日本最速の開花宣言はココ!1月のお花見で寒い冬にさようなら!

  • 894 |

ほっこり、ゆったり。沖縄は冬も楽しいさ~。

常夏というイメージのある沖縄ですが、1月は沖縄でも季節的には冬にあたります。とはいえ、日本の他の地域よりは格段に暖かいことは確かです。
寒さを逃れて、「避暑」ならぬ「避寒」の目的で訪れる人も多数。夏とはまた違い、ほっこりのんびりできる穴場の時期です。
1月の沖縄に行くのにチェックしておきたいポイントをまとめました。

気温~10度を下回るとニュースに!?

1月は沖縄といえども冬。
とはいえ平均気温は17度ほどと、他の地域よりはだいぶ暖かい気温です。
寒い日の最低気温は平均10度、暖かい日の最高気温は24度。寒い日と暑い日でかなりばらつきがあります。ちなみに、沖縄の人は最低気温が15度を切ると「寒い」と思うそう。さらに、最低気温が10度を切ると、ニュースや新聞で大々的に取り上げられることもしばしばです。

天候~「曇天率」日本一!

冬は曇りがちな天気が続きます。1か月の天気に占める曇りの日の割合を「曇天率(どんてんりつ)」と言いますが、1月はなんと、沖縄の曇天率が日本一。
1か月の日照時間は約100時間と、最も日照時間の多い7月の半分以下です。
曇っているぶん、晴れ間がのぞいて美しい空、青い海が見られた時の感動はひとしお。日光が差してきて、海の色がどんどん変わっていく様子には思わず見とれてしまいます。

ちなみに、どんよりとした曇りの天気が続きますが、意外にも雨が降ることは少ないのでご安心を。降ってもザッとスコールのような感じで、少し待てばやむことがほとんどです。
沖縄の人はあまり傘を持ち歩いたりしないそうですよ。

http://news.livedoor.comarticledetail7225743

服装~脱ぎ着できる服装が吉!でも防寒はしっかり

1月は特に、日によっての寒暖の差が大きいので、脱ぎ着しやすい服装がおすすめです。
風が強い日は、体感温度はかなり寒く感じます。東京から着ていったコートをそのまま着ていても充分なことも。
さらに、10日~2週間に1回ほど、冷たい北風が吹く日があります。沖縄と言っても、この時期はちゃんと防寒のことを考えていったほうがいいでしょう。

逆に日差しが強く、夏のような雰囲気になることもあります。暖かい日は半袖にパーカーやカーディガンなどでじゅうぶんなこともあります。運が良ければ、半袖で充分なことも!

http://blogs.yahoo.co.jpkei15y21234510.html

ちなみに沖縄の人は寒がりなのか、観光客がパーカー&半袖のような服装をしている時に、ダウンを着ている人もいます。かと思えば半袖を着ている人もいたり。人それぞれのようです。

海~泳げないけれど、マリンスポーツには最適。

水温は24度ほど。手で水に触れると「冷たい!」と感じる温度です。ビーチはクローズしているので、ライフセーバーはいません。泳ぐのはやめたほうがいいでしょう。といっても、寒すぎて水着で海に入ると凍えてしまいます!

スキューバダイビングやシュノーケリングなど、海のアクティビティは年間通して開催しているので、きれいな海が見たい、と思ったらツアーなどに申し込んでみましょう。ツアーに参加すれば、ウェットスーツを貸してくれます。ウェットスーツを着ればだいぶあたたか。最初に体とウェットスーツの間に入ってくる冷たい水を耐えれば、あとは快適に楽しめます。

冬はプランクトンなども少なく、海が澄んでいるので、実は海の中を見るのには一番いい季節。顔をつければ目の前にカラフルな魚が泳いでいる姿を楽しめますよ。

イベント~日本一早い「桜まつり」に酔いしれる

1月下旬からは、濃いピンク色が印象的な「寒緋桜(カンヒザクラ)」が咲きます。桜の開花にあわせて、各地で桜まつりが行われます。
とくに有名なのは、世界遺産・今帰仁城で行われる「今帰仁グスク桜まつり」。美しい生け垣を紅色の桜が彩る様子は、まさに春。ほっこり、のんびり気分で散策を楽しみましょう。

http://www.mapple.net/photos/H0000051441.htm

旅行代金~お正月直後が狙い目

年末年始には旅行代金が跳ね上がりますが、お正月直後、だいたい4日出発ぐらいからどんどん旅行代金が下がっていきます。5月の梅雨時期と並んで、1年でもっとも格安に沖縄旅行を楽しめる時期になっています。

沖縄ののんびりとした雰囲気や、ドライブでの爽快感を味わいたいなら、1月の沖縄はおすすめです。

気温等出典
気象庁

ページTOPへ

「沖縄」周辺の関連記事

このページのTOPへ