富士眺望の湯 ゆらり(山梨) 大パノラマの富士山と露天風呂を一度に堪能!

  • 921 |

富士眺望の湯 ゆらりは、富士山の雄大な絶景を眺めながら、天然温泉を楽しむことが出来る日帰り温泉です。場所は山梨県南都留郡鳴沢村に位置し、まさに富士山のお膝元といったところ。もちろん、温泉以外にもお食事やリラクゼーションが楽しめます。富士の澄んだ空気の中、大パノラマの温泉でリフレッシュしてみませんか?

富士眺望の湯 ゆらりとは?

山梨県南都留郡鳴沢村に佇む日帰り温泉、富士眺望の湯 ゆらりは、富士山を間近で一望できる露天風呂が人気の施設です。館内では大パノラマのパノラマ風呂や夜になると幻想的なライトアップの中入浴が楽しめる霊峰露天風呂などが楽しめます。

またリラクゼーションルームやお食事処、ボディリフレッシュルームも完備されており、景色を楽しむだけではなく、1日ゆったりと癒やしが感じられる施設です。

人気のパノラマ風呂に注目!富士眺望の湯 ゆらりのお風呂

富士眺望の湯 ゆらりの泉質とは?

富士眺望の湯 ゆらりの見どころは、なんといっても温泉。景色が良いのはご紹介した通りですが、もう一点注目したいのが泉質とナノ水です。ナノ水は、1mの10億分の1というナノメートルの世界で、水分子に振動を与えることによって、温泉の保湿や保温効果、浸透作用などが向上するというもの。ちょっと難しい話ですが、要するに天然温泉のお湯が、さらに効果的なお湯へと生まれ変わるのです。

富士眺望の湯 ゆらりに湧出している温泉の泉質は、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、一硫酸塩、塩化物泉(弱アルカリ性低張性低温泉)です。切り傷ややけど、動脈硬化、疲労回復などに効果があるとされています。

富士眺望の湯 ゆらりのお風呂を紹介

さて、ここからはどんなお風呂が楽しめるのかご紹介していきましょう。数あるお風呂の中から、編集部が特にオススメしたいお風呂をご紹介します。

霊峰露天風呂

温泉に浸かりながら、間近にそびえる富士山を眺める事ができる、霊峰露天風呂。広々としたお風呂は、開放感も抜群で、美味しい空気とともに絶景と温泉が同時楽しめます。

また夜になるとライトアップされて幻想的な雰囲気に包まれます。

洞窟風呂

ドーム型になっている、まさに洞窟のようなお風呂です。富士風穴のような溶岩が壁面を覆い、効果的なライトアップで雰囲気は抜群。お風呂自体は低温バブル風呂になっていて、じっくりと浸かっていられる気持ちの良いお風呂です。

蒸し風呂

低温のサウナ、蒸し風呂でじっくりとデトックスしてみるのはいかがですか?体内の老廃物が、汗をかくことによって流しだされ、ストレス発散やリラックスにも効果がありますよ。もちろん普通のサウナもあるので、「やっぱり熱いのじゃなくちゃ!」という方はサウナを利用しましょう。

高見風呂

こちらは内風呂ですが、浴室から富士山が見えるように大きな窓が張られています。四季折々の富士の絶景を眺めながら、屋内での入浴を楽しんでみてはいかがでしょうか。

パノラマ風呂

雄大な富士山の姿を間近で臨みたいなら、パノラマ風呂がおすすめです。周囲の富士の自然に溶け込むかのように作られた露天風呂からは、麓に広がる森林と、その奥に鎮座する雄大な富士山の姿が一望できます。

夜にはもちろんライトアップも。ブルーやグリーンのライトが闇夜に浮かび上がり、かなり幻想的です。

パノラマ風呂で過ごすひと時は格別です。編集部が自信を持っておすすめする温泉をぜひ堪能してみてください。

アメニティーも充実!

富士眺望の湯 ゆらりでは、訪れる方が手ぶらで来られるようにと、様々なアメニティーが用意されています。

アメニティ一覧

  • シャンプ&リンス
  • 石鹸
  • ボディシャンプー
  • メイク落とし
  • 洗顔フォーム
  • スキンケア用品
  • ヘアブラシ
  • ドライヤー
  • 体重計
  • ベビーベッド
  • フェイスタオル
  • バスタオル

SLが走る?!ちょっと変わった食事処に注目

個室のお食事処、お狩り場

富士山麓らしい、温かな田舎料理が楽しめる個室お食事処「お狩り場」。このお食事処には、一風かわった仕掛けが施されています。

それが、SL列車による料理の配膳。なんとこのお狩り場の個室は、窓の外に線路が張り巡らされており、その上を料理を載せたSL列車が疾走します。

 

列車が食事を運ぶと聞くと、某回転寿司チェーンのようなイメージを持つ方も居るかもしれませんが、お狩り場のSLはかなり本格的で、お子様にも大人気。

一度は楽しんでみていただきたい面白い体験ですよ。メニューは、ほうとう鍋やすき焼き、豚しゃぶ、豆乳鍋など。どれも絶品です。

営業時間

  • 11:30~21:30(平日)
  • 11:00~21:30(土日祝)

※最終受付は全日20:00まで。
※15:30~16:30は、「ほうとう鍋」のみ。

カジュアルにお食事を楽しむなら大広間

23テーブル、86席が用意された広々としたお食事処、大広間。ここでは、ほうとうや富士山カレー、富士山コロッケ、ざるほうとう、うどん、そば、丼もの、ラーメン、定食など、様々なメニューが楽しめます。お値段もリーズナブルで、気軽にお食事が楽しみたいという方にはぴったりです。特にほうとうなど、山梨らしいグルメも豊富なので、ご当地グルメが楽しみたいという方も満足できるはずです。

営業時間

  • 11:30~21:30(平日)
  • 11:00~21:30(土日祝)

※ラストオーダーは21:00
※15:30~16:30は、軽食のみ。

ユニークなイベントで割引や体験を楽しもう!

富士眺望の湯 ゆらりでは、年間を通してユニークなイベントが数多く実施されています。あなたも参加して、お得に入浴を楽しんでみてはいかがでしょうか?

4月~5月

  • ヘルメット割引:バイクや自転車など、ヘルメット持参で大人入泉料300円引き

6月4日・11月3日

  • 子供入泉料無料デー:4歳~小学生のこどもは入泉料が無料

6月13日~7月11日

  • ゆらり祭り:七夕祭りなどが開催

11月20日~26日

  • いい風呂ウィーク :いい風呂(1126)にちなんだイベントが開催される

2月23日

  • 富士山の日企画:223(ふじさん)にちなんだイベントが開催される

お風呂あがりにまったり絵手紙作り。絵手紙教室

富士眺望の湯 ゆらりでは、絵手紙教室も開催されています。講師の方が絵手紙のコツを丁寧に教えてくださるので、子どもや初心者でも十分に満足の行く作品が作れますよ。旅の思い出を絵手紙に認めてみてはいかがでしょうか。

絵手紙教室詳細

  • 講師:高山佐智子
  • 開催日程:毎月第三日曜日(8月以外)
  • 開催時間:13:00~16:30
  • 開催場所:富士眺望の湯ゆらり・玄関前ホール
  • 参加費:200円(和紙はがき1枚つき)
  • オリジナル消しゴムはんこ制作:100円~400円

富士眺望の湯 ゆらりの料金と、各種割引・クーポン情報

通常料金

  • 【平日】大人1,300円(貸バスタオル・タオル付)
  • 【平日】こども650円(貸タオル付)
  • 【土日祝】大人1,500円(貸バスタオル・タオル付)
  • 【土日祝】こども700円(貸タオル付)
  • 【19時以降】平日大人1,100円 / 土日祝大人1,300円

遠出するなら、この日が狙い目?!曜日別県民デー

富士眺望の湯 ゆらりでは、曜日によって各都道府県民の入浴料が割引になるサービスが開催されています。対称となるのは、東京都民、神奈川県民、埼玉県民、静岡県民、山梨県民、千葉県民、長野県民。具体的な対象曜日は下記をご確認ください。対象県民は、大人通常1,300円が1,000円になります。 

  • 【月曜日】東京都民
  • 【火曜日】神奈川県民
  • 【水曜日】埼玉県民
  • 【木曜日】静岡県民
  • 【金曜日】山梨・千葉・長野県民

アソビューチケットならいつでも200円OFF!

数多くの割引デーが設定されている、富士眺望の湯 ゆらりですが、なかなか割引の日にあわせて訪れるのも難しいはず。そこでオススメしたいのが、アソビューチケットです。アソビューチケットなら、いつでも200円割引で入浴することが出来るんです。もちろん、貸しタオルやバスタオルもしっかり付いてきます。お出かけ前にぜひ、入浴チケットを購入してみてはいかがでしょうか?

アソビューチケット料金

  • 【平日】大人通常1,300円→1,100円
  • 【平日】こども650円
  • 【土日祝】大人通常1,500円→1300円
  • 【土日祝】こども700円

【最大200円割引!】富士眺望の湯ゆらり クーポン

富士眺望の湯 ゆらりへのアクセス

車を利用する場合

  • 中央自動車道河口湖I.C.下車、国道139号線を本栖湖方面へ10分
    【所要時間:新宿ら90分】
  • 東名高速富士I.C.下車、国道139号線で河口湖方面へ約50分
    【所要時間:静岡から90分】

公共交通機関を利用する場合

  • 新宿からJR中央本線で大月駅へ。そこから富士急行線で河口湖駅まで。下車後本栖湖方面バスに乗り約20分、富士緑の休暇村前下車

無料の送迎バスやレトロバスも運行。電車の方は活用しよう!

富士急行線河口湖駅から富士眺望の湯 ゆらりまでは、無料の送迎バスが運行しています。無料シャトルバスを利用する方は、利用の1時間前までに電話での予約が必要です。予約がない場合は利用できないので、事前に必ず予約を入れましょう。ゆらり予約窓口(0555-85-3126)。

時刻表と集合場所

http://www.fuji-yurari.jp/

また富士急行線河口湖駅から、富士眺望の湯ゆらりに隣接する「道の駅なるさわ」までレトロバスも運行しています。こちらは有料ですが、予約不要で乗車できるので活用してみては。

ページTOPへ

「鳴沢」周辺の関連記事

このページのTOPへ