野毛山動物園は入園無料でここまで楽しめる!魅力突撃レポート

  • 15450 |

「野毛山動物園」は横浜市西区にあります。ライオンやトラ、キリン、ペンギンなどの主要な動物たちを見られる本格的な動物園であるにもかかわらず、なんと入園無料。2016年4月からミナミコアリクイが仲間入りして、ますますにぎやかにパワーアップしたとのことです。そんな野毛山動物園に突撃して、無料でどこまで楽しめるのかレポートしてきました!

入園無料の動物園の実力やいかに

人はタダと言う言葉に弱いもの。そして、タダで休日を1日楽しめるというわがままを叶えてくれる夢のような動物園が横浜にあるといいます。しかも、ライオンやキリンなど、主要な動物もいるというから驚きです。というわけで早速野毛山動物園を目指して出発です。

桜木町駅から徒歩15分とのことなので、歩いて動物園を目指すことに。バスで行く場合は市営バス89系統「一本松小学校」乗車後、「野毛山動物園前」で下車すると目の前に動物園が見えます。

駅から少し歩いていくと、動物園通りという商店街が見えてきます。

桜木町駅から動物園に行くまでにたくさんの看板が案内してくれるので、初めて来た人も迷わずにたどり着けるはずです。動物園は野毛山公園内にあるので、緑が本当に豊富。緑あふれる街づくりを市をあげて行っている横浜ならではの風景です。

緑の中を散歩するって気持ちいいものですね!

マンホールもかわいく、周囲を観察しながら歩けるので15分の道のりもまったく苦になりません。

バスに乗った時の目的地、バス停「野毛山動物園前」がこちら。園の目の前で下車できてとても便利です。体力や気分に合わせて、バスか徒歩かを選びましょう。

こちらの緑色の歩道橋は、日本を代表するプロダクトデザイナー・柳宗理氏による作品です。筆者は個人的に柳氏の大ファンだったので、動物園に行くついでに見られてとても興奮しました。

案内所に係の人が待機しているので、パンフレットをもらっていざ入園。

パンフレットのデザインもとても凝っていて、いまだに無料であることが信じられません。

記念撮影にぴったりな花壇。木がアニマル型にカットされていて、入園者の撮影スポットになっています。

横浜市立野毛山動物園の歴史

昭和24年3月に野毛山公園が横浜市主催の日本貿易博覧会の会場に選出され、会場の一部にキツネやタヌキなどの動物を展示したことが始まりです。昭和26年4月1日に動物園と遊園地をかねそなえた野毛山遊園地として開園し、平成27年に64周年を迎えました。

野毛山動物園のコンセプト

無料で開放し、近くによって動物を観察できることが同園の最大の魅力。「誰もが気軽に訪れ、憩い、癒やされる動物園・小さな子どもが初めて動物に出会い、ふれあい、命を感じる動物園」というコンセプトのもと、小さな子どもから大人まで楽しめる動物園です。

全部で79種類!気になる動物たちを一挙にご紹介

大きな動物たちからかわいい小さな動物まで

哺乳類、爬虫類、魚類すべて合わせて79種類の動物が展示されています。ライオン、アムールトラ、ペンギン、シマウマ、キリンなど、見ごたえのある動物たちの他、モルモットやヒヨコとふれあえる「ふれあい広場」や野毛山動物園の名物「クジャクの放し飼い」なども楽しめますよ。

レッサーパンダ

写真はキンタ(だと思います)。野毛山動物園のアイドル、レッサーパンダのキンタ(♀)とケンケン(♂)がいます。まさかとは思いますが、キンタはメス。最初オスと勘違いされ、成長を経てメスだと判明したのですが、なじみのある名前だったため今もキンタのままだそうです。

お次は、やっぱり動物園と言えば百獣の王ライオン! 迫力ある姿を一目見ようと展示場所へ行ってみるも、ライオンの姿がない…。裏へ回ってみると屋内展示スペースがあったので入ってみることにしました。

「ご自由にお入りください」というやさしいお言葉をいただきましたので甘えます。

インドライオン

室内展示室に入ると、ラージャー(♂)が気持ちよさそうに寝ていました。開園すぐに言ったのでまだおねむの時間だったのかもしれません。室内でゆっくり休んでいる姿をかなり至近距離で見られ、迫力がガラス越しにも伝わってきましたよ。

アムールトラ

メイメイ(♀)も自室でお休み中でした。おーいこっちむいてー。

わっ!!

ガラス越しとはいえ、ばっちり目が合ってしまいちょっとどきっとしましたが、メイメイちゃん、かなりの美人さんでしたよ。目が大きく、意外にもやさしい顔つきで、近くで見ていたちびっこも「かわいい」と喜んでいました。

アミメキリン

さて、どんどんいきましょう。次はキリンです。

お食事中のアミメキリンさん。

近くで見られるので迫力満点! 長い舌をびよーんと絡ませながら、器用に食べていました。その様子を結構近い距離でみられるとあって、ちびっこも大人もたくさん集まって観察していました。

フンボルトペンギン

会話が聞こえてくるような後ろ姿がなんともキュート! ペンギンってなんでこんなに癒されるフォルムをしているのでしょうか。短い脚でパタパタ歩く姿がなんとも愛らしかったです。

食事タイムは動物たちの活発な姿を見られるのでおすすめです。

各動物の食事タイムスケジュールは園内に案内があります。主に午後の時間帯に集中しているようです。動物たちが一番活き活きとして、生命力を感じる姿を見られるので、はじめてお出かけするなら、食事タイムをチェックして時間帯にめがけて来園すると野毛山動物園を120%満喫できるはずです。

ミナミコアリクイ

園内で生まれたアサヒの成長日記が展示されています。

4月から野毛山動物園に仲間入りしたミナミコアリクイのアサヒ。取材時は外の展示はまだ行われておらず、室内でまるまって寝ている様子を見られました。

インドクジャク

野毛山動物園名物クジャクの放し飼い!敷地内を自由にクジャクが歩き回っています。 めずらしい展示も野毛山動物園ならではです。鮮やかな羽を持つクジャクたちをじっくり観察できるとファンも多いと言います。

ダチョウ

首がなが~いダチョウ。檻の上から頭だけをのぞかせていました。

ホンシュウジカ

じっとこちらを見ていたホンシュウジカ。なんだか哀愁がただよっています。

ミナミアフリカクロコダイル

迫力満天のミナミアフリカクロコダイル。一体何本の歯があるのでしょうか?

エミスムツアシガメ

カメたちはぎゅうぎゅうと狭い方に寄っています。

ワラビー

オーストラリアの珍獣、ワラビーもいます。うろうろと動きまわるしぐさがかわいい。

マントヒヒ

大きい鼻が印象的なマントヒヒ。

チンパンジー

気だるそうにしています。しぐさが人間っぽい!

動物にもそれぞれ行動に性格があるようで、それぞれの名前や特徴を覚えて、観察するのも動物園の楽しみ方の一つだと感じました。お気に入りの子を見つけるのもいいかもしれませんね!

フラミンゴ

フラミンゴの関節って思っているのと逆に曲がるんですよ。知ってました?

ふれあい広場

ちびっこに大・大・大人気! モルモットやヒヨコなどの小動物と直接ふれあえます。開催時間は平日9:45~11:45、12:15~14:15、14:45~16:15の3回、土日祝日は10:00~12:00、13:30~15:30の2回。平日は定員制でなく自由に出入りできますが、休日は1回20分、各回150名で定員埋まり次第受付終了するそうです。

園内でランチをのんびり食べよう

園内にはトイレが4箇所、ベンチも豊富にあり、ひろい屋内休憩所も準備されています。持参のお弁当でピクニックもよし、屋内のカフェスペースを利用できるのも気軽でうれしいですね。

車いす用のトイレも準備されているので安心です。

路面電車

昭和37年まで実際に走っていた路面電車を展示しています。中に入ってみると休憩スペースになっています。

ひだまり広場屋内休憩所

市民の声から屋内休憩所もつくられました。休憩所ではカフェメニューの注文も可能です。チキンライスやナポリタン(600円)をはじめ、動物のマスコット付キッズプレート(680円)、そしてなんとビール(500円)やワイン(350円)まで飲めます。

屋外のベンチでピクニック気分が味わえるのもいいですね。緑がいっぱいで天気がいいと、ご飯もいつもよりおいしく感じます。ひだまり広場にはテーブル付のベンチがあるので、人の目も気にならずお弁当も広げやすいです。

授乳室もあり、園内入口にはベビーカー専用の駐車場もあります。子ども連れのファミリーが過ごしやすい設備が整っていました。

取材を終えて

横浜市立野毛山動物園は、「今日は動物園に行くよ!」と張り切った感じよりは、「今日は野毛山動物園でピクニックでもしようか」というような、親近感のわく動物園でした。しかも緑の豊富さに首都圏であることを忘れてしまうほどで、空気もとてもきれいで静かでした。動物たちの展示も非常にクオリティ高く、本当に無料なんですか? と受付の人に聞いてしまったほどです。子どもと一緒に、カップルで、一人でも! 散歩気分で迫力満点の動物たちに会いにいきませんか。

スポット詳細
名称:横浜市立野毛山動物園
住所:横浜市西区老松町63-10 
アクセス:JR 根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町」駅下車徒歩15分、市営バス89系統「一本松小学校」行き「野毛山動物園前」下車
HP:http://www2.nogeyama-zoo.org/

ページTOPへ

「横浜・みなとみらい」周辺の関連記事

このページのTOPへ