10月の沖縄を楽しむポイントまとめ。気温は?泳げる?イベントは?

  • 1601 |

夏の名残を感じられる、観光に最適な季節!

徐々に秋の気配漂う沖縄の10月。
それでもまだまだ日射しが強く、薄着で過ごせる季節が続きます。
去りゆく夏を惜しむ人、のんびり観光を楽しみたい人には、10月の沖縄はおすすめです。

気温~夏の終わり、過ごしやすい気温

平均気温は25度。
最高気温は28度、最低気温は23度と、過ごしやすい気温です。
東京では秋まっただ中ですが、沖縄では夏の終わり。
風が吹くと気温よりも涼しく感じられることもありますので、肌寒く感じるタイミングもあるかもしれません。

天候~秋を連れてくる風、ミーニシ

比較的天候が安定し、台風の上陸も少ないので、沖縄旅行を快適に楽しめる月といえます。
突発的な雨も少ないので、天候の心配をせずに過ごせます。
10月初旬には新北風(ミーニシ)と呼ばれる季節風が吹きます。これは、夏の夏至南風(カーチベー)に替わる北東季節風のはじめです。この風が秋を連れてきます。

服装~夏物+1で安心!

基本的には半袖Tシャツやタンクトップなど、夏の服装で過ごせます。
日焼けを気にする人は常に日焼け止めを塗っておくことをおすすめします。
足元は風が強い日などは寒く感じることがありますので、サンダルだけでなく、スニーカーなどもあったほうがいいでしょう。
特に月の後半、朝晩は冷え込むことが多いので、長袖の上着が1枚あると便利です。

海~まだまだ海水浴を楽しめるところも

海水浴は10月下旬まで楽しめます。
日射しが和らいでくるので、海にいても暑さが辛いと感じることは少なく、快適に過ごすことができます。
徐々に水温が下がり、天候によっては海に入ると冷たく感じることもあります。
観光客は夏のハイシーズンと比べるとぐんと少なくなるので、のんびりゆったり過ごせます。

イベント~大迫力!「大綱挽まつり」

毎年体育の日の3連休で「那覇大綱挽まつり」が開催され、約30万人が訪れます。
ギネスに認定された長さ200メートル、直径1.6メートルの大綱を引き合うさまは圧巻。
観光客も綱引きに参加できます。
10月終わりから11月初めにかけては、首里城公園と国際通りを舞台に「首里城祭」が行われます。
首里城では伝統芸能・伝統舞踊の披露、国際通りではかつて中国皇帝の使者を迎えた冊封使行列が行われます。
伝統衣装に身を包んだ豪華絢爛な行列は一見の価値ありです。

旅行代金~夏の雰囲気、なのにお得!

体育の日をからめた連休のところが最も高い旅行代金となります。
下旬に行くほど旅行代金は安くなります。
夏の雰囲気を楽しみながら遊べる時期としては最も安い料金となります。

気温等出典
気象庁

ページTOPへ

「沖縄」周辺の関連記事

このページのTOPへ