asoview!TRIP(アソビュートリップ)|あなたと「旅」をつなぐ WEBマガジン

パカブで遊んだ後はどう過ごす?訪れるべき3大スポットはココ!

WRITER:asoview!編集部
SHARE THIS ARTICLE

南足柄にオープンした「森の空中あそび パカブ」。木々に囲まれた空中迷路を自由自在に駆け回る爽快感が最高だと話題を集めています。でも、せっかく南足柄まで来たなら、いろんな体験がしたいですよね? そこで今回は、パカブと一緒に楽しめる魅力いっぱいの近隣施設をご紹介します!

 

そもそも「パカブ」って?

 パカブとは、フランス・ブルターニュ地方の小さな島で生まれた今までにない空中アトラクション。森の中に張り巡らされたいろんなかたちの網の上を飛び跳ねたり、スポーツをしたり、吊り橋をゆらゆら渡ったり。子どもはもちろん、大人も童心に返って楽しめる空間です。

漁師が編んだ漁網で作られた空中アトラクション!

 そんなパカブが2017年7月、神奈川県の南足柄にオープンしました。日本初上陸、というかアジア初上陸!誰もが初めて体験するアトラクションとして、連日賑わいを見せています。こちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください!

関連記事:パカブ アジア初上陸のフィールドアスレチックを2時間で120%楽しむ方法

 

①パカブだけじゃない! 見どころいっぱい「足柄自然公園 丸太の森」 

冒険心をそそられる吊り橋

 パカブは1回2時間制です。全身を使うので短時間でもいい運動になりますが、せっかく南足柄まで来て2時間で帰るのはちょっともったいない、と思う人も多いのでは。でも大丈夫!周辺にはパカブと一緒に楽しめる施設がいくつもあるんです。

 そのひとつが「足柄森林公園 丸太の森」。24ヘクタールの広さを持つ自然公園で、実はパカブもこの中にあります。木々が生い茂り四季折々の花が咲く森の小径を散歩するのは気持ちいいもの。途中には見晴らしの良い広場や吊り橋、明治初期の古民家などがあり、変化に富んでいて飽きません。ターザンロープなどの遊具や水遊びができる小川、バーベキュー場もあるので、子どもは思いきり羽を伸ばせるはず。夏はバンガローやキャンプサイトに一泊するのも楽しそう。

 そのほか、季節ごとに体験イベントを開催しているので、ぜひホームページをチェックしてみてください。

子ども向けのボルダリングウォール

足柄自然公園 丸太の森の詳細情報

名称:足柄自然公園 丸太の森
住所:神奈川県南足柄市広町1544
休園日:毎週月曜
開園時間:4〜10月/9時〜17時 11〜3月/9時〜16時
入園料:大人440円、小学生330円、3歳以上110円
予約・問い合わせ:バーベキュー、キャンプは事前予約が必要です。0465-74-4510まで連絡を。

 

②日本最長クラスのキャノピーツアースタイルZIPLINE「飛天狗」

鳥の視点から見下ろす雄大な景色

 丸太の森内には、日本最大級のジップライン「飛天狗」もあります。木から木へと張られたワイヤーロープを、プーリー(滑車)を使って移動していくアクティビティで、まるで鳥になって森の中を飛び回っているような爽快感! ハーネスとヘルメットを装着し、簡単な練習も受けられるので安全です。全8区間、全長1060m。約2時間半の空中トレッキングに出かけませんか?

丸太の森内に受付センターがあります

飛天狗の詳細情報

名称:ZIPLINE飛天狗(とびてんぐ)
所在地:足柄自然公園 丸太の森内
料金:大人3,300円 小中学生2300円
対象:小学4年生以上(小中学生は保護者の同伴が必要)、身長130cm以上、体重30〜100kg
予約・問い合わせ:0465-46-8879 ※不定期開催のため、事前にウェブサイト(http://tobitengu.jp/)で確認してください。

③これ以上ない開放感! 「おんり〜ゆ〜」の森林露天風呂

 丸太の森から歩いて5分ほどの場所には、美肌の湯あしがら温泉「モダン湯治 おんり〜ゆ〜」があります。

高級感ある温泉施設です

  内風呂も明るくて清潔感がありますが、最高なのが露天風呂! 周囲を広葉樹林に囲まれ、言葉では言い尽くせないほどの開放感を味わうことができます。苔むした岩や木々を眺め、肌を撫でるそよ風と木漏れ日を味わい、柔らかなお湯を楽しむ。思わず「極楽……!」と声が漏れてしまう、至福のひとときです。個人的には関東一の露天風呂だと思いました。

森林浴を楽しみながら、ぬる湯でのんびり

 お湯は療養泉である単純硫黄泉。PH9.5のアルカリ泉のため、泉質がやわらかく美肌効果が期待できます。温度は38度とぬるめで、何時間でも入っていられる心地良さ。42度の温泉もあるので、熱めが好きならそちらをどうぞ。

「モダン湯治」がおんり〜ゆ〜のコンセプト

自然派レストランでヘルシーランチに舌鼓

 「おんり〜ゆ〜」には、「自然派レストラン悠瑠璃」「ラウンジカフェ守破離」「森カフェ」と3つの飲食店が入っています。ランチを食べるなら、おすすめは悠瑠璃のバイキング。麦ごはんにとろろ、おからサラダにポトフなど、旬の食材を利用したヘルシーな創作料理を楽しめます。野菜たっぷりで優しい味。ついつい食べ過ぎてしまいそうです。

ヘルシーランチと一緒に森の爽やかな空気も味わって

 中庭のデッキにはハンモックがあり、自由に使えるようになっていました。目一杯体を動かした後、温泉にゆっくり浸かり、おいしい食事に舌鼓を打って、木陰のハンモックでお昼寝……最高の休日ではないでしょうか。

ハンモックに揺られて森林浴

 

「パカブ+おんり〜ゆ〜」のお得な割引プラン

 パカブ内にはシャワーやレストランがないので、おんり〜ゆ〜とセットで楽しむのがおすすめです。パカブの受付で、通常料金1,800円が1,300円になる割引券ももらえるのでぜひチェックしてください。

「おんり~ゆ~」外観。豊かな自然に囲まれています

 「おんり〜ゆ〜」には宿泊もできるので、日帰りだけでなく1泊で楽しむのもいいですね!

 

「おんり〜ゆ〜」の詳細情報

名称:モダン湯治 おんり〜ゆ〜
電話:0465-72-1126
住所:神奈川県南足柄市広町1520−1
料金:日帰り入浴 大人1,800円 小学生900円 ※料金にはバスタオル、フェイスタオル、館内履、館内着が含まれています。
駐車場:80台(無料)
公式ホームページ:http://only-you.sakura.ne.jp/wp/
アクセス:大雄山線大雄山駅、小田原線開成駅から無料送迎があります。

 

最後に、パカブのスポット情報をおさらい!

 都心から「パカブ」に日帰りで行く時は、朝は少しゆっくりめに出発して、【まず、おんりーゆーでヘルシーランチ】→【パカブ&丸太の森で思い切り遊ぶ!】→【おんりーゆーでひと風呂浴びて、帰路につく】というコースがおすすめ。あるいは朝早めに出て、パカブを楽しんだら道が混む前にサクッと帰ってくる、というのもいいかもしれません。

 

「パカブ」の詳細情報

名称:森の空中あそび パカブ
電話:0465-46-8879
住所:神奈川県南足柄市広町1544「足柄森林公園 丸太の森」内
営業時間:4〜10月/9:00〜17:00、11〜3月/9:00〜16:00
定休日:無休
運営会社:足柄グリーンサービス森林公園有限責任事業組合
公式ホームページ:http://parcabout.jp/