日本中が羨む4月の沖縄!夏男、夏女は早くもシーズンイン!

  • 1017 |

一足お先に夏男、夏女の出番!

日差しが強くなり、一気に初夏~夏の雰囲気が漂う4月の沖縄。沖縄各地のビーチでは次々と海開きが行われ、早くも海遊びモードに突入します。
天候も安定していて、観光にもアクティビティにも最適の気候です。
旅行、出張などで4月の沖縄に訪れる際に、知っておきたい情報をまとめました。

気温~夏の雰囲気、でも寒暖の差に注意

4月の沖縄の平均気温は21度。過ごしやすいと感じられる気温です。
暑い日の最高気温は28度にもなり、すっかり夏の雰囲気です。日射しもジリジリと照りつけてくるようです。一方、まだ夏にはなりきれていないのが4月の時期。寒い日の最低気温は14度ほどで、朝晩の風があるときなどはもっと寒く感じられることもあります。

天候~生気みなぎる、「うりずん」の季節

4月は沖縄では年間を通しても最も天気が安定している月。穏やかで晴れ間ものぞき、天気に恵まれています。
雨はたまに降りますが、降ってもスコールのような雨なので、少し雨宿りをしていればやむ程度です。雨上がりには虹が見られることも。
この時期は水分が大地にしみこみ、生気がみなぎる季節。次々と植物が芽を出してきます。この時期を沖縄の言葉で「うりずん」といいます。

服装~Tシャツの出番!夏のファッション先取りも

基本的に半袖Tシャツ、Gパンなど、初夏の装いで快適に過ごせます。
沖縄は海に囲まれている島なので、日中は穏やかでも朝晩はだいたい海風が吹きます。海風が冷たい空気を連れてきて、少し冷え込むこともあるので、風を通さない羽織りものが1枚あると便利です。
日中の暑い時間帯は足を出すファッションでも寒く感じません。暖かかくなったら着よう、と思っていたファッションを沖縄でデビューさせられるかも!

海~マリンスポーツをエンジョイ!

4月中旬までにほとんどのビーチが海開きを終えます。
海開きが行われたあとは、ビーチハウスが開いたり、ライフガードが常駐したりと、海遊び全開モードです。パラソルとシートを持って行って、本を読みながらのんびり日光浴も気持ちいいですよ。

マリンスポーツなども本格的なシーズンを迎えます。とはいえ、まだ水温が低いため、ずっと海に入っていると寒さを感じます。体験プランに申しこめば、海に入る時はウェットスーツを貸し出してくれるところがほとんどなので、安心して楽しめます。

イベント~日本一早い花火に酔いしれる

各ビーチの海開きでは、バーベキューやエイサーなど、さまざまなイベントが行われます。
4月中旬には全国一早い夏の花火、「琉球海炎祭」が行われ、1万発の花火が夜空を彩ります。

http://www.city.ginowan.okinawa.jp/sisei/policy/01/nittei/h25/04pic.html


また、宮古島でトライアスロンの大会「全日本トライアスロン宮古島大会」が開催されます。30回以上開催されている歴史ある大会で、全国から歴戦の猛者が集まります。

旅行代金~特に上旬は狙い目!

3月までの春休みシーズンが終わると、旅行代金はガクンと下がります。2月よりもさらに安い料金で沖縄旅行を楽しめる、なんていうことも。4月3週目ぐらいまでは安い料金の設定、そのあとはGWに入ってくるので、旅行代金は上がってきます。
新年度ということもあり、休みが取りにくい人が多いため、比較的空いている、安い、といいコトずくめ。休みが取れるのだったら、かなりおすすめの時期です。

夏の雰囲気を感じながらも、リーズナブルに旅を楽しめる。4月の沖縄はまさに穴場です。

気温等出典
気象庁

ページTOPへ

「沖縄」周辺の関連記事

このページのTOPへ