「でーじ楽しいさー!」沖縄のコンビニは人と差がつくお土産スポット!

  • 4141 |

独特の品揃え

 

沖縄のコンビニには、沖縄限定の商品がこれでもか!というぐらい並んでいます。
店内を見ていると、次々と「なんじゃこりゃ!」な商品が。
思わず長居してしまいます。

 

お弁当

「ゴーヤチャンプルー弁当」「沖縄焼きそば弁当」「タコライス」など、
沖縄ならではの料理を使ったお弁当がズラリと並びます。

フーチャンプルー弁当。野菜も採れてうれしいメニューです。


タコライスが海苔巻きになったタコロール。手軽に沖縄の味を楽しめます。

お惣菜

沖縄料理の定番、ラフテー(豚の角煮)やソーキ(骨付き肉)などがパック入りに。
お米に混ぜて炊くだけでできる「じゅーしぃ(沖縄風炊き込みご飯)の素」もあります。

おにぎり

沖縄の定番は「ポーク玉子」「油みそ」。
ポーク玉子とは、スパムと玉子焼きをお米でサンドしたものです。
油みそは「あんだんすー」とも呼ばれる沖縄では伝統の料理で、味噌をラード(豚の脂)で固めたものです。
どちらも少し濃い塩味がお米とぴったりマッチ。食べごたえがある大きさも魅力です。
その他に、沖縄の炊き込みご飯「じゅーしぃ」のおにぎりも。

ドリンク

沖縄で最も一般的に飲まれている「さんぴん茶」(ジャスミン茶)をはじめ、乳酸菌飲料の「ヨーゴ」や白米をベースにした甘い飲み物「ミキ」など、沖縄でしか販売していないドリンクがずらりと並びます。


ローソンオリジナルのさんぴん茶。当然のように棚に並んでいます。


牧志公設市場近くの名物食堂のアイスティーが製品化。


乳酸菌飲料の「森永ヨーゴ」。ヤクルトのような、もっとあっさりしているような、癖になる味です。

おでん

ファミリーマートでは1年中おでんを置いています。(限定店舗のみ)
ここで特徴的なのは「てびち」があること。てびちとは豚足のことで、沖縄のおでんには一般的に入っています。
本土では最近、おでんのだしで食べるうどんやラーメンなどを販売していますが、沖縄には「おでん沖縄そば」があります。
自分だけの沖縄そばをカスタマイズもできちゃいます。

 

お酒

沖縄を代表するビール、オリオンビールの種類も豊富。通常の「ドラフト」の他、発泡酒やノンアルコールビールなど、様々な種類があります。
さらに、カップ酒ならぬカップ泡盛の販売、コンビニ限定泡盛ボトルの販売などもあります。お土産にも使えます!

沖縄のコンビニは、3つのチェーンしかない

ちなみに、沖縄には
・ファミリーマート
・ローソン
・ココストア
の、3つのチェーンしかありません。
セブンイレブンが上陸する、という話もありましたが、未だ実現には至っていません。

沖縄はコンビニ密集県

だからといって、沖縄にコンビニが少ないわけではありません。
ファミリーマートの店舗数は全国11位、
ローソンの店舗数は全国19位、
ココストアは全国1位の店舗数です。
上位14チェーン合計の店舗数は、全国28位。
小さな島にコンビニがひしめき合っているという状態です。

確かに、国道を走ると1キロも行かないうちに次のファミリーマートを発見、
といったこともよくあります。
(そして、そのほとんど全てが大きな駐車場を備えています)


いざというときも便利!コンビニATM

観光先でお金が足りない!というときも、コンビニに立ち寄れば安心。手数料はかかりますが、手軽にお金を引き出せます。
深夜などは引き出しを休止している時もあるので、注意が必要です。

旅行中はコンビニに立ち寄って、いろいろな発見を楽しんでみては?

 

沖縄ファミリーマート
http://www.okinawa-familymart.jp/

 

 

ローソン沖縄
http://okinawa.lawson.jp/

 

 

※店舗数データは2014年3月現在のものになります。

 

ページTOPへ

「沖縄」周辺の関連記事

このページのTOPへ