伊東ホテルニュー岡部に泊まってみた!大江戸温泉物語が運営する豪華バイキングの宿を徹底紹介

  • 13741 |

静岡県伊東市にある「伊東ホテルニュー岡部」は、お台場にある人気日帰り温泉「大江戸温泉物語」で知られる、大江戸温泉物語株式会社が運営するホテルです。伊東ホテルニュー岡部は何やら夕食がかなりすごいという噂を聞きつけ、今回asoview!NEWS編集部員がその実態を取材してきました。驚きの豪華バイキングや、去年から今年4月にかけて改装された館内の様子を写真とともにお伝えします。

伊東駅から無料送迎バスで楽々アクセス!

東京駅から直接特急「踊り子」号に1時間45分程揺られると、伊東ホテルニュー岡部の最寄り駅「伊東駅」に到着します。

無料送迎バスを利用する方は、改札を出たところでこのような案内を持った運転手さんが待ってくれているので迷うこともありません。

バスも「大江戸温泉物語」と大きくラッピングされているので、こちらのバスに乗りましょう。伊東駅から伊東ホテルニュー岡部までは歩くと15分程かかるので、送迎バスの利用をおすすめします。

リニューアルされたばかりのピカピカなエントランスがお出迎え!

ホテルに到着してまず最初に訪れるのは、ホテルの顔ともいえるエントランス&ロビー。

こちらのエントランスとロビーは、2015年に館内のリニューアルが始まった際に、まずはじめにリニューアルされた場所です。バブル期に建てられたという、広々とした建物を最大限に活用してリニューアルされたエントランスとロビーは、広々としていて開放感抜群です。リニューアルしたばかりとあってピカピカです。

こちらはロビー。2階まで吹き抜けになっているので開放感が抜群です。また、白を基調とした配色も明るさや清潔感を感じさせ、過ごしやすい空間です。

窓は全面ガラス張りで採光もばっちり。そして窓際には最新のマッサージチェアが並べられています。機種は近頃スパなどでも人気の「あんま王2」。このマッサージチェア、かなり気持ちが良いのでおすすめです。窓から差し込む陽の光を感じながら、ゆったりとマッサージを楽しめます。

そしてエレベーター横にはこちら。大江戸温泉物語ファンにはおなじみの浴衣がズラリ。サイズは子供用から大人用までしっかりと取り揃えられており、種類も豊富。しかも無料で利用できます。館内を快適に過ごすために、ここでお気に入りの浴衣を選びましょう。帯や丹前(たんぜん)などは、それぞれの部屋に用意されています。

客室は和モダンで広さを感じさせる空間

フロントでチェックインを済ませ、浴衣を選んだらいよいよ客室へ。

客室までの通路には和のテイストが施されており、旅館のような落ち着いた空間が広がります。

今回ご案内いただいた相模亭3階にあるリニューアルされた客室は和洋室タイプです。ベッドの奥には座敷が設けられており、窓からは部屋全体に光が差し込んで、明るく居心地のいい空間が演出されています。

一般的なホテルの洋室と違い、畳の上でゆっくりと過ごせるというのは嬉しいポイントです。光の取り込み方や、座敷を設ける空間設計のおかげで、室内は窮屈さを感じず、実際の広さよりも広く感じます。

四季折々の影絵が映しだされる幻想的な女性露天風呂

伊東ホテルニュー岡部のお風呂は、男女それぞれ2タイプあります。敷地内には2本の源泉があり、男女それぞれのお風呂で天然温泉が堪能できます。

その中でも今回注目したいのは、今年3月にリニューアルオープンしたばかりの女性露天風呂です。

和モダンな雰囲気が特徴的なこの露天風呂は、夜になると壁面がライトアップされて幻想的な雰囲気になります。そして壁に描かれている模様は、絵ではなく影絵なんです。この影絵は季節に応じてサクラや新緑などに模様が変わり、ライトアップの優しい灯りとおぼろげな影絵が、癒やしの空間を織りなします。

やわらかな光が包む大浴場女性内湯も雰囲気抜群。程よい暗さで、リラックスして過ごせます。温泉の泉質はマグネシウム・ナトリウム-塩化物温泉となっており、効能は皮膚病や神経痛、リウマチ、婦人病、冷え性、創傷など。ちょっとした湯治にもぴったりな温泉です。

金目鯛の刺し身が毎日バイキングで楽しめる!

チェックインしてしばらく部屋でのんびり過ごしていると、17時から夕食の時間となります。さっそくレストランに移動しましょう。伊東ホテルニュー岡部の夕食はバイキング形式です。支配人に伺ったところ、もっとも力を入れているポイントのひとつが食事とのことで、期待に胸を膨らませながらレストランへと向かいます。

レストランに到着すると、ずらりと並べられた色とりどりの豪華なメニューがお出迎え。

座席の一部はテーブルごとに仕切りが設けられているので、半個室感覚で周囲を気にせず食事や団欒を楽しむことができるのも嬉しいポイントです。家族や恋人、友人と水入らずで過ごすことが出来ます。

そして最も注目したいのが、その食事の豪華さ。力を入れていると言うだけあって、ズラリと並べられたメニューはどれをとっても贅沢な品ばかりです。

その中でも一際存在感を放っているのがこちら!金目鯛のお刺身です。実は伊東ホテルニュー岡部では、金目鯛のお刺身が365日毎日バイキングで楽しめるんです。

地元で水揚げされた金目鯛を使っているとのことで、金目鯛のお刺身は肉厚でプリプリ、そして脂のノリが抜群です。支配人が仰るには「金目鯛を刺し身で提供するのはお客様との約束」とのことで、どれだけ海がしけて単価が上がろうとも絶対に毎日欠かすことなくお刺身で提供しているとのこと。そんな熱い思いの込められた金目鯛は、伊東ホテルニュー岡部で必ず食べてみていただきたい逸品です。この金目鯛を食べるために2週間に1度泊まりにくる方もいるんだとか。

もちろん金目鯛以外にも、新鮮な伊東の海の幸がズラリと並んでいます。これが全部食べ放題です。食事だけで元が取れてしまいそうなほど贅沢。

こちらはライブキッチン。目の前で天ぷらや鉄板焼き、お寿司などが手際よく作られていき、視覚でも料理が楽しめます。

ジュージューと美味しそうな音をたてて焼き上げられるステーキもあります。柔らかく旨味がギュッと凝縮されて絶品でした。

お寿司も目の前で握ってくれます。

ネタはどれも新鮮で肉厚。横一列に並んだお寿司は色鮮やかで食欲を誘い、みているだけでもワクワクしてしまいます。もちろん味も絶品です。

小鉢や一品料理、デザートなども充実しています。

お皿に盛りつけてみると、なんとも贅沢な晩ごはんの完成です!

朝食では和洋35種類のメニューを堪能!

食事に力を入れているという伊東ホテルニュー岡部は、朝食バイキングも豪華。

肉じゃがやスクランブルエッグ、ソーセージなど、朝食の定番がずらりと並びます。

焼き魚のいい香りに誘われてライブキッチンへ向かってみると、その場で魚を焼いていました。バイキングなのに常に焼きたての魚が堪能できるのも、ライブキッチンならではです。

ベーコンや肉団子などのガッツリメニューもバッチリラインナップ。お子さんにも喜ばれるメニューです。

その他にも、だし巻き卵や豆腐、ひじきや漬物、ロールキャベツ、シュウマイ、温泉卵、サラダ、パンケーキなど、和食派も洋食派も満足できるメニュー構成となっており、観光前にしっかりと元気がもらえる食事が楽しめます。

館内での滞在をより楽しく、より快適に!充実の館内施設

伊東ホテルニュー岡部は、館内での滞在をより充実したものにしてくれる設備が豊富に用意されているのも特徴です。

まずはこちら!およそ1,600冊のマンガなどが取り揃えられている「マンガコーナー」です。マンガコーナーは無料で利用することができ、絵本なども揃っているので、お子さんと過ごすのにもぴったりです。

ゲームコーナーや、卓球コーナーも。ゲームコーナーや卓球は有料ですが、大人も子供も一緒に楽しめるような空間になっています。

その他にもカラオケBOXや無料のインターネットコーナー、売店やリラクゼーションなども完備されています。

支配人・小林さんにホテルニュー岡部の魅力を聞いてみた

今回の取材にあたり、大江戸温泉物語株式会社 伊東ホテルニュー岡部支配人の小林さんに、伊東ホテルニュー岡部の見どころや今回のリニューアルに込められた思い、伊豆のオススメ観光情報などについてを伺いました。

「金目鯛のお刺身を365日提供するのはお客様とのお約束」

-まずはじめに、伊東ホテルニュー岡部の見どころを教えて下さい。

「やはり食事です。バイキングの宿で365日、金目鯛のお刺身を提供している宿はおそらく他にはありません。」

-ということは、毎日金目鯛を仕入れているということですか?

「もちろん毎日です。お刺身で提供しているものはごまかしがきかないので。うちは下田と沼津から金目鯛を仕入れていて、年に何回か海のシケで全然捕れない時があるのですが、365日金目鯛をお刺身で提供するのはお客様とのお約束なので、単価がどれだけ高くなろうとも仕入れています。去年からはバリエーションを広げるために、金目鯛の煮付けなども提供するようになりました。お料理を楽しみに訪れるお客様が多いので、年間を通じて料理の仕掛けを企画し、何度訪れても飽きないように工夫をしています。」

-なるほど。やはり毎日と言うのはすごいですね!お料理は先程頂いたのですが、本当に刺し身がプリプリしていて新鮮で美味しかったです。宿泊料金もリーズナブルで、これだけのお食事がいただけるというのは、下手な飲み屋に行くよりもずっと使い勝手やコストパフォーマンスが良いように感じます。うまく活用すれば週末の遊び方の幅も広がるような気がします。

「実は日帰りプランも行っておりまして、市内のお客様を中心にご利用いただいているんです。」

 

-日帰りプランもあるんですね!しかも、通常料金3,780円で温泉とバイキングが楽しめるのなら、かなりリーズナブルですね。ちなみに、日帰りプランが利用できない日や、宿泊のお客様優先となる日などはあるんですか?

「そうですね、お正月やお盆、ゴールデンウィークなどの繁忙期には、日帰りは行っておりません。通常の土日などは問題なく開催していますが、宿泊のお客様で混み合っている日などは、申し訳ありませんが日帰りのお客様はお断りさせていただいております。」

今回のリニューアルについて

-今回館内がリニューアルされたということで、リニューアルについてもお伺いしたいのですが、リニューアルにあたって何かきっかけなどはあったのでしょうか?

「私どもとしましては、金目鯛を強みとして今まで打ち出してきたのですが、昨年25周年を迎え建物のダメージが目立つようになりました。そこでまず、昨年9月にロビーやエントランスのリニューアルを開始し、今年の1月から相模亭の客室をリニューアル、2月から相模亭の女性大浴場をリニューアルし、4月に入って全客室の畳を張り替えを致しました。」

-お食事へのこだわりや今回のリニューアルなど、常に改善を重ねているんですね!

「そうですね。食事に関しては口コミサイトなどで常に高い評価を頂いているのですが、建物の清潔感や汚れという部分で評価が低くなる部分が目立ち始めたため、ピンポイントでご指摘の多かった、お部屋やお風呂といった場所をリニューアル致しました。」

-リニューアル後はやはり評価も戻ったのでしょうか?

「はい、改装後はご好評を頂いています。」

-改装する際に大切にしたポイントやこだわりなどはありますか?

「改装する際に部屋まで作りなおそうかという話もあったんです。大江戸温泉物語のスタイルは再生と立て直しをして、同じ施設をうまく使っていくというモデルなのですが、伊東ホテルニュー岡部はバブル期に立てられた建物なので、広めで作り自体はしっかりしているんです。なので清潔感などの万人が感じる部分さえしっかりおさえていけば、伊東ホテルニュー岡部はまだまだご評価いただける施設なのではないかと思ってます。そういったところで、クロスやふすまなどを中心にリニューアルを行いました。お風呂なども同じで、今あるお風呂を活かし、影絵を投影するなどして味気なかったものを幻想的な雰囲気にしました。こちらもご好評いただいております。」

支配人・小林さんがお勧めする伊東の観光スポット

-今後伊豆を観光する方や、伊東ホテルニュー岡部に宿泊する方などにオススメの伊豆での過ごし方や観光スポットなどがあれば教えてください。

べたになってしまうんですが、グランイルミ(伊豆ぐらんぱる公園)です。プレオープンの際にお付き合いがあって伺わせていただいたんですけど、あれは一見の価値があります。久々に伊豆にこんなものが出来たのかという感じでした。8月まで開催されているとのことなので、ぜひ訪れてみて欲しいですね。

「あとは、うちのコマーシャルでもご協力いただいたんですが、ドルフィンファンタジーというイルカに触ったり一緒に泳いだりできる施設があり、あそこも人気だと思います。また、伊豆はお花も魅力だと思います。見頃は過ぎてしまいましたが、サクラは本当に綺麗ですし、ゴールデンウィークの時期なら小室山のツツジなどもオススメです。桜の時期なら、ホテルの近くの松川遊歩道にもソメイヨシノが咲き、サクラのアーチがライトアップされて綺麗です。」

http://hanapress.itospa.com/

「そのほか毎年5月末頃から6月末頃までは、当館から車で30分ほどの場所にある伊豆四季の花公園で、城ヶ崎あじさいまつりが開催されます。」

http://plaza.rakuten.co.jp/

「あとは伊豆シャボテン公園や伊豆テディベアミュージアムもおすすめです。お土産を買われたり食事をしたりするのであれば、海岸沿いにある伊豆マリンタウンがかなり人気を集めいている施設です。」

-これだけ施設が充実していれば、1日中楽しめそうですね!周辺観光スポットをめぐって、日帰りプランで豪華な海の幸バイキングと温泉を堪能して、ホクホクで東京に変えるという過ごし方も楽しそうです。本日はお忙しいところ、本当にありがとうございました。

最後に

今回館内リニューアルの取材として訪れた伊東ホテルニュー岡部。訪れてみると働く方々の気遣いや、お客様の滞在時間をより良いものにしようとiう気持ちなどが伝わってくる気持ちの良いホテルでした。食事も本当に美味しく、伊豆の周辺観光スポットへのアクセスにも便利な立地なので、伊豆観光の際にオススメの宿と言えるでしょう。また伊東ホテルニュー岡部では、お客様に温泉を存分に楽しんでいただけるようにと、年間を通じて数々のエンターテイメントやイベントが館内で開催されています。ただし、駅までの送迎はあるものの、伊豆観光は車がないとちょっと不便。ホテルの駐車場は無料で利用できるので、訪れる際は車で遊びに行くとより伊豆観光が堪能できるのではないでしょうか。

■スポット詳細
名称:伊東ホテルニュー岡部
住所:静岡県伊東市桜木町2-1-1
アクセス:伊東駅から送迎バスで5分 / 徒歩約15分
公式サイト:http://www.ooedoonsen.jp/ito/

公式チャンネル

大江戸温泉物語

大江戸温泉物語株式会社

いつでも、気軽に、何度でも。たくさんの笑顔が溢れる、温泉の賑わいを

公式チャンネルを見る

ページTOPへ

「伊東温泉・伊東」周辺の関連記事

このページのTOPへ