京成バラ園 約1,600品種のバラが咲き誇る美しい庭園

  • 2866 |

千葉県八千代市にある「京成バラ園」は、都心から1時間以内で行けるローズガーデンです。1,600品種ものバラの競演を楽しめるほか、様々な花が四季折々に咲き誇り、見所満載となっています。バラや園芸、ガーデニング好きは見逃せないスポット・京成バラ園。ここでは、そんな京成バラ園の特徴やアクセス、見どころをご紹介していきます。

京成バラ園とは?

京成バラ園は、千葉県八千代市にある1,600品種10,000株のバラが咲き誇るバラの園です。

「日本にバラ文化を広める」「世界に誇れるバラを作る」というコンセプトのもと、1959年に設立。1999年には、園内のメインスポット「ローズガーデン」を中心に、バラをテーマにしたローズショップやレストラン、ガーデンセンターなどを備え、バラの一大複合施設としてリニューアルオープンしました。

オープンして以来美しいバラ園作りに磨きをかけ、多くの人を魅了している傍ら、世界で開催されているバラコンクールでも輝かしい成績を残すなど、バラ文化の普及にもひと役買っています。

訪れる際は、綺麗なバラはもちろんですが、アーチ、スクリーン、パーゴラ、ポールを使い、バラをより美しく見せる植栽や演出にも注目してください。

京成バラ園へのアクセス

まずは京成バラ園へのアクセス方法をご紹介していきます。

車を利用する場合

  • 常磐自動車道の「柏IC」出口から、国道16号線を八千代市方面へ約50分
  • 東関東自動車道の「千葉北IC」出口から、国道16号線を八千代市方面へ約30分
  • 京葉道路の「武石IC」出口から、県道262号線を八千代市方面へ約30分

公共交通機関を利用する場合

電車

  • JR総武線「西船橋駅」で東葉高速鉄道に乗り換え、「八千代緑が丘駅」下車
  • 地下鉄東西線「東葉勝田台駅行き」利用の場合は、「八千代緑が丘駅」下車
  • 東葉高速鉄道「八千代緑が丘駅」から徒歩約15分

バス

  • 東葉高速鉄道「八千代緑が丘駅」から、東洋バス「八千代医療センター行・八千代中央駅行」に乗車し「京成バラ園」で下車【所要時間:5分】
  • 京成線「八千代台駅」西口で、東洋バス2番乗り場から「八千代緑が丘駅経由八千代医療センター行・八千代中央駅行」に乗車し「京成バラ園」で下車【所要時間:約30分】

※バラの開花シーズンは、バスの運行状況によって所要時間が変わります

バスの時刻表はコチラから!

無料のシャトルバスも運行

最寄りの駅から15分以上歩くか、またはバスの利用が必要な京成バラ園。

毎年5月から6月に開催している「京成バラ園春のローズフェスティバル」期間中の土日は、京成線「八千代台駅」から無料シャトルバスが運行されます。また、フェスティバル中の土日などは八千代市役所に臨時駐車場を設け、そこからバラ園を巡回するバスも運行。京成バラ園を訪れる際は、覚えておくと便利です。

ただし、秋の「オータムフェスタ」ではどちらも運行しません。また、春のフェスティバルでも人が集中しそうな曜日に訪れると、シャトルバスはかなりの混雑が予想されるのでご注意ください。

乗り場

シャトルバスの乗り場は京成線「八千代台駅」西口の階段を降り、路線バスのバス停があるエリアを抜けた場所にあります。

運行時間

「京成バラ園春のローズフェスティバル」開催時は、公式サイトに運行時間の案内が出ます。公式サイトの運行表をチェックしましょう。

京成バラ園の駐車場

車を利用する場合の気になる駐車場情報をご紹介します。

料金

  • 無料

収容台数

  • 乗用車:約700台
  • 大型車:3台

混雑状況

春のフェスティバル期間中の週末やイベント開催時は、駐車待ちがでるほどの混雑です。周辺道路も混みあうため、公共交通機関の利用をお勧めします。

京成バラ園の入園料金

ここでは、京成バラ園の入園料金をご紹介します。表記は大人が高校生以上、シニアは65歳以上です。季節によって入園料が変動するので、バラ園を訪れる際は公式サイトをチェックしてくださいね。

春バラシーズン 【5・6月】

  • 大人:1,200円
  • シニア・障がい者:900円
  • 小中学生:200円
  • 小学生未満:無料

夏バラシーズン 【7・8月】(水曜定休)

  • 大人:500円
  • シニア・障がい者:400円
  • 小中学生:100円
  • 小学生未満:無料

秋バラシーズン 【10・11月】

  • 大人:1,000円
  • シニア・障がい者:700円
  • 小中学生:200円
  • 小学生未満:無料

1~4月、9月、12月

  • 大人:300円
  • シニア・障がい者:200円
  • 小中学生:100円
  • 小学生未満:無料

京成バラ園の割引クーポン

せっかく京成バラ園を訪れるなら、お得な割引クーポンを使って楽しみましょう!

前売り券(春のみ)

度々京成バラ園のコンビニチケットの話題を目にしますが、京成バラ園ではコンビニチケットは取り扱っていません。ですが、毎年「京成バラ園春のローズフェスティバル」開催1か月前から前売り券を発売します。前売り券があれば当日に並ばなくていいので、スムーズに入場できるのが魅力。詳しい発売場所は、発売間近に公式HPに掲載されるのでそちらからチェックしてください。

料金

  • 大人:1,200円→900円

発売場所

  • 京成バラ園チケット売場
  • 新京成電鉄各駅
  • 松戸新京成バスの松戸営業所
  • 小金原バス案内所

電車割(春のみ)

「京成バラ園春のローズフェスティバル」の期間中は、東葉高速鉄道「八千代緑が丘駅」「八千代中央駅」、京成線「八千代台駅」をICカードで利用すると、入園料が300円割引になります。ただしシニア・障がい者、小中学生の割引はありませんのでご注意ください。

カップル割

プロポーズにふさわしいデートスポット「恋人の聖地」に認定されている京成バラ園では、2人分の入園料がお得になるカップル割を、春・秋のバラのシーズンに実施しています。

フェスティバル開催中ずっとではなく、一部の期間での適用なので、開催時期が近づいたら公式HPをチェックしてください。チケット窓口で「愛しあっています」と宣言するなどの条件もあるので、クリアしてくださいね。京成カップル割を使ってデートを楽しみましょう!

JAF割

チケット窓口でJAFの会員証を提示すると、大人の入園料が100円割引になります。会員本人を含め、5人まで利用可能です。

京成バラ園の花と見頃

バラは9月から10月上旬までを除き、4月中旬から年内いっぱいまで咲いています。その中でも「春バラ」と「秋バラ」の2シーズンはたくさんバラが咲いており、特に見頃。春バラは5月中旬から6月上旬まで、秋バラは10月中旬から11月上旬までです。ホームページやフェイスブックでも見頃を発信しているので、お出かけの際はチェックしてみてください。

またバラ以外にも、桜の開花時期からゴールデンウィークまで様々な花木や草花が咲き、目を楽しませてくれます。園内にある散策の森や、池の周りの自然風庭園には様々な草花が咲いており見所です。特にゴールデンウィークの頃に咲くハンカチの木はまだまだ珍しく、美しい花木で一見の価値があります。

そして11月下旬から12月中旬は本格的な紅葉シーズンです。バラの赤い実や色濃く咲いたバラの花と共に、彩り豊かな季節を楽しむことができます。

その他の花の見ごろ

  • さざんか・椿:1~2月
  • クリスマスローズ・ミモザ・水仙・万作・福寿草・片栗・河津桜:2~3月
  • サフィニア:4~12月
  • インパチェンス:4~11月半ば
  • 紫菜花・アグロステンマ・レンゲ草・ヒナゲシ・ヤマブキ:4月
  • ジャーマンアイリス・平戸つつじ・石南花:5月
  • トレニア:6~11月半ば
  • アジサイ・花菖蒲:6月
  • メランポディウム:7~11月半ば
  • ヘメロカリス・山百合・キツネノカミソリ・クロトラリア・クレオメ・おしろい花・リコリス:7~8月
  • 彼岸花:9月中旬~下旬
  • ロウバイ:12月

開花時期は前後するので、フェイスブックなどで開花状況を調べるのがおすすめです!

公式フェイスブックはコチラ!

京成バラ園入園時の注意事項

京成バラ園では、植物を傷めないよう、事故が起こらないように禁止事項と注意事項がいくつかあります。ルールを守って綺麗な花を楽しんでくださいね。

禁止事項

  • 当日券での再入園(春と秋のバラシーズンは再入園可)
  • 遊具の持込み
  • 介助犬をのぞくペットの入園
  • ローラー付きシューズの使用
  • 商業用及びモデル等を使っての撮影
  • 危険物の持込み
  • 園内の動植物の採取
  • 園内の動植物の持ち出し
  • 子供のみでの入園
  • コスプレ衣装での入園

撮影は趣味や記念写真の範囲なら可能です。京成バラ園では、コスプレフェスティバルも開催され、フェスティバル時のみコスプレで入園できます

注意事項

  • 園内での飲食は他人の迷惑にならない程度に
  • ゴミは各自で持ち帰る
  • バラにはトゲがあるので気を付ける
  • 緊急時は係員の誘導にしたがうこと
  • ライトアップは昼の入園料とは別料金
  • バラが傷むので、花壇の中に入らない
  • 三脚、脚立、イーゼルなどを花壇の中に置かない

10,000株のバラが咲き誇るローズガーデン

ここからは、京成バラ園のメインスポット「ローズガーデン」をご紹介していきます!

整形式庭園

ローズガーデンに入ってすぐ目に飛び込んでくるのは、モダンローズを中心に400株が展示されている整形式庭園です。

整形式庭園とは、直線や円など幾何学模様を基調に設計された西洋庭園様式のこと。広大な敷地に設定した軸線に対して、左右対称に造っているのが特徴です。イタリアとフランスに多い様式で、京成バラ園の整形式庭園はフランス様式を採用しています。

園内で咲く80種類のツルバラは、スクリーン、ポール、アーチ、パーゴラを使って立体的に見せる演出がなされているので、美しいバラをさらにひきたたせる工夫にも注目してください。

さらに、京成バラ園から生まれた75品種も展示。京成バラ園のメイン展示にふさわしい豪華な庭園です。

由美のガゼボ

ブライダルデザイナーの桂由美氏がプロデュースした優美なガゼボは、京成バラ園のランドマーク。

ガゼボは西洋風の「東屋」で、休息の場所、あるいは景観にアクセントを加える役割があります。桂由美氏がプロデュースしただけあり、ロマンチックで周囲のバラと美しく調和しています。

また由美のガゼボでは、一般公募によって「ローズウェディング」もおこなわれたそう。「恋人の聖地」でもある京成バラ園でのデートの際は、ぜひ訪れたいスポットです。

自然風庭園

原種のバラ80品種のほか、季節ごとの草花で構成されているイギリス式庭園です。

イギリス式庭園は自然の景観を再現したような造りが特徴。現在のガーデニング、日本伝統の庭園に通じるものがあり、とても親しみやすく感じられるでしょう。スイレンやショウブなど、水生植物や湿生植物を観察できるのも、自然風庭園ならではです。

大温室

熱帯性の草花を展示している大温室。温室らしく、年間を通じてバナナなどが栽培されており、珍しい植物に出会える可能性もあります。温室内は一定の温度に保たれているので、冬に来園したときはイチオシのスポットです。イベントやコンサート会場としても使われています。

お土産やギフトにピッタリな品が揃うショップ

京成バラ園に訪れた記念にお土産はいかがでしょうか?ここでは、お土産やギフトにピッタリな品が揃うショップをご紹介していきます。

ローズショップ

バラにまつわる商品がずらりと並んだショップです。自分用にはもちろん、お土産やプレゼント探しにピッタリ。

文房具やインテリア、ローズオイルを使った石鹸や香水、コスメなどを購入できます。特にオススメしたいのは、「切りバラ」です。京成バラ園で作出したバラが、リーズナブルな価格で手に入ります。部屋に飾れば芳香とゴージャスな雰囲気で満たされますよ。何よりのお土産になります。

ガーデンセンター

園芸、ガーデニング好き必見、バラや季節の草花、樹木などを購入できる大型園芸専門店です。園内を散策したあとは、ガーデニング熱も高まっているはず。ぜひ気に入った植物を自宅でも育ててみましょう。

ローズガーデン内で見られるバラの多くはガーデンセンターで入手可能。専門知識をそなえたスタッフがいるので、育て方のコツや園芸用品についてたずねるのもOK!ただし店内は撮影不可、ペット連れ禁止なので注意してくださいね。

ネット通販でも購入できる!

電車やバスでの来園、大ぶりな苗が欲しい時はネット通販が便利です。バラを中心に様々な形態の苗が揃います。大苗(裸苗またはロングポット)、新苗、鉢苗、長尺苗、挿し木苗から選べて便利。季節によって在庫がない場合もある点は要注意です。バラの香水やハンドクリーム、園芸関連の書籍もネット通販でどうぞ!

京成バラ園芸 ネット通販はコチラ!

京成バラ園のレストラン&カフェ

ここでは、京成バラ園のレストランやカフェをご紹介します。「レストラン・ローズ」や「カフェ パティオ」、「石釜ベーカリー サンブレッタ」では、美味しいグルメやバラ園ならではのメニューが用意されているので、ぜひ足を運んでみてください。なお、ご紹介するメニューは季節によって異なります。

レストラン ラ・ローズ

自家農園で栽培、朝摘みした有機ハーブや野菜を使った料理が自慢のレストランです。開放的で明るい店内には、もちろん園内に咲くバラが飾られています。メニューは、バラのシーズンとオフシーズンで異なり、季節ごとに違った味を楽しめるのも魅力。ランチ、ディナーともにメニューが充実しているので、園内散策後にゆっくり食事を味わいましょう。

ランチのおすすめメニュー

スペシャルランチ 10種の盛り合わせプレート:1,700円 (税込) ※平日限定

1枚のお皿に少しずつ料理が盛られた、おしゃれなランチプレートです。

10種の料理は朝摘みハーブと小エビのスプリングロール、森のきのこのクリームスープ パイ包み焼き、キッシュロレーヌ、イタリアンライスコロッケ アランチーニ、若鶏のハーブチキンゆず胡椒風味、牛肉のたたき風カルパッチョ、大麦牛のミニハンバーグ、本日のお魚料理、本日の小さなシェフカレー or 自家製パン、季節のフルーツと香り高いアールグレイのジュレなど。

さらに、コーヒーまたは紅茶も付いて、お得感たっぷりです。平日に来園した際は、ぜひ!

ローズランチA・B:各1,380円 (税込)

メインが肉料理のAランチ、魚料理のBランチを選べます。

Aのメインは若鶏の香り揚げ マスタードロベールソース、Bのメインは白身魚のもろみしょう油赤ワインケッパー風味など。さらに副菜としてA・Bどちらにもポテトサラダやナポリタン、本日のスープ、朝摘みハーブサラダ、豆とゆかりご飯、フォッカッチオ、デザート、コーヒーまたは紅茶が付いています。ボリューム十分で大満足のランチです。

パスタランチ たっぷり朝摘み野菜サラダのフォッカチオ添え:1,260円 (税込)

こちらは、選べるパスタとサラダ、フォッカチオがセットになったメニューです。

山盛りのサラダにフォッカチオ、βカロチンと食物繊維たっぷりのジュレがワンプレートで提供されます。パスタはぷりぷり海老のトマトスパゲッティ、N.Yスタイルの十種の香り野菜のミネストローネ風スパゲッティ、ナポリ風シーフードクリームのスパゲッティからチョイス。

パスタにもふんだんに野菜が使われており、とってもヘルシーで女性に大人気のメニューです。コーヒーまたは紅茶もセットに含まれます。

ディナーのおすすめメニュー

ディナープレート:1,980円(税込)

プレートには、朝摘み野菜のハーブサラダ、サーモンマリネ、ライスコロッケ アランチーニ、牛肉の柔らか煮、森のきのこのクリームスープパイ包み焼き、鴨のエマンセ ペッパーソース、ホワイトチキンのゆず風味、キッシュロレーヌ、ミニカレー、オレンジとレモンのグリルなどが盛られています。

さらに本日のカップデザートとコーヒー、または紅茶も付いており、質・量ともに充実のディナープレートです。

ディナータイムには

バラシーズンに楽しめる「大麦牛のハンバーグ 2種のソース ラ・ローズ風」や、

「メッシーナ海峡のカジキマグロ マリナーラソース ケッパー添え」などもおすすめ。1人あたり予算3,000円~でパーティも開けます。

※メニューは季節によって異なります。

営業時間

  • 10:00~19:00

定休日

  • 不定休

※営業時間と定休日に関して詳しくは直接お問い合わせください(047-459-6388)。

カフェ パティオ

オープンスタイルのカフェスペースからローズガーデンを一望できるカフェ「パティオ」。散策の途中で立ち寄れたり、テイクアウトでドリンクやスイーツが楽しめたりと、その気軽さも人気です。

店内はカウンター席とテーブル席の他にも、開放的なテラス席が用意されており、とてもくつろげる雰囲気です。

おすすめメニュー

京成バラ園ならではのメニューといえば、「バラのソフトクリーム」(400円)。サッパリとした甘さにバラの香りが漂う一品です。また、「ローズヒップティー」(350円)や「ローズサイダー」(300円)、「バラのマドレーヌ」(300円)など、バラを堪能できるメニューがラインナップしています。バラ色のティータイムを満喫しましょう。

※メニューは季節によって異なります。

営業時間

カフェ パティオは12月から翌年2月まで休業。季節によって営業時間が変わるのでお気を付けください。

  • 1~2月:休業
  • 3月:10:00~16:00
  • 4月:10:00~17:00
  • 5~6月:9:30~18:00
  • 7~8月:11:00~16:00
  • 9~11月:9:30~17:00
  • 12月:休業

定休日

  • 不定休

※定休日に関して詳しくは直接お問い合わせください(047-459-6388)

石釜ベーカリー サンブレッタ

こちらは、遠赤外線効果で外はパリッと、中はしっとり焼き上げたパンが並ぶベーカリーです。「石釜ベーカリー サンブレッタ」は、園内ではなく園に隣接しており、パンだけを買いに来る人も大勢いらっしゃいます。

帰る際にお土産として買って帰るのもおすすめですよ。

おすすめメニュー

1番人気はスパイシーな「カレーパン」、

また「カレンズ」も人気です。「カレンズ」は、甘酸っぱいカレンズと濃厚なクリームチーズがマッチし絶品。クロワッサンや食パンなど、シンプルな定番パンも納得のおいしさです。さらに、季節ごとに登場する季節限定パンにも注目してください!

※メニューは季節によって異なります。

営業時間

  • 7:00~19:00 

定休日

  • 無休(バラの開花時期には上記時間外の営業あり)

ページTOPへ

「鎌ヶ谷・印西・八千代」周辺の関連記事

このページのTOPへ