上田城跡公園 東京から90分で行ける!ドラマ「真田丸」の舞台を旅しよう

  • 1433 |

2016年のNHK大河ドラマ 「真田丸」の舞台ともなった上田城。現在は上田城跡公園という名称になり、多くの観光客が訪れています。上田市までは東京駅から北陸新幹線で約90分。宿泊をしてじっくりと観光できるのは勿論のこと、日帰り観光バスツアーや個人旅行などで、気軽に日帰り旅行が楽しめます。今回は、上田城跡公園を取材してきました!さっそく見どころをご紹介していきましょう。

30秒でわかる上田城跡公園の歴史

上田城跡公園は長野県上田市にある、上田城を中心に整備された公園です。上田城の本丸、二の丸を中心に観光客だけでなく市民の方たちにとっても憩いの場となっています。

上田城は真田氏により、1583年(天正11年)に築城されました。1585年、1600年と2度にわたる真田軍と徳川軍との戦い、上田合戦で広く知られています。その後、関ヶ原の戦いで敗れ、1601年に上田城は徳川軍に破却され、堀も埋められました。

江戸時代には上田藩の藩庁が置かれ、仙石忠政により上田城が再建されました。破却や城外への移築があり、明治時代に残ったのは石垣と西櫓のみとなっています。

その後、昭和期には移築されていた本丸の櫓2棟が元の位置に復元され、平成に入り、櫓門や塀などが木造復元されています。

上田城跡公園の見どころ7選

上田城跡公園内には「真田神社」「上田市立博物館」「信州上田真田丸大河ドラマ館」など観光スポットがぎゅっと詰まっています。公園のみを散策するのであれば30分ほどでまわることが出来ますが、市立博物館なども鑑賞するのであれば1時間半から2時間ほど時間が欲しいところです。

上田城跡公園に観光へ訪れた際に、ぜひ訪れて欲しい見どころを7ヶ所紹介します。


見どころ1:映画「サマー・ウォーズ」にも登場!? 「上田城東虎口櫓門」


上田城の見どころとしてまず紹介したいのは、上田城東虎口櫓門。

上田城にまつわるパンフレットなどもこちらで撮影されることが多いフォトスポットです。訪れたらまずここで撮影をしたくなる圧巻の櫓門となっています。

こちらの櫓門はアニメ映画「サマー・ウォーズ」の舞台となる家の門の参考にもなっています。

上田城に行く前にチェックしてみると櫓門をより楽しめます。

また毎年春になると、櫓門近くには枝垂桜や堀のまわりのソメイヨシノが美しく咲き誇り、訪れる人たちを魅了しています。

東櫓内には展示室があり、有料で拝観ができます。本来は撮影禁止なのですが、今回は特別に撮影許可をいただきました。

櫓内に入ってすぐの場所には、甲冑が展示されています。真田幸村(信繁)所用と伝えられる当世具足を元に製作された模造品です。

櫓の2階にのぼると上田城跡のジオラマがあります。

これは明治維新当時の様子を知る人の指導により製作された、日本で最初の城のジオラマだそうです。

完成したのは昭和3年。約80年前のジオラマは、現在の上田城跡公園の様子と比べつつ見てみると面白いです。

櫓内の展示室の見どころは2016年1月より公開されたプロジェクションマッピングです。第一次上田合戦の様子を映像とマッピングで分かりやすく説明してくれます。

上田の地形が立体的に映しだされるので、戦いがどのように展開されたのかが視覚で分かります。

また、櫓内からは外の景色も見ることができます。

真田氏の時代は城下すぐ下には千曲川の分流が流れていたそうです。当時のことを想像しつつ、眺めてみるとロマンを感じられます。

東虎口櫓門には「真田石」と呼ばれている大きな石垣の石があります。

石垣の石の大きさは城主の権力を表したものと考えられています。「真田石」と呼ばれていることから、真田氏の時代からあった石なのかと思われる人も多いようですが、実は違います。

現在の石垣は江戸時代に仙石忠政が造ったものであり、真田氏に寄せる人々の想いから「真田石」と名付けられているそうです。

NHK大河ドラマ「真田丸」のオープンニングでは上田城東虎口櫓門を下から見上げる映像が使用されています。バス駐車場近くより見上げることが出来るので、行き帰りの際に忘れずに見てくださいね。

見どころ2:智恵の神、真田幸村が祀られる「眞田神社」

上田城東虎口櫓門の奥には眞田神社があります。眞田神社は上田城を築城した真田昌幸、真田幸村、江戸時代の藩主である仙石家、松平家が祀られています。

ご神紋である「六文銭」「永楽通宝」「五三の桐」に加え、現在では智恵の「智」も神社の象徴になっています。

眞田神社を参拝したら、引き返さずそのまま左奥へ進みましょう。「真田井戸」があります。この井戸は抜け穴があり、城北の太郎山まで繋がっていたといわれています。大阪まで繋がっていたという伝説もあるそうです。

見どころ3:江戸時代の建築がそのまま残る「西櫓」


移築や再建の多かった上田城ですが、西櫓は江戸時代以降も当時のまま残っています。西櫓の中は保存・保護のために今まで公開されていませんでしたが、2016年12月までの期間限定で特別公開中です。

床は保護のために板が敷かれていますが、柱などは江戸時代のままとのこと。櫓の拝観券で観ることが出来ますので、こちらも忘れずにぜひ。今だからこそ拝観できる西櫓は真田井戸の奥にあります。(拝観券がない場合は西櫓入口までは行くことが可能です。)

見どころ4:上田城の歴史が丸わかり!「上田市立博物館」


上田市立博物館は上田城跡公園内にあります。上田城の歴史について分かりやすく知ることができるので、上田城跡公園に訪れた際はぜひ立ち寄って欲しいスポットです。

上田市立博物館別館では、真田氏関連特別企画展 第二期「上田城築城と第一次上田合戦」が開催されていました。実際の歴史を知る資料などが展示されています。


真田氏関連特別企画展 第二期の見どころは真田昌幸所用の具足。小札の重なる部分を最小限にして具足の軽量化が図られています。


また、今回の企画展に合わせて初公開となった第一次上田合戦ジオラマも展示されていました。二の丸城門の戦いが再現されています。

二の丸城門は現在も当時の地形を活かしたまま残っているので、二の丸城門にも足を運んでみてください。


館内では真田氏関連シアター映像「真田三代と上田城」(17分)も上映されています。上田城跡公園を観光する際に注目したい点についても分かりやすく説明されていて、お時間に余裕がある方にはぜひ観てほしい映像です。

期間毎に異なる企画展はもちろん、常設展も見応えたっぷり。ぜひ足を運んでみてください。

見どころ5:アプリで上田城をもっと楽しむ!「VR上田城」

「VR上田城」は400年前の上田城を観て・聴いて・知って・参加できる、iOS、Android用無料アプリケーションです。

3DCGで再現した城郭の姿を現地7箇所で360度見渡すことができるパノラマVR、真田氏ゆかりの地 映像ツアー、散策マップ、上田城年表などがアプリの中に入っています。

パノラマVRは現地でしか試すことができないので、訪れた際はぜひパノラマVRで当時の姿を確認してみてください。真田氏ゆかりの地 映像ツアーは上田市の観光の参考にもなりますので、上田城跡公園観光前のダウンロードがおすすめです。

アプリ内には「上田城クイズ」もあります。7ヶ所の閲覧エリアで挑戦できるクイズに全問正解した方には、真田グッズと博物館所蔵の特典画像がプレゼントされるので、ぜひチャレンジしてみてください。(※2016年12月28日(水)まで。詳細はアプリをご確認ください。)

URL: http://www.uedakyoiku.jp

見どころ6:「真田丸」ファンなら見逃せない!「信州真田丸大河ドラマ館」

2016年1月にオープンし、わずか3ヶ月で来場者数が13万人を超えた「信州真田丸大河ドラマ館」も見逃せません。

実際の撮影に使用された小道具やキャストの衣装、大河ドラマ「真田丸」モデル鎧兜など、大河ドラマを観ている人たちには堪らない展示も惜しみなくされています。

オープニングに使用されている題字制作シーンの4Kシアターやドラマのスタジオ内の様子がヴァーチャルリアリティで体験出来たりとここでしか知ることが出来ない大河ドラマの裏側も公開されています。

ここを訪れることで、大河ドラマ「真田丸」がより楽しめます。

見どころ7:上田のご当地グルメを堪能!「真田茶屋」

飲食や休憩ができる城下町風に装飾した「真田茶屋」では、信州や上田市のご当地グルメを味わうことができます。2016年4月オープンのまだ新しい施設ですが、活気に溢れており、お客さんも多くとても賑わっています。「信州上田真田丸大河ドラマ館」前にあるので、お昼に休憩にと利用しやすいです。

せっかく来たのであれば食べてもらいたいのが、「美味だれ(おいだれ)焼き鳥」。すりおろしにんにくが入った醤油ベースのタレがかかった焼き鳥です。こちらの焼き鳥は真田地鶏を使用しており、上田尽くしな一品となっています。美味だれの味はお店によってそれぞれ異なるので食べ比べもおすすめです。

上田城跡公園で開催されるイベントも見逃さずに

大河ドラマ「真田丸」の影響もあり、土日のみならず平日も賑わっている上田城跡公園ですが、より上田城跡公園の観光が盛り上がるイベントがあります。桜や紅葉など、季節を感じることのできるイベントに合わせて、上田城跡観光のスケジュールを組んでみるのもおすすめです。

「真田丸」ファンはもちろん、そうでなくても子どもから大人まで楽しめるスポットの多い上田城跡公園、ぜひ訪れてみてください

上田城跡公園の恒例イベント

■上田城千本桜祭り(毎年4月上旬〜中旬開催)

期間中は上田市内の名品をはじめとする観光物産展や、ステージイベント、体験アトラクションなど様々な催し物も企画されています。
日没後は上田城跡公園の桜がライトアップされ、幻想的な夜桜を楽しむことが出来ます。


■上田真田まつり(毎年4月開催)
信州上田の戦国時代絵巻を再現するお祭りです。
上田城築城を祝う上田獅子の舞、真田軍と徳川軍の決戦劇などが行われます。
上田城跡公園芝生広場では上田城鉄砲隊演武、第一次上田合戦再現などを鑑賞することができます。


■上田城けやき並木紅葉まつり(毎年10月下旬〜11月上旬開催)
「日本夜景遺産」に認定された上田城跡公園のけやき並木遊歩道ライトアップ。鮮やかな紅葉が上田城を彩り、多くの人を魅了します。グルメイベントや甲冑試着、乗馬など歴史・グルメ・おもてなしを堪能できるイベントも盛りだくさん。(公式ホームページより)

※イベントの詳細は、上田城跡公園公式ウェブサイト(http://museum.umic.jp/hakubutsukan/)をご覧いただくか、施設までお問い合わせください。

ページTOPへ

「長野」周辺の関連記事

このページのTOPへ