ハワイアンズ 常夏の楽園でフラーガールショーや温泉を満喫!

  • 5606 |

ハワイアンズは、福島県いわき市湯本温泉郷にある、映画「フラガール」でおなじみの大型スパリゾート施設です。映画でも知られている通り、華やかなフラガールのショーを間近で楽しめることで知られています。館内には、湯本の温泉を使用した巨大プールや屋外スパ、さらにはホテル、ゴルフ場などもあり、子供から大人まで、1日中楽しめます。今回は、そんなハワイアンズの魅力をたっぷり紹介します。宿泊施設やツアー情報まで網羅していますので、ぜひ参考にしてください。

【最大1,640円割引】ハワイアンズ 入場チケット+スライダー乗り放題券はコチラ!

ハワイアンズとは?

福島県いわき市湯本温泉郷にある大型レジャー施設、ハワイアンズ。1966年に常磐ハワイアンセンターという名前でオープンし、1990年のオープン25周年を機に現在の名前に改名・リニューアルオープンしました。

2006年には、設立当初の常磐ハワイアンセンターを舞台にした映画「フラガール」が大ヒット。一躍その名前が全国に知れ渡りました。特に映画でも描かれたフラガールのショーは人気で、週末は家族連れを中心に多くの人で賑わいます。

ショーのほかにもプールや温泉、ウォータースライダーがあり、子供から大人まで幅広く楽しめる施設として人気です。さらに周辺にはホテル、ゴルフ場などもあり、気軽に南国気分を楽しめるスポットとして多くの人が足を運んでいます。

ハワイアンズへのアクセス

まずはハワイアンズへのアクセス方法をご紹介します。様々な交通手段があるのでどれがベストなのか迷っている方も多いはず。ハワイアンズの最寄り駅やバス情報など、こちらの情報を参考にしてください。

公共交通機関を利用する

電車

  • JR常磐線「湯本駅」下車、そこから無料送迎バスで約15分

無料送迎バスの時刻表はコチラ!

バス

  • 「湯本駅」から路線バス新常磐交通「ハワイアンズ行」で約13分

路線バスの時刻表はコチラ!

関東各地からの無料の送迎バスを利用する

ハワイアンズでは、宿泊者を対象に関東各地から無料送迎バス「ハワイアンズエクスプレス」を運行中。最寄りのバス発着場所まで行けば、実質交通費0円でハワイアンズまで行けるので、日帰りでも泊りがけでもあまり金額的な差が無く楽しめるのがポイント。予約方法は、公式HPで宿泊予約をする際に申し込みが可能です。

出発場所はコチラ

  • 東京駅
  • 北千住駅
  • 新宿駅
  • 渋谷駅
  • 池袋駅
  • 横浜駅
  • さいたま新都心駅
  • 千葉駅
  • 立川駅
  • 西船橋・松戸駅

全て駅で表記していますが、実際の集合場所は駅の最寄りの駐車場であったり、交差点の角であったりバラバラなので、利用する際は公式HPをよくご確認の上足を運んでください。

送迎バスは大型の観光バスを使っているので、疲れにくく快適。宿泊に必要な大きな荷物もトランクに入れられるので、楽ちんです。約3時間ほどの道中では東京-ハワイアンズ間で休憩を1回、ハワイアンズ-東京間で2回休憩をとります。また車内では、施設の時間表も配られ、気分は遠足。ワクワクしながら気付けばハワイアンズに到着していますよ!

運行スケジュールはコチラ!

車を利用する

車を利用する場合は、常磐自動車道「いわき湯本IC」で一般道へ降りると、そこから約3分ほどで到着します。

東京方面

  • 首都高速6号線~三郷IC~常磐自動車道~いわき湯本IC 所要時間約1時間50分

駐車場

ハワイアンズには4,000台分の車を停められる無料駐車場が完備されています。その日に帰る方は日帰り用の第一駐車場から第三駐車場を、泊りがけの方は宿泊者用の第一駐車場・第二駐車場をご利用ください。宿泊者用の第2駐車場には、電気自動車高速充電器も設置されているので、電気自動車での来園も安心です。

気になる混雑状況は?

普段でも大勢の人が訪れる「ハワイアンズ」。GWやお盆、シルバーウィークには大変な混雑が予想されます。できることなら、そういった時期には公共交通機関を利用するのがオススメです。

ハワイアンズの料金

ここではハワイアンズの料金をご紹介します。様々な料金パターンがあるので、遊びに行く予定に合わせてしっかり吟味してください。

通常料金

通常料金はこちらです。【 】内は障がい者割引になっており、障がい者手帳、療育手帳をお持ちの本人のみ適用となります。

  • 大人:3,240円(税込)【1,620円(税込)】
  • 小学生:2,060円(税込)【1,030円(税込)】
  • 幼児(3~5歳):1,450円(税込)【725円(税込)】

15時以降    

  • 大人:2,730円(税込)  
  • 小学生:1,700円(税込)  
  • 幼児(3~5歳):1,190円(税込)

18時以降(7/16~8/31)    

  • 大人:1,620円(税込)    
  • 小学生:1,030円(税込)    
  • 幼児(3~5歳):725円(税込)

18時以降(9/1~)    

  • 大人:2,530円(税込)    
  • 小学生:1,700円(税込)    
  • 幼児(3~5歳):1,190円(税込)

レンタル料金

ハワイアンズでは遊ぶ際に必要な水着などの用具をレンタルすることができます。もし万が一、水着を忘れた!なんてことになっても大丈夫。ここではその一部をご紹介します。

  • リゾートセット(水着+バスタオル+浴用タオル+アロハ又はムームー):1,550円
  • 水着セット(水着+バスタオル+ガウン+浴用タオル):1,340円
  • 水着バスタオルセット(水着+バスタオル+浴用タオル):1,250円
  • 子供水着セット(水着+バスタオルまたはガウン+浴用タオル):930円

※スパリゾートハワイアンズ入場料は含まれていません

クレジットカードは使える?

プールに行った時必ず気になるのが、現金の持ち運びです。水で濡れてしまう心配はもちろん、盗難などの恐れもあることから、現金はあまり持ち歩きたくない方が多いのではないでしょうか?ハワイアンズでは現金はもちろん、クレジットカード・電子マネー・リストバンド決済が可能となっています。主にパークフロント、常設のショップ、飲食店舗で使用できるので、クレジットカード派の方はぜひ利用してください。

割引クーポン&前売りチケット

ここではハワイアンズのお得な割引情報や、その他お得なチケット情報までご紹介します!

割引クーポンを持参するとお得に入場できる!

公式サイトの、「ホームページ特別入場割引券 お申し込みフォーム」に、名前、住所などを入力し、確認画面へ進みむと、ホームページ割引券が発行されます。それをプリントアウトし、来場の際にチケット売場へ提出してください。入場料が最大160円OFFとなります。

公式サイト割引クーポンはコチラから!

最大1,640円割引!スライダー乗り放題券が付いてさらにお得!

こちらの前売りチケットは入場チケットとスライダー乗り放題券が付いて、通常5,540円のところ税込み3,900円で販売中です。また入場料3,240円が税込み2,600円になる割引入場券も人気となっています。購入方法は、入場前にスマホでさっと購入するだけ。後は、受付でスマホを提示するだけで楽々入館できますよ。

ゆっくりと楽しみたい方のために!宿泊施設やお得情報を紹介

ハワイアンズへは、東京駅から車でおよそ3時間。宿泊施設を気にする方も多いでしょう。そこで、ここでは施設内にある宿泊施設と、お得な情報をご紹介していきます。

ハワイアンズにある宿泊施設

モノリスタワー

丘の上にそびえ立つモノリスタワーは、未来構想のシンボルタワーです。コンセプトは"ハワイアン&スパ"ですが、単なるハワイ風ではありません。ハワイアンズならではの、先進のネオ・ジャパネスク・リゾートとなっています。客室も種類豊富で、様々な年代や家族構成に対応できるのが魅力。優雅なジュニアスイートルームから、子供連れにぴったりな和室まで用意されています。さらに、大浴場やフレンチポリネシアン・ブッフェも楽しめますよ。

宿泊プラン

  • 【平日お得な宿泊プラン】源泉かけ流しの大浴場とフレンチポリネシアンブッフェがおすすめ!

こちらのプランは、滞在期間中のスパリゾートハワイアンズ入場券付、さらに朝食はバイキング、夕食はフレンチポリネシアンブッフェという豪華お得プランです。料金は13,800円から15,960円となっています。

【平日お得な宿泊プラン】詳細はコチラ!

  • 【記念日におすすめ!】モノリスタワー 大切な記念日を演出します!

こちらのプランは、夕食時にケーキを準備してくれたり、オハナ写真館にて記念撮影ができたりと、特別な日にぴったりなプランです。料金は、スパリゾートハワイアンズ入場券付で15,880円から52,650円となっています。

【記念日におすすめ!】のプラン詳細はコチラ!

ホテルハワイアンズ

ホテルハワイアンズは、ハワイアンズに連絡通路でアクセスできる大型ホテルです。和室を中心に、和洋室、シングルルームと全305室のスタンダードタイプの部屋があり、ファミリー層を中心に人気があります。また2016年4月にオープンし、和・洋・中約40種のできたて料理が味わえる「ライブキッチンバイキング」も魅力です。

宿泊プラン

  • 【web予約限定!早期割引プラン】ホテルハワイアンズのリーズナブルな和室がお得!

こちらのプランは、webで早めに予約すると、スライダー3種共通1日券が付いていたり、スパリゾートハワイアンズ入場券が付いていたりするお得なプランです。もちろん朝・夕食はバイキングとなっています!料金は10,800円から21,600円。

【web予約限定!早期割引プラン】の詳細はコチラ!

  • 【平日がお得!】カジュアルなレストランパームで夕食を

こちらのプランは、1泊2食&ハワイアンズの入場券が付いています。バイキングでは、シェフの気まぐれ1ディッシュを1名に1プレートサービス。水着でもOKのハワイアンなプランです。料金は7,800円から9,960円となっています。

【平日がお得!】のプラン詳細はコチラ!

ウィルポート

地中海のリゾート地、リビエラをコンセプトにしたリゾートホテルです。船をモチーフとしたキャビンと呼ばれる客室が左右に並びます。

宿泊プラン

  • 【プレミアムルーム】イタリアンモダンを追求した豪華なスイートキャビン

こちらのプランは、雄大な山々を望む展望が美しく、白を基調としたお部屋でのびのびと休日を楽しめるプランです。もちろんスパリゾートハワイアンズ入場券が付いています。専用レストラン「ラティオ4・2・2」で、素材にこだわった美味しいブッフェが楽しめるのも魅力です。料金は22,680円から52,920円となっています。

【プレミアムルーム】の詳細はコチラ!

  • 【早期割引プラン】プールに一番近いゲストルーム

こちらのプランは、地中海のリゾート地リビエラがコンセプトのお部屋で、ゆっくり滞在できるプランです。客室は白で統一され、明るく開放的でリゾート気分を演出します。夕食はメインが選べる「リゾートブッフェ」、朝食はバイキング。料金はハワイアンズ入場券付で12,960円から36,720円となっています。

【早期割引プラン】詳細はコチラ!

やすらぎ亭

ホテルハワイアンズに5室だけある特殊な施設です。木を贅沢に使用した和の空間と専任のお部屋係の細やかなサービスがポイント。また5室専用の厨房から運ばれてくる贅沢な和食懐石も味わえます。

  • 料金:28,080円~(大人1名1泊料金)

クレスト館

ハワイアンズのメイン施設より徒歩3分の場所に位置する、リーズナブルな値段が人気のホテルです。和・洋・中約40種類のメニューが並ぶバイキングも好評です。

  • 料金:4,320円~(大人1名1泊料金)

予約方法と、格安で宿泊する方法は?

ハワイアンズのホテルは電話予約にも対応していますが、実は公式HPからのWEB予約が一番お得です。他ウェブサイトとの徹底比較で最安値を常にキープしており格安て宿泊できるのはもちろん、宿泊予約する際には「ハワイアンズの入場券」「無料送迎バス予約」「フラガールショー有料席予約」などの特典が付いてきます!

ハワイアンズへ行くときの持ち物は?

ここでは、ハワイアンズへ行く際持っていくと便利なアイテムをご紹介!何か必要な物が欠けてしまったらせっかくのお出かけも残念なことになります。しっかり予習して、パッキングは慎重に行ってくださいね。

持っていると便利なもの

  • 小銭が入る密封ケース
  • 羽織るもの
  • レジャーシート
  • ゴーグル
  • サンダル
  • カメラ

小銭が入る密封ケースはプールに行くときは必需品です。首から掛けられるようなものならなお良し。また、冬季には何か羽織れるものがあればいいですね。温泉成分のプールもあるのでゴーグルもあったほうがいいでしょう。さらにハワイアンズでは、手持ちで大きすぎないカメラでのショーの撮影が許可されているので、記念に残したい方は忘れずに持って行ってくださいね。

カップルで遊びに行く場合

  • 水着

ハワイアンズでは水着のレンタルをしていますが、カップルで訪れる場合はちょっと話が違ってきます。特に女の子はお気に入りの水着を着たいもの。男の子からしても彼女にあった水着を着てほしいものです。レンタルでも良いものはありますが、気に入ったものがあるかは分かりません。うっかり忘れないよう、出発前は2度チェックしておきましょう!

子連れの場合

  • 飲み物
  • 目薬・絆創膏
  • 浮き輪・空気入れ
  • 水遊び用のオムツ

小さなお子さん連れでハワイアンズを訪れる際は、浮き輪・空気入れを持っていくと便利でしょう。浮き輪は有料なうえ、100cmから120cmの水深があるプールも多いので、ぜひお忘れなく。あと心配なのが怪我ですね。もしもの場合があるといけないので、最低目薬と絆創膏は持っていかれることをお勧めします。また、まだおむつがとれない赤ちゃん用のプールもあるので、水遊び用のオムツがあると便利です。

次のページ→ハワイアンズのスパや温泉を詳しくご紹介!

ページTOPへ

「いわき湯本温泉」周辺の関連記事

このページのTOPへ