松下村塾・松陰神社に行ってみた。歴史好きは必見、明治維新はここから始まった!

  • 3218 |

「松下村塾」は山口・萩にあります。幕末、長州藩に生まれ育った吉田松陰が開いた私塾で、ここから明治維新の原動力となった志士たちが数多く生まれました。まさに「明治維新がはじまった場所」と言っても大げさではありません。asoview!NEWS編集部が松下村塾を訪れてきたので、詳細にレポートします!

幕末の過激派!?吉田松陰

吉田松陰は文政13年(1830年)に長州・萩に生まれました。幼少の頃より「神童」と呼ばれるほどさまざまな勉学に通じた才気あふれる人物でした。22歳の時に東北遊学を企画し、その際に脱藩。その後江戸から外国船に乗り込んで密航をしようとし、国許に送り返されて幽閉されます。吉田松陰は幽閉されてなお次々と「新しい国の形」を示す意見書を藩主に提出するなど、日本の将来を憂いていました。

www.jpreki.com

彼のもとには学問をしたいという人々が集まり、多くの若い志士に影響を与えました。30歳の時に老中暗殺を企てた罪により、江戸で死罪に処されます。当時としては幕府に反旗を翻す非常に過激な思想家で、時にテロリストとも言われます。短い生涯でしたが、熱く徹底的に考えて学び、行動するというその生き方はいまでも多くの人々に影響を与え、「吉田松陰先生」として慕われています。
2015年には吉田松陰の妹・杉文を主人公とした大河ドラマ「花燃ゆ」が放映され、人々にそれぞれの「志(こころざし)」を問いかける重要な役どころが注目を集めました。

ちなみにこの肖像画は、松下村塾で学んでいた松浦亀太郎によるもの。松陰が江戸で処刑される直前に描かれたもので、本人はこの肖像画を非常に気に入っていたそうです。本物そっくりなのだとか。30歳には見えませんが…

身分は関係なし!誰でも学べた松下村塾

yamaya49.cocolog-nifty.com

松下村塾とは、吉田松陰が師となり学びの場を作った私塾です。当時長州藩には藩校・明倫館がありましたが、ここはいわば公立の学校で、士族の身分でないと学べないなど、さまざまな制限がありました。松下村塾ではこのような制限はなく、士族の他に医者、魚屋などが通い、「学びたい」という意志があればだれでも学べる場でした。実際に吉田松陰がこの地で指導したのはわずか1年ほどでしたが、彼の功績は歴史を動かすほど大きなものでした。
松下村塾からは高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文など、明治維新の原動力となり、また新政府を動かした人材が多数輩出されました。

山口・萩のはずれにたたずむ松陰神社

松下村塾があるのは、山口県萩市。山口県の県庁所在地である山口市からはおよそ1時間半ほどかかります。現在では交通の便もあまりよくなく、静かな街ですが、江戸時代には雄藩(力を持った藩)のひとつ・長州藩の藩都として非常に賑わっていたそうです。

海沿いの城の裾野には武家屋敷が広がり、街の中心となっていましたが、松下村塾はそこから川を渡ったはずれの場所にあります。かつて「松本村」と呼ばれたのどかな場所です。

吉田松陰は次々と新しい国の形についての意見を示し、ついには江戸で当時の江戸幕府に処刑されます。しかしその思想は弟子たちに脈々と受け継がれ、多くの志士を生み、彼らによって明治維新がなされたのです。弟子たちは明治新政府で要職につき、彼らは師であった吉田松陰を祀って「松陰神社」を建立しました。松下村塾のあった場所が、そのまま神社になっています。

東京の三軒茶屋の近くにも「松陰神社」がありますが、それは吉田松陰の墓所がある所です。彼が生まれ育った土地と眠る土地、両方が「松陰神社」になっています。

明治維新はここから始まった!

神社の鳥居をくぐる前にまず目につくのは、大きな「明治維新胎動之地」の石碑です。

昭和43年(1968年)、明治維新100周年を記念して建てられたものだそうです。この文字を書いたのは当時総理大臣の職にあった佐藤栄作です。

入り口には吉田松陰と、松下村塾の保存を働きかけた境二郎の描かれた絵馬がありました。この2人が松陰神社に祀られている「祭神」となっています。

ついに松下村塾と対面

鳥居をくぐってすぐのところにあるのが、幕末当時のままで保存されている松下村塾です。

えっ。

小さい…

歴史的建造物というので、それなりに立派な建物を想像していたんですが、ただの古い家です。いや、正直に言うとボロい家です。

平屋だからか、瓦屋根もすごく近くに感じます!本当にこんなところに志士たちが集まっていたのだろうか?と思わず疑ってしまうほどのボロさ、いや質素な雰囲気です。

ここはもともと、国禁を犯して密航をしようとした吉田松陰が、藩から「蟄居(家の中に閉じこもって外出しないこと)」を命じられて過ごしていた建物です。そこに吉田松陰の教えを請いに、身分の隔て無く人々が集まり、「松下村塾」として賑わいました。

ちなみに「松下村塾」をもともとつくったのは吉田松陰ではなく、松蔭の叔父である玉木文之進でした。玉木文之進は山鹿流の兵学者として、松蔭に厳しく教育を行いました。

わずか8畳のこの部屋が「講義室」だったとのこと。ここから日本の未来を憂い、議論がかわされ、日本を根底から変える力が生まれていったのだと考えるとなんだかすごいです。

中には、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、木戸孝允(桂小五郎)、吉田稔麿、山田顕義などなど、幕末に活躍した志士や明治日本をつくった人、内閣総理大臣まで、歴史上の人物の写真がたくさん飾ってあります。これはすべて松下村塾で学んだ門下生たちです。(木戸孝允は正確には藩校時代の門下生ですが、松陰の弟子であるという思いを持ち続けていました)

ちなみに最初は本当に8畳の部屋しかなかったのが、どんどん塾生が集まるので10畳半の部屋も増築されたのだそうです。塾生たちはこの二間の平屋で、日夜熱い議論を交わしていました。

吉田松陰の生家・杉家も当時のままに

境内にはもう一つ建物があります。これは吉田松陰の生まれ育った家、杉家の住宅です。杉家に生まれた松蔭は、叔父の吉田家を継ぐために養子となり、苗字を吉田と改めました。

残念ながら中には入れませんが、窓際から家の中を見ることができます。

この家は吉田松陰の妹・杉文が主人公となった2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」でもたびたび登場していたので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。もちろんドラマで使われるのはセットですが、実際の建物を見るとかなり忠実に再現されていたのだなということがわかります。

吉田松陰が閉じ込められていた部屋「幽因室」も保存されています。わずか3畳半という狭い部屋です。

「松陰先生教訓入り」おみくじを引こう

杉家住宅の向かい側が松陰神社の本殿です。休日なので多くの人が参拝に訪れていました。

そしておみくじは「松陰先生教訓入り」です。これは引かないわけにはいきません。

ドキドキしながらあけたら、大吉!やった!

松陰先生の教訓には、「兵法は彼を知るを貴ぶ」とあります。「兵を知り彼を知る百戦必ず勝つ」、すなわち自分の力を知り、相手のことをよく知ればどんな戦いにも必ず勝つ、という意味。現代にも通じるものがありそうです。

歴史好きにはたまらない!幕末づくし

「至誠館」には松陰ゆかりの宝物がいっぱい

境内には他に、吉田松陰に関わる書簡や本などを展示した「吉田松陰宝物館 至誠館」があります。こちらの館内は撮影禁止でした。ちなみにこの「至誠館」という字は、吉田松陰の字です。ちょっと右上がりの癖字です。

脇の池には「留魂」の文字。これは吉田松陰が最後に残した言葉をまとめた冊子の名前が「留魂録」というものだったことに由来しています。

吉田松陰が実際に書いた手紙や「留魂録」の実物なども見ることができます。手ぬぐいやメモなどのお土産も購入できます。

レトロな「松陰食堂」でまったり

神社の外には茶屋「松陰食堂」があります。「松陰だんご」ののぼりに惹かれて中に入りました。

これが松陰だんご。柚子味噌をつけた焼きだんごで、さっぱりと食べられます。1本380円です。

食堂の中はかなりレトロ。吉田松陰をはじめとする、松下村塾門下生の写真(絵)&プロフィールや、「吉田・杉・玉木・乃木家家系図」なんてものも。吉田松陰は明治時代、日露戦争を指揮した陸軍大将・乃木希典とも遠縁だったようです。

個人的には「ご注文のお方はレヂーに御申付け下さい」が非常に気になりました。レヂーとは…いつからあるんでしょうか…

この日はかなり寒かったので、だんごやぜんざいとあわせて無料の温かいお茶をいただいて、ほっこりと温まりました。このお店にはだんごの他、「松陰うどん」「晋作そば」などここにしかなさそうな名前のメニューもあります。お腹が空いている時はぜひチャレンジしてみては?

付近には伊藤博文の家も

松陰神社から徒歩5分ほど歩いたところには、日本の初代内閣総理大臣・伊藤博文の旧宅と別邸があります。

伊藤博文が14歳から14年間過ごした木造茅葺きの住宅と、明治40年(1907年)に東京に建てられた別邸が隣り合わせに並んでいます。別邸はもともと品川にあったものを、すべて移築したのだそうです。

写真は旧宅。かなり古さを感じます。旧宅は外から見ることができるのみですが、別邸は中に入ってじっくりと見られます。とにかく部屋がたくさんあり、天井も高く贅沢なつくりになっています。

圧巻なのはこの廊下の天井。なんと杉の1枚板でできているそうです!こんなに大きな木はもう日本にはありません。

伊藤博文ゆかりの資料も自由に閲覧できます。

幕末好き・歴史好きなら一度は訪れる価値がある松下村塾・松陰神社。この他にも、萩の街には歴史を感じさせるスポットがたくさんありました。ぜひ一度行ってみることをおすすめします!

■施設詳細
名称:松陰神社
住所:萩市椿東1537
アクセス:バス停松陰神社前からすぐ
料金:拝観無料(至誠館の有料展示室は500円)
拝観時間:松下村塾は8:00~日没、至誠館は9:00~17:00(入館は16:30まで)
駐車場:120台
公式サイト:http://www.shoin-jinja.jp/

名称:伊藤博文旧宅・別邸
住所:萩市東椿1511-1
アクセス:バス停松陰神社前から徒歩5分
料金:旧宅見学無料(外観のみ)、別邸入館100円
駐車場:7台

ページTOPへ

「萩」周辺の関連記事

このページのTOPへ