花やしきの入場料は?お得な割引情報をチェック!

  • 6019 |

東京の観光名所浅草にあるテーマパーク「浅草花やしき」。今回は、そんな浅草花やしきの入場料と、チケット情報について詳しくご紹介していきます。お得な割引情報もあるのでぜひチェックしてくださいね!

花やしきのチケットはどこで買える?券種や料金は?

浅草花やしきのチケットは、浅草花やしきの入口や花やしきの花やしきのオンラインチケットページで購入できます。料金は入場料金、フリーパス、のりもの券と分かれているので、目的に合った券種を選びましょう。ちなみに花やしきではクレジットカードが使えないので、現金を持っていくのを忘れずに!

花やしきの券種と料金

  • 入園料:大人1,000円 / 小人500円 / 65歳以上500円 / 未就学児童無料
  • フリーパス(入園料別):大人2,300円 / 小人2,000円 / 65歳以上1,800円 / 未就学児1,800円
  • のりもの券:普通券1枚100円 / 11枚綴回数券1,000円

実はお得が満載!花やしきの割引情報!

浅草花やしきでは、さまざまな割引料金が用意されることがあります。まず、手軽に割引を受けられるのが、オンラインチケットです。花やしきの公式サイトから前売りチケットを購入すると、通常大人3,300円のフリーパスチケットが2,700円で購入できます。割引額としては20%と大きいので、予め花やしきへ遊びに行く予定がある場合は前売りチケットを購入すると良いでしょう。期間限定の割引情報は公式HPで随時発表されるので、お出かけ前にチェックして行きましょう。

花やしきの入園無料日について

花やしきには、いくつかの入園無料日が存在します。通常大人の入園料は1,000円。これが無料になるのですから、かなりお得です。では、どんな日が入園無料になるのでしょうか?早速見ていきましょう。

花やしきの日(8月7日)

2013年に160周年を迎えた花やしき。それをきっかけに、8月7日が花やしきの日として制定されました。そのため、毎年8月7日は無料で入園することができます。

勝手に都民の日

毎年10月から11月にかけては、関東の各県で県民の日が設定されています。東京都は10月1日ですが、県によっては長期にわたって県民の日が設定されてる場合もあります。花やしきでは、この県民の日に入園が無料になります。入園無料サービスを受けるには、現住所がわかる証明書が必要となりますので、忘れずに持っていくようにしましょう。

撮影協力:浅草花やしき

ページTOPへ

「浅草」周辺の関連記事

このページのTOPへ