asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

東京ワンピースタワーをあそび尽くせ!本格的なショーも必見!

WRITER:流浪の物書き どてらい
SHARE THIS ARTICLE

大人気アニメ『ONE PIECE』の世界観を楽しめる大型常設テーマパーク「東京ワンピースタワー」。東京タワーフットタウンの1階と3階から5階までを贅沢に使ったパーク内には、大人も子供も胸が熱くなるようなアトラクションでいっぱいです。恋人とのデートや家族でのお出かけ、はたまた気の合う仲間と一緒に行くなど、様々なシチュエーションで楽しめること間違いなし!今回は撮影モデルの"夏海ちゃん"が実際に「東京ワンピースタワー」を体験し、その魅力と楽しみ方を元気いっぱいにお伝えします!

東京ワンピースタワーとは?

「東京ワンピースタワー」は、東京タワーを「トンガリ島」という架空の島に見立てて、『ONE PIECE』の主人公"ルフィ"率いる"麦わらの一味"が作った、ファンと共に集まれる遊び場(アソビバ)というコンセプトのテーマパークです。

トンガリ島では作品のキャラクターにちなんだアトラクションを体験したり、レストランやカフェで食事ができるほか、トンガリ島でしか手に入らないオリジナルグッズが販売されています。

自分自身も"麦わらの一味"になったつもりで、トンガリ島をあそびつくしましょう!

向かうは「東京タワーフットタウン」3階へ

東京タワーフットタウンのエスカレーターを3階に上がり左手側に進むと海賊船の内部をイメージしたような木目調の一角が見えてきます。ここが「東京ワンピースタワー」エントランスです。壁に描かれた"麦わらの一味"のイラストが楽しい冒険の予感をかき立ててくれます。

最初の撮影スポットはここだ!

エントランスの前には作品の主人公"ルフィ"と"チョッパー"の立像が立っています。

ここでは二人に挟まれて写真を撮る人が後を絶ちません。

チケットカウンター

チケットカウンターにて1day passを購入します。

1day passには、キャラクターのイラストが描かれており、どの絵柄が手に入るかはランダムです。トンガリ島のアトラクションを体験するには、こちらの1day passが必要となるものもありますので、無くさないように気をつけてくださいね。色合いがお洒落でコレクションしたくなるようなデザインです。

チケットカウンターのすぐ近くに入園ゲートがあります。1day passをかざしてゲートを通れば、いよいよ冒険の始まりです。

次のページでは、「いりぐちフロア」と「てっぺんフロア」について紹介します。

©尾田栄一郎/集英社
©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©Amusequest Tokyo Tower LLP

  • 1/5

施設情報

  • 東京ワンピースタワー
  • 東京都港区芝公園4-2-8 東京タワー フットタウン内
  • 公共交通機関でお越しの方 東京メトロ日比谷線「神谷町駅」から徒歩約7分 都営大江戸線「赤羽橋駅」から徒歩約5分 都営三田線「御成門駅」から徒歩約6分 都営浅草線「大門駅」から徒歩約10分 JR山手線「浜松町駅」から徒歩約15分
  • パーク営業時間:10:00~22:00(最終入園21:00)サンジのおれ様レストラン:11:30~22:00(最終入店20:50)CafeMugiwara:9:30~22:00(ラストオーダー【フード】~21:00【ドリンク】~21:30)麦わらストア東京ワンピースタワー店:10:00~22:00(最終入店時間【平日】~21:45まで【土日祝】~21:30まで)
  • 年中無休
  • 駐車料金:300円/30分あたり(最初の1時間600円)
  • 03-5777-5308
  • https://onepiecetower.tokyo/

INFORMATION

クレジットカード
クレジットカード
利用可(一部利用不可)
レストラン
レストラン
あり
飲食物持込
飲食物持込
不可
売店
売店
あり
ベビーカー貸出
ベビーカー貸出
なし
授乳室
授乳室
なし
おむつ台
おむつ台
あり

ENTRANCE FEE

大人
大人
¥3,200
大学生
大学生
¥3,200
高校生
高校生
¥2,700
中学生
中学生
¥2,700
小学生
小学生
¥1,600
未就学児
未就学児
4歳以上:¥1,600
その他
その他
4歳未満:無料