイク自体も一定の角度まで倒れると自動的に電源がオフになる仕組みとなっているので、小さなお子様も安心して乗ることができます。うまく乗れない悔しさや、ひとりで乗れたときの喜びは子どもたちにとっても貴重な経験となるはず。

また、このモトフィールドでは、ひとりで自転車に乗れない小さなお子様でも楽しめる「ピピラのピンキーバイク」というアトラクションがあります。こちらは「キッズバイクと」違い、転倒しない四輪のバイクのため、3才以上の子どもから乗車できます。とはいえ、自分でハンドルを操作しないと進まないので、バイクを操作している感覚は十分に味わえます。

「ピンキーバイクはスクータ~♪」というオリジナルソングに合わせ、スタッフの方がタンバリンをリズムよく鳴らし応援してくれます。そんな小さな心遣いが、子どもの「できる」に繋がるのです。

鈴鹿サーキットで絶対に乗っておくべきアトラクションBEST3

さて、冒頭でもお伝えした通り、鈴鹿サーキット内の遊園地では、ほとんどのアトラクションが自分で操縦することができます。子どもはもちろん、大人でも時間を忘れて夢中になってしまう乗り物ばかりなのです。そこで今回は、asoview!NEWS編集部がおすすめする「鈴鹿サーキットで絶対に乗っておくべきアトラクションBEST3」をご紹介します。

第3位:アドベントボート フロンティア

4人乗りボート「アドベントボート フロンティア」では、実際に船を操縦しながら、パワーリングを見つけるための冒険へと出かけます。

船の操縦経験がない筆者も、さっそく乗り込んでみました。いざ、出発。

ボートエネルギーがなくなる前に、パワーリングを見つけ出さなければいけません。

車とはまた違う難しさがある船の操縦。しかし、しばらくすると操ることにも慣れ、水上を自由に動き回れる爽快感に浸ってしまいました。その結果……

操縦に夢中になりすぎた筆者の船は、エネルギー切れに。パワーリングを見つけ出さなければいけないという目的をすっかり忘れておりました。もちろん、エネルギー切れになっても乗り場までは無事に戻ることができますので、ご安心ください。

第2位:プッチグランプリ

プッチタウン内にある「プッチグランプリ」は、小学1年生以上のお子様であれば、誰でも参加することができるタイムアタックレース。8台のマシンが一斉にスタートする瞬間は、まるでレーサーになったかのような緊張感を味わうことができます。

ハンドル、アクセル、ブレーキ。本物の車と構造は同じです。

この「スーパースピードアップボタン」なるものをうまく使うのが、タイムを早めるための秘訣なのかもしれません。

そして、合図とともに8台のマシンが一斉にスタート。慎重に運転を進める筆者をよそに、次々と差をつけていく子どもたち。やはり、若い子どもの反射神経や運動能力には勝てませんでした……。

結果は7位という残念な順位ではありましたが、最後には記念にこのようなカードがもらえました。

「プッチグランプリ」を始め、施設内には乗り場でカードがもらえるアトラクションが多数あります。そのカードを「コチラのプッチタウン内メンキョセンター」、もしくは、「ピピラのモトフィールド内ライセンスセンター」に持って行くと、300円で顔写真入りのライセンスカードを作ってもらえます。

また、点数によってもらえるカードも「ふつう」「ゴールド」「プラチナ」と異なってくるので、アトラクションに乗るたびに「今度はもっと頑張ろう」とチャレンジ精神が生まれるのです。

第1位:アクロエックス エボリューション

取材に訪れたこの日、園内を歩いていると、多くの家族連れが順番待ちの列に並んでいる様子を発見。それが「アクロエックス エボリューション」。その名の通り、悪路(アクロ)のコースをテストドライバーとなって走り、高得点を狙うアトラクションです。

こちらの「アクロエックス エボリューション」は、2016年5月9日台湾にオープンした「SUZUKA CIRCUIT PARK」でも、人気を博しているアトラクションなのだとか。

4人乗りのオフロードマシーンということもあり、車体はかなり大きめ。

乗車後、ハンドルを握り、アクセルを踏めば、気分はすでにプロのテストドライバー! わきの壁にぶつかると減点となってしまうので、慎重にハンドルを切って進んでいきます。

車内の音声に従い、水上を走ったり、ガッタン橋を渡ったりと、さまざまなセクションを通過していきます。運転に少し慣れてきたかと思った頃、「油断は禁物だ!」という音声が流れ、おもわずドキッとしてしまいました(笑)。

こちらも獲得したポイントに応じてカードをもらうことができます。ぜひ、最上級の「S級ライセンス」を目指してみてください。

番外編:サーキット チャレンジャー

そして、常時営業はしていないものの、編集部が声を大にしておすすめしたいのが「サーキット チャレンジャー」。なんと、実際の国際レーシングコースをカートに乗って走ることができるのです。

遊園地から続くトンネルを抜けると、レーシングコースのエントランスに到着。

まずは、スタッフの方から説明を受け、映像で操作方法を学びます。

その後、カートに乗り込みスタートを待ちます。

新感覚EVカート(電気自動車)は、大人でも子どもでも乗れるよう、ペダルは足元でなくハンドルにつけられています。

事前に渡されたカードを差し込むことで、乗車後、データーステーションで自身の結果を見ることができます。

そして、いよいよスタート。まずは、音声に合わせハンドリングテストをします。その後、一旦停止し、スタートテストが行われます。

そのまま時速30キロでコースをただひたすら走ります。辺り一面に広がる広大な景色を見ながら、風を受ける爽快感は、おそらくここでしか味わえません。操作もまったく難しくないので、ひたすら走る楽しみを味わえます。

乗車後は、C・B・A・Sの4段階でランク付けがされ、結果が印刷されます。もちろん、他のアトラクション同様、ライセンスカードを発行することも可能です。

こちらの「サーキット チャレンジャー」は、レーシングコースの走行スケジュールに合わせ営業されているので、事前にホームページなどで営業予定の確認が必要です。また、パスポートとは別に1,500円のチケットが必要となってきます。それでも、開園後は即チケットが完売になることもあるほどなのだとか。

実際に乗車した筆者も大満足。お金には変えられない貴重な体験が味わえ、この経験は一生を通して残ると断言できます! 鈴鹿サーキットに訪れた際には、ぜひ体験してみてください。

遊園地のもうひとつの楽しみといえば、「お土産」

時間が経つことも忘れ、園内で思いっきり遊んだあとは、もうひとつの楽しみでもあるお土産コーナーをのぞいてみましょう。鈴鹿サーキットにはメインゲート前に1つ、園内に5つの合わせて6つのショップがあります。

こちら「レーシングゾーン」は、コアなモータースポーツファン向けのショップです。

店内にはチームシャツやキャップを始め、ミニカーなどなかなか手に入らないレアグッズがたくさん揃えられています。

なかには、実際に選手が使用したサイン入りアイテムも。

今現在(2016年5月)、店内で一番高いアイテムは「ヴィタリー・ペトロフ選手の直筆サイン入り実使用ヘルメット」。そのお値段、なんと90万円! これには、思わず声をあげて驚いてしまいました。

こんなレアスポットも!

また、「レーシングゾーン」内にあるのはグッズだけではありません。店内には、F1開発にあたって、チームやメーカーが風洞実験をするときに実際に使われた「ザウバー C31 風洞実験モデル」が展示されているレアスポットもあるのです。

こちらは、小林可夢偉選手が日本グランプリで3位表彰台を獲得した記念に寄贈されたもの。まず、他では見ることができない貴重なモデルなので、鈴鹿サーキットを訪れた際は忘れずに足を運んでみましょう。

子どもたち大喜びのグッズがたくさん!

他にも園内には、子どもが喜ぶグッズがたくさん揃ったショップがあります。

男の子向けの洋服は、デザインがかわいいのはもちろん、他ではなかなか手に入らないレアな物ばかり。

女の子には、鈴鹿サーキットのオリジナルキャラ・コチラファミリーの文房具などが人気なのだそう。

ちょっと変わったユニークグルメ?

「ぐるめぷらざ」では、鈴鹿サーキットのオリジナルお菓子を始め、三重県の名産品がたくさん並べられていました。

なかでも、気になったのがこの「タイヤカスさきいか」。そのビジュアルはレースでタイヤが摩耗して出る“タイヤカス”と瓜二つ。特にレースをよく知っている方だと思わず「クスッ」と笑ってしまうのだそう。

他にもエンジンの限界回転数を表す「レッドゾーン」にちなんだ辛い食べ物など、鈴鹿サーキットならではのユニークなお菓子を目にすることができました。

他では味わえない貴重な体験を

0才の子どもから大人まで、誰と来ても楽しめる。そして、ただ「楽しい」の思い出だけでなく、子どもが「できた!」を実感することができる。それがここ、鈴鹿サーキットです。三重県鈴鹿市にお立ち寄りの際は、ぜひ、足を運んでみてください。きっと他では味わえない貴重な体験を味わうことができるはずです。

スポット詳細
名称:鈴鹿サーキット
住所:三重県鈴鹿市稲生町7992
営業時間: 10:00〜17:00(モートピア・時期により変動)
定休日:6月中旬、1月下旬~2月上旬
公式サイト:http://www.suzukacircuit.jp/

ページTOPへ

「鈴鹿」周辺の関連記事

このページのTOPへ