ミキモト真珠島 ミキモトパールの魅力を探る旅に出よう!

  • 4122 |

三重県鳥羽市にある「ミキモト真珠島(しんじゅしま)」は、真珠の魅力に触れて、学べる施設です。「ミキモト」という言葉を聞くと、真っ先にジュエリーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。日本だけにとどまらず、海外からも高い評価を得る「ミキモトパール」。今回はそんな女性の美を飾るミキモトパールの魅力を、実際の取材を元にご紹介します。

【入場料最大20%OFF】ミキモト真珠島 お得な前売りクーポンの購入はコチラ!

ミキモト真珠島とは?

三重県鳥羽市にある「真珠島」は、ジュエリーブランド「ミキモト」創業者の御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功した島です。現在は「ミキモト真珠島」として、真珠をテーマにした観光施設となっており、「真珠の歴史」や「養殖方法」、さらにはココでしか目にすることができない「海女の実演」など、真珠にまつわる全てを知ることができます。

昭和4年、創業者の御木本幸吉が特定の客人を受け入れる民間外交の場としてオープンした真珠島。その後、昭和26年に一般公開されてから現在まで、5000万人以上の方が島を訪れています。国内はもとより、様々な国から観光で訪れる方が多く、なかには二日連続で訪れる人もいるそうです。また、過去にはあのイギリスのエリザベス女王もお見えになっているのだとか!

それではさっそく、私たちもミキモト真珠島の魅力を知る旅に出かけてみましょう。

ミキモト真珠島の料金

まずはミキモト真珠島の料金をご紹介!【 】内は障がい者割引の料金となっており、介護人もそちらの料金が適応されます。

個人

  • 大人:1,500円【800円】
  • 小人(小・中学生):750円【400円】

団体(20名様以上)

  • 大人:1,200円
  • 小人(団体中):600円

学生団体

  • 高校生:700円
  • 中学生:500円
  • 小学生:400円

※引率の教職員は無料

ミキモト真珠島の割引クーポン

次は、ミキモト真珠島で使える割引クーポンや前売りチケットをご紹介していきます。お得なサービスを利用して鳥羽観光を楽しみましょう!

【入場料最大300円引き】ミキモト真珠島 お得な前売りクーポン

こちらは入場料が最大300円引きになるお得な電子チケットです。スマホでの事前購入チケットなので、入場時も入り口でスマホを見せるだけととてもスムーズ!発券の手間などがなく、すぐに利用できるのでぜひご活用ください。

コンビニ前売りチケット

コンビニで購入できる前売りチケットもあります。全国の「セブンイレブン」「ローソン」「ミニストップ」「ファミリマート」「サークルK」「サンクス」で購入可能。価格も通常価格1,500円から1,200円になりお得です。会社帰りや遊びに行く途中などにでも、コンビニに立ち寄って購入できるのが魅力となっています。

ミキモト真珠島の営業時間

ここではミキモト真珠島の営業時間をご紹介していきます。閉園1時間前からは入場できなくなるので注意してくださいね!

2016年営業時間

3月19日~4月28日

  • 8:30~17:30

4月29日~5月4日

  • 8:30~18:00

5月5日~8月10日

  • 8:30~17:30

8月11日~8月15日

  • 8:30~18:00

8月16日~10月31日

  • 8:30~17:30

11月1日~11月30日

  • 8:30~17:00

12月1日~12月12日

  • 9:00~16:30

12月16日~12月25日

  • 9:00~16:30

12月26日~12月31日

  • 9:00~17:00

2017年営業時間     

  • 1月1日~3日:8:30~17:30
  • 1月4日~3月18日:8:30~17:00

ミキモト真珠島の所要時間

ミキモト真珠島を全て見て周るのに必要な時間をご紹介!大体の目安を知って、効率よく鳥羽を観光してください。

所要時間

  • 1時間30分~2時間

大方の人がこのくらいの時間でミキモト真珠島を見て周りますが、半日ほど滞在する人もいるようです。ご自身の関心度と照らし合わせてお考えください。

ミキモト真珠島のアクセス方法

ここではミキモト真珠島へのアクセス方法をご紹介していきます。少しややこしい箇所もあるので、お出かけの際はしっかりチェックしてしてくださいね。

駅からミキモト真珠島までの行き方

ミキモト真珠島の最寄り駅は、三重県の「鳥羽駅」。近鉄のほか、JRも通っています。

改札を抜け、1番出口を進むと、見渡す限り広大な海が目に入ります。

取材当日は5月ながらも気温が25度前後ある夏日和。しかし、海沿いの街ということもあり、心地よい海風を肌で感じながら、気持ち良く歩くことができました。そして、鳥羽駅から歩くこと約10分。目的のミキモト真珠島が見えてきました。

入口でチケットを購入後、島へと続くパールブリッジを渡ります。

辺り一面に広がる鳥羽湾を目にしながら島へと向かう瞬間は、まさに非日常空間そのものです。

電車を利用する場合

東京方面から

  • 東海道・山陽新幹線に乗車後「名古屋駅」で下車。近鉄名古屋駅から近鉄名古屋線に乗り換え「鳥羽駅」で下車。そこから徒歩約5分

大阪方面から

  • 大阪駅からJR環状線に乗車後「鶴橋駅」で下車。近鉄大阪線に乗り換え「鳥羽駅」で下車。そこから徒歩約5分

京都方面から

  • 京都駅から近鉄京都線に乗車後「大和八木駅」で下車。近鉄大阪線に乗り換え「鳥羽駅」で下車。そこから徒歩約5分

車を利用する場合

東京方面から

  • 東名高速→(浜松IC)→国道1号線→国道42号線→伊勢湾フェリー 所要時間:約6時間45分

名古屋方面から

  • 東名阪→(伊勢関JCT)→伊勢自動車道→県道37号線→伊勢二見鳥羽ライン→国道42号線 所要時間:約2時間

大阪方面から

  • 西名阪→(天理IC)→名阪国道(国道25号線)→(関JCT)→伊勢自動車道→県道37号線→伊勢二見鳥羽ライン→国道42号線 所要時間:約3時間

京都方面から

  • 名神→(草津JCT)→新名神→(亀山JCT)→伊勢自動車道→県道37号線→伊勢二見鳥羽ライン→国道42号線 所要時間:約2時間

ミキモト真珠島の駐車場情報

車を利用する場合気になるのが駐車場情報。ここではミキモト真珠島の駐車場情報をご紹介します。

3つの駐車場

  • ミキモトパーキング(乗用車)
  • 専用駐車場(バス・乗用車)
  • 岩崎駐車場(乗用車)

料金

  • 普通車:500円/2時間(1時間延長ごとに250円加算)

駐車場を利用する際の注意点

「ミキモトパーキング」へ車を停める場合、鳥羽駅を過ぎて最初の信号を通り過ぎるとコーナーの出口あたりに大きな「P」の看板が出てきます。ここが駐車場の入口になるので、左車線を走行しておいてください。

また、乗用車、観光バス、マイクロバスが停められる「専用駐車場」を利用する場合は、鳥羽駅を過ぎて2つめの信号を右折します。右折する際ガード脇に専用駐車場への案内が出ているの、それに従って進みましょう。ガードをくぐって最初の信号を左折すると、すぐ左側に駐車場があります。

次のページ→ミキモト真珠島内の見どころを詳しくご紹介!

ページTOPへ

「鳥羽」周辺の関連記事

このページのTOPへ