那須りんどう湖レイクビュー 牧場グルメ・ふれあい・体験を満喫しよう!

  • 2673 |

那須りんどう湖レイクビューは、那須高原唯一の湖「りんどう湖」を中心に、動物と触れ合ったり、乗り物に乗ったり、グルメ・ショッピングなどが楽しめるレジャーランドです。特にアトラクションなどは、湖の上を滑走するジップライン-KAKKU-や遊覧船など、湖ならではなものが中心。家族旅行やデートなど、全世代が楽しめる注目のレジャー施設をご紹介します。

那須りんどう湖レイクビューとは?

可愛い動物たちとふれあえる!

那須高原唯一の湖「りんどう湖」。その畔に広がるレジャー施設が那須りんどう湖レイクビューです。那須りんどう湖レイクビューでは、アルパカやカピバラ、ヒツジ、馬、ジャージー牛、ポニー、うさぎ、モルモットなど、人気の可愛い動物たちとのふれあいが楽しめます。

手作り体験や爽快なアトラクションで思い出作り

また手作り体験やアトラクションなども充実。手作りバター体験や手作りクッキー体験、手作りソーセージ体験など、普段口にするグルメを自分の手で作ってみたり、キャンドル作りやオルゴール作りなど、思い出作りにぴったりな手作り体験も楽しめます。

アトラクションでは、りんどう湖の上で風を切って滑走する「ジップライン-KAKKU-」や、湖畔の絶景を望みながらの遊覧が楽しめる「スイス鉄道」、ダートをカートで駆け抜ける「ウルトラバギー」などが楽しめます。

牧場ならではのグルメも充実!

那須高原 牧場パークの名を冠する那須りんどう湖レイクビューでは、牧場ならではのグルメも堪能できます。ジャージー牛乳を使った、ソフトクリームや、牛乳などは特に絶品。またバーベキューやハンバーグ、ビーフカレーなどのグルメも堪能できますよ。

那須りんどう湖レイクビューの楽しみ方

グルメ、動物、アトラクション、体験が楽しめる那須りんどう湖レイクビューでは、一体どんな楽しみ方が出来るのでしょうか?さっそくご紹介していきたいと思います。

可愛い人気動物たちとふれあおう!

那須りんどう湖レイクビューで出会える動物は、ジャージー牛、アルパカ、カピバラ、ヒツジ、馬、ミニホース、ポニー、犬、アヒル、白鳥、うさぎ、モルモット、ヤギ、烏骨鶏など。もちろん、これらの動物たちと触れ合える「動物ふれあい体験」も開催されています。

那須りんどう湖レイクビューで開催されているふれあい体験

では、実際どんなふれあい体験があるのでしょうか?多数あるふれあい体験の中から、注目のふれあい体験を厳選してご紹介します。

乳牛の乳搾り体験

乳牛のちちしぼりが体験できるイベントです。普段飲んでいる牛乳がどのようにして採れているのか、子どもと一緒に学ぶいい機会にもなりますよ。

  • 【料金】1回200円
  • 【定員】1回150名
  • 【雨天時】開催
  • 【場所】ふれあい動物園

仔牛のミルクあげ

 

可愛い仔牛にミルクをあげてみましょう。一生懸命ミルクを飲む姿にキュンとしてしまうこと間違いなしです。

  • 【料金】300円
  • 【定員】無し
  • 【雨天時】開催
  • 【場所】ふれあい動物園

エサあげ体験

ヤギや馬にエサをあげる体験です。エサを見せると「ちょうだい!」とぐっと顔を近づけてくる可愛い動物たちを観察できますよ。もぐもぐとごはんを食べる姿が愛くるしく、記念撮影などにもぴったりです。

【料金】1カップ300円
【定員】無し
【雨天時】開催
【場所】ふれあい動物園

ヒツジの大行進

編集部オススメのイベントの一つ、ヒツジの大行進。モコモコな可愛いヒツジ達が、牧場の坂道を元気に駆け下ります。群れになって駆け下りてくる様子は迫力も満点!ぜひ参加してみてください。

  • 【料金】無料
  • 【定員】無し
  • 【雨天時】中止
  • 【場所】牧場坂

動物たちのGO!GO!ラッシュ!

那須りんどう湖レイクビューの人気イベントの一つ、動物たちのGO!GO!ラッシュ!。先ほどご紹介したヒツジの大行進よりも、更にスケールアップした大行進が楽しめます。参加するのはアルパカやヤギ、ヒツジなど。普段のんびりしているアルパカが全力疾走する姿も見られますよ。那須りんどう湖レイクビューを訪れたなら、必ず見ておくべきイベントです。

  • 【料金】無料
  • 【定員】無し
  • 【雨天時】中止
  • 【場所】牧舎・牧場坂道

手作り体験で思い出を残そう!

那須りんどう湖レイクビューの楽しみ方のひとつに、手作り体験があります。手作り体験は、体験メニューが豊富で、食の体験や、陶器の絵付、キャンドル作りなどのクラフト体験が楽しめます。ここでは数ある体験メニューの中から、オススメの体験を厳選してご紹介します。

普段何気なく口にしている食べものを作ってみよう!食の体験コーナー

手作りバター体験

生クリームを容器に入れてひたすらふってバターを作ります。出来立てのバターは、パンにつけてその場で試食!自分で作ったバターの味わいはひとしおです。なお、衛生管理上作ったバターは持ち帰れないのでご注意を。

  • 【料金】1回400円
  • 【定員】無し
  • 【所要時間】30分
  • 【場所】わくわく体験館:食の体験コーナー

手作りアイス体験

こどもから大人まで大好きなアイスクリームを手作りで堪能できます。しかも使う素材は濃厚なジャージー牛乳。完成したアイスは、ロイヤルジャージーアイスクリームになります。自分で作ったアイスを思いっきり味わってみましょう。

  • 【料金】1セット(約3名分)1,200円
  • 【定員】無し
  • 【所要時間】30分
  • 【場所】わくわく体験館:食の体験コーナー

手作りソーセージ体験

普段なかなか作ることのないソーセージを作ってみましょう。腸詰め作業など、普段体験することのない体験が楽しめますよ。開催は10セット限定なので、参加希望の方は早めに受付を済ませましょう。事前予約もOKです。

  • 【料金】1セット(約3名分)1,200円
  • 【定員】10セット限定
  • 【所要時間】40分
  • 【場所】わくわく体験館:食の体験コーナー

クラフト体験で思い出に残るモノづくりを

キャンドル作り体験

お洒落なキャンドルを作ってみませんか?ジェルワックスを使って作るキャンドルは、簡単に作れてとってもお洒落。旅の思い出としてお部屋に飾るのにもぴったりですよ。

  • 【料金】1個1,000円
  • 【定員】無し
  • 【所要時間】30分
  • 【場所】わくわく体験館:クラフト体験コーナー

オルゴール作り体験

好みの曲とオルゴール台を選んで、好きな小物を装飾していきます。世界に一つだけのお路地なるオルゴールを作って、お部屋に飾ってみては?大切な人へのプレゼントにもオススメです。作ったオルゴールはすぐに持ち帰れます。

  • 【料金】1個1,300円(小物は別料金)
  • 【定員】無し
  • 【所要時間】20分
  • 【場所】わくわく体験館:クラフト体験コーナー

湖畔ならではの遊びも!アトラクション&乗り物

那須りんどう湖レイクビューには、湖畔だからこそ楽しめるアトラクションが満載。家族や恋人、仲間同士の大人数など、世代やシーンを問わずに楽しめる、那須りんどう湖レイクビューのおすすめアトラクションをご紹介します。

ジップライン-KAKKU-

りんどう湖の上をワイヤーで滑空するアトラクションです。ジップライン-KAKKU-の片道は220m。この長さは、日本最長クラスです。また湖上の滑空は世界初!風を切って滑空する爽快感をぜひ体感してみては。

  • 【料金】往復1名1,000円
  • 【定員】無し
  • 【雨天】中止

スイス鉄道

園内を列車に乗ってゆっくりと走るスイス鉄道。スイス鉄道は元々坂の多いスイスで使用されている鉄道で、アプト式と呼ばれる歯型のレールを走る区間もあります。まるで本当にスイスに居るかのような雰囲気が楽しめるのでオススメです。

  • 【料金】片道400円
  • 【定員】30名
  • 【雨天】開催

ウルトラバギー

林の中に作られたコースをバギーで走行するアトラクション、ウルトラバギー。林間のコースにはダートなどもあり、本格的なオフロード走行が楽しめますよ。運転者身長150cm以上の制限がかかっているので、お子様連れはご注意を。デートなどには最適です。

  • 【料金】1周700円
  • 【定員】1名
  • 【雨天】開催

アーチェリー

普段なかなか体験することのないアーチェリーが楽しめます。女性でも簡単に挑戦できるアトラクションですが、的に当てるのは中々大変。でも当たった時の爽快感もひとしおです。カップルでの挑戦などがおすすめですよ。これが結構盛り上がります。

  • 【料金】10射400円
  • 【定員】無し
  • 【雨天】開催

そのほかにも、立体迷路「目指せ!征服王」やゴーカート、ペダルボート、ジュニアサーキット、パターゴルフ、バズーカ砲、恐竜スタンプ迷路など、大人から子どもまで楽しめるアトラクションが目白押しです。

りんどう湖に幻想的な光が灯る。「トライデントイルミネーション」

 

那須りんどう湖レイクビューは、夜になると昼間とは違った表情を見せてくれます。それがイルミネーションイベント、りんどう湖トライデントイルミネーションです。

湖から吹き上げられる大規模な噴水と光が共演するトライデントイルミネーションは迫力満点。幻想的な光りに包まれた湖を遊覧船で巡るナイトクルーズも人気です。那須高原でのデートの締めにもぴったりです。なお、現在はリニューアル準備中で、再開は平成28年7月16日からとなります。

めいっぱい遊んでお腹がすいたらここ!園内の食事スポット

牧場が併設されている那須りんどう湖レイクビューでは、本格的な牧場グルメが堪能できます。

牧場といえばコレ!ジャージー牛乳グルメ

まずご紹介したいのがソフトクリーム!ジャージー牛乳をふんだんに使用して作られたソフトクリームは、クリームの濃厚さや適度な甘さが特徴です。絶品ソフトクリームはマストで食べておきたいところ。

そのほか、濃厚かつ高品質で普段飲んでいる牛乳とは全く違った味わいの、ロイヤルジャージー牛乳もオススメ。搾りたての新鮮な牛乳を召し上がれ。飲むヨーグルトやカフェオレなども用意されているので、ジャージー牛乳の味わいを色んな形で楽しんでみては。

【価格】

  • ソフトクリーム:380円(税込)
  • ロイヤルジャージー牛乳:250円(税込)
  • ロイヤルジャージー牛乳 のむヨーグルト:250円(税込)
  • カフェオレ:250円(税込)

ワイルドなバーベキューをお腹いっぱいまで堪能

お腹いっぱい食事を楽しみたい方は、バーベキューがオススメです。那須高原の新鮮な野菜や、新鮮な牛・豚・鶏肉がお腹いっぱい楽しめます。開催場所は、平日が時計台レストラン、土日祝がフードガーデンです。

那須高原の食材を堪能!時計台レストラン

時計台レストランでは、本格的な和食や和食が堪能できます。那須御養卵のとろっとろなオムハヤシや、栃木県産のサーロインステーキ、新鮮な食材で作られた牧場ハンバーグなど、那須高原の自然が育んだグルメが目白押しです。

人気のお土産はこれ!

那須りんどう湖レイクビューの人気お土産は、ロイヤルジャージー牛乳やジャージー飲むヨーグルトなど。コクと爽やかな風味が特徴的なロイヤルジャージー牛乳は、一般的に販売されている牛乳とは一線を隠す味わいです。那須高原の味がギュッと凝縮されたジャージー牛乳をプレゼントに購入してみては。

那須りんどう湖レイクビューの料金と割引クーポン情報

通常入園料金

  • 大人1,600円(税込)
  • 小人(3歳~小学生) 800円(税込)
  • 3歳未満 無料
  • 同伴犬 一頭につき500円(税込)※介護犬は無料

※イルミネーション開催時は16時以降大人、小人の入園料半額。
※団体(15名以上)大人1,000円、子供500円
※障害者手帳を持参の方は半額
※60才以上の方は特別割引料金1,000円で入場可能
※犬以外のペットは入場不可

とくとく乗車券

  • 共通2,800円(税込)※乗り物が3,500円分楽しめます

クーポンや割引はある?

公式サイトのクーポンを利用する

那須りんどう湖レイクビューの公式サイトでは、ネット限定のクーポンが配布されています。入園料金が100円割引になるクーポンや、入園券と乗り物10種類乗り放題がついた入園券+エンジョイパス付きクーポンは、大人5,100円が4,800円に。中々にお得なクーポンですので、遊びに行く際はぜひ利用したいところです。

那須りんどう湖レイクビューの割引クーポンを見る

入園料+ソフトクリームのセットが最大32%OFFで楽しめる!

またアソビューチケットでは、入園料+ジャージー牛乳ソフトクリームのセットチケットが販売されています。通常入園料1,600円とソフトクリーム380円で合計1,980円のところ、アソビューチケットなら1,500円で楽しめますよ。実質入園料100円割引で、ソフトクリームまでついてくるお得なチケットをぜひ活用してみては?スマホでの事前購入制なので、入園時も入り口でスマホを見せるだけとスムーズです。

料金(入園料1,600円+ソフトクリーム380円)

  • 大人1,980円→1,500円
  • こども1,180円→800円

【最大32%OFF!】 りんどう湖レイクビューのチケット購入はこちら

那須りんどう湖レイクビューへのアクセス

車を利用する場合

  • 東北自動車道那須I.C.下車後10分

公共交通機関を利用する場合

  • 黒磯駅下車後、車で約20分
  • 那須塩原駅下車後、車で約30分

無料シャトルバスも運行

那須塩原駅やエピナール那須を経由する無料シャトルバスが運行しています。利用はりんどう湖レイクビューを利用される方限定になってしまいますが、ぜひ活用してみてください。利用は事前予約制で、前日の16時までに予約しておく必要があります。

  • 予約窓口(0287-76-3111)

無料駐車場も完備

無料の駐車場も完備されています。キャパは乗用車が3,000台、バスが200台と広々です。なす観光は車移動が大変便利なので、車が出せるようなら、車でのアクセスがおすすめです。

ページTOPへ

「那須」周辺の関連記事

このページのTOPへ